一文字 寅 の 「風菜園(かぜさいえん)」 

「天に星。地に花。人に愛。」 風に乗って、日々の所感を「風菜園」から発信してまいります。

広島・西条の酒祭りから、夜は雨の小倉で燗酒  【北九州・小倉】10/8

2016年10月20日 00時20分30秒 | みんな~愛『酒』てるかい

( 小石原焼酒器で頂いた「田酒」燗酒  小倉・「和酒ばる田村本店」)

 

 

■2016/10/8(土) 曇 夜から雨

 

西条の酒祭り会場から広島駅前に戻った時には、あたりはかなり暗くなっていた。

1008酒飲み放題 酒広場会場で飲みすぎて広島駅に着いた時は酔いが廻っていた。

 

新幹線で徳山を過ぎたあたりから 我慢していた空からとうとう雨が降り出した。

工場の灯りと相まって窓に流れる水滴は、真珠の涙のようだ。

 

やがて新山口~新下関を過ぎ、まもなく雨降る小倉に着いた。

 

大好きな旦過市場 全てのシャッターか降りている夜はちょっとスリリング

 

旦過を過ぎ馬借町の「幸」へと顔出し かつては、旦過に食堂を出していたこの店も

小倉一のカラオケ音響店と言われた店の廃業を受け、即買い受けたのだそうだ。

 

2000円でこのセットと唄い放題、店にはかなりのお客さんがついている。皆さん 唄うますぎ~

 

私は唄うつもりはなかったが、ママが「唄って」と勝手に

財津和夫やチューリップの唄を入れていった。

 

22:30を廻って「幸」を出ると少し小降り、再び魚町方向に引き返し

「和酒ばる田村本店」に顔出しした。そろそろ店じまいモードのようだ。

 

これは、私からの関西みやげ 笹屋伊織「千客万来」

 

「燗酒 お願い」とだけ言って 後は桃ちゃん女将におまかせ

 

桃ちゃん所有の小石原焼酒器で、お酌してくれた。

 

今晩のお酒は「田酒」 もちろん広島の酒とはタイプが全然違う

 

今日は、アルバイトの手配がつかず桃ちゃん女将一人だったところ

 すかさずHelpに来てくれた アサちゃんとザイちゃん

持つべきものは友達 そして前掛けは二人とも「手取川」

 

丁度0時に店を出た。日付が変わった小倉駅ホーム、今晩は小倉で宿が取れず お隣りの門司へ。

 

広島から小倉 日本酒の一日が終了した。

 

 http://blog.with2.net/link.php?1601745 

(寅)

 

 

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪・豊中はまもなくバルシ... | トップ | 「神宿る清水の里から」 (第... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。