世界に一つだけの姥花日記

貴方は貴方らしく私は私らしく、世界にただ一つだけのきれいな花を一生懸命咲かせましょう。
シニア主婦の平凡な日記です。

都心も秋深し

2016年11月26日 | 日常の生活


<小石川植物園>

秋と冬の同居している東京の今日この頃です。

一昨日の雪には本当に驚きました。まだ11月ですもの。いつから東京は北国になったのでしょう。

いまからこれでは1月2月の寒さが思いやられますが、予報によると寒さは平年並みとか。

ほっと致しました。

昨日は久し振りにデパートへ出かけました。滅多に行かないデパート!ちょっと緊張します。

なんで~?と思われるでしょう。いつもあまり着るものに構わない私。

デパートへはそれなりのお洒落をしていかなければならないからです。

偶にはこういう緊張感も必要かもしれませんね。特に歳を取ってくると。

その前に田園調布に寄り、せせらぎ公園に秋を探しに参りました。以下写真です。

  

  

折角一眼ミラーレスの高機能のカメラを持っているのに、全く使いこなせていません。

倉敷の写真もあまりきれいに撮れていませんでしょ?

昨日カメラ好きの夫に多少手ほどきを受けましたが、やっぱりよく分りません。

夫曰く、「よく分らないのなら、あまり設定を弄らない方がいい。全て自動でOKだ」と。

そこで全て自動で撮りました。

デパートはクリスマスムード一色でした。今年も余すところ1ヶ月、少し焦りますね。

 

さてこちらは夫が小石川植物園と六義園で秋を撮ってきた写真です(11月25日)。

う~、やっぱり綺麗だわ~!

「腕、腕だよ}」夫は申しますが、「カメラ、カメラ」ですよね~。夫はあの重たい本式の一眼カメラです。 


<六義園>

 


<上3枚小石川植物園>

写真の出来栄えはいかに? やはり夫に軍配でしょうか?(笑)

 

 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ 
にほんブログ村
 
     

 
にほんブログ

 

 

 

 

 

ジャンル:
その他
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 再び倉敷へ | トップ | 化粧品コーナーの男性店員 ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (のん子)
2016-11-26 09:16:53
どの写真もステキですよ!

私は池に落ちた紅葉に惹かれましたが。

大阪も東京ほどではなさそうですが、寒くなりました。
風邪引かないように頑張ります(^^)/
Unknown (yasukon)
2016-11-26 09:42:19
おはようございます。

楽しみにしておりました♪
お二人ともお上手で綺麗な東京の紅葉 見とれました。
私もこんな紅葉を観たかったなぁ~~(*^^*)

ご主人様のカメラ 優しい色合いが出てますよね。
優しい秋の日差しが感じられます。
六義園、懐かしい風景です。

私も最初はいろいろ勉強もしましたが今ではすべてオ-トです(^-^;
花水木さんの一枚一枚綺麗ですから大丈夫です!!
やっぱり違う! (ラッシーママ)
2016-11-26 21:05:36
花水木さんには申し訳ないのですが、やはりご主人と花水木さんの写真は違います。
私もカメラに疎いので、何処が違うのか分かりませんが、見て違う・・・(ごめん)

花水木さんの写真も綺麗ですが、六義園や小石川植物園は秋真っ盛りですね。
のん子さんへ (花水木)
2016-11-27 09:33:16
コメントありがとうございます。
貴方のはケメラがいいからねと、憎まれ口をたたいておりますが、
主人の方がアングルもよく、いい写真であることは認めざるをえません。
東京は今が紅葉の見頃で、あちらこちらの都立庭園は紅葉狩りをする観光客で賑わっています。

寒くなった参りました。暑がりの私も時々暖房を入れるようになりました。
のん子さんもご自愛くださいね。
yasukonさんへ (花水木)
2016-11-27 09:41:31
お褒めのお言葉ありがとうございます。
カメラもいろいろな設定で味のある写真が撮れるようですが、
変に弄くると却って妙な色合いになり、失敗します。
オートがやはり一番ですね。

写真お上手な方が仰っていました。
ピントと被写体のアングルが一番大事だと!

東京は今が紅葉の見頃のようです。
夫は昨日またカメラを持って出かけましたが、そろそろ終わりだなと申しておりました。
ラッシーママさんへ (花水木)
2016-11-27 09:45:47
やっぱりね~。
誰が見ても分かりますよね。
私、貴方のはカメラがいいからと憎まれ口を聞いていますが・・・。
何処をどうきりとってカメラにおさめるか?
これはセンスかもしれません。
オートが失敗もなく一番です。負け惜しみかな(苦笑)。

日常の生活」カテゴリの最新記事