夢逢人かりそめ草紙          

定年退職後、身過ぎ世過ぎの年金生活。
過ぎし年の心の宝物、或いは日常生活のあふれる思いを
真摯に、ときには楽しく投稿

サラリーマン人生の生涯は、収入急減の「5つの崖」を下り、晩年期を迎える、年金生活の私は学び、微苦笑して・・。

2017-07-23 16:21:35 | ささやかな古稀からの思い

先程、長らく愛読しているネットの【NIKKEI STYLE】を見ている中で、
『 中高年、収入急減の「5つの崖」 まず役職定年に備え 』と見出しを見たりした。

私は民間会社の中小業のある会社に35年近く勤めて、2004年(平成16年)の秋に定年退職し、
多々の理由で年金生活を始め、早や13年近くになっている。

そして私は、サラリーマン人生に於いて、収入急減の「5つの崖」があったかしら、
と思い馳せながら記事を精読してしまった。

この記事の原文は日本経済新聞の編集委員・田村正之さんが寄稿され、
日本経済新聞・朝刊の2017年7月15日に掲載され、
関連の基幹サイト【NIKKEI STYLE】の2017年7月22日に配信され、
無断であるが転載させて頂く。

《・・中高年、収入急減の「5つの崖」 まず役職定年に備え

給与や年金などの収入は、現在の水準が、この先も続くとつい考えてしまいがちだ。
しかし実際には、収入が急減しやすい5つの「崖」が存在する。

特に50代半ばで、収入が減る役職定年や70歳以降の有期型企業年金の終了、
配偶者死亡による年金収入減などは、十分意識されていない。

あらかじめ崖の存在を認識して準備しておかないと、思わぬ資金ショートに直面してあわてることになりかねない。

 「4年後の役職定年が心配」と話すのは食品会社で働くAさん(51歳)。
Aさんの会社では55歳で役職定年になり、収入が約2割減る。

9年前にマイホームを購入、月14万円のローン返済があるうえ、小学生から高校生まで娘が3人いる。
Aさんは「今でも毎月の収支は赤字で、ボーナスで補填しているのに・・・」という。
            


☆役職定年、2~3割の賃金削減も

第1の崖である役職定年は、本来の定年が55歳から60歳に移行した1980~90年代に、
人件費の抑制や組織活性化のために、多くの企業が導入した。

関連統計は少ないが、人事院の2007年調査では、500人以上の企業の4割弱が導入。
対象年齢は55歳が最も多く、次いで57歳だった。

役職定年前に比べて、賃金水準が「変わらない」とした企業は、わずか11%。
86%が「下がる」と回答し、うち約8割で「75~99%」、約2割で「50~74%」の水準に下がるとした。

社会保険労務士の井戸美枝氏は「2~3割の賃金削減は珍しくない。
役職定年を考えずにローン返済額や教育費を決めている人も多く、要注意」と話す。

2つ目の崖は定年。
原則65歳までの雇用確保が義務付けられ、多くの企業が再雇用制度を導入するが、
収入は大きく減りがちだ。

厚生労働省の調査によると、5割の企業で再雇用後の基本給が定年時の「50%以上80%未満」の水準に、
3割の企業で「50%未満」に下がる(図B)。
            

日本労働組合総連合会の「連合・賃金レポート2016」では、
60~64歳男性の年間賃金は、平均385万円(医療業など除く)で、55~59歳時に比べて37%減る。

しかも「減少率は企業により大差があり、5~6割減るという例も多い」(井戸氏)。
勤務先の60歳以降の雇用の仕組みを早めに確かめておきたい。


☆年金生活で、さらに収入減

再雇用が例えば65歳で終わり、公的年金生活に入ると、収入はさらに減る。
3つ目の崖だ。

厚生年金の受給者の平均月額(15年度)は男性の場合、
基礎年金と合わせて約16万6000円。年収で約199万円だ。
妻がずっと専業主婦なら、妻の基礎年金と合わせて200万円台後半だ。

<iframe id="fb_xdm_frame_https" style="border-image: none;" title="Facebook Cross Domain Communication Frame" name="fb_xdm_frame_https" src="https://staticxx.facebook.com/connect/xd_arbiter/r/XBwzv5Yrm_1.js?version=42#channel=f15ee159e44b049&origin=https%3A%2F%2Fstyle.nikkei.com" frameborder="0" scrolling="no"></iframe>

60歳以降も、企業年金があれば生活の支えになる。
しかし、企業年金は、かつてのように終身でもらえるケースが激減しており、
現在は10~15年程度の有期型が多い。
4つ目の崖は、この有期型企業年金の終了だ。

