ゆこちんのトランペット

トランペット奏者 藤井裕子のコンサート情報、トランペット談義のつもりが…こぼれ話や大きな声では言えない話も満載です!

仲間ってなんですか?って聞かれたことを思い出した。

2017年07月18日 00時23分49秒 | 雑感
今日はアルプス音楽団の毎月恒例、音楽ビヤプラザでのライブ演奏でした。

こんな暑い日には冷たいビールがぴったり、とは言え、銀座まで来てくださるだけで既に暑い中、お客さまが大勢来てくださって、本当にありがたい限りです。


一時期、出演メンバーがやたらと変わったりしていましたが、最近はリーダーの計らいのお陰で(漢字で「計らい」って書くと、「心遣い感」より、「計略感」が出ちゃいますね?!あれれ??でも私の書きたい気分としては、「心遣い」ね)、安定してベテランのお馴染みメンバーでお送りできちょります。

ホント、大学出て間もない頃から一緒にやってるメンバーだから、心置きなく一緒にやらせてもらってるけど、よーく考えれば、みんななかなかのスーパースターだから、一緒にやれるのはホント嬉しいことだって改めて思いますよぉー。

そして、お客さんもみんなで出演メンバーを支えてくれてる感じがヒシヒシ。

その「支えてる感」がもしかしたら我らのお客サマ的楽しみなのかもしれないけど(*≧∀≦*)でも、それってホントにありがたいことだよなー。。。

そうそう、今日の本番始まる前に厨房で賄いご飯いただきながら、なんとも突然「あー仲間だなぁ」って気持ちが降って来た。

ただ単に「一緒にいる」っていう気持ちなんだけど、いやいや、物理的に一緒にいても、ちっとも一緒って気持ちになれないこともあるじゃんか!
でもなんだか時空を共有してる気がしたんだよ。まぁ、うまく説明はできません。。。。


そしてお客さまからね、「ゆうこちゃん見てると元気が出てくるのよぉ〜〜。だからもっと新潟だけじゃなくて、こっち(東京)でもやってー」なんて言ってもらえて!!

泣きそうなくらい嬉しかったよ。なんて優しいんだぁー(ToT)

そのお客さま方は、時々いろんなところでやってるコンサートにも来てくださってるんだけど、この前、埼玉(鶴ヶ島)にもわざわざ電車で来てくださってね。。。
楽しかったわ、と言って帰ってくださったんだけど、ちょっと不安だったのよ。ホントに楽しんで頂けたんだろうかって。

でも、今日お言葉かけていただいて、嬉しかったわけ。その一言で10日はシアワセに暮らせます。
(ウナギの匂いでご飯3杯食べられる、みたいな言い方!)

あ、それに今日は新潟県出身のお客さまが2人いて、どちらの方も、何かしら接点があって、それも嬉しかったなー。


メンバーは仲間だし、お客さまは「仲間」って呼ぶのはいけないのかもしれないけど、心の友っつーの?なんて言うのがいいかは分からないけど、とにかくいろいろな気持ちを共有できる人たちさっ!!!


で、今日のタイトル、「仲間ってなんですか?」っての。


昨日、私、卒業式でも涙も出ないしってこと書いたけど、なーんとなく思い返すに、昔からそんなに仲間と連む方じゃないし、案外1人でどこでも行けちゃうし、一匹オオカミ的なとこもあるし。。。

まー、自分では「自分勝手」なのかなー?と思ったりもするけど、まあそんなに友だち友だち言う感じの人ではないのよね。


でもだからこそ、自分の生徒には「仲間」との時間とか空間とか経験とかを共有して、いい絆を持って幸せをたんまり味わってほしいなーなんて思うわけよ。

多分、超合理的に考えたら、友だち友だち言ってると、その分ヒトに振り回される時間もメンタルも物理的なものもあれこれあるわけで、損得感情で言えば、果たしてそれが得なのかは分かんないよ。

