私らしさレシピ

お手軽レシピや大好きな器そして日々のこと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カヌレ

2012-07-25 | 仕事のこと

今回のフランスの旅で食べられるだけ食べようと思ったカヌレ。
町中のブーランジェリー、パティスリーに小さいものから大きいものまでどこにも必ずと言っていいほど売っていました。
一番最初のカヌレは空港に着くなりカフェテリアで購入。次の日マダムと朝食のバケットを買いに行ったブーランジェリーで購入。行く先々で、いろいろなカヌレを食べてみました。

使っている型や焼き時間で食感ががらりと変わるカヌレ。カチカチ過ぎるのもや、外はかっちり中はもちもちの理想のカヌレなどお店のよっていろいろな特徴が出ていました。
最後にPAULで買ったカヌレは滞在中食べたカヌレにはなかった味でラム酒と効かせるところにアマレットという杏の種が原料のリキュールが効いていました。それにしても一緒に購入したマカロンにもアマレットがとても効いていました。PAULはアマレット好き??
いろいろなカヌレが残っている間に自分のレシピの参考に出来ればと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

ただいま

2012-07-15 | 仕事のこと

 

先日、無事にフランスから帰国しました。
今回は知人を訪ねて、フランスの南西部トゥールーズという街に到着し、そこからバスで1時間程離れたアルビという小さな町に滞在しました。
アルビは2010年に町全体が世界遺産に登録された事で有名な中世のフランスがそのまま残っている何とも言えない素敵な町で、食べ物がとてもおいしく(フォアグラの産地で有名でとにかく値段の安さにびっくりしました)まるで絵本の世界にいるような素敵な所でした。
町の人がとにかく優しく(重そうな荷物を抱えて横断歩道を渡っていると必ず誰かが手を貸してくれました)すれ違う人は皆にっこり笑ってくれて治安も良く(滞在中スーツケースをうっかり駅に忘れてしまうというハプニングがあったのですが数時間後に戻ったら、そのまま同じ場所にある事に驚きました)賑やかな町ではないですが、おいしいものを食べてゆっくり過ごしたい方、素敵な景色を見たい方にはお薦めの町です。
滞在中はマダムに現地のお料理を教わったり、朝市で買った新鮮な果物や野菜をたくさん頂いたり、おいしい食材を求めアルビから更に奥に進んだり、日本ではあまり馴染のないGAILLAC(ガイヤック)ワインの産地を見たり食べ物中心の旅でした。
滞在中もちろん地元の蚤の市にも訪れました。アンティークの食器やバスクのト―ション、レースやハンカチなど、地方という事もあり私にとってはパリの蚤の市よりも魅力的でした。
私がフランスで出会った素敵なものをcollageに並べられたらと思いワイン、現地でしか食べられないくだもので作ったコンフィチュール、調味料、はちみつ、バルサミコ酢、塩、ビオの調味料など本当に様々な食材を探し歩きました。素敵な食材にたくさん出会えたので後は、今後どのように展開して行くかは自分のパワー次第です。

向こうでは450枚の写真を撮って来たので機会があればこちらでもゆっくりお話出来ればと思います。
ただ、ただ、チェックイン時に間違えなくあった私のスーツケース2個のうち1個がロストバゲージにあってしまいただ今落ち込んでいます。
スーツケースの中には帰国していろいろ研究したいなと思い調達したはちみつや塩、オリーブオイル、紅茶等本当に様々な食品と蚤の市で購入したものなど20キロ相当のものが入っていました。。。
おまけに家に帰ったら自宅の冷蔵庫が壊れていたりでただ今動転しております。
FAVORIのキッシュも長い間お休みしていたので頑張って焼きたいと思います。落ち着き次第ゆっくりとお話させて下さい。

留守の間に教室のお申込みを頂いた皆さま、第一希望の日程にご参加頂けますので順にお返事を差し上げます。
まだまだ空きは十分あるのと、12月と慌ただしい時期ですのでどうかゆっくりご検討ください。 



 


この記事をはてなブックマークに追加

フランスへ

2012-07-04 | お出かけ

前回のフランスの旅から約1年半、今日からフランスへ。
お菓子好きの友人や雑貨好きの友人など今年もいろいろな友人からフランスの旅に誘われたのですが、お店の準備に必要なものを探したい事もあり、ノ―プランの旅にしました。
行くたびに魅了されるフランス、出来る事なら住みたい位、大好きな国です。何か始める度に訪れると私に必要なヒントをたくさんくれる国。
フランスの街並み、マルシェで買える新鮮な野菜や果物等、可愛いお菓子、訪れる事でいろいろなインスピレーションが湧きます。
collageに必要なものをいっぱい探すため、お店の準備を目的とした旅になります。
今回、目指すはフランスの南西部トゥールーズ。田舎育ちのせいか、私にはフランスの地方が魅力的です。

collageにとって素敵な出会いがありますように・・・そして素敵なお菓子に出会えますように!では、行ってまいります。
無事に帰って来れますように。


この記事をはてなブックマークに追加

明日のお天気は

2012-06-30 | 仕事のこと

 

明日はGREEN GREEN MARKETの開催日。
予報は大雨で私の雨女は健在のようです。
私が動くととにかく雨・雨・雨で大切なイベントの時はいつも雨が降っています。

とは言えイベントの為に頑張ってキッシュを焼きました。明日、販売を予定しているのは
・FAVORIで一番人気のキッシュロレーヌ(キッシュの中でも代表的な飴色に炒めた玉ねぎとブロックベーコン、チーズの組み合わせ)
・ブルーチーズ、くるみ&かぼちゃ
・バジルとトマトのキッシュです。

FAVORIのキッシュは唯一、私が一人で焼いている商品で、使用するチーズはフランスのコンテチーズ、スイスのグリュイエールチーズ、フランスで購入したホールのナツメグを直前に摩り下ろしたりと素材に徹底的に拘った事もあり日に日に販売数が増えFAVORIで人気商品となりました。
雨天でも決行のようなので楽しみたいと思います。

先日から開催の目処が立った教室の件で過去にお問い合わせを頂いていた方へメールを差し上げています。
日中パソコンを開けない事が多いので、携帯メールでやり取りをさせて頂いていた方へは時間帯によって送信を控えている為、まだ届いてない方は申し訳ございません。
わざわざお返事を頂き恐縮です。
開催が12月と随分、先のお話ですので、どうかゆっくり考えられて下さい。申し込み期限なども設けていませんので、ゆっくりご検討ください。



この記事をはてなブックマークに追加

LEE8月号「オーブンいらずの簡単プリン」

2012-06-21 | 仕事のこと


この度、集英社のLEEがプリンの特集を組んで下さり7月7日発売の8月号でご紹介予定です。
タイトルにあるように今回の企画ではオーブンを使用せずゼラチンで作るプリンです。
ゼラチンというとゼリーのイメージが強いと思いますが、ゼラチン量さえしっかりと守れば(1g違うと全く違う食感のプリンになる位、ゼラチン量は大切なので是非、レシピ通り作って頂きたいです)なめらかな食感のプリンが出来ます。

最近ふと思うこと、私の作ったお菓子を一線で活躍されているスタッフでページにして頂けることの素晴らしさ。
昨年出版させて頂いた本にしても自分一人では何も形にならない事がいろいろな方の力が集まり作品になっていくことの素晴らしさを改めて感謝しています。今回も私には贅沢な素晴らしい方々とお仕事をさせて頂きました。
読者の方が作ってみたいなと思って頂けるような誌面にするまでに、本当に多くの方の大きな力が集まっているなと改めて感じています。
そんな企画を下さったLEEに感謝しています。

今回ご紹介するプリンの殆どが昨年、出版した「なめらかプリン ふるふるゼリー ふわふわムース」に掲載していないLEE読者の方向けに新たに考えたレシピなので楽しみにしていて下さい。
中でも撮影日の数日前、LEEの副編集長のリクエストから生まれた、あるプリンが編集スタッフに一番人気でした。
あまりにも唐突で限られた時間の中での試作だったので本当に焦りましたが周りの友人からも意外な組み合わせが好評で、私の中でも一番、押したいプリンになりました。
FAVORIのお客様にも食べて頂きたいたいので現在、商品化を検討中です。
昨年からいろいろなプリンを作る機会が増え、プリンというお菓子は本当に奥が深いなと感じています。
卵や牛乳、生クリームなど使う素材は簡素で限られていますが、工程や組み合わせる素材、配合により幾通りものプリンができます。
きっとこのままプリンを作り続ければまだまだレシピが増えて行くだろうなと思える魅力的なお菓子です。
プリン好きが増えて行ってくれればいいなと心から願っています♪


この記事をはてなブックマークに追加