メタボスパイラル

肥っているから運動不足+深夜の過食→肥る →運動不足→深夜の過食 どこまで行くんだ!メタボスパイラル!!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

風の前奏曲

2005-12-31 21:21:06 | 映画
ラナートは〝心を癒す〟という意味のタイの古典楽器

折畳式の木琴みたいな物で舟形の箱に載せてあります。

このラナート奏者で実在したソーン師の伝記を元に作られた物語です。

彼の青年期はタイの文化の黄金時代、タイ音楽ももてはやされた時代。
最大の見せ場、伝説のラナート奏者クンインとの競演はまるで格闘技の様でした。

クンイン役のN・トーサガーは本物の現代ラナートのマエストロなんですって。

嵐を呼ぶ壮絶な演奏は手に汗握るド迫力、すばらしいの一語に尽きます。
あの流麗な手さばきというかバチさばきに目が釘付け

晩年は大戦下の近代化至上主義の波で音楽も含めた伝統文化が弾圧された
言うなれば文化の混乱期。

タイの音楽を守るため敢然と軍の大佐と対峙するソーンの姿には
静かな気迫を感じました。
この晩年を演じる70代の俳優さんが渋くて味があって魅力的です

ラナートの響きは人々の心を癒し大佐の心をも動かす・・

二つの時代を行きつ戻りつしながら物語がすすみます。

青年期を演じるアヌチット・サパンポンもとっても素敵です

ちょっと織田裕二に似てるのよね
「春の雪」をご覧になった方は「あっ、シャムの王子様!」と
びっくりするのでは・・行定監督がソーンの演技を見て選んだとか。

悩みつつもラナートに打ち込む姿は凛々しく若者らしい魅力に溢れていたわ

元々、歌手志望だった彼は音感やリズム感にも優れ短期間で
ラナート演奏の技術を身に付けたそうです

タイでは空前の大ヒットとなり〝アヌチットと行くタイ文化の里ツアー〟
なども企画され大人気だったとか。

よくクラシック音楽はその国の大地の息吹を吸い上げて生まれた物って
いわれるでしょ。ラナートで演奏されるタイの音楽もきっとそうなのね。

タイの風と大地のハーモニーがきっとあなたの心にも届くはずです。

ブログトップへ映画検索




今売れてるDVDへGO!!




『映画』 ジャンルのランキング
コメント (22)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大奥 華の乱 スペシャル | トップ | ニュー・シネマ・パラダイス »
最近の画像もっと見る

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
王子様の感想は? (白田麻子)
2005-12-08 22:28:39
 遊びに来ましたよ!お二人で楽しそうなブログですね。で、TBをふたつさせていただいたのですが、シャムの王子様役の感想はいかがでしたか?
白田麻子さんへ (あん)
2005-12-08 23:10:08
早速のトラコメ有り難う御座います。それがねー、「春の雪」みてないんです。竹内何とかって言う女優が好みじゃないんで・・でも、アヌチットの王子様ぶり興味あるなー(^O^)。
はじめましてえ★ (MAMU LAND まむ★)
2005-12-09 14:24:38
先日はprizeブログへ遊びに来て頂き

☆⌒(*^∇゜)v ありがとうです!



あん様も映画すきなのですねえ♪

私もすきです(。-_-。)ポッ

明日はmr&mssスミスみにいきます。



映画は特派員として活動以外にも

みるので今年は23本みました♪



でもこの作品「風・・」は本当に

よかったですね♪

アヌチットかっこいいし(爆)´I`)´I`)ムフフフフ



ではあ♪ヾ(@^▽^@)ノ~~~~~~~~~マタネー
追伸(^ ^;Δ フキフキ (まむ★)
2005-12-09 14:25:34
URLおきまちがえました



ごめんなさい
まむ★さんへ (あん)
2005-12-09 21:17:45
全然気にしないでね。スミスは評判いいみたいね。相棒の夢子さんも見るらしいわ。
TBありがとうございました (HIROMIC WORLD)
2005-12-10 00:37:45
あんさん、こんにちは。

観ましたか!

超大作映画のような派手さは無いけれど、

じっくりと心に響く、作品でしたね。

こんな作品、大好きです。

では、また★
HIROMIC WORLDさんへ (あん)
2005-12-10 09:43:01
見ましたよ!あんも大好きです、この様な作品。清く正しく美しい!文句ナシよ。
私も観にいきたい・・・! (hisui)
2005-12-15 21:24:55
こんばんは!

