お気に召すまま

なんでもござれ。思うまま、気の向くまま 書きまくる。

トランプ氏が招いた人種差別

2016年11月20日 | 改善したいね

トランプ氏が大統領選の演説で招いたものは

「政治が招いた貧困世帯の不満を」=>メキシコ人・日本人等の有色の人に転化している事にある。

政治、教育、課税の仕組みでお金がエリート層に富が集まる。

一方乗り遅れた人たちが貧困化する人たちが増えて社会、政治に不満化している。

米国で自動車の輸入が増えて企業が衰退したのは経営者が企業努力をしないで安穏としていたため技術革新についていけなかったためである。

実際、アメリカで日本のトヨタ、日産、ホンダ等の自動車工場が自立している事で証明されている。

アメリカの自動車の労働組合がその邪魔をしていたことは日本の各社がデトロイトに工場を作らなかったことで証明される。

デトロイトが衰退したのは経営者と労働組合が原因である。

これを日本車の輸入が原因として訴える事さえ甚だ認識が古いと言えるし、承知の上での発言ならばスケープゴートに違法移民、輸入車のせいにしていることになる。

これはインドの不可触選民、ドイツのヒットラー時代のユダヤ人、中華民国における日本、日本における部落問題のような不平不満の受け皿にして政治をやりやすくしているに過ぎない。

実際、アメリカンドリームを社会底辺層に夢見させることで生活改善への取り組み(税制改革、教育等)を真剣に取り組まなかった政治が問題であること自明であるのをスケープゴートを使って大統領選に勝ったトランプ氏は危険である。

これもイラク、イランで始めた石油の利権から介入、戦争から過激派を生ませ惹いてはイスラムを敵視化する進化論を信じないキリスト教の白米主義の流れを象徴する。

 

 

======<by やじさん>========

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音を見るには・・朝日新聞Be2... | トップ | 日米会談  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

改善したいね」カテゴリの最新記事