OURSブログ

社会保険労務士としての日々の業務を行う中で、考えたこと、感じたこと、伝えたいことを綴る代表コラム。

無期転換制度の意識調査について

2016-05-22 22:40:43 | 労働法

平成25年施行の労働契約法の無期転換のルールについては、今年度は本腰を入れて対応を準備する必要があると考えています。平成28年度も、社会保険の適用拡大、介護離職予防のための育児介護休業法改正、最近テレビで盛んに取り上げられている同一労働同一賃金法など人事担当者は準備が必要なものが目白押しです(ストレスチェックも11月までに実施しなければなりませんし)。

しかし、それでもやはり無期転換対応は迅速に対応する必要があると考えていたので、7月には渋谷労働基準協会でのセミナーのテーマとさせていただいています。7月に刊行予定の労務行政さんの「雇用保険法・育児介護休業法等の改正早わかり」の原稿は何とか投入にこぎつけましたので、今抱えている就業規則の仕事をバリバリと片付けてレジュメ作りに励もうと思っていました。そんな中で最近「無期転換ルール」についての記事等をよく目にするようになってきましたので、資料集めは始めるつもりです。

まず厚生労働省は「無期転換ルール導入に向けた8つの支援策」を打ち出したそうです。モデル就業規則の作成、導入手順を紹介したハンドブックの作成などもあるようなので研究材料が沢山出そうで楽しみにしています。

また東京都産業労働局が実施した「契約社員に関する実態調査」の中で「無期転換制度」についても取り上げており、その内容もかなり興味深いものです。

無期転換関係で取り上げているルールは以下の4つです。

〔鬼転換ルールの認知度
¬鬼転換ルールへの対応予定
L鬼転換する場合の雇用形態
ぬ鬼転換ルールの利用希望

中でもぬ鬼転換ルールの利用希望(契約社員調査)は興味深いものです。

無期転換ルールの利用希望については、「条件によって利用したい」が41.7%を占めて最も多く、「利用したい」(19.0%)と合わせると6割を超えている。一方、「利用したくない」は12.8%であった。また「わからない」が28.1%となっている。

〇無期転換ルールを「条件によっては利用したい」とした回答者に、利用する条件を聞いたところ、「賃金、賞与等の待遇がよくなること」が71.9%で最も多く、以下、「正社員への転換であること」(45.2%)、「職務内容が現在と変わらないこと」(44.7%)、「転勤がないこと」(23.7%)と続いている。

これにはちょっとウーンと考え込んでしまいました。というのも労働契約法18条に規定されている無期転換後の労働条件は、「現在の労働条件と同一」が原則となっているからです。これまでもセミナー等で無期転換後の労働条件は有期契約時代と同一に設計し、様子を見てから状況に合わせて改定していくのが良いのでは?とお話もしてきたところです。「賃金、賞与の待遇がよくなる」、「転勤がない」となると若干難しい気がします。

東京都産業労働局「契約社員に関する」実態調査(概要版)

http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/toukei/koyou/jiccho27_0hajimeni.pdf#search='%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%80%81%E6%84%8F%E8%AD%98%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%81%E7%84%A1%E6%9C%9F%E8%BB%A2%E6%8F%9B%E5%88%B6%E5%BA%A6'

今朝何気なくテレビを見ていたところ同一労働同一賃金法についての与野党の討論会をしていたのですが、政治家の説明にはちょこちょこ「うん?それは違うのでは?」というところがありやはり話を聞くだけでは本当のところはわからないなあと感じたところです。ご自身の主張に合わせたところだけをピックアップして全体的に行っていることを考慮していなかったり、古い数字を使っていたりと、専門分野だから違うなとわかるわけですが、そうではない分野などはもしかしたら自分は正確ではない情報で判断しているのか?と心配になります。

自分で本を読んで研究をして、できるだけ正しい判断ができる人間になりたいと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

事業譲渡における労働契約の承継

2016-05-15 22:11:02 | 労働法

労働新聞(労働新聞社)の5月2日付の記事で、「労働契約承継拒否でも解雇できず――厚労省・事業譲渡で指針案」として以下の記事が出ていました。 記事を読んでどのような指針か楽しみにしているのですが今のところまだ読めていない状況です。

 ---厚生労働省は、事業譲渡または合併に当たって会社が留意すべき事項を明らかにした指針案をまとめた。企業のM&Aが活発化するなか、適切な労働契約の承継につなげ、労使紛争の防止を図る。事業譲渡の場合、労働者が労働契約承継を同意しなかったことのみでは解雇できないため、譲受会社の概要や労働条件の変更について十分に説明し、同意を経る必要がある。---

この指針のもとになる、平成28 年4月13 日付で発表された組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策検討会報告書の「組織の変動に伴う労働関係に関する対応方策について」はWEBで見ることができました。そこでは事業譲渡等の指針について以下の通り書かれています。

事業譲渡は、特定承継であり、労働契約の承継には労働者の同意が必要とされていること等から、これまで労働者保護のための固有の法的措置は講じられていない。しかしながら、事業譲渡は労働者の雇用や労働条件に大きな影響を与えることも少なくなく、労使協議が一定程度行われている場合もあるものの、労働契約の承継あるいは不承継等をめぐり紛争に発展する事例も生じている。(略)として指針を策定し、以下の通り留意すべき事項を示すことが適当とされています。

(1)事業譲渡
イ 労働者との間の手続等について、以下のことに留意すべきことを周知することが適当である。
労働契約の承継には労働者の個別の同意が必要であること、その際、営業譲渡に関する全体の状況や譲受会社等の概要等を十分に説明することが適当であること、労働条件の変更についても労働者の同意を得る必要があること
労働契約の承継への不同意のみで解雇が可能となるものではない等、解雇権濫用法理等を踏まえた事項
労働者の選定について労働組合員に対する不利益取扱い等を行ってはならないことや、裁判例における労働契約の承継の有無や労働条件の変更に関する個別の事案に即した救済の状況、 労働組合等との間の集団的手続等について、一定の事項を周知等することが適当である。

連休明けから仕事のご依頼が多くあり、手帳と常ににらめっこをしている状態ですが、何とか時間配分は上手くいっているような感じです。ご依頼は育児・介護関係、ワークライフバランス関連制度の導入、女性活躍関係などが多いような気がします。一昔前ではちょっと考えられない状況ですが、このあたりのテーマは書籍執筆をはじめとして常に取扱っていることが多いので頭に入っている分比較的取組みやすいところではあります。

