夢逢人かりそめ草紙          

定年退職後、身過ぎ世過ぎの年金生活。
過ぎし年の心の宝物、或いは日常生活のあふれる思いを
真摯に、ときには楽しく投稿

ネット銀行は高齢者にメリット、メガバンクの10倍の金利も、年金生活の私は教示され、やがて小心者の私は苦笑して・・。

2017-07-17 15:48:37 | ささやかな古稀からの思い

たまたま先程、ときおり愛読している【NEWS ポストセブン 】を見ている中で、
『 ネット銀行は高齢者にメリット、メガバンクの10倍の金利も 』と題した見出しを見てしまった。

私は齢ばかり重ねた年金生活の72歳の身であるが、
何かと時代遅れの私は、ネット銀行・・未知の世界であったので、
どのようなことなのょ・・と思いながら精読してしまった。
    
この記事の原文は、『週刊ポスト』の2017年5月19日号に掲載された記事のひとつであり、
関連の【NEWS ポストセブン 】に5月12日に配信され、 無断ながら転載させて頂く。

《・・ネット銀行は高齢者にメリット、メガバンクの10倍の金利も
 
          

日本経済新聞社が2000人を対象に実施した「第13回金融機関ランキング」の顧客満足度で
上位を占めたのはイオン銀行、ソニー銀行などの「ネット銀行」だ。

ネット銀行は、店舗を構える都市銀行や地銀などと異なり、
原則的に実店舗を持たずネットなどを介して、取り引きを行なう。

ネットに慣れ親しんだ若者を中心に利用者が増える一方で、
中高年世代は、「ネット操作が難しい」、「実態が分からず不安」などと敬遠しがちだ。

だが、ファイナンシャルプランナーのやがら純子氏は、「ネット銀行こそ、高齢者にメリットがある」と話す。

「ネットで振り込みなどができるため、わざわざATMまで足を運ばなくていい。
足腰が弱って、外出が難しくなった高齢者でも、気軽に利用できる」

メガバンクにも、ネットバンキングサービスはあるが、やがら氏はネット銀行を推す。

「ネット銀行は、店舗や自前のATMが少なく、預金通帳もないため、
人件費や店舗運営費などのコストも、かからない。

その分で手数料を安くしたり、金利を高くして顧客に還元している。
定期預金なら、メガバンクの約10倍の金利の銀行もある。
また公的年金の受け取りも一部のネット銀行で可能です」

パソコンやスマホの操作に不安がある場合はどうか。
「電話によるサポートサービスも充実しているので、丁寧に操作方法も教えてもらえます。
最初は大変ですが、慣れてしまえば老後の生活を支えてくれるはずです」(やがら氏)

食わず嫌いせずに、チャレンジしてみる価値はあるかもしれない。・・》

注)記事の原文に、あえて改行を多くした。

          

私は東京の調布市の片隅みに住む年金生活の72歳の身であるが、
私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭である。

こうした中、過ぎし2004年(平成16年)の秋に定年退職し、多々の理由で年金生活を始めた直後、
私たち夫婦は齢を重ねるとボケたことを配慮して、銀行、郵便局、生命保険等を出来うる限り集約を始めた・・。

こうした時、ある銀行の窓口で私の退職金を引き出した時、支店長から応接間のような広い部屋に招待され、
支店長から『一時払い終身保険』を私たち夫婦に説明して頂ながら、勧誘させられたりした。

しかし10年間の運用利回りが良いと言われても、長期に及び資金が固定されてしまうので、
魅力は感じることなく、対象外とした。

この直後、支店長から3分の2はある投資信託で高い金利、
残りの3分の1を安全利回りで運用されれば確実に増えます、
と勧誘するようにアドバイスを受けたりした。

そして支店長が自分もしていますよ、と自身の投資額と金利の推移表のカードを
私たち夫婦に見せて、先月は5万少し・・と提示して、微笑みながら勧誘した。

しかし私たち夫婦は、もとより金利の変動は良いことあれば悪いこともあり、
悪化しマイナスになった場合は、残された人生に狂いが生じるので、
結果的には、国債の元本保証プラスわずかな金利とした。

私は気弱のせいか株、投資信託などのハイリターン、ハイリスクで、
残された大切な人生に一喜一憂するのは、何よりも心身によくないと思ったりした。

そして、貯金関係も定期貯金の元本保証プラスわずかな金利に選定した。
                                                                      
我が家は国債に関しては、程ほどに所有しているが、絶対的に大丈夫、と問われれば、
『国債が駄目になった時は、日本が滅びる時である・・その時は私たちの生命財産はもとより保障されないので・・』
と私は今でも公言をしている。
                                               
このように我が家は預貯金に関しては、元本保証プラスわずかな金利主義となっている。

          

今回、初めてネット銀行の長所を学んだりしたが、時代遅れの私たち夫婦は、
やはりで《・・店舗や自前のATMが少なく、預金通帳もない・・》ことには、ためらいがある。

そして恥ずかしながら、私はメガバンクの店内に設置しているATMに於いて、
何とか振込ができる幼稚な高齢者であり、

ましてネットで、大切な程ほどの老後資金に、うろたえたくない・・。

このよう小心者の私は、我が家はネット銀行には縁がないよなぁ、と苦笑したりした。

 ☆下記のマーク(バナー)、ポチッと押して下されば、幸いです♪
にほんブログ村 シニア日記ブログへにほんブログ村
人気ブログランキングへ 

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 介護にかかるおカネは800... | トップ | 「糖尿病」、「がん」に効能... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しくブログ拝見させて頂きました。 (田中 実)
2017-07-17 16:35:06
すごく知識のある方なんですね!
勉強になります。明日のブログの更新楽しみにしてます!!
Unknown (ドニー)
2017-07-17 18:53:04
暑いです、この週末の4連休は近所でウロウロだけです。
夜に30分程度のウォーキングで体重増を防止中です。

ネット銀行が始まってずいぶん経過しましたが、まだ普及はいま一つでしょうか。
ご懸念の通帳はおろか店舗が無いとあっては、何かあったら不安で仕方が無いという方が多いようです。

私のところはネット銀行開始時に口座開設をして、その後に銀行を変えて4つ目の今のネット銀行に落ち着きました。
便利なのは、殆どがネットで手続きが済むということですね。
特に振り込み手数料は回数制限はありますが無料、ATM手数料も指定のATMなら24時間無料もお得です。
もちろん金利は普通の銀行よりは高いですね。
ただ、普通の銀行でもネット環境が整備されてきてネット銀行と同様に殆どの手続きがネットで決済できるようになりました。
手数料と金利の差は相変わらず、ネット銀行が有利ですが。

という事ですので、別にネット銀行に口座を作ることなく現行の銀行やゆうちょ銀行でネット取引の申し込みをすれば、ネット銀行とほぼ同じ機能を享受出来る訳なんですね。
違うのは、ATM手数料、振り込み手数料、金利、店舗の有無、通帳の有無です。
となれば、現行の銀行でネットが使えるように手続きさえすればネット銀行よりも使いやすいかもしれません。
何せ、通帳も店舗のあるのですから。
それに個人的な感想ですが、ネット銀行のコールセンターと比べると大手銀行のコールセンターの方はとても親切です。
待ち時間も短いです。

私はネット銀行、ゆうちょ銀行、大手都市銀行に1口座持っていますが、すべてネットを使える環境にしています。
パソコンやスマートフォンで残高や振り込み等をいつでも確認できるのですが、通帳があるゆうちょと都市銀行は割と頻繁に記帳しています、やはりなにか安心するのです。

変な話ですがネット銀行だけですと、わが身に何かあった時には通帳や印鑑は使えないので、IDやPWをどう管理するかが課題ですね。
いずれは、そのような管理も信託銀行がやってくれるかなと思ったりしています。
デジタル終活が私も心配です。
ネットの銀行や証券会社、それにブログ、FaceBook・・・。
今は娘に適時(更新したりして)渡していますので、面倒ですが娘に任せるしかないです。
どうせ、その時は自分ではわかりませんので。

蛇足ですが仕事絡みで人工知能(AI)に関わっていますが、銀行業務のAI化が今後は急激に進むと思われます。
もちろんコスト削減もですが、少子化で労働人口も減少しますのでAIで置き換われる業務は出来るだけAIに任していこうという事だと思います。
嫌でもネットで手続きをするしかない時代が来るのかもしれません。
つたない投稿文をお読み下さり・・。 (夢逢人)
2017-07-17 19:04:38
田中 実さま。

>すごく知識のある方なんですね!
>勉強になります。明日のブログの更新楽しみにしてます!!

私は2004年の定年退職する数年前、経済にも疎(うと)い私は、
経済ジャーナリストの荻原博子さん、ファイナンシャルプランナーの深田晶恵さんなどの数多く著名人の寄稿文を読み、
年金生活の中、ネットの【ダイヤモンド・オンライン】などを読み、少し勉強しただけで、お恥ずかしい限りです。

つたない投稿文をお読み下さり、感謝する次第です。

時代の変貌・・改革・・。 (夢逢人)
2017-07-17 20:56:46
ドニーさま。

お久しぶりです。

ネット銀行に関して、詳細にご教示下さり、感謝致します。

>仕事絡みで人工知能(AI)に関わっていますが、銀行業務のAI化が今後は急激に進むと思われます。
>もちろんコスト削減もですが、少子化で労働人口も減少しますのでAIで置き換われる業務は出来るだけAIに任していこうという事だと思います。
>嫌でもネットで手続きをするしかない時代が来るのかもしれません。

私はうわべですが、ネットの【現代ビジネス】6月19日に配信、
『ついにメガバンクに「大失職時代」がやってきた!
~AI導入に「4000人の配置換え」…』
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52015
後日に読み、時代の変貌・・改革を学び、驚いた次第です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む