メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

誰よりもママを愛す  第二回

2006-07-10 00:28:16 | テレビドラマ
やっぱり 面白いです。


そして  泣きました。 




ママを心から愛し、ママを幸せにすることだけが
生きがいの 専業主夫 嘉門一豊(田村正和)


携帯の待ち受け画面はママの写真で
ママのことを 少しでも非難されると
ぶち切れてしまう。



でも、最近 ママ(伊藤蘭)は 忙しすぎて
まともに パパの顔を見ようともしないし
話もしないで 疲れた~!! と言って
すぐに 寝てしまう。

それがちょっぴり悩み


そのことをこずえ(小林聡美)に相談する一豊だが
セックスアピールが 無くなってるんじゃない?
と 軽くかわされてしまう。



rainn
これって 主婦が感じている悩みと全く同じだよね。
夫は 仕事仕事と言いながら 家庭を顧みず
まともに 妻の顔も見ず 疲れたと言って
寝てしまう。  きっと妻は ある年数が
たつと 女ではなくて 妻、或いは母親という
生き物だと 思っていると思う。


しかし ブログ仲間の人の話を聞くと
今の若い人は 割と ラブラブなご家庭が多いけど。

rainn






さて、 ストーリーの進行役 次男薫(長島弘宣)は
クラスでいじめられている 真田知(川島海荷)を
かばったことで 今度は 自分がいじめを受けるようになる。


断固として いじめっこたちに 抗議する知を制して
情けなく思いながらも みんなに嫌われたくない薫は
愛想笑いをして 我慢していた。



の様子がなんとなく おかしいと感じた一豊は
それとなく 薫に聞くが  「なんでもない」  という薫。


だが、 いじめはだんだんエスカレートしてきて
とうとう 薫は 一豊や 雪、明に 相談。
は 「ぶっ殺す」 と 今にも殴りこみを
かけようとするが
 (ここんとこ 最高! 内田有紀ちゃん はじけてて
大好きです)
 

に  「 ママに まだ プーだって 言うよ!」 と
言われて 思いとどまる。

何にも怖いものが無い 雪もどうやらママは怖いらしい。


ママに相談したら? という(玉鉄)だが
ママは今も仕事が忙しい上に、前回 同じようなことが
あったとき、教育委員会まで 話が行って大事になった。


だから 一豊は 一人で 薫を守ろうと奮闘するが
返って 混乱を招き


パパは また トイレに 立て籠もる。 



そこへ ママ帰宅。


ママは すぐに 薫に
いじめられている 理由を聞く。

「クラスにいじめを受けている子がいるから
 いじめをやめろ と 言ったら
自分もいじめられるようになった」
 と 薫。


ママ
 「そう! あんたは 今 大人になろうとしているんだから
自分で がんばんなさい!  何事も楽なことなんて
何にもないのよ! 」
 
 


その ママの 一言で 勇気をもらう薫。


翌朝 ママに 「ママはどうしてそんなに強いの?」 と
聞く 薫に

ママは
「それはね、 パパがいるからよ。 どんな時も
いつも パパが居てくれる。 だからママは頑張れる」



薫は 登校するとき 知に
「 みんなに嫌われても 僕もいい。 だから
友達になってくれる?」
  と聞く。

以前 知に 薫は聞いたことがあった。

「みんなに いじめられていても平気なの? 」 と



 「みんなに嫌われてもいい。 ほんとうに仲のいい
友達が 一人いれば!! 」 
 と言っていたのだ。


は 「 うん! 」 と言ってくれた。


rainn
もしかして、人は いつでもそばに居てくれる人を探すために
毎日努力しているのかも知れない


大切な人を見つけた人の顔は いつも輝いている。
        by 薫
 


rainn

さて、一豊の携帯にママからの電話。
 「パパ、 私、今日の裁判、一番 大変なの だから
いつもの お願い!!」  


パパは
「 ママ、 大丈夫だよ。

愛してる!!  」
 





いいなあ、作り物だって思っていてもこういうドラマに
涙してしまう 私です。
毎日が ラブラブなんかで なくてもいい。
絶対に 心の底で 信じあっている相手が居て
年に一度でも  愛してる と 言ってくれれば
それでいい。



さて、 一方 プーの 雪も
レンタルビデオ屋で 運命の人 山下(劇団ひとり)と
出会ってしまいます。

(爆)(爆) (爆) もうね、笑いが止まりませんでした。
劇団ひとりが 王子様なんて ・・・



そういう意味では 明(玉鉄)も
気の無い女に 声をかけまくっていた人生を反省。
はっきりと 「 無理! 」と 断ろうとしますが
そこは 優柔な明。


そこへ、美容院のお客オカマのピンコ(阿部サダヲ)登場。
明の窮地を救ってくれますが・・・・



惑星タイマー <CD+DVD> (限定)/福耳
惑星タイマー <CD+DVD> (限定)/福耳




『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 功名が辻  第27回  落... | トップ | サプリ  第一回 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。