最近どうしても夜になると眠くなり(これは人間としては当然なのですがつい最近までは夜はめちゃくちゃ強かったのです)、早く寝ることを心がけるようになりました。連休中、小淵沢の家では夜は特に早目に寝たため5時ころに目が覚めて外に出てみたのですが、しーんとした森の方から「ホゥーホゥホゥ」とたぶんフクロウの声が聞こえてきました。幻想的な雰囲気で時々それを思い出しながら和んでいます。


この記事をはてなブックマークに追加

海外勤務に労災適用 東京高裁、遺族が逆転勝訴

2016-05-08 20:59:46 | 労働法

先々週のブログに折しも取り上げた「海外派遣」と「海外出張」の判断に関する逆転判決が4月27日に出ました。

元々の東京地裁の判決(東京地判平成27.8.28)は、以下の通りです。

上海営業所の主席代表兼上海現地法人の総経理を兼務する者(仮にA氏とします)が急性心筋梗塞で死亡したところ、遺族が海外出張中の業務上の死亡ということで労災保険の遺族補償給付及び葬祭料の支給を請求。中央労働基準監督署長は、出張業務中の死亡とは認めず、また海外派遣の特別加入の手続きも行っていなかったため労災保険の対象とならないとし、不支給とされました。

地裁判決の内容としては、労災保険法の適用は属地主義により国内に限定されており、海外の事業所での業務災害には適用はないとされています。海外出張と海外派遣の判断は、「期間の長短や海外での就労にあたって事業主との間で勤務関係がどのように処理されたかによるのではなく、労働者の従事する労働の内容やその指揮命令関係等その労働者の国外での勤務実態を踏まえ、いかなる労働関係にあるかによって総合的に判断すべき」としたうえで、A氏はその業務内容から海外事業所である事業に属しその事業に従事していたことから「海外派遣者」にあたるとされました。

しかし、先日4月27日の東京高裁の判決で海外派遣についての判断が覆りました。内容としては以下の通りです(日経新聞より)。

海外勤務中の死亡に労災保険が適用されるかどうかが争われた訴訟で、東京高裁(杉原則彦裁判長)は27日、保険を適用できないとした一審・東京地裁判決を取り消し、遺族補償の支給を認めた。赴任先の中国・上海で死亡した男性(当時45)の妻が逆転勝訴した。一般的に、海外出張中の死亡は労災保険が適用される。ただ、海外の事業拠点に転勤・所属すると、国内事業者の労働者とみなされなくなる。補償を受けるには、海外での労災も保険の対象とする「特別加入」の手続きを取る必要がある。判決によると、男性は2006年、運送会社の上海事務所に首席代表として赴任し、10年に急性心筋梗塞で死亡した。中央労働基準監督署は、男性が現地事業所に所属しており「出張中の労災ではない。特別加入もしていない」と遺族補償の支給を認めなかった。

杉原裁判長は、労災保険の適用について「仕事の内容や国内拠点からの指揮命令などを総合的に判断すべきだ」と指摘。東京の本社に業務の決定権があったことや、出勤簿を本社に出していたことから「男性は実質的には国内の事業所に所属していた」と判断し、労基署の処分を取り消した。妻の代理人弁護士は「これまでは海外で勤務中に死亡すると、労災適用を諦めて泣き寝入りするケースが多かった。意義ある判決だ」と話した。

東京高裁の判断は、業務の決定権や労務管理の状況から、「海外派遣」ではなく実態は「海外出張」としたもので、やはり「指揮命令権のありか」がポイントになったものです。

連休最終日の今日は暑かったですね。みなさんどのようにお過ごしでしたでしょうか。事務所の数名のスタッフをはじめとして社労士受験生はきっととアクセルを強めに踏み込み始め勉強一筋だったかと想像します。これからがいよいよ勝負の時。とにかく繰り返して繰り返して自分の中にたくさんの無意識の知識を蓄えることが肝要です。

私は申し訳ないのですが、この連休はほんの少しの親孝行のため実家に行き、小淵沢の家に行き改装したため大掃除をし、友人と明治座にお芝居を見に行き、今日最終日は法事で大磯のお墓と帰りに実家の鎌倉のお墓の両方に行き草むしりをしたりで(ドクダミ臭くなりました)、かなり遊び、充実して過ごすことができました。

もちろん例の原稿も何とか進んでいます。120ページの予定なのですが、今回は色々なメンバーに助けてもらいながらほぼ100ページくらいにはなったような気がします。

さて、気持ちの良い季節ですね。明日からまたもう一息頑張りましょう。


この記事をはてなブックマークに追加

高年齢継続被保険者について

2016-05-01 22:02:53 | 労働保険

高年齢継続被保険者というのは、同一の事業主の適用事業に65歳に達した日の前日から引き続いて65歳に達した日以後の日において雇用されている者を言います。

誕生日=65歳に達した日ということになりますので、65歳に達した日の前日というのは「誕生日の前々日から誕生日をまたぎ誕生日以後も継続して同一事業主に雇用されている」必要があります。

65歳に達した日以降(例えば66歳)で良い仕事が見つかって雇い入れられた場合などは高年齢継続被保険者になることはできません(もちろん65歳到達を上限とする一般被保険者にもなることはありません)。現状あくまで65歳到達前に一般被保険者であったものが65歳に達すると高年齢継続被保険者になるという仕組みになっています。

高年齢継続被保険者は、失業した場合は高年齢受給資格者として高年齢求職者給付金を受給することができます。高年齢求職者給付金は1年未満の算定基礎期間(被保険者であった期間)の場合30日分、1年以上の同期間の場合50日分が支給されます。

この給付日数は65歳未満で退職した場合の給付金である基本手当に比べると少ない日数になっています。しかし年度の初日に64歳以降である場合(要するにその年度中に65歳に到達し高年齢継続被保険者になる可能性がある場合以降)、事業主負担分及び被保険者負担分ともに免除されることになっています。これは私見ですが給付が少なくなってしまうため保険料を免除するということにしたのではないかと思っています。たとえば22歳からサラリーマンとなり雇用保険を納め始め65歳到達以後退職すると高年齢受給資格者となり給付50日になりますので、そこへの配慮かなと考えています。

ところで先日成立した雇用保険法等の改正で、高年齢継続被保険者の考え方は改正となり、平成29年1月1日から65歳以降に雇用された者についても雇用保険を適用し、高年齢求職者給付金他これまで支給されないことになっていた介護休業給付・教育訓練給付等を支給することになりました。また年度初日に64歳以上の者についても雇用保険の保険料が徴収されるそうです(平成31年度分まで経過措置あり)。

