踊ろうよ?

踊ること。日々のこと。

ダンスパーティ綺談 【29】教室3

2016-10-12 18:22:27 | ダンスパーティ綺談
教室のパーティで踊っていると
場所によっては嫌でも目に入ってくるのが

体育館や広い多目的ホールなどでは
踊っていても鏡など無いので
良くも悪くも自分の姿を見なくてすむのですが
正面と右側の壁が鏡張りの教室では
下を向いて踊る訳にも行かないので仕方ない

先日のパーティでは
鏡に映る自分はものすごくカッコ悪かったです

踊っている時は周囲から見ると
『二人の世界』なようにも見えるのですが
意外と自分の姿を鏡で見て
『爪先が伸びてない』だの『膝が曲がってる』だの
『今日の服だと太って見える』とか・・・
色々見えていたりするのだった。
特にラテンダンス。

それに男性のほうも、上手い人や自信のありそうな人は
鏡の無い人前のほうで踊り、そうでない人はわりと
『奥の鏡のほうに行く』のです

この日は
『なんて下手なんだろうか』と思いながら
自分を見ていた事が多かったように思います。

それに何となくですが
着ている服も結構重要で
『同じ事をやっても上手そうに見える服』と
『下手なのに、そのまま下手に見える服』
・・・が存在する。たぶん。
服というか上下のバランスもあるのですが。

私はお高いダンス用の服は持っていなくて
枚数も数えるほどしか無いのですが
【鏡の前に立ってすっきり見える服】
と【ヒラヒラ度合いの高いスカート】が
痩せて見えて上手く見える気がします。

裾がボリュームたっぷりで踊ると綺麗に翻るような
スカートは『良く踊るスカート』と言うようですが
競技会なんかを見ていると本当にスカートが
踊っているようなので上手い表現ですね

そしてナゼか
⭕⭕ホールの鏡は痩せて見える❗
どちらが本来の姿なのであろうか





ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ダンスパーティ綺談 【28】教室2 | トップ | ダンスとヒップ 3 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む