先日はおよりいただいてありがとう

「風の前奏曲」を私も観に行こうと思っていて、でも結局「イン・ハー・シューズ」を観てしまったの。

あんさんの記事を読んで、やっぱり観に行きたいって思いました
hisuiさんへ (あん)
2005-12-15 22:32:48
とってもよかったよ、お奨め!昨日はノエルを見ました。素敵でしたよ。
Unknown (anpan)
2005-12-23 17:21:09
ブログを訪ねてくださってありがとう。

 久しぶりに映画を観ましたが、その名の通り、心を癒されました。背骨がビシッと伸びた、美しい映画でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

13 トラックバック

タイ映画 「風の前奏曲」公開記念 山口とも打楽器パフォーマンス  12月16日(金) (白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary)
山口ともさんとラナートの出会い  キネマ旬報の10月上旬号の巻末に、“キネマ旬報×タイムービー”というタイ映画の特集号がついていましたが、その4ページ目に、 “音楽家・山口とも氏のラナートレッスン体験記”  が掲載されています。元々夏のヴァカンスをタイで過ご
邦画「春の雪」にタイの若手俳優が出演 (白田麻子のアジアな毎日  Asia Entertainment Diary)
以前からこのブログに書いてきましたが、今週土曜日公開のこの映画に、タイの若手人気俳優が二人出演しています。ひと足お先に試写を見てきました。付き合いもあって、2回も。 春の雪公式サイト (ブログの制作日誌には2人の話も、ちょっと書いてあります。)  ひとり
風の前奏曲 (Saturday In The Park)
タイ 106分 監督:イッティスーントーン・ウィチャイラック 出演:アドゥン・ドゥンヤラット     アヌチット・サパンポン     アラティー・タンマハープラーン     ナロンリット・トーサガー タイの楽聖とも言われる天才ラナート奏者ソーン・シラパバン
風の前奏曲 (HIROMIC WORLD)
昨日の1本は「風の前奏曲」 19世紀末から、第二次世界大戦の混乱期を生きた、ラナ
見どころは演奏バトル?! タイ映画『風の前奏曲』 (海から始まる!?)
 『風の前奏曲』は、タイの伝統楽器ラナート(木琴に似た楽器)の奏者、ソーン師の物語で、映画は、自惚れと挫折の中から新しい演奏法を編み出すソーン師の苦悩の青年時代と、第二次世界大戦下で、民族楽器が劣ったものとして演奏に制約が加えられていった「ラナート苦難の
『風の前奏曲』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
美しい音楽が心地よい。白熱の演奏バトルが見ごたえあり。 タイの伝統楽器ラナート奏者ソーン・シラパバンレーンの物語 19世紀末の青年期と1930年代の晩年の2つの時代を描く。 大好きな音楽映画。伝統楽器とあっては必見。 木琴の音色って、小学生の頃から大好きだ
風の前奏曲:闘い続けた男の物語 (朱雀門の「一事が万事!オッチョンジー」)
★監督:イッティスーントーン・ウィチャイラック(2004年 タイ作品)京都シネマにて鑑賞。今日がこのシアターでの上映最終日。あれよあれよという間に客席は全部埋まってしまいました。タイの映画を観るのはこれが初めてです。ガムランなどのインドネシア音楽.
風の前奏曲 (Forth!)
本当は「キングコング」か「Mr.&Mrs. スミス」を見に行こうかと思ったのですが、銃撃戦や血なまぐさいのはちょっとパスしたい気分だったので。 「マッハ!!!!!!!!」以来久々に見るタイ映画。 タイの伝統楽器ラナート(木琴)奏者・ソーン師という実在の人物をモチーフにした物
風の前奏曲 (週末に!この映画!)
期待値:81%  タイの映画。 タイ映画はあまり見たことないので、どんな感じか興
風の前奏曲(\'06 1/4) (しぶ茶なジャズ)
娘が友達と遊んでいる間に、嫁さんと久しぶりに映画に行った。 新聞の評を読んで、
風の前奏曲(2004タイ) (WAKOの日常)
風の前奏曲 クリスマス3連休は先着30名に「タイ・ミュージック・ドール」がもらえるんだってよ、という友人に誘われて朝1の回へ。昨日はホームパーティーだったので起きる自信がなかったのですが、幸いにも(?)胃腸を壊していたため飲み食いできず、今日は無事映画に行
銀座で。「風の前奏曲」 (おばバカ日誌)
「風の前奏曲」はタイの映画。 伝説のラナート奏者ソーン氏の実話をベースにした フィクションなのだそう。 シチュエーションはまったく違うけれど 主人公が辛酸を舐めながらも最後には…!といった 「巨人の星」みたいな映画だった。(いいのかこんな紹介で…) ラナートと
★風の前奏曲(2回目)@銀座テアトルシネマ:サービスデー午後 (映画とアートで☆ひとやすみひと休み)
去年、私が“最も見て良かった映画”に選んだタイ映画『風の前奏曲』の上映が今週いっぱいということで今日、再度、銀座まで足を運んだ。 1回目鑑賞のレビュー