夢華の言いたい放題

夢華の視点から見た出来事や特集

用件を伺っても・・・

2017-11-03 09:02:28 | Weblog
「〇〇は外出しております。
どの様な、ご用件でしょうか?
代わりに私が伺います」

という言葉を聞くが、実際に
用件が伝わっているのか、
疑問を感じた事はない?

今では本人に直接話す
スマホや携帯が普及して
いるが、それでも電話中
とか、会議中、本人と連絡が
付かない状態だとか
伝言はしているが返電はない。

こちら側の用件よりも
自分にとって、それが
重要な事か、どうかを
優先している人が圧倒的に
多いから、そうなる訳だ。

暇だから、時間潰しに
声が聞きたいから電話した
という場合でなければ
何かしらの用事がある。

しかし、無駄とか、手間が
掛かるとか、面倒とか、今
じゃなくて後回しにして
という本人の都合によって、
時には、すっかり忘れていた
聞いていないと言い訳する。

ビジネスやプライベートに
関わらず、キチンと対応するか
どうかは、単に忙しいという
次元とは異なり、本人の性格
人間性を表しているのだ。

ほーっておいても、また
電話してくるだろうと
軽くあしらわれていたり、
自分の利益と直結していない
と判断して、なしのつぶて。

酷い時は登録していても
電話に出ないで放置する。
所謂、無視の状態で諦めを
期待するのだろうけど・・・

返電をしない人は、いつも
どんな場合でも、しない。
何故か、追及しても芳しい
答えじゃないのは当然だから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じる人は救われる? | トップ | 何が、どれだけ忙しい? »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事