一休さん

夢づくり工房

燃えるとき

2016-11-12 05:19:38 | 雑学

シルバー川柳

 

燃えるとき

人間、一生の間に燃えるときがあります。燃えて燃えて燃えたぎるときがあります。

燃えてきたときには、身も心も燃え尽きてしまうことです。何かをやれるとき、それは燃えているときです。

人生は一つの賭け、他人に賭けると迷惑になりますが、自分に賭けて頑張ることです。

花の盛りには花は精一杯咲いて、見る人を喜ばせてくれます。人間も盛りの間に精一杯働いて生きることです。

                  「お不動様のどっきり一言集」より

来年は、私も違う分野で燃え尽きて見ようと思っています。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夕食 | トップ | 喜らり「手作り展」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。