実践幸田塾 by yuco

幸田宗昌先生のコミュニケーション・コーチ受講者yucoによる幸田先生の教えとそれを実践した結果の報告

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第33回 実践幸田塾

2009-11-04 19:09:55 | 日記
<幸田先生の言葉>

私が私の宇宙の創造主

日ごろ「宇宙が~してくれる」と説明しているけれど
結局のところ現実はすべて自分が創り出しているので
宇宙=自分です


<yucoの気づき>

昨日、以前から気になっていた「ジャンヌ・ダルク」の映画を
DVDで観ました。

子供の頃から信心深かったジャンヌは、何度も神の声を聞いて
それでフランス国王に戴冠させるために、その神のお導きのみを
信じて、英国に切り込んで行った。
一度は感謝されたものの、結局、祖国の裏切られ、最後は火あぶりに。

興味深かったのは、囚われの身となって英国に渡されて裁判が
進行する間、それ以前は無言だったイエス様が彼女のイメージの
中に現れて会話もされる(ジャンヌにはそれがイエス様とは映って
ないようだし、それがイエス様と思ってるのは昨日一人で家で
DVDを観ていた私だけかもしれない、本当はどういう設定?)。

ジャンヌが神の声に従って戦ったというのに対し、そのイエス様が
次々に矛盾を突いていく。

結局、英国軍に惨殺されたお姉さんの復讐のために、神の声と受け取れる
さまざまな徴が見えただけで、それさえも、自分に都合よく、
観たいものを観たいように観た、それだけだと喝破される…。

ジャンヌは最後は、自分のエゴのために戦ったと、そのイエスの幻影に
懺悔して、それを許してもらってから火あぶりに処されたのだった。


自分が見たいものを見たいように見ているだけ、
それはすなわち、自分が自分の宇宙を作っている創造主ということと
同じこと…?

草原に昼寝している間に、横に現れた剣を、天から降りてきた徴、
と解釈したのは、ジャンヌがそうしたかったからそうしただけで、
誰か兵士が落としていったかもしれない、という、他の可能性のシーンが
そこだけ、このシリアスな映画とは別物のように、コメディのように
そのいろいろな可能性のシーンが現れるのが、奇異な感じさえ
したけれど、すごーく、胸に響いた。

自己観察を始めて以来、過去のさまざまを徹底的に
振り返ってきたけれど、その過程で感じたのはまさに、それだった。
出来事を自分がしたいように解釈してただけだった、と。

だから、今ある、自分の身がおかれている状況も、
自分でそうしたい世界を作っているのだ、と。

今の状況はこれまでの自分が作ってきたもの。

その状況が本当の思いと違うとしたら、ありたいように作るまでだ。


これこそが、私が意図した世界だ! と思えるように、
後悔がないように。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第32回 実践幸田塾

2009-10-29 19:48:32 | 日記
<幸田先生の教え>

感謝・感動・親切


<yucoの気づきと実践>

今日は yufura cafe @home を開きました。

昨日、とっても素敵な踊りの舞台に、母娘でご招待
いただいたお友達へのお礼や、その舞台までの
オーディションから練習期間の彼女の努力への労いやら、
おしゃべりしたいのやら、いろいろな理由はあるのですが。


誰かをお招きするっていうと、一見、
こちらがその方に親切をしているような感じがしますが、
実は親切をさせていただている、親切を受けていただくことも
親切だなって思うし、親切をさせていただくことが結局
自分に返ってきて感謝にもつながる、とつくづく思います。

cafe といっても、だいたい、普段家で食べているような
お惣菜を作るのですが、その品数を若干多めにするとか、
ちょっと手を掛けてみるとか工夫をしますよね、せっかくいらして
いただけるのだから、手間と心は掛けてみようかなって。

先週と今週、別々にお友達が来てくれたのですが、
どちらも、発芽玄米を炊いてみました。この日に来てくれる、
と決まっている3日くらい前から玄米を水につけておいて
ちょうど発芽する頃に炊くわけです。
発芽玄米は普通に炊くよりももっとエネルギーがたくさん
もらえるそうなので、なんとなくおもてなしには向いているような
気がしています。3日間、お水を取り変えながら、だんだん発芽
してくる様子をちまちまチェックするのも楽しいのです(笑)。

今日は、新しいメニューにも挑戦してみました。
ひとつは、美味しそうなマッシュルームを買っておいたのを
どう料理しようかなってネットでレシピを検索して、
とっても簡単に刻んだニンニクと炒めるメニューを発見。
もうひとつは、お客様が来てから野菜を素揚げにして野菜チップス
風にしてみようと思い立ち、その延長線上で、お豆腐も水切りして
家で揚げれば自家製厚揚げになる、と本を見ていて発見したので
それを作ってみました。
気が短いせいか、お豆腐は揚げ加減が若干足りなかったのですが
でも、おしゃべりしながら野菜や豆腐を順々に揚げていって
その場で食べるのもなかなか楽しかったです。
普段、ひとりで食事することが多いので、鍋などもそうですが
人が複数いるからできるし楽しめるメニューはいいですね。
今日は娘もお休みだったので、三人でおしゃべりしながらの
ランチになり、それもまたよかったです。

