夢華の言いたい放題

夢華の視点から見た出来事や特集

法曹界は汚い世界!

2017-06-19 09:01:36 | Weblog
6月1日の新聞に裁判の法廷
証言の調書が改竄されている
事が記事になっていたのを
見た人がどれ位居るだろうか?

殆どの人は裁判という出来事と
関係ない日常生活を送っている。
しかし、何かの拍子に事件に
巻き込まれて、法廷で尋問を
受ける事になれば多くの人は
改竄の実態を経験するのだ。

つまり弁護士と裁判官、検察は
法曹界と呼ばれており、内々の
手拍子や利害関係で事実を
簡単に歪めてしまう事を
頻繁に行うのは常識である。

しかし、それを発覚しない
システムを構築しておけば
殆どの場合、もみ消してしまう。
裁判所は尋問内容を録音する。
しかし、そのテープは公開しない。

その上、当事者や第三者が
録音するのを禁止しており
もし発覚すれば刑法に罰する
手段を取っているので
違法の証拠を出せない仕組み。

更に裁判所の録音は、すぐに
消去して証拠を残さない。
調書の改竄を指摘しても
外注先の場合もあるが、
作成する書記官が全否定する。

書記官が単独で改竄するの
ではなく、担当の裁判官が
指示をして行っている。
つまり内部の人間が協力した
行為を口が裂けても認めない。

認めれば刑法で罰せられる。
当然それ以外の職務規定に
触れて処分も受ける事になる。

更に警察は相手が裁判所で
あれば公文書偽造罪には
当てはまらないと言う訳だ。
証拠を押収する事もしない。

裁判官を処分する弾劾裁判
という制度があるが、それ
自体に取り上がるのは5%。
処分された人は、9人だけ。
しかも復帰するのは驚愕!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 落ち度がないと言う? | トップ | メチャクチャにすれば・・・ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む