お気に召すまま

なんでもござれ。思うまま、気の向くまま 書きまくる。

弁護士の質(枝野氏、稲田氏)

2017年07月12日 | 改善したいね

同じ弁護士出身とはいえ民進党枝野氏と自民党稲田氏の格と質の違いに差を感じるのは私だけだろうか。

先日の稲田防衛大臣の都議選の応援発言が違法であったことを明確である。その言い訳は誤解を招くという謝るだけで発言取り消しをうやむやにしてしまう事態があった。これ以外も同様に失言を取り消さ荷自体のまま時が解決してしまう事態がたびたびある。

追求しきれない、時が流れて、うやむやにしてしまう野党もだらしない。発言が訂正されても問題が残るのに、訂正しないままにすることは発言がそのまま残ることに『是』なる。これは野党がきちんと対応しないがための問題で、慣例となって自民党は細江んでいると考えられる。支持率が下がったのはあまりにもやりすぎたことであり、戸外を優遇したためである。

追及はやめさせる前に発言の取り消し、詳しい説明を求めることが肝心で訂正が不十分であればさらに追及すればよいことである。しかもぐうの音もださないように論理的に追及すべきである。決まり文句を文章通り発言を繰り返えす事で済まされないのなら国会が終わったら、選出した選挙区で追及を行う必要がある。そして次の選挙に候補を立てるべきである。

枝野氏の森友学園の追及は逃げられないようにかつその質問が聞いている人に判り易いという点が評価できるし素晴らしく安心して聞いていられた。残念なことにあまりにも証人が自民党、維新党に癒着しており、癒着に乗った経営をしていることで、足元が緩く維新党の松野大阪知事により話がすり替えられて、逃げられてつつある感がある。本質はおかしな払い下げと、おかしな値引きとおかしな補助金であり、すべてそれが『是』になったことである。教育勅語でつながった癒着であることが裏に隠れ、右へ倣えのやり口である。

余談であるが、民進党が党首交代したい連中が蓮舫党首の出生を問題にしたのは、いまだかつてない不思議なやり口である。蓮舫党首は、これらの人を破門すればよいと考える。新しい党を立ち上げた方が、潔良く、小池百合子氏のやり方を学ぶべきである。

 

 

====<by やじさん>======

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「都民ファーストの会」は懸... | トップ | 日本国憲法九条の追加での対... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL