湯めぐり~ずブログ

旅好き、温泉好きの仲間たち、湯めぐり~ずです。
さて次の休みはどこに行こうかな?

奥鬼怒 手白澤温泉への道

2016-10-29 22:27:50 | 栃木
10月最後の温泉旅は奥鬼怒の手白澤温泉。いつもならばこの季節は既に紅葉も終わりかけのようですが、今年は遅れ気味という事で秋らしい奥鬼怒の風景に間に合う事ができました。目指す手白澤温泉には送迎車は出ておらず、この地区の道路はマイカーで乗り入れる事ができないため、途中の女夫渕駐車場まで路線バスか自家用車でアクセスし、その先は大体3時間前後の徒歩のみでたどり着くのが原則です。こんなコンディションに関わらず人気の宿で週末の今夜は満室でした。実際のウォーキングについては後日、仲間よりご報告しますが、私は足を骨折中の為、往復タクシーという荒技を使いました。と、言っても鬼怒川温泉駅から気軽に乗れる訳ではありません。通行を許されてるのは川俣タクシーさん(Tel :0288261475)だけで完全事前予約制ですのでご利用を検討される場合は早めの問い合わせをオススメします。タクシーは小型片道16000円と気軽な料金ではありませんが、各駅停車の路線バスよりは確実に早く、歩く仲間を女夫渕で乗車、下車させてもらったり、紅葉ポイントでは写真タイムもありましたので、やはり快適でした。朝10時に鬼怒川温泉駅で乗車し、女夫渕到着が11:30頃、手白澤温泉には12:00過ぎに着きました。チェックインの14:00までは館内周りの散策で時間を過ごすしかないかな〜と思っていたところ、ドライバーさんが早い到着の連絡を入れてくれており、すぐにお部屋に通してもらえたのは、足を痛めてる身としては非常に有難い心遣いでした。お宿施設はテレビもなく大変シンプルですが、wifiはあり、館内は清潔、キレイ、床暖房完備なので気持よく過ごす事ができます。車のアクセスも原則ないので静かな環境。お風呂もシンプルだけど源泉掛け流し。泉質は単純硫黄泉 ph6.2 52℃。少し熱めです。シャワーは水用1台のみ。洗い場は並々と湯が注ぎこまれる木桶から汲み出しながら利用します。内湯と露天風呂があり、雲が晴れた露天からは、天の川を含む満点の星が眺められました。(Blue Storm)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 仙台でTea Time | トップ | 箱根定番観光 その1仙石原 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

栃木」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。