とにかく将来の労働力不足に備え、若者も女性も高年齢者も一億総活躍の必要があります。この分で行くと65歳定年義務化70歳まで継続雇用の世の中が近いうちに来そうな気がします。

朝の連続テレビ小説は、土曜日にまとめてみることにしているのですが「とと姉ちゃん」はとても楽しみです。なんといっても主人公が何とも言えずかわいらしく機転が利いていて気に入っています。主人公のとと姉ちゃんは高畑充希さんが演じています。毎週楽しみです。

http://www.nhk.or.jp/totone-chan/cast/

先週、猪瀬直樹さんの卓話を聞く機会がありました。なかなかお話がお上手で1時間の食事会の間の30分ほどだったと思いますが中身が濃かったと思います。そのときにご紹介のあった「民警」という執筆された本がとても興味深く早速買ってしまいました。民間警備会社のセコムとアルソックの成り立ちの話だということなのですが、関与先企業には警備業もありますので読んでおくべきだと思いました。

連休後半は少し仕事のことは忘れて、読書などでゆっくり過ごす予定です(書籍執筆の仕事もあるので内心気が気ではないのですが、やはりたまには脳を休めるそういう時間も大事ですよね)。

皆様良い連休をお過ごしください! 


この記事をはてなブックマークに追加

海外派遣の特別加入と海外出張との関係について

2016-04-24 23:23:07 | 労働保険

昭和22年4月に労災保険制度は施行されたのですが、時を経て海外派遣の特別加入は昭和52年にできた制度です。

海外派遣の特別加入と海外出張との違いについては「指揮命令」の所在が判断の基本となります。

「特別加入海外派遣と海外出張の区別」は、昭和52年3月30日基発192号の通達で示されています。

●海外派遣の特別加入制度について

(略)

七 海外出張との関係
海外派遣者の特別加入制度の新設は、海外出張者に対する労災保険制度の適用に関する措置に何らかの影響を及ぼすものではない。
すなわち、海外出張者の業務災害については、従前通り、特段の加入手続きを経ることなく、当然に労災保険の保険給付が行われる。
なお、海外出張者として保護を与えられるのか、海外出張者として特別加入しなければ保護を与えられないのかは、単に労働の提供の場が海外にあるにすぎず国内の事業場の所属し、当該事業場の使用者の指揮に従って勤務するのか、海外の事業場に所属して当該事業場の使用者の指揮に従って勤務することになるのか、
という点からその勤務の実態を総合的に勘案して判定されるべきである。

厚生労働省特別加入制度のしおり(海外派遣者用)P4に一般的な例示が載っているのでご参考まで。
http://www.sr-horikawa.com/blog/panf-rousai/%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%8A%A0%E5%85%A5%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%80%80%E6%B5%B7%E5%A4%96%E6%B4%BE%E9%81%A3%E7%A4%BE%E7%94%A8%EF%BC%88H23.3%EF%BC%89.pdf

なお、海外出張である場合でも、それが長期にわたる場合は「出張」と認められないリスクを考えて海外派遣の特別加入を念のため申請しておくという企業も実際にはあるようです。

また、海外の現地法人の社長として勤務する場合、中小事業主として海外派遣の特別加入をすることも可能ですが、国内と同様に事業主の立場において行われる事業主本来の業務を行っていた際の災害についての保証はされません(上記しおりP6〜)。通常労働者も行う業務を行っている場合でなければ認定されない可能性がありますので留意が必要です。

金曜日に山手統括支部の定期会議がつつがなく終了しました。これで統括支部長も2年目となり、渋谷支部の支部長から通算すると6年目になります。社労士会の仕事で昨年はかなり事務所運営をおろそかにしてしまいましたが、ここにきて人員体制も安定してきて若干雰囲気が変わってきましたので事務所の方向性を改めて考えてみたいと思います。

先日20年来ご依頼頂いている顧問先の社長より温かい言葉を頂き、長年のお付き合いのありがたさをしみじみ感じました。人数が増えてもやはりOURSは、社員間においては家庭的な面を忘れずに、ただそれに甘えることなく仕事では高いレベルでのアドバイスと信頼されるきめ細かな手続き業務を提供できるようになりたいという目標は忘れてはいけないなと自分の気持ちを引き締めました。


この記事をはてなブックマークに追加

契約社員の育児休業取得要件

2016-04-17 23:04:25 | 労働法

育児介護休業法の定めによれば、契約社員(契約期間の定めのある社員)が育児休業を取得するには、一定の条件を満たす必要があります。この条件は平成29年1月1日に改正されることになりましたが、現在はどのような条件なのかというとなかなか理解が難しい条文になっています。

 (育児休業の申出)
第5条 労働者は、その養育する1歳に満たない子について、その事業主に申し出ることにより、育児休業をすることができる。ただし、期間を定めて雇用される者については、次の各号のいずれにも該当するものに限り、当該申出をすることができる。
‥該事業主に引き続き雇用された期間が1年以上である者
△修陵椣蕕垢觧劼1歳に達する日(以下「1歳到達日」という。)を超えて引き続き雇用されることが見込まれる者(当該子の1歳到達日から1年を経過する日までの間に、その労働契約の期間が満了し、かつ、当該労働契約の更新がないことが明らかである者を除く。)
 
上記のうち△呂箸討皺鯑匹垢襪里貌颪靴い里任垢、要するに以下の通り整理されます。
1.子の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されていることが見込まれていること、かつ、
2.子の1歳到達日から1年を経過する日(=子の2歳の誕生日の前々日)までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでないこと
 
このうち1.の1歳の誕生日以降も引き続き雇用されていることが見込まれているとは、「書面等に労働契約を更新する場合がある旨明示されており、育児休業申出時点で締結している労働契約と同一の長さの期間で契約が更新されたならばその更新後の労働契約の期間の末日が1歳到達日後の日であるもの」などが指針で示されています。
 
さらに、2.の子の1歳到達日から1年を経過する日までに、労働契約の期間が満了しており、かつ、契約が更新されないことが明らかでないことについては、育児休業申出のあった時点において判明している事情に基づき労働契約の更新がないことが確実であるか否かによって判断するものとしています。
 
例えば、育児休業申出のあった時点で、 書面等に労働契約の更新回数の上限が明示があり、当該上限まで労働契約が更新された場合の期間の末日が1歳到達日から1年を経過する日以前の日である場合は、原則として、労働契約の更新がないことが確実であると判断されることになります。
※ただし、雇用の継続の見込みに関する事業主の言動、同様の地位にある他の労働者の状況及び当該労働者の過去の契約の更新状況等から、これに該当しないものと判断される場合もあり得るともされています。
 
