メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

スパングリッシュ

2006-01-21 09:24:39 | 映画
母と娘の絆を優しい眼差しで綴った物語

メキシコからやって来たシングルマザーと娘の奮闘記を
娘をナレーターにして彼女の目線から語られる物語です。

夫が家を出てからラテン社会で生きてきた母娘
フロールは娘の将来を考えロスに出てきて
裕福な家の家政婦として働く事にする。
そのクラスキー一家は夫のジョンがレストラン経営者で 
何不自由ない暮らし振りだが、妻デボラはちょっと危うい雰囲気
家族の関係もギクシャクしている・・

文化や価値観の壁を乗り越えながら奮闘するフロール

夏の間、海辺の別荘で過す一家と3ヶ月を共に暮らす事になった母娘
ある日、ジョンが「レストランで使う色ガラスを浜辺で集めてきたら買い取るよ」
と子供達に提案する。
せっせとガラス集めに精をだしたクリスティーヌは
約束通りジョンからお金を受け取る。
その事実を知り驚愕したフロールは、激しい憤りをジョンにぶつける。
しかし、英語のできない彼女は、怒りまでをクリスティーナに通訳させるしかない。

通じない言葉 通わせたい心
理解したい 理解されたいもどかしさ 
この事をきっかけにフロールはずっと避けてきた英語を学びはじめる 

簡単な単語やフレーズが沢山出てきて、フムフムそうそう 
フロールや家族との簡単なやりとりが英語が苦手なあんにも解って楽しい

子供を思う気持ちを通し、少しずつ心を添わせていくフロールとジョン
一方、妻のデボラは家族をかえりみず、外出がちな生活がエスカレート
彼女の異変に真っ先に気づくのは母親のエヴェリンだった。 
ここに、もう一つの母娘の絆が・・

そして、ジャーン 嵐のような夜が訪れる

母親として娘のために生きるフロール 
家族の事より女として生きるデボラ 

さて、あなたはどっち?あんはデボラ 

クリスティーナのナレーションは
「一番大切な事を教えてくれたのは母でした。」
という言葉で結ばれる。

優しさ、温かさがあふれ、幸せな気分になる事うけあい!

ブログトップへ映画検索

『映画』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スギ花粉情報 減感作療法 | トップ | 夜王 YAOH  第二回 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相手を思いやる心 (哀生龍)
2006-01-21 15:43:08
>優しさ、温かさがあふれ、幸せな気分になる事うけあい!

女性中心の話は苦手な哀生龍ですが、無理なく受け止める事ができました。

思うだけじゃ駄目だし、優しくするだけでも駄目。

心を通わせ、時には厳しく接するのも愛情って事ですね。

Mサイズが着れなかったバーニー。 きっと彼女は飛びっきり素敵な女性になるんじゃないかなぁ~
哀生龍さんへ (あん)
2006-01-21 15:51:17
早い!一番です(^O^)有り難う御座います。

バーニーね、愛すべきキャラでした。犬好きのあんはミッキーが可愛くて、なかなかの演技派でしたね。
映画館がねえ (水泳小僧)
2006-01-21 21:51:19
この映画、東京で上映している映画館ががあまり女性にいきやすいとはいえないのが残念です。渋谷とかシャンテあたりでやっていそうなのに。配給会社と映画館の関係はよくわかりませんが。
映画館がねえ (水泳小僧)
2006-01-21 21:51:24
この映画、東京で上映している映画館ががあまり女性にいきやすいとはいえないのが残念です。渋谷とかシャンテあたりでやっていそうなのに。配給会社と映画館の関係はよくわかりませんが。
年始めに最高な映画 (slunky)
2006-01-21 23:07:24
優しさ溢れる映画、配給会社に感謝です。内容は違うけれど「スタンド・バイ・ミー」を夏になったら見ようと思っています。
slunkyさんへ (あん)
2006-01-22 08:49:11
とっても質の高い作品でしたよね。「スタンド・バイ・ミー」夏にどこかで公開されるって事?見たい!
こんばんは (八ちゃん)
2006-01-24 23:28:05
あのクセのある役者のクセのある夫婦がたまりませんでした。でもどの家庭でも抱えていそうな問題ですし、それを干渉しないはずのハウスキーパーとその子供の目から捕らえた家族を見事に表現していると思います。単に親子の話だけではないところが凄いよかったです。
スパングリッシュ (patapata)
2006-01-29 13:12:34
あんさん、ブログへの書きこみとトラックバック

