TAMU SANA♪

TAMU SANAは♪おいしい♪
って意味。
タンザニアでの美味しい生活をお届けしたいなぁ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

やっとこさ。

2012-04-29 01:02:31 | 日記
本日、2012年4月29日。


やっと、やっと、報告します

日本に着きましたー!!
(2012年3月20日にね)


日本に帰国してから、
バッタバタ~♪
もう笑うしかありません。


3月21・22日と東京にて帰国研修。
パスポートの返還と、健康診断がメインだったけど。
で、3月23日に地元へ帰省


タンザニアからの国際電話で
学校へ挨拶に行くことを伝え・・・
26日(月)に学校へ、ご挨拶。
そのまま4月までは日本へのリハビリがてら
休む予定でしたが、、、あれ~!?

そんな調子で、
未だ日本社会に馴染めておりません。笑。

帰国直前にかかったアメーバ赤痢と共に、
入学式を迎え。1年生の担任


水道の蛇口から出る水は
「飲んでいいんだっけ?」と毎回ふと確認。
電気の電磁波に疲れつつ、
明るさに驚く。

まー、ぼちぼちやっています。


同期が、6月22日に帰ってくるので、
笑顔で迎えるためにも、リハビリリハビリ。


やっと、今日、
帰ってきたという実感がもてました。


またね。







コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

いい風が吹く!

2012-03-18 07:29:37 | 日記
3月17日。
クワヘリパーティ(お別れ会)inタンザニア

3月19日の出国を前に、
JICAメンバーでお別れ会。

旅立つ隊次(平成21年度4次隊)の
次(平成22年度1次隊)が旅立つ隊次のお別れ会を幹事します。

旅立つ隊次は、
21-4次隊と、22-1現職。

お別れ会の幹事は、
22-1次隊。
私は、22-1次隊。
だから“送り出す”立場。

でも、
22-1現職なので、
“お別れされる”立場でもある。

“お別れしつつ、お別れされる”
という複雑な立場。


しかも、お食事係というお仕事をいただいたので、
楽しくやらせていただきました。
それはそれは
いい時間でした。
同期と一緒に最後のお仕事。

くだらないことを言ったり、
言われたり。

たった2年間で
同期をこんなに信頼できるって、
すげーって思った。
好きとか嫌いとかじゃなくて、
無条件に信頼できる。

何かお願いすれば、必ず応えてくれる。
プラスの方向に行く確信が持てる。
尊敬できる。
許し合える。

そんな素敵な仲間達と、
タンザニアでの最後のお別れの時間が迫っています。

あと
数時間。

あ~、あと数時間。

なのに、まだ実感がわかない。
自分の帰国も、まだ実感がわかない。

スワヒリ文化の中で、
スワヒリタイムを楽しむ。

同期は、あと3ヶ月タンザニアで生活する。
この最後の3カ月も、
同期の皆の平和を願わずにはいられません。

どうか、
皆に、いい風が吹きますように!

ムングイバリキです。
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

雨季。

2012-03-06 14:15:14 | 日記
3月6日朝8:00


最後のキリマンジャロ・・・

雨。
ガーン。

でも、頑張ってます、
キリマンジャロ山。


ちょっとずつ晴れつつある。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キリマンジャロを離れる。

2012-03-06 04:11:45 | 日記
えー、
体調が変。


任地を離れて、4日が経ちました。

3月1日に任地を離れて、ダルへ。
2日に、タンザニア北東部クワヘリ(お別れ会)のために
再度モシへ。

6日。
明日の午前の便で、キリマンジャロ洲を離れます。

毎日、眺めていた
キリマンジャロ山とメルー山。
最後の最後。


見おさめです。


キリマンジャロ山と別れるのは、
思った以上に、悲しい。
ほーーーーんとうにツライ。

今まで、何度か
キリマンジャロ山の写真を撮ったけど、

肉眼に勝るものなし。


明日は、キリマンジャロが見えるかな?
見えなくても、
存在感だけで、充分。

みえても、みえなくても
キリマンジャロ山はそこにある。

明日か。







コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

任地を離れる。

2012-03-06 02:50:04 | 日記
3月1日。
日本の勤務校では、卒業式。

こちら、タンザニア。
私も、
今日、このSANYA JUU中等学校を離れます。

1年9ヶ月。
長いような、短いような。

嫌なことも、
嬉しいことも、
ぜーんぶ、お土産。

筋肉痛(キリマンジャロマラソン)と共に
家を掃除。

・・・掃除してもキレイにならん。

見かねた近所の子供たちがお手伝い。
「YUKOは子守してて!」
と渡された、1歳児。


いやー、さすが現地っ子。
早い、早い。
ものの1時間で、全ての部屋がピッカピカ。
とまではいかないけど、
きれいになりました。



玄関もピカピカ。


外へ追い出された私。


サンヤジュウ、あさんて。
ほ~んと、TAMU SANA♪な場所でした。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加