それにお客様が来るとなると、部屋の掃除や洗面所、トイレも
必ずきれいにするので、結果的に自分のためになるわけです。

先週、別のお友達が来てくれた時に、気合い入れて窓拭きや
カーテンの洗濯までしておいたので、今日は普通にお掃除と
直前にトイレと洗面所の掃除だけで済みました。

そして、部屋の空気の入れ替えをしながら、玄関と居間に
お香を炊いてみたりもして。
先日、いろいろな香りを選んで買ってきたばかりなのですが、
すぐに食事するから、食べることに差し支えない程度に
でも玄関に入って、あるいは部屋で過ごしてもらう時に
意識の隅っこに「あ、いい匂い!」とひっかかる程度に
そこはかとなくいい香りは、どれかな~?なんて、あれこれ
匂いを比べて選んでみたりして(今日は、森林系の比較的
軽い香りを選んでみました)。

料理も掃除も、一見、お客様をもてなすためのようですが
結果的には自分の家がきれいになるのだから自分に返ってくる。

特に、お料理は普段より品数を多めにしたり、本とにらめっこして
メニューを考えたり、今朝も、お昼過ぎに彼女が来る時間に合わせて
時間と競争しつつ料理、掃除などこなしながら、やっぱり誰かの
ために、喜んでもらいたいと思いながらすることは自分が楽しいから
それをさせていただける機会をもらっていることは感謝だなって
思いました。だって、彼女が来てくれるから、そういう準備を
楽しめる自分がいるわけなので。

そしてお客様があると、翌日の娘のお弁当のおかずも
普段より少しリッチになるという、おまけつき(笑)。


昨日の夜に入ったカフェで、娘が焼きリンゴを食べていたのが
美味しそうだったので、急きょ思い立って久々に作ってみたのですが
このデザートもとっても喜んでもらえたので、嬉しかったです。
やっぱりお料理は食べてくれる人がいるからこそ、腕を振るう甲斐もある。

次回、いつもの3人で集まるのは、もしかしたらもうクリスマス、
ってことになるのかなと思いつつ、クリスマスメニューは何を
しようかと、もう頭の中で思いを巡らせ始めました(笑)。


親切っていうと、一見、こちらがしてあげているようですが、
実はさせていただいて、そのことで喜んでもらえるとまた
自分が嬉しい、そういうハッピーな循環になります。
何より親切をさせてもらえる相手がいるからこそ、できるわけで、
そのことにまず、感謝です。

そうやって働きかける、そして受け取ってくれて、フィードバックを
くれる相手がいるということ、それが豊かさであり幸せだなって
思います。ありがとうございます♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第31回 実践幸田塾

2009-10-21 18:49:16 | 日記
木曜日更新担当ですが、たまに忘れちゃったりもするので!
今日は数時間前倒しで in time にアップします。

<幸田先生の教え>

情報をどう受け取るか、
事実は事実であって善悪も良しあしもない
そこに評価・判断を加えているのは自分

だったらその”事実”をどう受け取るのかも
自分次第


<yucoの気づき>

今日も東京近郊は秋晴れの温かな日で、まさに小春日和、
穏やかな一日でした。

ところが私は憂鬱な気分でお昼すぎまで過ごしていました。

というのも、自分を持て余していたから。

このいい天気に、何をしようか?
だいたい、心身こんなに人生最善のコンディションにいると
思っているのに、それを発揮する場がない…

もう、どうしたらいいんだろう?

瞑想しても眠くなる。

だったら、どうせすることもないし寝ちゃえ!と
せっかくテラスに干してある掛け布団をまたベッドに戻し
昼寝してみても、特に疲れているわけじゃないから
一時間もすれば目が覚める…

でも、まだ午後2時半。
いずれにしても、明日の朝ごはんのフルーツがないから
買い物に行くか…。
毎日、昼間に買い物に行ける身分であることも
恨めしくさえなってくる。

そういえば、昨日だって今日に負けないくらいの
良いお天気の一日でしたが(その日が良いかどうかを
お天気を基準にするってのも、すでに私の決めた
価値感ですが、子供のころから朝のニュースで天気予報を
見て、なんとなくそれで今日が良い日かどうかを決めて
しまう習慣が多くの日本人には刷り込まれているのかも?)
昨日はお友達が遊びに来てくれたので、午前中は料理や
掃除など準備に熱中しランチタイムから夕方までは
おしゃべり大会で過ごしたので、今日のように落ち込む
暇はなかったのでした。

とにかく、同じ晴天に恵まれた小春日和も、一人で過ごすと
いきなり落ち込む、というパターンに。

近所の商店街に向かう途中の駅前にTSUTATAがあるのですが、
たまに思い出したようにCDをまとめて借りたりもしますが
最近はほとんど足を踏み入れてなかったのでしたが、
「あれ? DVD、100円?」

気になったので帰りに久々にお店に入ってみたら、旧作は全部
100円で借りられるって! うっそ~!

急いで2FのDVDコーナーに駆け上がり、とりあえず、
洋画を2本借りてみた。
最近、と~ってもファッションに気持が戻っているので
散々話題だったのに見てなかった「プラダを着た悪魔」を。

そして、特にカッコイイと思っているはずもないのだけれど
なんといっても「愛と青春の旅立ち」で洗礼を受けちゃったし
先日も再放送の「Pretty Woman」を見て、やっぱり
”内助の功路線”よりPretty Woman のほうが断然幸せだわ~と
路線戻す決心を煽ってくれたのもあって、またまたリチャード・ギア
の「シカゴ」を借りてしまった。
確か、なんでリチャード・ギアが踊るのかって非難されていたような
気もするけれど、あれだけいい男になると、何をしたって
何かしら非難もされるってものだよね。

というわけで、買い物から帰ってさっそくPCの前に座り込み
プラダのほうから見ました。

憧れのNYやパリの街並み、先端ファッションの数々の贅を尽くした、
ファッション好きにはたまらない楽しさです。

しかも、テーマは、ファッションの見せかけに振り回されずに
自分にとって本当に大切なものは何か見極めるっていう、
見かけの華やかさとは別に本質をちゃんと訴えているし、
リリース当時はファッション性が取りざたされていたけれど、
それなりに中身もある、と。
(といっても、ファッションがすべての人はそれを追求したらいいし、
あくまで自分のそれは何?が大事なのです)。

そういうわけで、持て余しちゃう空白の時間が、いきなり
うれしい映画タイムに。

しかも100円ですから毎日3本見たって、ロードショー一本分で
一週間映画を見続けられる、18本!

これは、持て余すなんて言ってないで、残り少ない
休暇時間とありがたく受け取って、今まで見ていなかった映画を
ここで一気に見てしまおうかと思ったら急にうれしくなってきた!

つまり、時間が空いているという事実は事実でそれ自体に
良いも悪いもない。

ただ、それを持て余すと嘆くのか
映画をまとめて見られるギフトの時間ととらえるのか
それはまったく私が勝手に、自由に感じることなわけ。

なるほどね~、見せていただいた、と思った出来事でした。
人と接しないとデトックスもないから自己観察の対象や学びも
少ないなんて思っていたけれどとんでもない。
今日も身をもって体験させていただきました、感謝です♪
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第30回 実践幸田塾

2009-10-18 09:05:20 | 日記
タイトルをタイプしてみて、あら、もう30回?!

初回を4/25にアップしているので、そろそろ半年です…
半年でどのくらい成長できているんだろうか?
な~んて自己評価はおいておいて(笑)、昨日の気付きを
シェアさせていただきます。

<幸田先生の教え>
 感謝・感動・親切 


<yucoの気づき>

一昨日、作曲家で音楽プロデューサーの加藤和彦さんの訃報を
ネットニュースのトップで知って、ショックを受けました。
だって、音楽界の大スター☆でしょう? あれだけの業績があって。
そして、奥様だって錚々たる方々が名を連ねる…。
つい何日か前までもいろんなミュージシャンと共演したり
他人から見たら羨ましくて仕方ないような力も才能も何も
持ち合わせているように見えるはずなのに、自死されてしまった。
このニュースを見た瞬間にそんな思いが一気に湧いてきて、そして
思ったのは「今に、未来に、生きていたい理由がなかったんだ…」

そう、自分の心がつぶたいた途端、危ないな! って思いました。
それが、自分のつぶやきのように思えたから。


そのあと、友人にメールしました。
お仕事の傍ら続けているダンスの、晴れの大きな舞台がもうすぐ
そこまで来ているから、練習たいへんだろうけれど、がんばって
いるんだろうな~と思って、激励するつもりで。

そしてまた気づいた。メールの文面に
「打ち込めることがあって羨ましい」と自分で書いたのを見て
「あ、あたしは羨ましいんだ、彼女には打ち込めるものがあるから」

今と未来に生きている理由が見当たらなかったのかもという推測に
一方的に共感したり、
打ち込めるものがある人が羨ましい私は
何が欲しいのだろう?

