世界に一つだけの姥花日記

貴方は貴方らしく私は私らしく、世界にただ一つだけのきれいな花を一生懸命咲かせましょう。
シニア主婦の平凡な日記です。

ポインセチアはなぜ赤くなる?

2017年10月29日 | ガーデニング

本当によく降る雨です。雨の日は落ち着くので嫌いではありませんが、こう雨ばかりだと気が滅入りますね。

台風はどうなりましたでしょうか?こちらは今のところ雨だけで静かです。

明日は全国的に良いお天気になるようで、今日は家でのんびりすることに致しました。


クリスマスを華やかに彩る真っ赤なポインセチア!今年は短日処理に挑戦し、少しづつ赤くなりつつあります。

昨年冬、真っ赤に葉が色づいたポンセチアの鉢を購入しました。

ひと冬、楽しませてもらい、4月ごろ、新芽が出始めたので、短く剪定してみました。

やり方は適当です.

<4月の剪定時のポインセチア>

以前からなぜ葉が赤くなるのか不思議には思っていました。

ブログ友だちの「野いちご」さんが毎年短日処理をして、見事にポインセチアの葉を赤くさせていらっしゃいます。

短日処理ってな~に?最初はなんのことかさっぱり分かりませんでした。

ネットでも検索したりしながら、やっと短日処理が何か、葉が赤くなる理由がわかってきました。

ポインセチアの赤い部分は厳密にいうと葉ではなく苞というのだそうです。苞ってな~に?ということになりますが、

それは置いておいて(よくわかりませんので)、この苞が赤いのは受粉を助けてくれる虫など呼び寄せるためだそうです。

そして花芽をつけることによってその苞が赤くなるという性質を持っているポインセチア。

その花芽をつけるためにするのが短日処理というわけです。

ポインセチアは短日植物と言い、夜の時間が12時間以上にならないと花芽がつかないんですって!

またそこでそれはなぜ?となるわけですが、それも置いておいて・・・・。

その短日処理にカナダ旅行帰国後10月1日(2日か3日だったかも?)からチャレンジしているわけですが、

本来はクリスマスまで赤くしたかったら、8月の初旬ごろから始めなければいけないようです。

最初の内は黒いビニール袋で覆ったダンボールをかぶせていましたが、今はあまり使わない押し入れに夜は避難。

そして扉には「開けること厳禁」と張り紙をしておきます。そうしないと夫も私もうっかり開けてしまいそうで。

午後5時ごろ「おやすみなさい」と声をかけて、押し入れに、朝8時ごろ「おはよう」といいながら出してやります。

何だか家族のような気がしてきますね、ポインセチアが。

日に日に赤い部分が多くなってくるポインセチアはまるで成長するわが子のようで、楽しみです。


             


先日晴天の日に4つ割りにして干しておいた渋柿、1日で「これって本当に渋柿だったの?」と疑いたくなるほど、

あま~くあま~くなりました。

見かけはあまりよくありませんが、自信をもってこの「渋柿を甘くする方法」お勧めできます。

デザート感覚で毎食後頂いています。

まだ半分残っていますので、秋晴れの日を狙ってもう一回チャレンジです。


 

にほんブログ村 シニア日記ブログへ

 

今日もお立ち寄りくださりありがとうございます。               

 ブログランキングに参加しております。                

 お帰りに応援のクリックをしていただけると励みになります




 

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 若者気分で! | トップ | 笑いの陰に涙あり »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (野いちご)
2017-10-29 19:32:30
こんばんは!
少しずつ色づいてきましたね。
私も毎日、おはよう、おやすみって声をかけています。
植物って心が通じますよね。

クリスマスには真っ赤なポインセチアを楽しみに
日々、頑張りましょう。
Unknown (Syu(chan))
2017-10-30 13:04:04
渋柿が手に入ったら今度試してみましょう。
野いちごさんへ (花水木)
2017-10-30 17:42:59
今日は早朝からでかけておりました。
お返事遅くなり申し訳ありません。
大分といってもまだまだですね
クリスマスまでに赤くなるのは諦めていますが、どこまで赤くなるか楽しみです。

そうそう、今日はうっかり起こしていやるのを忘れて出掛けてしまい、気づいた時は高速道路の上でした。
しまったと思いましたが、スマホで検索すると、
2泊3日ぐらいに旅行中だったら真っ暗なままでよいと書いたあり、安心しました。
今晩もう一晩ゆっくり休んでもらい、明日の朝起こしてさんさんと太陽をあびさせてやろうと思います。
Syu(chan)sanへ (花水木)
2017-10-30 17:47:22
Mさんおお宅で頂いた次郎柿(甘柿)より甘くなりました。
かなり柔らかいですけど。
柿はサクサクという歯ごたえがお好きな方には向きませんが、
私は固いのもジュクジュクした柔らかいのも大好きですから、毎日頂いています。
何よりも簡単なのが一番ですね。
4つ割りにすることをお忘れなく。
おはようございます。 (lily)
2017-10-31 08:10:33
ポインセチアにかける愛情、こちらまで伝わってきます。
いい感じに育っていますね。
渋柿の変身、楽に出来て仕上がりがグーとの事だったら私も来年は挑戦したいです。
本当に美味しそうだもの。
来年のことを言うと鬼に笑われるかな(笑)

lilyさんへ (花水木)
2017-10-31 10:12:34
コメントありがとうございます。
ポインセチアを赤くするチャレンジは初めてのことなので、わかりませんが、
いまのところは順調にいっています。
どこまで赤くできるか楽しみにしていてくださいね。

以前のお住いのご一緒だったお習字のお仲間とのひと時、よい時間でしたね。
歳の差のある友達とのお付き合いも若返った気分になってよいですよね。大切になさってください。

私も今から年齢のばらばらの13人のお仲間とランチ会です。
行ってまいります。
ポインセチア (☆銀河☆)
2017-10-31 22:14:07
 こんばんは。
ポンセチアをクリスマスまでまで赤くするにはこんな苦労があるのですね。
知らなかった。
自然に時期になるとに赤くなるとばかり思っていました。
愛情と手間暇かけたポインセチア、
もっと赤くなあれ!

渋柿がこんな方法で甘くなるなんてビックリです。
私も、もし渋柿が手に入ったら挑戦してみます。
銀河さんへ (花水木)
2017-10-31 23:13:50
そうなんです!
私もブログ友「野いちご」さんのブログ記事を読むまで知りませんでした。
入れたり出したりちょっぴり面倒ですが、日に日に少しづつですが赤くなっていく様子にほくそ笑んでいます。

渋柿、教えていただいた方法、半信半疑でやってみました。
見てくれはあまりよくありませんが、確かに甘いです。
簡単なのが私には一番!毎日頂いています。

ガーデニング」カテゴリの最新記事