この条文は、改正により2.は以下の通りシンプルになります(平成29年1月1日施行)
・その養育する子が1歳6カ月に達する日までに、その労働契約(労働契約が更新される場合にあっては、更新後のもの)が満了することが明らかでない者
 
(参考指針)
子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針(平成21年厚生労働省告示第509号)
 
熊本を中心とした地震が早く収まることを祈っています。阿蘇は一度旅行で行きましたが美しくとても感激しました。元通りの姿にできるだけ早く戻れるようにと願います。
 
原稿の仕事が入り5月連休は集中して取り組むことになりそうです。今回はチームで作り上げることになり、それはそれで楽しみです。まだまだ資料が少ないので、労働政策審議会の資料をよく読んで研究してみようと思います。

この記事をはてなブックマークに追加

70歳以上の在職老齢年金について

2016-04-10 22:16:51 | 年金

70歳以上で働いている場合の在職老齢年金の支給停止については、意外に知られていないかもしれません。

厚生年金保険の当然被保険者は70歳未満とされ、70歳に到達すると被保険者資格を喪失することになります。それでは70歳以上の場合は厚生年金保険の適用事業所に使用されていても何も影響がないかというとそういうわけではありません。

70歳以上になっても当然被保険者に該当する要件(所定労働時間等がその事業所の同様の業務に従事している一般労働者の概ね3/4以上であること等)を満たす場合「70歳以上被用者」とされ「70歳以上被用者該当届」を届け出ることになります。なぜこの届出を行うかというと、65歳以上の在職老齢年金が引き続き適用されるためです。従って、報酬額によっては70歳以上であっても在職老齢年金として年金が支給停止される場合があるということになります。なお保険料は70歳以上の場合徴収されることはありません。

※70歳以上で在職老齢年金の支給停止になる場合は、あくまでも働いている事業所が厚生年金保険の適用事業所であり、本人も70歳未満であれば当然被保険者に該当する時間数等で働いている場合であり、たとえば個人経営の事業主として働いている場合については在職老齢年金の支給停止になることはありません。

70歳以上で当然被保険者と同様の勤務時間で働いている場合というのは一般のサラリーマンであると少ないかもしれませんが、自分で会社をやっている社長などは70歳以上の方も多く、また報酬も高いため70歳以上であっても老齢基礎年金しか受給していないというケースは結構あるものです。

そもそも平成12年の改正までは、65歳以上は年金を全額支給することになっていました。しかし平成12年の改正により60歳代後半(65歳以上69歳)は、在職老齢年金の支給停止の仕組みを導入することになりました。この60歳代後半の在職老齢年金の支給停止の仕組み(高在老)は、60歳代前半の特別支給の老齢厚生年金の支給停止の仕組み(低在老)より緩やかなものです。また支給停止は2階部分の老齢厚生年金に対してのみ行われ、1階部分の老齢基礎年金は全額支給されることになっています。

この平成12年の改正による60歳代後半の在職老齢年金の支給停止は平成14年に施行されるのですが、平成16年にはさらに上記に書いた70歳以上に対しても同様に在職老齢年金の支給停止の仕組みを導入する改正がありました。

しかし平成16年の改正が決まったとき、施行日である平成19年4月1日において70歳以上である昭和12年4月1日以前に生まれた人については在職老齢年金の支給停止は行わないとされました。すでに年金を満額受給している70歳以上の年金に対しての既得権を守った形になりました。

ただ平成27年10月1日からは、この昭和12年4月1日以前の老齢厚生年金についても在職老齢年金の支給停止が適用されることになりました。これは被用者年金一元化法によるもので、共済年金には昭和12年4月1日以前生まれの特例はなかったことが原因です。

昭和12年4月1日以前生まれの人についての支給停止については60歳代後半の在職老齢年金の仕組みが適用されますが、平成27年9月30日以前より引き続き勤務している場合は激変緩和措置が適用され、報酬と年金の合計の10%が支給停止の上限になっています。

https://www.nenkin.go.jp/jigyonushi/index.files/1120.pdf#search='78%E6%AD%B3%E3%80%81%E6%98%AD%E5%92%8C12%E5%B9%B4%E4%BB%A5%E5%89%8D%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C

北島康介選手が引退することになりましたね。今回も何とかリオに行って欲しいと思っていましたので残念な気持ちでいっぱいですが、やはりいつかはそういう時が来るということで仕方がないのだろうとも思います。

またオリンピックに挑戦すると聞いた時に、みじめなことにはなって欲しくないという思いと、北島ならやってくれるんではないかという思いがありました。柔道の野村忠弘選手が引退することになった全日本を観戦して負けたところを見ていた北島選手が、自分のことと重ね合わせているのだろうなというのはその表情からよくわかりました。そのあとの挑戦についてはここのところよく報道されていた通りです。

これまでの軌跡の中では特に北京の100メートルが一番会心の泳ぎだったようですが、私の中でも同様でした。ミスチルの「GIFT」とともにどれだけ励まされたかわかりません。何度も感動させてもらいましたが、今回も最後の最後まで挑戦し続けることで「やり切った」といえるところまで私も頑張ってみようと励まされました。


この記事をはてなブックマークに追加

衛生委員会のメンバーについて

2016-04-03 21:42:13 | 労働法

常時50人以上の労働者を使用する事業場については、衛生委員会を設置しなければなりません。

衛生委員会のメンバーは事業者が指名することになりますが、安衛法(第18条2、3項)に要件が定められています。A.以外のメンバーの半数については、当該事業場の過半数労働組合又は労働者の過半数代表の推薦に基づいて指名しなければなりません。

A.総括安全衛生管理者またはそれ以外の者で、事業の実施を統括管理するもの若しくはこれに準ずる者 1名(議長) 

B.衛生管理者 1名以上 

C.産業医 1名以上

D.当該事業場の労働者で衛生に関し経験を有する者 1名以上

また、事業場の労働者で作業環境測定を実施している作業環境測定士をメンバーとして指名することもできます。。

このメンバーに社会保険労務士が加わることが必要なのではないかと最近考えるようになりました。

衛生委員会の調査審議事項は、 以下の通りです(安衛法第18条1項)。

1.労働者の健康障害を防止するための基本となるべき対策に関すること

2.労働者の健康の保持増進を図るための基本となるべき対策に関すること

3.労働災害の原因及び再発防止対策で、衛生に関すること

4.前三号に掲げるもののほか、労働者の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項

上記「労働者の健康障害の防止及び健康の保持増進に関する重要事項」は特に社会保険労務士の業務と密接な関係があります。例えば重要事項には以下の項目が含まれています(安衛則第22条)。

