夢七雑録

散歩、旅、紀行文、雑文 その他

芝離宮から浜離宮へ

2016-12-10 11:21:30 | 公園・庭園めぐり

(1)芝離宮

芝離宮は浜松町駅のすぐ近くにある。園内に入って左へ、藤棚を通り過ぎ、潮入の池の東側を進む。池の護岸には黒ボク石も使われている。潮入の池には、キンクロハジロ、ホシハジロなどが来ている。コサギもここを棲み処にしているらしい。

中島に渡り西湖堤を通る。庭園全体を見渡してみるが、紅葉は多くなさそうに見える。

庭園内には冬の景観の代表である雪吊が作られていた。

芝離宮には根府川石など多くの名石による石組が造られている。その一つでもある枯滝の谷を、園路のように通り抜ける。

四本石柱を横目に、十月桜の花を確認して、雪見灯籠に至る。芝離宮まで回った事で、都内庭園を5カ所回ったことになるが、ここまで来たら浜離宮まで行きたい。

 

(2)浜離宮

中の御門から浜離宮に入るが、日はすでに傾きかけている。今日は、潮入の池の辺りを見て回る事で良しとしなければ。まずは、池の北側にある三門橋を渡る。

潮入の池の中に中島の御茶屋を見る。ただし、今日は入る予定は無い。

中島の御茶屋には中島橋から行けるが、今日は渡らずに池に沿って先に行く。

池の南側から、お伝い橋を渡り、中島の御茶屋を横目に、先を急ぐ。

前に来た時は工事中だった燕の御茶屋は既に完成している。

松の御茶屋を外から眺めたあと、園内を一回りしてから浜離宮を後にする。

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 殿ケ谷戸庭園の紅葉 | トップ | 新宿御苑の12月の桜 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。