笑って元気に、単身赴任!

単身赴任生活の中で、私に元気を与えてくれたもの、音楽、本、言葉、人との出会いなどを紹介します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

早寝早起きは何故良いのか?睡眠の“ゴールデンタイム”は”午後10時~午前3時”

2007-12-03 00:56:13 | 健康
世の中には、昼型の人と夜型の人に分けられるようですが、私は、若い頃のソフトウェア開発の頃から夜型になっています。夜は遅くまで起きていても平気ですが、朝は弱く、低血圧のせいもあり、起きてから30分ぐらいはボーとしています。

今の生活も、”平日は2時に寝て、朝7時の起床”、”休みは3時過ぎに寝て、朝10時頃起床”という非常に不健康な生活です。実は、このような睡眠は質の悪い睡眠だそうです。

 参考情報:質のよい眠りは、質のよい仕事につながる(goo ヘルスケア)
 http://health.goo.ne.jp/column/healthy/h002/0030.html

このホームページに、以下の内容があります。

『人間には体温のリズムがあり、それに沿って生活するためには、夜中の12時までに寝て、朝7~8時に起きるのが理想的です。』

『夜型であっても、日中、仕事がしっかりできる人は無理して朝型に変える必要はありません。ただ、“睡眠の質”という点からいえば、午後10時から午前3時までの時間帯が睡眠の“ゴールデンタイム”です。』

なお、睡眠不足は、高血圧、糖尿病、心臓病、脳卒中、うつ病などの病気になる危険性を高めるそうです。

”健康の為には良質の睡眠が必要”といえそうです。

しかし・・・・簡単なことほど変えることが難しいのが現実です。

”夜の12時には寝て、早起きして、NHKの朝のラジオ英会話を聞くぞ!!”と何回誓ったことか。

また、朝寝坊して、会社まで自費でタクシーで行き、そのたびに”早起きすればCDが買えたのに”と猛反省したことが、これまで何回もありました。

今回こそ大決心、”早寝早起き”!!

・・・・と言いながら、こんな遅い時刻にブログを書いているのは何故?

なお、人間の体内時計は約25時間サイクルで、ズレています。このズレは朝の自然な光で調整されます。朝の清々しい光を浴びると体内時計が調整され、気分もリフレッシュされます。昔の諺にもあります。

「早起きは三文の得(はやおきはさんもんのとく)」

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« CD版発売!ビートルズの最高... | トップ | 悪いことでブルーになったら... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
寒くなりました… (あっこ)
2007-12-09 17:25:50
私も低血圧ですが。。。



朝は起きた時から普通のテンション…たまにうざいなーんて思われがちですが。







お肌の為には12時前に寝るようにしていたから、私の肌はキレイなんて言われます。[自爆!]

睡魔のおかげだと信じています。
いつもコメントありがとうございます! (夢一灯)
2007-12-09 23:54:18
あっこさん、いつもコメントありがとうございます(^^♪ 朝に強い人は羨ましいです。やはり早寝早起きは、健康に良いですよね。頭では分かっているのですが・・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。