浪速おやじのつぶやき日記

川柳・都々逸・詩などでボケ防止

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

浪速夢見頃>あかがわ川柳クラブ91号(2014年8月)

2014-08-22 08:29:25 | あかがわ川柳クラブ

浪速夢見頃>あかがわ川柳クラブ91号(2014年8月)
コープ大阪病院:あかがわ生協診療所:川柳月例会
会員作品は高齢者(主に60歳代~80歳代)です
---------------------------------
賛彩天(特選)
兼題〔魔〕(天)板東倫子)手をつなぎ魔のふみ切りを走りぬく
兼題〔香る〕(天)川端一歩)酒の香におぼれています卒寿です
自由吟(天)平嶋美智子)戦争いや津波のようにうねり行く
---------------------------------
兼題 「香る」
勇  )犯人を刑事はいつも臭い奴
茂  )新生児命の香り満ち浴れ
みえ )緑陰にしばし憩えば風香るる
鈍甲 )枇杷の香や潮の香故郷が近くなるくなる
勝弘 )十キロの梅で家中香しい
一歩 )新刊書香りを抱いてほっとする
佐津乃)エレベーター人の香水強すぎる
千恵子)線香の香りでくしゃみ一つ出る
文子 )淀の水香りと光平和見る
邦夫 )酒フイン香りもいいが飲めばいい
みえ )一振りの香辛料で深い味
兼題 「香る」佳句
美智子)畑の香詰めて故郷から荷が届く
千恵子)宅急便母とみかんの香りする
鈍甲 )くちなしの悲しみ香際立たす
正  )ミツバチが花の香追ってかけめぐる
弘子 )線香を立てて柔和な顔になる
妻子 )国香る五月の空に鯉職
元紀 )脱法のハーブ香りに誘われて
正道 )香る君ただあこがれてもの言えず
佐津乃)夏野菜ゴマの香りがよく似合う
千恵子)エレベーター美女が残り香置いて行く

人の句
一歩 )みそ汁の香りしあわせだと思う
地の句
正  )琉球の文化の香り壊す基地
天の句
一歩 )酒の香におばれています傘寿です
軸吟
倫子 )青春の香り盗れる初デート
--------------------------------
兼題 「魔」
勇  )阪神も魔球を打つて内野ゴロ
鈍甲 )歴史的悪魔の時代を生きている
弘子 )玄関に魔除け札貼る高齢者
正道 )横浜の魔人は人にたたえられ
文子 )終戦の悪魔は今は海の底
勝弘 )脱法ハーブ魔が差したでは許されぬ
邦夫 )山登り魔にも楽にも転じます
千恵子)USJ孫と待ってる夏体み
佐津乃)魔法の手借りても孫に通じない
美智子)歳ともに心の魔性好き勝手
倫子 )こわいけど覗いて見たい魔の世界
一歩 )脱法ハーブ悪魔の誘いだと知らぬ
鈍甲 )少しでも隙間があれば入る悪魔
みえ )魔王でも大きな愛に勝てなんだ
勇  )ミサイルを日本に向けて悪魔だよ
邦夫 )小悪魔が己のどこか潜んでる
正道 )えん魔様二枚の舌のどれを切る

兼題 「魔」佳句
佐津乃)お邪魔虫コッソリここに潜んでる
妻子 )魔の海に囲まれている日本地図
美智子)胸の中魔性目醒めぬよう撫でる
元紀 )合理化の魔物に魅入られた日本
文子 )国会も口と腹との魔のいくさ
弘子 )病魔から取り除かれた患者さん
千恵子)乙女から瞬時に変わる魔女の面
勝弘 )悪魔です集団自衛武器輸出
一歩 )年金まえ妻は魔法の手を使う
茂  )軍閥が悪魔の誘い戦時法

人の旬・みえ)
逢えるなら魔女の箒で一飛びに
地の句・鈍甲)
貧すれば悪魔の餌になりやすい
天の句・倫子)
手をつなぎ魔のふみ切りを走りぬく
軸吟・正 )悪魔とも電力会社添い寝する
---------------------------------
兼題 「自由吟」
勇  )大好きな今日は鰻だ大盛りを
弘子 )老人へ元気を配る園児たち
佐津乃)単車族道路でごろ寝雑談中
文子 )ナメクジも雨がないので土の中
美智子)家の中助けてくれる手摺つく
茂  )自己中の野党野合は支持されず
千恵子)知らぬ同士エイサー踊り酒を汲む
倫子 )人誉めるのも楽しみの業とする
佐津乃)放水車夜の道路を化粧する
正道 )公明は平和かかげて戦争ヘ
正道 )戦争は誰も好まぬ断末魔
みえ )美しい花は自分の名を知らず
勝弘 )ジワジワと感じています物価高
勝弘 )梅雨早く明けてほしいが暑い夏
千恵子)凛と咲き凛と散らしたひめゆりよ
邦夫 )米軍の先に行きたし国防軍
正  )原爆も原発もノー夏盛り

兼題 「自由吟」佳句
邦夫 )赤紙の如くに配る隊募集
一歩 )この暑さ浮かんだヒントすぐ溶ける
勝弘 )中国と韓国行かぬ安倍総理
妻子 )貧乏を知ってるなんて嘘だろう
妻子 )漸くに忘れかけてたまたいくさ
一歩 )いい目覚め予定が三つ忙しい
正  )九条を壊し日本が疎まれる
みえ )ぬくぬくと日なたは母の匂いする
佐津乃)父母が逝き古里が遠くなる
正  )金婚式十七人でホタル狩り

人の句
元紀 )政治家の言葉手を変え品を変え
地の句
一歩 )膨らんでいつ破裂する貧富の差
天の句
美智子)福井地裁国富が何か問い正す
軸吟
鈍甲 )アメリカの窓から世界見せたがる
---------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

浪速夢見頃>2014年9月投稿分川柳

2014-08-22 07:50:29 | 川柳

浪速夢見頃>2014年9月投稿分川柳
浪花親父のぼやき節
(70歳1944年S19年4月2日生)
☆川柳575調
------------------------------------
兼題「旅」
 ☆恋人よ旅は道連れ冥土まで
 ☆人生はさ迷える旅 又楽し
 ☆旅役者地方巡りで芸磨く
------------------------------------
兼題「地味」
 ☆支持される地味な活動世直しは
 ☆地味な柄 粋に着こなす芸者衆
 ☆隠し味地味な中にも華がある
------------------------------------
兼題「自由吟」
 ☆殺人菌 人類襲うエボラ熱
 ☆沖縄のジュゴンの住み家潰させぬ
 ☆原子力人類の敵 絶滅を
 ☆忘れまじ侵略戦争 終戦日
 ☆黙ってりゃ赤紙届く日は間近
 ☆今も尚 世界何処かで大空襲
------------------------------------
コメント
この記事をはてなブックマークに追加