一文字 寅 の 「風菜園(かぜさいえん)」 

「天に星。地に花。人に愛。」 風に乗って、日々の所感を「風菜園」から発信してまいります。

今年(2017年)は、幸運なことに もう一回「土用丑の日」(8/6)がやってきま~す。

2017年07月29日 19時25分30秒 | 『食』べる門には福来たる
 
「いつ食べるか? 土用丑の日でしょ 」と聞こえてきそうな鰻の名店『田舎庵』  【北九州・小倉】 
( 「田舎庵」 小倉・平和通り:鴎外ストリート )  ■2016/7/29(金) いよいよ明日は、「土用丑の日 うなぎが美味い!」日だ。「いつやるか? 今で......
 

 

■2017/7/29(土) 

(天然)うなぎの旬は、元々冬。

(現代は、養殖うなぎ全盛ですから あまり関係ないのかもしれませんが・・・)

当然 旬でない夏には売れ行きが落ちていた。

(現在とは、逆ですね)

それで江戸時代、うなぎ屋さんが、発明家として知られる

平賀源内さんに相談した。

「本日 土用丑の日」

 

源内が書いたこの一枚のコピーから

夏うなぎは、始まったと言っていいでしょう。

「食の美学」なるグルメ本まで書いている林 修先生が

持ち番組「初耳学」でも紹介した うなぎの師匠の名店が

北九州・小倉 森鴎外ストリートにある『田舎庵』なんです。

 

夏は、モノレール平和通り駅ホームにまでうなぎの匂い、店は連日長蛇の列

平賀源内の一筆は、関門海峡を渡った北九州の店にまで影響を与えている

というわけです。夏の小倉の名物料理『田舎庵』のうなぎ

 

毎年開催されている「鰻料理に合う日本酒」コンテスト

その際日本酒に合わすうなぎ料理も実はここのものなんです。

 

 http://blog.with2.net/link.php?1601745

(寅)

 

『グルメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暑~い夏に発表された「燗酒... | トップ | 八月最初の一筆は、七夕の夜... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

『食』べる門には福来たる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。