都内の男性Bさん(76歳)は2年前、日課のランニング中に脳梗塞で倒れて、寝たきりになり、
有料老人ホームで介護を受けながら暮らす。

「ただでさえ支出がかさむのに、月に約15万円あった企業年金が、
75歳で打ち切りになり、その後は毎月貯金を取り崩している」

Bさんは「退職時に説明を受けたはずだが、15年間で打ち切りになることを認識していなかった」と話す。
企業年金から支給がある間は、支出も多くなりがち。

ファイナンシャルプランナーの深田晶恵氏は
「企業年金が打ち切られる頃には、貯蓄があまり残っておらず、その後の生活に困る人も多くみられる」と話す。
            


☆配偶者死亡で年金減少

第5の崖は、配偶者の死亡による公的年金の減少だ。

夫の現役時代の平均年収を600万円、妻は専業主婦などとして計算すると、
夫婦ともに生きていれば、受け取る年金額は計288万円(図C)。
月額にして約24万円で、高齢夫婦の無職世帯の平均支出額(27万円程度)を下回る。

夫が先に亡くなると、年金はどれくらい減るのか。
よくある勘違いが、夫の年金総額(厚生年金と基礎年金)の4分の3に相当する金額が
遺族年金として支給されるというもの。

だが実際には、計算に夫の基礎年金部分は含まれない。
この例では厚生年金(132万円)の4分の3に当たる約99万円が遺族年金となる。

これに加えて妻は、自分の基礎年金(78万円)を受け取るが、それでも合計で177万円。

夫婦で受け取れる金額に比べると、約110万円も減ってしまう。

「支出は一人になっても、大幅には減らない。
毎月の赤字幅が、大きくなるのは避けられない」(深田氏)
            


☆「収入減、家族に宣言を」

専業主婦の妻が先に亡くなった場合は原則、18歳までの子どもがいないと遺族年金は出ないので、
夫は自分の年金だけになる。

減額幅は78万円と比較的小さいが、夫は家事が苦手で外食が増えたり、
家事代行サービスを頼んだりして生活費がかさみがち。
やはり赤字幅は増えやすい。

様々な崖を乗り切るには、現在の年収がいつまでも続かないことを認識したうえで
(1)夫婦ともに長く働く
(2)生活を身の丈にあった水準に直す――などして貯蓄をなるべく多く残しておくことが大事だ。

特に(2)に関して深田氏は
「配偶者や子供にみえを張らず、収入が減った場合はきちんと宣言すべきだ」と助言している。

注)記事の原文に、あえて改行を多くした。
            

            

私は東京オリンピックが開催された1964年(昭和39)年の秋に、
大学を中退し、アルバイトや契約社員をしながら映画・文學青年の真似事して、やがて敗退して、
やむなくサラリーマンに転進する為に、コンピュータの専門学校で一年ばかり学んだ後、
この当時は映像・音響の大手メーカーの民間会社に、何とか中途入社出来たのは、1970年(昭和45年)年の春であった。

そして配属された音楽事業本部の片隅で勤めていた私は、
まもなくこの中のひとつの大きなレーベルが、外資系のレコード会社として新設され、私も移籍の辞令を受けて、
音楽に直接に関わる制作畑ではなく、商品、情報、経理、営業畑などの部門を異動したりして、
35年近く勤め、2004年〈平成16年〉の秋に定年退職した身である。
            

こうした中で幾たびもリストラが行われたりし、
やがて1998年〈平成10年〉に音楽業界の売上の主軸となるCDがピークとなり、
この前後は、各レコード会社が社内業務の見直し、組織の大幅な改定、グループ会社内の統廃合、
そして資本による合併などが行われたりした。

これに伴ない、正社員のリストラが行われ、
人事配置転換による他部門の異動、出向、早期退職優遇制度により退職が行われ、リストラ烈風となった。

こうした中で、私の勤めいていた会社も、人事配置転換による他部門の異動、出向、早期退職優遇制度が実施された。
                    
私は1970年(昭和45年)の中途入社した身であったが、
この頃の時代の風潮としては、多くの御方と同様に、この会社で定年の60歳まで
勤め上げ意志を殆どの方たちは共有し、私なりの人生設計を持っていた。

そして激動の1998年(平成10年)の前後は、先輩、同僚、後輩の一部の人が、
やむなく第二の人生を選択し、早期退職優遇制度に申請を出されていたが、
私は定年まで勤め上げる思いが強くあったので、彼等の決断を見送っていた。

やがて私は1999年(平成11年)の新春、出向となった。
            

もとより出向身分は、会社に直接に貢献できる訳もなく、まぎれなく戦力外なので、
私は都心にある本社に30年近く勤めたが島流しのように放り出され、
屈辱と無念さが入り混じ、私でも失墜感もあり都落ちの無念さを感じたが、
半年後から何とか馴染み、朝は4時45分に起床して、帰宅は早くても夜9時過ぎが多く、奮戦したりした。
                    
出向先は少し遠方地にある各レコード会社が音楽商品のCD、DVDなどを委託している物流会社で、
この中のひとつの物流センターに異動させられて、
販売店からの日々変動の激しい日毎の受注に応じた出荷作業、
或いは返品を含めた商品の出入り、保管などの業務管理を行っていた。

こうした中でセンター長をはじめとする正社員の5名の指示に基づいて、若手の男性の契約社員、アルバイトの10名、
30代と40代の多い女性のパートの120名前後の職場であった。

そしてまもなく、出向先の物流会社も大幅なリストラが実施されたり、
私が30年近く勤めてきた出向元の会社でも、幾たびかリストラ烈風となる中、
私の同僚、後輩の一部が定年前の退社の連絡、或いは葉書で挨拶状を頂いたりし、
私は出向先で2004年〈平成16年〉の秋に、何とか定年退職を迎えられたした。
            

そして、私は出向身分であったので、何とか烈風から免れたのも事実であり、
定年前の退社された同僚、後輩に少し後ろめたく、退職後の年金生活に入った理由のひとつとなった。

しかしながら根底の実情は、この当時は大企業も盛んにリストラが実施され、
たとえ私が定年後に新たな職場を探しても、これといった突出した技術もない私は、
せいぜい月10万円ぐらいで、雑役業務の職場しか考えられず、
何よりも私なりに、出向先で体力も気力も使い果たしてしまった。

そして私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、教育資金も不用であったりし、
程ほどの老後資金がプールできたりし、私は働くことを卒業して、年金生活を始めることとした。

このように私のつたないサラリーマン時代であり、もとより一流大学を卒業され、大企業、中央官庁などに
38年前後を邁進し栄達されたエリートとは、遥かに遠い存在であるが、
私は最期には出向であっても、途中で挫折せずに程ほどの年収を得て勤務でぎたことは、
結果的には幸運の星と思ったりしている。
                        

『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« がん予防の基本は「毎日の睡... | トップ | 初めて内科専門医院、そして... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しくブログ拝見させて頂きました。 (田中 実)
2017-07-23 23:54:27
読んでいて悲しくなってきました!
人間、人生いつどうなるかわかりませんね。
一日一日を大事にかみしめて生きることにします。
ささやかな私のこれまでの人生 (夢逢人)
2017-07-24 13:47:30
田中 実さま。

>読んでいて悲しくなってきました!
>人間、人生いつどうなるかわかりませんね。
>一日一日を大事にかみしめて生きることにします。

私は東京の世田谷区と狛江市に隣接した調布市の片隅みに住む身で、
私たち夫婦は子供に恵まれなかったので、我が家は家内とたった2人だけの家庭であり、
そして雑木の多い小庭の中で、古ぼけた一軒屋に住み、お互いの趣味を互いに尊重して、日常を過ごしています。

そして私たち夫婦は、お互いに厚生年金、そしてわずかながらの企業年金を頂だいた上、
程ほどの貯金を取り崩して、ささやかな年金生活を過ごしています。

ときおり私は家内と買物に行ったりする時は、
私はホディガード兼荷物持ちとなり、私は家内のお供のように共に出かけたりしています。

或いは小庭の手入れを私はする時、私の体力の衰えをみかねて、
ときおり家内が援軍となり、私たち夫婦で奮闘する時もあります。

こうした私たち夫婦の年金生活を、ご近所の方の奥様たちが見かけて、
あなたたちは仲良し恋しねぇ、と社交辞令のお世辞を頂くこともあります。

たまたまレコード会社のOB懇親会に、昨年に出席すると、
『XXさんは、人生の勝利者ですねぇ・・』
と私は後輩のひとりから言われて、驚きながら苦笑した次第です。

思い馳せれば、映画の脚本家、文学の小説家の夢は破れて、
やがてレコード会社に勤めて、70年代、80年代、90年代・・音楽の黄金時代を
それぞれ流行(はや)った曲を共に過ごせてきました。

こうした時代の空気を共にできたことは、恵まれていたなぁ、と思ったりしている次第です。

こうした中で、住宅街の中で、少し広い一軒家を残こせて、
程ほどの貯金を崩しながら、年金生活を享受していますので、
つたない私なりに、しあわせをかみしめている次第です。

そしていつ日にか大病、介護・要になるまで、
出来る限り継続できれば、
私なりに最良のセカンドライフと思ったりする時もあります。

コメントを投稿

ささやかな古稀からの思い」カテゴリの最新記事