湯めぐり~ずブログ

旅好き、温泉好きの仲間たち、湯めぐり~ずです。
さて次の休みはどこに行こうかな?

行くか戻るか サムハラ神社

2017-02-03 18:27:06 | 神社
昨日からの続きです

我々の前方には1台の自家用車。途中から引き返したいと合図を出され、その車を見送りました。我々のクルマはそろそろと進み、目的地まであとわずか。が、しかし!ここまで来て起こってはならないことが起きました。
タイヤが雪にハマって立往生〜
降ったばかりの新雪に行く手を阻まれたのでした。何度か抜け出そうとトライしても動かぬヘビーな状況となり、これは10人でクルマを押すか、あるいはJAFかと思いを巡らせていた時、さすがはプロの技。なんとか雪から脱出成功!でもこれ以上は車では進めません。
あとどのくらい先かわからないけど、行きたい人だけ歩いてみようとという事に。雪道を200m位歩き、金毘羅神社の鳥居が見えました。この上に目的のサムハラ神社奥宮が。行けばすぐのような気もするけど、新雪の急な階段はあまりにも危険に見えました。昨年9月に骨折を経験した者としては、メンバーの1人でも怪我人を出すわけにはいきません。ここで、胸をよぎったのは昔見たエベレストの映画。
教訓2 「たとえ山頂(ピーク)にたどり着いても下山できなければその登頂は成功とは言えない」先に危険が見えているならば、ゴールが見えていても引き返さねばならないこともある。難を逃れるためには、時には勇気ある撤退も必要。またいつか行く、その時を楽しみに。

せめて鳥居の中には全員入り、上にあるのであろう奥宮に向かって遥拝しました。最近災難続きの来れなかった仲間の事を拝んでる人もいましたよ。本当に素敵な仲間たちです。

これで我々の「サムハラ詣で」は終わりです。果たして行ったのか、行っていないのか?ビミョーと言えばビミョーですが、この地にこのメンバーで来る機会は、もはやまずないでしょうし、それだけでも意味はありました。

車が待つ国道まで、鳥居からの帰りの雪道は寒いけど何だか清々しく、この辺りが八つ墓村のモデルとは思えぬような美しい静寂でした(Blue Storm)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新春ツアー サムハラ神社奥宮 | トップ | 新春ツアー 奥津温泉 奥津荘 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。