道行きロマン

主に市街地 近郊をハイキングしています!

田町駅からお台場へ、レインボーブリッジを渡る

2017年04月23日 | まち歩き

4/23(日)晴れ、19℃。ツレアイと三田、白金、高輪の赤穂浪士を祀った泉岳寺、それからレインボーブリッジを渡ってお台場まで12Kmを歩きました。

以前は品川に通勤していたツレアイには手前の田町駅からのハイキングはどうかなと思いましたが、全く問題なしでした。通勤は勤務先のビルだけで、前後の駅も周辺も歩き回ることはないのですね。田町駅西口から出発します。

今日の前半マップです。後半は東京湾を渡ります。

駅前から札ノ辻交差点に向かいます。休日なので?都心なのに車が少ない。

少し歩くと三田ツインビル西館、ビルのふもとに芝桜が咲いています。

そこからくるりとまわり、上るように御田八幡神社。三田の語源は御田だったのかしら。和銅2年(709)に東国鎮護のために創建された古社です。

この辺りは起伏の多い地形です。神社を出て少し歩くと幽霊坂。寺院が多かったのですね。東京には幽霊坂が七つあるといいます。

魚籃坂下交差点から桜田通り、白金商店街を歩いて白金氷川神社に着きました。飛鳥時代に創建されたと伝えられています。あたしの地元、大宮氷川神社の分社かしら?

桜田通りを横断して魚籃坂に戻ります。坂道を登って高輪の泉岳寺に行きます。

泉岳寺はなによりも赤穂浪士で有名ですが、曹洞宗の寺院としては永平寺や総持寺と並ぶ格式で、今も修行僧が学ぶ叢林として名を馳せています。大石内蔵助の像が寺の右手にありました。

赤穂義士の墓には参拝される方がたえません。大石内蔵助の墓や堀部安兵衛の墓は人気です。

短い参道には数軒のお土産物屋さんでした。討ち入りの際に鳴らした陣太鼓や義士関連のものを売っています。刀や手裏剣は外国人向けなのでしょうね。

本堂の脇でお線香の自動販売機を見つけました。檀家が墓参するだけの寺では、見かけませんよね。

泉岳寺を出て、JR線を高輪橋架道橋でくぐります。車高制限は1.5mです!。

芝浦運河沿いを田町駅方向に戻ります。

マツバギクが鮮やかに咲いています。東京モノレールが上を横切ります。

運河にヨシの葉があるのがカルガモの人口巣です。こんなところにはカモはいないよねって言っていたら、住人(カモ)が出てきました。

芝浦西運河の渚橋でおにぎり2個の昼食をとりました。

レインボーブリッジを歩いて東京湾を渡ります。右手のビルの5階が橋への口です。

芝浦方向をレンボーブリッジから眺めます。

浜離宮から築地方面です。

東京タワーも遠くにあって、ズームアップしてやっとわかるくらいでした。

晴海ふ頭、有明、右が豊洲です。こうして眺めていると築地市場が豊洲に移転する問題が、地整的にとらえられます。

ビルで隠れていましたが、東京スカイツリーも見られます。ズームします。

レインボーブリッジは歩いてお台場まで約1.7Kmです。おすすめです。

東京を、きっと別な観点から見られると思います。

お台場海岸に到着しました。ここが東京なの?というくらいリゾート感があります。

海の家がありません。ビーチパラソルもなしです。渚に人が少しだけ、、。それって、とっても素敵な光景じゃないでしょうか。

レインボーブリッジの架かる東京湾を渡す船もありました。マップも一緒にどうぞ。

 

ところで冒頭にアップした自由の女神像ですが、日仏友好のシンボルとして平成10年から1年間、パリの像を貸出展示されていました。とても好評なので平成12年からパリ市の許可を受けてレプリカ像を設置したそうです。

お台場といえばこのビルが象徴的ですね。今回は外観だけです。

お台場駅からは「ゆりかもめ」に乗って新橋経由で帰りました。

ハイキングのおみやげにお台場を走る「ゆりかもめ」のペーパークラフトをいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小金井の春は天平の丘、桜の競演 | トップ | 信州、諏訪大社前宮と、「緑... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

まち歩き」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。