踊ろうよ?

踊ること。日々のこと。

ダンス☆パーティ綺談【66】

2017-06-22 23:42:54 | ダンスパーティ綺談
『はい、女性の方はクジ引いて下さ~い』と言われて
箱の中に手を入れて折り畳まれた紙を1枚引く。
四人で入場して、私だけ当たった❕
私はこういう事なら勘が働くため
引く前から当たる気はしていた
悲しい事に勘が良くても『当たり外れを感じるだけ』で
『当たりを選ぶ事はできない』よって役に立たない( ̄ー ̄)

まぁ、そういう事で今回はラッキーな事に
『先生と踊って貰える20名』の中に選ばれた。

この日は講習会の前にダンスタイムがあり、先生による講習の後で
またダンスタイムがありました
暑い日で夜になってもホール内が蒸し暑く、みんな汗びっしょりです。

(これだから夏のダンスは嫌だ・・・(T^T))

この日、最初にお誘い下さったのは、遠くの会場で一度お会いした事のある
実年齢よりかなり若く見える目立つ男性。
癖の無いしっかりしたリードで踊りやすかった。

主催のサークルの関係なのか上手い人が多く踊っていても楽しい
長い時間踊り続けても、背中も腰も痛くならなかったのは
上手な人とばかり踊っていられたせいなのだろう

そのうち順番が回ってきて、この日の講師である先生と踊りました。
『汗かいてるから気持ち悪かったらゴメンね』と言ってくれましたが
一生懸命踊っていたのだろう、本当に背中は汗びっしょりでした。
キレのあるタンゴを踊って頂き御礼を言ってその場を離れました。

また次の機会があれば行ってみたいパーティでした。




ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ダンス☆パーティ綺談【65】自... | トップ | ダンスパーティ綺談 【67】く... »

コメントを投稿

ダンスパーティ綺談」カテゴリの最新記事