…蟯的に行われる健康診断、臨時の健康診断、自ら受けた健康診断および法に基づく他の省令に基づいて行われる医師の診断、診察又は処置の結果並びにその結果に対する対策の樹立に関すること。

∀働者の健康の保持増進を図るため必要な措置の実施計画の作成に関すること。

D校間にわたる労働による労働者の健康障害の防止を図るための対策の樹立に関すること(平成18年改正で追加)。

は働者の精神的健康の保持増進を図るための対策の樹立に関すること(平成18年改正で追加)。

ジ生労働大臣、都道府県労働局長、労働基準監督署長、労働基準監督官又は労働衛生専門官から文書により命令、指示、勧告又は指導を受けた事項のうち、労働者の健康障害の防止に関すること。

上記に挙げた事項については社労士業務で企業にアドバイスしていることばかりです。健康診断についての法律の定めについてもよくご質問がありますし、長時間労働については時間管理のことから36協定まで、ストレスチェックについてもご相談が多くあります。また監督署から是正指導等を受けた際の適正化の支援など、日常的に行っている業務ばかりです。

開業社労士が外から衛生委員会に参加することで法的にも適正で効果的なアドバイスをすることが可能になりますし、また企業に所属をする勤務社労士も人事に所属していない場合でも衛生委員会に参加することで国家資格である社労士の資格を取得する際に体系的に学んだ知識をそこで有効活用することが可能です。また最近社労士の取り組みが増えている「がん患者就労支援」も関係してくる可能性があります。今後色々な場面で社労士が衛生委員会のメンバーになることの必要性を説明していこうと思います。

ここに来てちょうど年度の狭間のためか少し時間的な余裕が出てきました。先週はそれを利用して、事務所内の気になっていた場所の整理整頓やずっと手が付けられなかったモデル就業規則やチェックシートのメンテナンスを行い新年度のスタートがうまく切れたような気がします。モデル就業規則は10年以上前に自分でモデル条文とポイントと関連法律や通達を載せているもので、すでにVol8まで来ました。

企業からのご質問やいろいろな案件を折々手元のモデル就業規則にメモしておきそれを反映してきており、就業規則を作成するときやチェックをする際のご提案条文も持ってくることができて長年便利に利用しています。

今週は懸案の法改正一覧に取り組む予定です。 


この記事をはてなブックマークに追加

短時間労働者 社会保険の適用拡大について

2016-03-27 23:29:57 | 社会保険

今年の10月から社会保険の適用基準が変わります。短時間労働者に対しての適用が拡大されることになりますが雇用保険と揃う部分が多くあります。

<適用拡大の5要件> (平成28年10月施行)
1 週の所定労働時間が20時間以上あること
2 賃金の月額が8.8万円(年収106万円)以上であること
3 勤務期間が1年以上見込まれること
4 学生を適用除外とすること
5 規模501人以上の企業(特定適用事業所)を強制適用対象とすること

上記適用拡大の5要件の他改正のための現状分析が載っている資料が厚生労働省から出ています。

http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000099460.pdf

P15には賃金の月額8.8万円(年収106万円)以上であることの考え方が載っています。

週給、日給、時間給を一定の計算方法により月額に換算した額が、88,000円以上である場合をいう。
ただし、次に掲げるものは除く。(省令で規定する予定)
臨時に支払われる賃金(結婚手当等)及び1月を超える期間ごとに支払われる賃金(賞与等)
所定時間外労働、所定休日労働及び深夜労働に対して支払われる賃金(割増賃金等)
最低賃金法において算入しないことを定める賃金(精皆勤手当、通勤手当及び家族手当)

 詳細は省令で定められるということですが、賞与と時間外が除かれるというのは少し驚きです。年収106万円の考え方の中には含まれているのかと思っていました。

また、10月から適用される「常時500人を超えるもの」に該当するか否かの、特定適用事業所の適用基準については、
・容易な雇用調整による適用回避を防ぎつつ
・社会通念上、常時として取り扱うことが許容されると考えられる範囲内として
・「1年のうち6月以上、500人を超えることが見込まれる場合」
とすることとし、具体的な考え方が上記PDFには記述があります。

以下ポイントがまとめられたリーフレットが日本年金機構から出ています。

https://www.nenkin.go.jp/jigyonushi/index.files/20160202.pdf

ここ2週間くらいめちゃくちゃ仕事を片付けたので、今週末は珍しく仕事をせずのんびりしました。親孝行を兼ねて明治座にお芝居を見に行き、今日は増えてしまったバック類を整理して、お正月に整理しきれなかった遅く届いた分の年賀状を区分ごとに整理しました。

こういうこまごまとした整理は気持ちがすっきりしてとても爽快です。事務所の中のことや社労士会の統括支部長職などとにかくこまごまとしたことの処理が毎日沢山あり、それらを上手くてきぱきとこなすことができるとやはりとても爽快です。仕事においては大きな課題に取り組む力と同じくらい雑事処理能力がとても大事でだと思っています。雑事ばかりで本来の仕事に時間がとれないということを思うこともあるのですが、雑事もきちんと処理していくこと、それも本来の仕事と考えるようにしています。

「神は細部に宿る」という言葉がありますが、仕事をしていると本当にそうだなと思うことがあります。全体像をとらえるというか俯瞰的に物事を見る方がどちらかというと好きなのですが、やはり最終的な決め手は細部にあると感じることが多々あります。そういう意味でこまごまとした事務処理も気を抜かずにと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン

2016-03-21 23:08:56 | 労務管理

2月23日に厚生労働省から発表された「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」には、がんや脳卒中などの疾病を持つ労働者が、治療を行いながら職業生活と両立できるようにするための事業場の対応を取りまとめたもので、特に最後に「がん」についての留意事項が詳しく示されています。

ガイドラインには、「近年の診断技術や治療方法の進歩により、かつての『不治の病』の生存率が向上し、労働者が病気になったからと言って、すぐに離職しなければならないという状況が必ずしも当てはまらなくなってきているが、疾病に対する労働者自身の不十分な理解や、職場の理解・支援体制不足等により、離職に至ってしまう場合もみられる。」とされています。

「例えば、糖尿病患者の約8%が通院を中断しており、その理由としては「仕事(学業)のため、忙しいから」が最も多くなっている。また、連続1 か月以上の療養を必要とする社員が出た場合に「ほとんどが病気休職を申請せず退職する」「一部に病気休職を申請せず退職する者がいる」とした企業は、正社員のメンタルヘルスの不調の場合は18%、その他の身体疾患の場合は15%であり、過去3 年間で病気休職制度を新規に利用した労働者のうち、38%が復職せず退職していた。」ということです。

