a day.〜逗子のワインショップ〜

a day.逗子店 店長の北川です。おすすめのワインや特製デリをご紹介します。

キャサリン パフ

2017-02-22 01:11:27 | 生産者情報
こんにちわ!

冬晴れが続きますね。

3月4日 ミモーゼ フェスト
ミモザの日の普及活動に女性醸造家のワインを出展します。

今日は、その中で唯一アジアのワイン、
タイのサイアムワイナリーで活躍するドイツ人醸造家 キャサリン パフさんを紹介します。


彼女は、2008年、サイアムワイナリーの醸造家に就任します。

ドイツ・イタリアにてヴィティカルチャーとワイン学を学び、1999年グーテンベルクのワイナリーで醸造家としてのキャリアをスタートさせます。

再びイタリアに戻り、アシスタント ヴィンヤード マネージャーなど、様々な役職を歴任しました。

そして、ヨーロッパを飛び出し、ニュージーランドへと渡り、2005年と2007年にはアソシエートワインメーカーとして注目を浴び、新世界の国々でその名が知られるようになりました。

新世界・旧世界の両ワインの知識があり、様々な経験を経て、2007年からタイのホアヒン ヒルズ ヴィンヤードにて新たなキャリアをスタートさせました。

『タイ料理に最高に合うワイン』として開発されたモンスーンバレーワインをはじめ、サイアムワイナリーの持つワインブランドの品質を保ち、日々その品質向上に努めています。

未開の地でワインを造ることに興味があると聞きました。

よく同郷のものを合わせると良いといいますが、
まさに、タイ料理の甘・酸っぱいという味のバリエーションに非常によくあいます。

日本でも、アジアンフードは人気です。ご家庭でも調味料を使われる方もいらっしゃるのでは・・・・。

先日、北鎌倉浄智寺住職「朝比奈住職のカレーとワインの会」。
この日、カレーにあわせて好評頂いたのもタイの彼女のワイン。

食事とワインのマリアージュを楽しむ料理研究家も、上手に取り入れてくれてます。

逗子では、ブルームーンのアジアン風カルパッチョにあわせて出して頂いてます。
ブルームーンさんでも飲めますよ!

ミモーゼ フェストは、スペシャルイベントは満席頂きました。
ワインティスティングの会は、予約なしでお楽しみいただけます。
六本木ですが、日本のお花屋さんの老舗ゴトウフローリストさんで開催です。
お時間あれば、ミモザと、女性醸造家のワインに会いにお出かけください。
詳しくは、

http://aday2014.com/1833


◆Facebookは、皆さまとのご縁が一層強くなる意味で、活用しております。
いいね!頂けると嬉しいです。

★a day.逗子店  046-871-8171
https://www.facebook.com/adayzushi

★a day.東京店(代々木)  03-5790-9360
https://www.facebook.com/pages/a-day-yoyogi/250636275103830

★Mariage a day.
https://www.facebook.com/mariageaday?fref=
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャトー デスレラ | トップ | ジョイ アンダーセン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

生産者情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL