UMA君のお部屋

山遊びのぺーじ

粕川西谷支流熊坂谷遡行、下降

2017-07-29 20:51:35 | 沢登り
山行日:2017年7月22日(土)

天気:晴れ

山行者:単独です。

CT:駐車地8:12…690二俣8:41…左俣遡行…尾根9:51…右俣下降…橋…山道…駐車地11:04



竹屋谷の東側の小沢に入りました。

名無しかと思ったら立看板”熊坂谷”というらしいです。

右岸側に道がずっと続いていますが適当に入渓。

両岸植林されていますが、免れた?栃の大木が沢伝い点在するのが印象的。


690二俣手前で橋、どうやら入渓地点から続いている模様、帰りはこれを使わせてもらう。

二俣から左へ、流れはか細くおまけに藪。

730辺りから小滝、ナメ床が現れるが長く続かず。










源流部は大岩ゴロゴロ、谷の中まで杉の倒木多く気分はダダ下がり。

尾根には急斜面をチョイと登って到着。

尾根道をチョイ下り左の谷へ入っていく。

こちらは笹に覆われた源頭部、笹が切れると水流が現れた。


登りに使った谷よりいい感じ、何か現れそうな雰囲気と思ったら10m斜瀑。


水がチョロチョロで迫力に欠ける。

左岸側からケモノ道使って巻いた。

まだ何かあるかと期待したが小滝が幾つかでフェードアウト。



(あの先に大滝が…の期待は瞬殺されました。)

V字型の谷で期待させられるんだが、期待はあっという間に消え失せた。

橋からは広めの山道を下っていく。

もろ植林帯でアイツに警戒したが一匹もくっつかず被害なし。

三時間弱の山遊び、かなり不完全燃焼だー。

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハーレム山行? 尾ノ谷遡行... | トップ | 俵谷遡行、下降 逆くの字の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む