治療と職業生活の両立支援に際しては、就業場所の変更、労働時間の短縮等の適切な就業上の措置や治療に対する配慮を行うことが就業の前提となるるわけですが、それらを適切に行うのは患者、医療機関の関係者、事業場関係者などが情報を共有して対応していく必要があります。ガイドラインには、「両立支援にかかわる関係者間の連携の重要性」として以下のように示されています。

治療と職業生活の両立支援を行うに当たっては、労働者本人以外にも、以下の関係者が必要に応じて連携することで、労働者本人の症状や業務内容に応じた、より適切な両立支援の実施が可能となること。
〇業場の関係者(事業者、人事労務担当者、上司・同僚等、労働組合、産業医、保健師、看護師等の産業保健スタッフ等)
医療機関関係者(医師(主治医)、看護師、医療ソーシャルワーカー等)
C楼茲濃業者や労働者を支援する関係機関・関係者(産業保健総合支援センター、労災病院に併設する治療就労両立支援センター、保健所(保健師)、社会保険労務士等)  (以後略:詳しくは以下URLを参照してください)

ここで「社会保険労務士」が関係者の中に記述されたことは社労士の認知度が高まっていることを示していると思われます。確かに医師や看護師等の医療関係者の認識の中に「社会保険労務士」の存在はしっかりあるようで、最近大病院や町の診療所に行って職業はと問われ「社会保険労務士です」というと一様に少し驚かれるというか「オッ」という感じで感嘆されるような気がしています。そういう状況の中でこの分野でも活躍する社労士がどんどん育っていく環境を整備していくのが自分の役割ではないかと考えています。

「事業場における治療と職業生活の両立支援のためのガイドライン」

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11201250-Roudoukijunkyoku-Roudoujoukenseisakuka/0000113625_1.pdf

この連休は完全休日の最終日以外はかなりの仕事をこなし、山手統括支部の予算を考えるのに時間を使いました。特に2日目は就業規則のリーガルチェックを終わらせるために終日PCの前にいたのですが、そういう日は夕飯の買い物がてら駅ビルの中にある本屋に行くのがものすごい楽しみなのです。高校時代から本屋に行って本を眺めてワクワクしていたため、大学受験の時にいろいろ考えた末やはり本好きなら日本文学科が良いであろうと思い受験をしたくらいです。

この週末も忙しいのはわかっていたのですが、2冊購入してしまいました。「佐藤オオキのスピード仕事術」と「マンガでよくわかる怒らない技術」の2冊で、あっさりマンガの方は昨晩読み切りました。「怒らない…」は勉強になりましたがうまく実践できるかは未知数です。「確かに〜」と思うことはありました。引き続き読み始めた「・・・スピード仕事術」はかなり自分の考え方と近いものがあるような気がしています。たとえば著者は同時に400件のプロジェクトを動かしているということなのですが、ものをいうスピードは純粋な処理能力ではなく「同時処理能力」だということなのです。「いろいろなことを並行して考えたり進めたりできるような工夫や環境づくりこそ重要」と書かれてあるのですが、社労士のようにたくさんの法律や顧問先に対応していく場合の考え方に近いように感じながら読んでいます。


この記事をはてなブックマークに追加

平成27年派遣法改正 過半数労働組合等への意見聴取

2016-03-13 23:33:01 | 労働法

最近顧問先をご訪問する日程調整をさせていただくと、昨年9月30日に施行された改正派遣法対応について相談したいことが何点かありますとご連絡いただくことが多く、派遣法の資料を持参しています。うちの事務所には、前職が大手派遣企業社員というスタッフも数名おり、派遣元の内部的な事情も詳しいであろうとできるだけセミナー等も集中的に受けてもらい知識水準を上げているので私のレベルはそこまで達していないのですが、それでも日々ご質問を受けて考えたり、調べたりしていると大分いろいろと知識がついてきたように感じています。

昨年の改正の大きなポイントのひとつは、派遣期間制限の考え方の見直しということになります。派遣期間制限については、個人単位の期間制限と事業所単位の期間制限の2つの考え方があります。詳しくは一番よくまとまって書かれている「平成27年 労働者派遣法 改正法の概要 」を見ていただければよいと思いますが、ここで取り上げてみたいのは過半数労働組合等への意見聴取手続きです。

派遣先は、事業所単位の期間制限による3年の派遣可能期間を延長しようとする場合は、その事業所の過半数労働組合又は労働者の過半数代表者(以下「過半数労働組合等」)からの意見を聞く必要があります。意見を聞いた結果、過半数労働組合等から異議がなければ、その事業所では3年を超えて継続して派遣労働者を受け入れることができるわけですが、異議があった場合はどのようになるのかという点はあまり取り上げられていないように思います。

異議があった場合には、派遣先は対応方針を説明する義務があるとされていますが、法律では3年を超えて継続して派遣を受け入れることはできないとはされていません。以下条文の概要です。

【労働者派遣法40条の2,5項(労働者派遣の役務の提供を受ける期間)、派遣法則33条の4】

派遣先は、過半数労働組合等が異議を述べたときは、事業所の派遣就業の場所ごとの業務について、派遣可能期間経過日の前日までに、過半数労働組合等に対し、以下の事項について説明しなければならない。

一   派遣可能期間の延長の理由及びその延長の期間

二   異議への対応に関する方針(労働者派遣により労働者の職業生活の全期間にわたるその能力の有効な発揮及びその雇用の安定に資すると認められる雇用慣行が損なわれるおそれがある旨の意見に限る。)

さらに指針で具体的な対応を以下のように示しています。異議に対応したのち再度の異議への対応について派遣可能期間の延長の中止も検討するように示しています。

【派遣先が講ずべき措置に関する指針第2、15】 
(3) 異議への対処
イ 派遣先は、派遣可能期間を延長することに対して過半数労働組合等から異議があった場合に、労働者派遣法第40条の2 第5 項の規定により当該意見への対応に関する方針等を説明するに当たっては、当該意見を勘案して当該延長について再検討を加えること等により、当該過半数労働組合等の意見を十分に尊重するよう努めること。

ロ 派遣先は、派遣可能期間を延長する際に過半数労働組合等から異議があった場合において、当該延長に係る期間が経過した場合にこれを更に延長しようとするに当たり、再度、過半数労働組合等から異議があったときは、当該意見を十分に尊重し、派遣可能期間の延長の中止又は延長する期間の短縮、派遣可能期間の延長に係る派遣労働者の数の削減等の対応を採ることについて検討した上で、その結論をより一層丁寧に当該過半数労働組合等に説明しなければならないこと

「平成27年 労働者派遣法 改正法の概要 」

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11650000-Shokugyouanteikyokuhakenyukiroudoutaisakubu/0000098917.pdf

先日顧問先担当者の方に「最近健康志向のようだから」ということで「タニタ食堂」に連れて行っていただきました。ランチだったのですが日替わりメニューは確かに野菜中心で薄味ではありましたがかなりのボリューム感でおなかは満足感いっぱいでした。申し込めば、からだの測定をした後ガラス張りのブースで食事などについてのアドバイスをしてくれるのですが、とても分かりやすいアドバイスでした。

お米はどのくらい食べますかということだったので、毎日は食べないですと言うと驚かれ毎食120グラムは食べてくださいとのこと。お肉などのたんぱく質は片手の手のひらくらい、野菜は一日に両手いっぱい食べると良いということで、お米の量が減るとどうしてもお肉などのたんぱく質が増えるのでコレステロールなどが増えてしまうそうです。

ご飯好きの私はそれでうれしくなってしまい、この週末は毎日120グラム食べました。ずっと我慢していた紫蘇巻やアサリの佃煮と一緒に幸せに食べてしまいました。さてこれからどうするかは体重計をにらみながら考えます。


この記事をはてなブックマークに追加

過重労働防止への監督強化について

2016-03-06 22:26:53 | 労務管理

平成28年度、労働基準監督官の増員が拡大されるというニュースが労働新聞に載っていました。増員数は例年のほぼ二倍の22人が予定され、全国の労働基準監督官数は3,241人になるそうです。この増員は働き過ぎ防止や過労死防止対策を重点に監督指導を強める方針となっています。増員される監督官の配置については、過重労働に関する違反が目立つ大都市圏の労働基準監督署が中心ということです。

この監督官の増員により、月100時間を超える時間外労働を行わせているすべての事業場に対する監督指導を徹底することと、過労死などによる労災請求があった事業場に対する重点的な監督指導を展開するようです。

先日、昨年に引き続き渋谷労働基準協会さんの36協定集中講座を担当させて頂いたのですが、36協定の話は3時間が足りないくらい色々な要素を含んでいます。終了後ご質問に長い列ができ、中でも特別条項の設定のご質問は多かったと思います。上記月100時間を超える時間外労働を行っているかどうかは36協定の特別条項を見て調査に入るということは多々あるかと思います。それだけではなく時間外労働抑制の効果を考えてもやはり36協定の作り方は重要だと思います。最近の書類送検の案件でも、36協定の過半数代表者の選出が不適切(会社が指名していた)など36協定の違反が多くみられます。適切な36協定を締結できるよう企業にアドバイスするのは社労士の大事な役目だと思っています。

労基法は、上記過重労働対策がある程度前提で改正されるのだと考えますが、塩崎厚生労働大臣は積み残しとなっている労基法改正案の確実な審議を求めたそうです。平成28年度も引き続き労働時間の問題は大きなテーマになりそうです。

今週末は、2泊3日で東京都社会保険労務士会の海外研修に上海に行ってきました。あちらではいま日本と行き来しながら弁護士活動をされている向井蘭弁護士と上海の弁護士で日本にも留学経験のある張弁護士の講義を受けました。3、4年前と異なり日本企業現地法人は状況が厳しいところがあるということや上海では希望退職を募ると優秀な人から辞めていくので希望退職を募ることはできないなど、やはり日本ではなかなか聞くことのできない現地ならではの情報を聞けて興味深かったです。

上海は昨年の夏に行ったばかりでしたので最終日の朝は早く起きてしまったこともありホテルの周りを一人で歩いてみました。あちこちの公園では日本のラジオ体操のように主に中年から老年にかかった女性が集まって太極拳をしていました。かなり遠くまで歩いてしまったので一人で地下鉄に乗ってホテルに戻りちょっと周りに驚かれました。

外灘  朝の公園


この記事をはてなブックマークに追加

健康診断の費用負担について

2016-02-29 00:21:27 | 労務管理

健康診断を実施するための費用については、会社が負担すべきかどうかということについては通達が出ています。

「労働安全衛生法(安衛法)の定めによりる健康診断を実施する場合、その健康診断の実施に要する費用は、労働者が事業者の指定する医師(歯科医師)以外の医師(歯科医師)による健康診断を受ける場合を除いて、事業者が負担しなければならない」(昭47.9.18基発第602号)とされています。

これは安衛法第66条の1項に、事業者の健康診断実施義務が定められていることが根拠になります。

それでは健康診断を受診後の再検査についての費用は事業者が負担すべきかどうかという点ですが、これは事業者に再検査の費用負担の義務はないということになります。

健康診断の事後措置として労働安全衛生法66条の5に定められているのは、「労働者の実情を考慮して、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数減少等の措置を講ずるほか、作業環境測定の実施、施設又は設備の設置又は整備等」です。この中には再検査の受診は含まれておらず、再検査の実施は安衛法に定められた事業者の義務ではないということになるため費用の負担義務がないということになります。

なお、健康診断結果に基づき事業者が講ずべき措置に関する指針(平成8年健康診断結果措置指針公示第1号)において以下の通り示されています。

(5)その他の留意事項
ハ 再検査又は精密検査の取扱い
事業者は、就業上の措置を決定するに当たっては、できる限り詳しい情報に基づいて行うことが適当であることから、再検査又は精密検査を行う必要のある労働者に対して、当該再検査又は精密検査受診を勧奨するとともに、意見を聴く医師等に当該検査の結果を提出するように働きかけることが適当である。
なお、再検査又は精密検査は、診断の確定や症状を明らかにするものであり、一律には事業者にその実施が義務付けられているものではないが、有機溶剤中毒予防規則、鉛中毒予防規則、特定化学物質障害予防規則、高気圧作業安全衛生規則に基づく特殊健康診断として規定されているものについては、事業者にその実施が義務付けられているので留意する必要がある。

ストレスチェックについての費用負担については同様に、実施が事業者に義務付けられているため費用負担は事業主に義務があるということが以下Q&Aに示されています。

ストレスチェック制度関係 Q&A
Q0−5 ストレスチェックや面接指導の費用は、事業者が負担すべきものでしょうか、それとも労働者にも負担させて良いのでしょうか。
A ストレスチェック及び面接指導の費用については、法で事業者にストレスチェック及び面接指導の実施の義務を課している以上、当然、事業者が負担すべきものです。