最近読んでいる本では、何をしたらいいのかわからなくても
とりあえず、自分が嬉しい、楽しい、心地よい気持ちでいられる
そのことを想像してみる、意識を向けることと繰り返されている。

そんなこんなをごった煮にしていろいろ思いを
めぐらせていたら、小学校高学年の頃の楽しかった、イキイキしていた
おそらくこれまでの人生で一番自分を生きていた活発な女の子だった
自分のことを思い出した。

お絵描きが好きだったとか、編み物も好きだったとかいろいろあるけれど
当時と同じことを今繰り返すということじゃなくて、当時と同じ気持ちや
生き生きした自分を生きている実感! を取り戻したいんだなって
ようやくわかってきた。

そして、それにはやっぱり多くの人とかかわる場、空間、機会が
私には必要、それをもっと大きく、たくさん作っていくと
今を生きていることが嬉しいし明日以降も楽しみだし
目の前のことに打ちこめて満足、充実感を味わえるのよね~。

それって、結局、感謝・感動・親切をさせていただく機会を
いかにたくさん得るかっていうことだし、それを自分もまた
受けるチャンスをいただくってことで、そこに双方向の交流、
往来が無数に増えてクモの巣のようにどんどん広がって
エネルギーが増殖しながら外に向かって伸びていく、
そんなイメージが湧いてきて楽しくなりました♪

感謝・感動・親切って言葉はもうあまりに耳に慣れ過ぎていて
最初に聞いた時から実はぴんときてなかったのですが、
なんだ、自分が本当にそうありたい状態になるってことは
イコール感謝・感動・親切のやりとりがある場に身を置ける
ってことなんだな~って今更、わかった気がします。

それを、おっきく実践できる場を、機会を、どんどん手にしていきたいです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回 実践幸田塾

2009-10-16 09:01:18 | 日記
<幸田先生の教え>

現実を創造しているのは自分


<yucoの気づき>

そうはいっても、他人の言動は他人がしていることだから
私が創造したなんていわれてもねえ…?
と思いがちではないでしょうか?

でも、実際、そうなんだっていうことをつい先日も
体験しました。

私は子供の頃から何でも自分でどうにかしないと
いけないと思い込んできた節があったようです。

だから別に自分ひとりで!とがんばる必要がないことでも
全部自分でなんとかしようとするから、人を頼ったり
あてにしたりが、できない。
でも、人に手を貸すのはものすごく、好き。
あたしに出来ることなら何でもしたいと思うほうではある。

でも、そういうの、もうやめた~
これからはサポートは何でもどんどん受けよう、
自分で何とかしない!

と、ある朝、食器を洗いながらふと思いついたので
天に向かってそう叫んでみました。

そうしたら…?

先日、娘が仕事お休みの日。
日ごろからダブルワークの彼女は、仕事から帰っても夕飯を
済ませるとそそくさと部屋にこもり、パソコンに向かって
深夜まで自宅仕事する、あるいは昼間の仕事が終わったら
次の仕事場に移動して夜中に帰る、というのが日常で、
感心なほどよく働きます。

だから、休みの日に出かける用がないなんてことも
ほぼなくて、ぎりぎりまで寝てるかと思うと
出かけてしまうのが普通です。

でも、この前の彼女のお休みの日は、私も家にいたのですが
不調で朝ごはんを食べた後もベッドに入っていました。

すると、お休みにしては早く起き出して来た娘が
掃除洗濯とがんがん、働き始めた。


今日は珍しく家にいる日なのかな~?と思っていたら
その後ささっと支度して出かけてしまいました。

以前は、家事をメインでするのはママの仕事っていう
暗黙の理解があったようでしたが、それにも最近
不満を持っていて、そうはいっても、現状、家ですごしている
時間は圧倒的に私のほうが多いのでどうしたって、
私が家事担当のようになっていました。

それに、毎日あれだけ働き続けている娘を見ていたら
さすがに家事分担を平等にとはいえませんし。

でも、この休みの日の娘の働きぶりは、やっぱり、私が
もう一人でがんばらない、抱え込まないと人知れず
宣言したことがすぐに現実になったとしか思えない出来事でした。


いろんなことを、あの人はこうだから、とか
あれはどうだからとか、口にしたり思い込んでいることって
たいていは自分がそういってる、宣言してるだけのこと
だったりします。
それが嫌なら、自分の理想と違うなら、やめてみる。
好きなように、理想に合うように言い換えてみる。


それだけで、現実が変わってくるのですねえ~。

そして、お休み返上して娘がそうやって家事をしてくれると
こちらとしても、そんなの当然でしょ! とは思わないし
とても嬉しいしありがたいので、今度は娘の好きな料理を
作ってあげようとか、またそこで良い循環も起きてきます。

日常の小さなことでも、思い通りの現実が作れると
とっても嬉しいし、そんな積み重ねが大きなミラクル
夢の実現へとつながるんだと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加