ネイルサロン B.Heart

 池原優子のお仕事の話を少しと~ダラダラなプライベート。どうでもいい話ばっかりです。

嬉しかったことば

2016-09-18 22:39:32 | ネイル
最近の忙しさ、度重なるトラブルで心身ともに疲れきっていました。
そんなとき、文江さんの言った一言。
「あぐり になろうって言ったじゃない。」

いつだったか?今調べたら1997年、当時放送していた朝のテレビ小説をみて「あぐり になろうね。」と約束しました。
戦後、まだまだ珍しいパーマネントをかけるお客様と美容師 吉行あぐり。ご飯もろくに食べられない時代から90才を越えても馴染みのお客様相手に営業を続けるというストーリー。

当時、「優子さんが失敗しても私も目が見えなくなってるから大丈夫よ!」と言ってくれたのを思い出しました。

「ゆっくりでいいよ。優子さんがヤル気になるまで待つから。」
涙が出るほど嬉しかったです。
本当にありがとうございます。

自分が大変だからって仕事を投げ出すって?

こんな情けない私を待っていてくれるって言ってくれるのだから 甘えようと思います。

文江さん、当時、ネイルサロンが東京にも数えるほどしか無かったと時代からスカルプチャーをしてくれていたんだもん。
これから先、お互いに目が見えなくなるまで付き合ってくれると言うんだから、少しくらい休憩もいいのかしら?

私に付き合ってくださっているお客様やお友だち、最近特にワガママになっている優子ですが、よろしくお願いします。
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 9月9日 | トップ | おはようございます »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (文江)
2016-09-19 11:58:48
お互い、おばあちゃんになっても
優子さんのサロンで
おしゃべりしながらネイルして頂きますよ!
文江さんへ (ゆうこ)
2016-09-19 15:10:54
ありがとうございます‼
元気なおばあちゃんになりましょう!
文江さんが優しいのは知っていたけれど、ここまでとは思わなかったです。元気が出てきました(*^^*)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL