メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

特命リサーチ2000×超常現象  気功師 神沢瑞至

2006-04-11 04:36:35 | 気功 太極拳 癒し
4月9日に放送された 特命リサーチ200×超常現象


特に 気になったのは、 やはり 気功師 神沢瑞至先生。

彼が気を送ると 野生動物たちが 次々と眠ってしまう。

群馬サファリパークにて 実験。
ここは、動物たちが、野生に近い状態で飼育されているため
なにかのトリックを しかけることは できないはず。


まず、アメリカバイソン
昼行性の大型草食動物で、昼間に眠ることは殆どない。


気を送る前の状態では、 元気に起きていたアメリカバイソン。

神沢先生が 気を送ると、まるで眠るように 1頭、また1頭と
膝を折り、眠り始めた。



そして、近くに居た 鹿のなかま エルクまでもが倒れ始めた。

次々と倒れる アメリカバイソンと エルク。


アメリカバイソンなんて 大きいものだと1トンもあるんだよ。


気を送り始めて15分ほどで80頭の動物が 眠ってしまった。

飼育員の人によると、昼行性の動物が 昼間に眠ることはまれだと
いう。



一体、なぜ  



神沢先生が 右手を動かして気を送ると、動物がリラックスして
眠くなるらしい。



そして、番組では東京電機大学の 町 好雄博士の協力の下
神沢先生の 気 のパワーを科学的に検証することにした。




様々な機材を用いての 検証。


まず、神沢先生が気を送り始めると

心拍数は 平常時60→ 100
血流    1.5倍

になった。



さらにサーモグラフィーに大きな変化が現れた。
神沢先生の右手のひらの温度が 明らかに上昇。


5分ほどの間に およそ3度も温度が上昇した。



検証した 町博士によれば、
神沢先生は、 気を発するときに
特殊な腹式呼吸を 行っているということだ。

そして、その腹式呼吸が
自律神経をコントロールし、心拍数と血流をあげているらしい。


ゆえに 町博士の見解は

気とは、手から発している 遠赤外線である可能性が高い。













神沢瑞至先生の著書一覧
遠隔気療―“気”の力による健康回復

たま出版

このアイテムの詳細を見る

気療―“気”の力による健康回復

たま出版

このアイテムの詳細を見る

気療―“気”の力による健康回復

たま出版

このアイテムの詳細を見る

気療で健康増進

たま出版

このアイテムの詳細を見る




ジャンル:
食と健康・美容
コメント (1)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マシュマロローション 抜け... | トップ | 愛のエプロン 石原軍団対 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
近い話ですが… (てるみつ)
2006-04-12 07:26:24
こういう類の話を聞いて良く思うのは「世の中には不思議な事が多いな」っと言う事です。

身近な所では、幽霊です。存在するかと言われると「いるのかもね。」っと答えてます。

「絶対、居ると言いそうにないタイプなのにね」っと返されるのですが、「否定しようにも、根拠と証明ができないと否定のしようがない(笑)」っと答えます。【知らない事、不思議な事】…調べてみると、世界は広いですね(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「気」の正体は遠赤外線か? (気をとことん追究)
 本当に存在するのかしないのか。「気」というものは科学で解き明かせていないだけに悩まされる。  世間には気功師などという人もいて、あれこれやってみせもするが、それも本物かどうか分からない。  でも、一つの仮説を先日テレビでやっていた。最近は特番オンリ