シェアハウス よもぎ蒸し ゆめプロ ブログ

川崎市の登戸駅 ゆめプロ株式会社公式ブログ

地元のお祭りの夜に

2016-10-08 | シェアハウスオーナーの日記
今日はシェアハウスの氏神様の八幡神社のお祭りで、朝から太鼓とかお神輿かつぐ声が聞こえてくる。
地元だし、離婚したし、なんだか外に出にくいような複雑な気持ちだけど、お祭りの気配には、やっぱり心躍る。
雨がやんでよかった。

シェアハウスの中庭で、みんなとごはんを食べた


25歳のときのワーホリで、タスマニアの安宿の隣のベッドだったなおちゃんは、四国の松山に住んでいるけど時々泊まりに来る。

今回は一緒にガイアシンフォニー第8番を見に行った。
前回会ったのは、3月のミューザ川崎で、私は「純正律のカノン」というのが聞いてみたくてチケットを取っていたのですが、なおちゃんに「いく?」と言ったら、「いいねー」と松山から来ました。

久しぶりに会っても、価値観が近い人との話はとても早いです

表参道のクレヨンハウスでランチをしてから、ガイアシンフォニー見にいこーって思って、テラス席でランチをしていたのですが、1時間くらい猛烈に話しながら食べてた間中、隣の席から強いパワーを感じていたのだけど、近すぎて見れなくて、食べ終わって、ふと隣の席を見たら、落合恵子さんだったのよー

そして、かなりおこがましいんだけど、時折聞こえてくるお話しの内容が、そのとき私たちが話していたものと近いことだったのもあって、「どんな人がこの話をしてるのかなー」と気になっていたので、お顔みたとき、かなりびっくりしたよ

「隣からずっと普通じゃないものを感じていたのですけど、やっぱりー」とずうずうしくも声をかけさせてもらったんだけど、すっごく謙虚な言い回しで丁寧に答えてくださって、ステキだった。

先日の龍村仁さんに続き、すごい人ってなんでこうも謙虚な姿勢なんだろ。
ほんものだから、威張ったり、大きく見せたりする必要なんかなくて、本来の姿のままってことなんだろうな。

私もそうなりたい!

最近よく感じることは、著名人でも、家族でも、友だちでも、飲みの席でたまたま隣になっただけの人でも、自分と近い人は近いんだし、近くない人は近くないんだな、ということ。

あたりまえのことなんだろうけど、そう感じることが最近多い。

世の中って、思いのほか、ものすごくシンプルなんだなって


シェアハウス「しかくい空」
2016年10月現在
満室となっております

ゆめプロ株式会社ホームページ


よもぎ箱のご予約はこちらまで
tel 070-5373-1218
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ガイアシンフォニーと私の物... | トップ | シェアハウス中庭ワックス♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。