先週は東京都社会保険労務士会の倫理研修の講師としての役目が何とか無事終わることができて、ほっとしました。今回倫理研修を行うことになり、当初どのようなこを話せばよいのか全くイメージがなく非常に不安だったのですが、テキストを読み込んであれこれ他士業の倫理についての考え方などを調べていくうちに非常にこれも奥が深い話なのだということに気が付きました。

究極「倫理」は社会保険労務士としてどこに立脚して仕事をしていくのかというところに行きつくように思うのですが、国家資格者としての社会保険労務士という立ち位置を常に心にとどめておく必要があるということを感じました。

自分自身もそうですが、資格取得をする前の「社労士資格」というのは国家資格の一つで非常に高い目標を目指して受験勉強に励んだのだと思います。それは自分のクラスで学んだ受講生を思い起こしてもみんな合格した時は国家資格を手にしたということで喜び誇らしく感じていたと思います。

仕事を始めるとまわりは社労士ばっかりであり、長年社労士として仕事をしていればそれほど国家資格者であることは意識しないようになるのかと思うのですが、やはり一般の人たちから見れば100人に10人も合格しない(昨年は100人に2.6人)難関資格を突破した国家資格者であるということはとても輝かしいことなのではないかと思います。その合格した時の気持ちを忘れないことが倫理にとっては非常に大切なことなのではないかと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

健康について

2016-02-21 23:10:47 | 雑感

先週の木曜日の新聞に「朝方の人 増える」という記事が載っていました。昨年、就寝時間が早まったということがNHK放送文化研究所の「国民生活時間調査」で分かったそうです。早起きや朝働く人も増え続けており、人々の生活が朝型にシフトしているようです。

調査によると日本人の平均睡眠時間は7時間15分、夜は各曜日とも半数以上の人が午後11時には寝ており、2010年の調査と比べて早まっているとのことです。また朝寝ている人が半数を切る時間は平日が6時15分、土曜日は6時半、日曜日は7時ということで、平日5時〜7時15分に就寝中の人が減り、早起きの傾向も進んでいるそうです。

働く時間も朝に移行しており、平日の朝8時より前に仕事をしている人は2000年の13%から20%に増え、午後1時〜5時、午後1時〜9時半は減少傾向、同僚らとの飲食など「仕事の付き合い」も減っているということです。

我が身を省みると睡眠時間はだいたい5時間から6時間(7時間以上寝ると必ず2時間くらいで目が覚めます)、朝6時15分は目が覚めてもまだ眠れると布団をかぶっている時間帯に既に半数以上の人が起きているということについては驚きです。

最近年齢もあり健康について自己管理をすることにしてから、食事も気をつけて昼食を食べ損ねそうなときはお弁当を持参し、タクシーには絶対載らない決意で早足で歩きかなり脚の筋肉も戻ってきて、体重もコンスタントに減少傾向と良い感じです。睡眠はまだまだ改善の余地がありそうですが、今の仕事量ではなかなかそこまで寝てられる感じでもありません。ただ気が付いたのは、今の業務量で歩きを基本とすると、事務所に行き、その後顧問先などへの2か所以上の移動をした場合はゆうに1万歩は歩いており、かなり生活の中で運動量は確保されているようです。

ここ2年くらいこの生活で家に帰り食事を作ると食べた後起きていられず思わずそこで寝てしまったりしていたのですが、食事作りなどもかなりの運動量になるようなのです。例えば皿洗いだけでも27Kカロリーとされているのでそこに買い物と食事作りが加わるとウォーキングくらいのエネルギー消費にはなるような気がします。やはり女性は年齢が上がっても家事を担うことによりかなり運動している可能性があり、それが長寿の秘訣にもなっているのかなという気がします。

なかなか夜のお付き合いが副会長になってから増えてしまい夕食が作れないことが多いため1箇月に10日分食事を届けてもらう契約をしているのですが、お弁当の準備のため台所に立つ機会が増えているような気がします。忙しいですが、やはり健康は食事と運動のようなので、こまごまと作り置きはしておこうと思っています。


この記事をはてなブックマークに追加

マイナンバー雇用保険関係の扱いについて

2016-02-14 19:06:12 | 法改正

12月18日に示された継続給付についてはハローワークが本人確認や代理権の確認を行うという方法を1月中に見直すということで厚生労働省のHPに示されていましたが、2月9日にやっと新たな雇用保険関係の取り扱いについて示されました。リーフは以下の通りです。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11600000-Shokugyouanteikyoku/0000107394.pdf

内容としては、以下の届け出については、本人が提出することも可能ですが、原則として、労使協定を締結の上事業主からの提出することになっており、「事業主から提出する場合には、事業主において、本人の個人番号確認や身元(実在)確認を行ってください。」ということになりました。

高年齢雇用継続給付受給資格確認票・(初回)高年齢雇用継続給付支給申請書
 育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書
 介護休業給付金支給申請書

詳細は以下にあります。http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000087941.html

個人番号を会社に提出したくないという社員がいるがどうすれば良いかと以後質問が最近数件ありましたが、じっくり待つしかないような気がします。随分昔、給与が振込に変わるという時代に、直接払ではない振込については労働者の同意が必要であると労基法及び通達で定められているところを、なかなかその同意がもらえていないという会社がありました。結局その社員が定年を迎えるまで現金払いしていたとのこと。やっと定年になってくれましたと人事担当者が言っていたのが印象的であったのですが、それを思い出して仕方がありません。

会社に提出しなくても、又もし通知カードを受け取らなかったとしても個人番号が付番されている以上、国は今後その番号で管理して行くことができます。番号を会社に出さないというのはほんのささやかな抵抗に過ぎないということになると思います。

この間の水曜日事務所のメンバーと打合せ後食事をしてかなりリラックスして帰りました。油断していたのか、電車に乗りドア際に立ってスマートフォンを見ていたら恵比寿の駅でドアがひらいた際に取り落とし見事にスマホは真下に落下して行きました。駅員さんに拾い上げてもらい動作は問題なかったのですがガラス面がバリバリに。幸い補償サービスには入っていたので代替品を送ってもらいました。

今日その代替品旧のスマホの中身を新たなスマホに取り込み、旧のスマホを初期化という手順で送り返す作業をしたのですが、この作業がなかなか難航し4時間半くらい費やしてしまいました。自分の不注意とはいえ無駄な時間を過ごしてしまいせっかくの休みにもったいないことをしてしまいました。電車の入り口でスマホは要注意ですね。

とりあえず今日の予定を取り戻すためこれから倫理研修の勉強をします。


この記事をはてなブックマークに追加