ありがとうございます!北海道は2月11日からなので、

わざわざ新宿まで行って見てきた甲斐がありました。

今後も「イノセントボイス」等、中南米やスペイン語をテーマにした映画が沢山見られるといいなー。

ラテンの明るさに隠れている彼らの内面は、日本人と

してすごく共感できるところがあります。

これからもちょくちょく、遊びにきますね!

patapataさんへ (あん)
2006-01-29 14:01:04
ありがとう。「イノセントボイス」はあんも必見メモに入れてます。最近ラテン系のいい作品が多いですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

8 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと (I am invincible !)
公開中なので、控えめに・・・ 女手1つで娘クリスティーナ(シェルビー・ブルース)を育てているフロール(パズ・ヴェガ)は、娘のためにとメキシコから48%がヒスパニック系のLAにやって来た。 暫くはメキシコ人の多い地域で暮らしていたが、給料の良い仕事を求めてハ
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと/spanglish (我想一個人映画美的女人blog)
サブタイトルを勝手に、「天国からきた~」と勘違いしてて、死んじゃうのかなぁ....?とか、 ママ、天国からくるのかなぁ....??とか思ってたけど 「太陽の国から」来るんでした。 (笑 紛らわしいサブタイトルはいらないよー。(こんな間違い普通しない??) 「愛と追憶
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと (まったりでいこう~)
サブタイトルに「太陽の国から来たママのこと」とありますが、私はこの作品を見終わるまでずっと「太陽」を「天国」と間違えてまして、きっといまはもう亡くなっているママのお話で娘の語り口調で進んでいくんだろうなと思っていました・・・・。勘違いも甚だしですね(笑)
スパングリッシュ (八ちゃんの日常空間)
情報が少ないからどんな映画かあまりよくわからないだろう。ぴあなどの短評でもロスに移住してきたメキシコ人母娘の愛情&成長記に思われる。事実そうなのだが、どうも娘の視点で捉えているが、「家族」がテーマのように思う。 誇りに思う母親は一貫して信念を曲げずに自分.
[ スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと ]素直になって、相手に歩み寄ること (アロハ坊主の日がな一日)
[ スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと ]@ 新宿ジョイシネマ3で鑑賞。監督は[ 恋愛小説家 ]のジャ ームズ・L・ブルックス。前作同様、本作もユーモラスでハ ートフルな作品に仕上げている。 「スパングリッシュ」とは、アメリカで暮らす4000万 人
映画:「スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: ジェームズ・L・ブルックス 出演: アダム・サンドラー、パス・ベガ、ティア・レオーニ、 クロリス・リーチマン 脚本: ジェームズ・L・ブルックス 原題
スパングリッシュ 太陽の国から来たママのこと(DVD) (ひるめし。)
通じない言葉、通じない心――― 製作年:2004年 製作国:アメリカ 監 督:ジェームズ・L・ブルックス 出演者:アダム・サンドラー/ティア・レオーニ/パス・ベガ 時 間:131分 [感想] ティア・レオーニは「ディック&ジェーン 復讐は最高!」に続いてこちら ...
スパングリッシュ(太陽の国から来たママの事) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
人種のるつぼと呼ばれるアメリカで、特にヒスパニック系が集まるロサンゼルスを舞台に、心温まる家族の物語が生まれた。主人公は、強いスペイン語なまりの英語、スパングリッシュを話すフロールだが、英語で進むストーリーの中で、彼女が表すのはまさに、言葉を ...