でも、だんだん歳取ってきて思うのは、なんだかんだ、損得なんかおかっけてても表面的には得だとしても、それは「シアワセ」とは違う。表面的にはヒトに振り回されたりして面倒臭くて損だとしても、それは「不幸」ではないってこと。


若いうちはそんなことは考えなかったから、生徒には損得じゃなくて「シアワセ」になってほしいわけ。

それで、私らしくもなく、生徒には仲間を大事にするように、仲間を裏切るようなことや自分の損得だけで動くようなことをするのはいけないって考えで向き合ってる。


でも、これが通じないこともあるんだよねー。

「損得」を考えることこそ、大切っていう風潮がなんとなくあるじゃん?
うまくやったもん勝ちみたいなさ。
自分にとって利益になる方なる方と選択していくの。

すると時には周りの人を裏切るような結果になることもあるじゃん??


それを注意した時に、逆恨みみたいに物凄い悪口言われたことがあってね。
そして、「仲間ってなんですか??信用できる人は〇〇君だけで、あとはみんな仲間なんて思ってません。」って。しかも親からね。
それまでは、先生先生って大好き大好きって少々怖いくらいだったんだけど、急に「先生のことが大嫌いです。みんなそう言ってますよ?」的なね。

まー、ショックで。100日くらいはうっすら引きずったね。でもまあ、何しろ本人じゃなくて親から言われてるからね。

だから大好きも大嫌いも親が言ってたことだから(うちの子は先生が大好きなんですよー、的なね)本人は果たしてどっちだったのか、多分別にどっちでもなかったって思うんだけど、とにかく分かんないんだけど、考えれば考えるほど、損得だったのかなって。

大好きって言えば、うちの子の得になるはず。
こんなに素晴らしいうちの子を贔屓しないなんて、仲間を大事にしてなかったからって怒るなんて、もう大嫌い!!そう、みんな嫌ってますよ、みたいなね。
自分の子にとって損させる子は信用できないダメな子。自分の子を安心させる子はいい子。


でもさー、きっとあとで気づくと思うんだよ。いや、気づいてほしいんだよ。

損得じゃないんだよ。共有することのシアワセさ、この方がずーっと人生には大切なんだってばー。


どんな時も一緒にいてくれる仲間、本当にありがたい。
どんな私でも応援してくれるお客さまの存在。本当に感謝しかない。
ダメな私に、ハッキリダメと言ってくれる人。これまた、本当にありがたい。本当に本当にありがたい。

あー、もう10年くらい経つかなー。バンド内の表現のことでなかなか意図が分からなくて。
「えー、それじゃーどうやっていいか分からないから、どんな風がいいのかデモの演奏とかくださいよ」なんて、リーダーに言っちゃってた時ね、リーダーは「そうだね」みたいな答えだったと思うんだけど、後からベテランのドラムの大先輩に「藤井ちゃんはそれだからダメだよ!!そんなの自分でもっと勉強しなきゃ!!甘いよ!!」って怒られた。

いやー、ホントに目が覚めたってんすか?!センパイ、スミマセンデシタ!!アリガトウゴザイマス!!!的なさー。

段々、自分もベテランの年齢になってくると、ハッキリ言ってくれる人が段々いなくなってくるじゃん。

だって人に注意するって凄い勇気とエネルギーいるからね。下手したら逆恨みされかねないんだよ。
事なかれ主義の損得で考える人なら、注意なんかするのは損って気づくよね。だからニコニコやり過ごすよ。

だから大先輩は損得度外視で、私のために言ってくれたんだよねー。ホント、この大先輩には今も感謝してる。


こういう人もとっても大切な、仲間なのよ。

いろんなタイプの仲間のおかげで、生きていけてる。ホントにありがとう。
今日はそんな気持ちにふんわりとなった1日でしたよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月16日(日)のつぶやき | トップ | 7月17日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。