YU@Kの不定期村

不定期に気ままに、映画&特撮レビューブログ。

三谷幸喜ファンがネタバレ込みで「ギャラクシー街道」の地獄をとことん解説する

2015-10-26 11:49:07 | 映画



こんにちは、YU@K(@slinky_dog_s11)です。

三谷幸喜作品の大ファンとして今回も期待を寄せていた新作「ギャラクシー街道」。それを公開日初日に観てあまりにもあんまりだったのでその嘆きの感想をTwitterに連投したらそれがTogetterという形でめちゃくちゃ広まって色んな声が飛んで来ている状態なんですけども。はい。皆さんいかがお過ごしでしょうか。


「『ギャラクシー街道』は観るな」YU@Kさん深夜の慟哭(Togetter)


ここで「もうこの映画を観るな」と喚き散らしているのが私です。このまとめ記事に対して「まるでアイドルの熱愛が発覚した時のファンのようだ」「愛する人の醜態を晒したくないという思いでは」という意見があって、「あぁぁああぁぁぁ…」と膝から崩れ落ちそうな思いなんですけど、とにかく今は棚にある過去の三谷幸喜作品を視界に入れることもできないくらいにメンタルが弱まっていて、嫁さんとの些細な日常会話で幸せを噛みしめている現状です。

「三谷幸喜なんて前からダメだったろ」という意見も多くて、こんな状況でも「そんな悲しいこと言わんでおくれ…」と思ってしまう自分に自己嫌悪。いやね、そりゃそういう声は多かったけど、「清須会議」も「ステキな金縛り」も「ザ・マジックアワー」も大好きなんですよ、私は。もう何度観たことか。何度涙を流して笑ったことか。その私が「ギャラクシー街道」にワクワクで臨んで、上映時間110分の中でたった1回クスッと笑えたかどうか怪しいくらいの“戦績”だったんだから、もう悲しくて悲しくて…。その上“物語”としてもどこに着地するのか何がテーマなのか散らかり過ぎて意味が分からなくなっている。失望と怒りを何周すればいいんだと。





そんな状態で喚き散らした内容に色々な意見が飛んでくるのは当然の話なんだけど、ひとつだけ明確に「お前…!馬鹿野郎っ!」ってのがあって。それは、「そこまで言うならネタバレ気にせずひとつひとつ例を挙げて文句を言え。言っていることが抽象的過ぎて妥当なのか分からない」という意見。ほんっと…馬鹿野郎…っ!おい!いいか? 「私がこの映画についてどう思っているか・どう主張したいか」と、「ネットにおける作品のネタバレマナー問題」は、全く別の話だ。そこはむしろ混同しちゃダメだろ。「観た人の意見」と「作品の具体的な内容(ネタバレ)」は別の階層の話であって、そこをごっちゃにして無暗に当たり屋をするのは、少なくとも私の中では明確なレッドカードだ。

ネットにおけるネタバレ問題は基本的に自衛しか解決策が無いと思っているけど、だからといってやたらめったら当たり屋をして良い大義名分にもならない。しかもTwitterは自分の発言がどこの誰に届くか分からないのだから。とはいえ「妥当か否かが判断できない」の部分については確かにそのとおりなので、ネタバレの階層を分けることができるこの自分のブログで、お望みどおり語り倒してやりますよ。読みたい人だけ読んでください。


※以下、作品の具体的なネタバレがあります。
※前述のTogetterまとめの内容を踏まえたレビューになります。



改めて「ギャラクシー街道」の概要を説明すると、香取慎吾演じるノアが経営する宇宙のハンバーガーショップに色んなお客さんが訪れるグランドホテル方式のコメディ映画。次々訪れるお客さんに対して、ノアとその奥さんであるノエ(綾瀬はるか)が奔走するのが一応メインのストーリーラインで、しかもノアはノエの不倫を疑っている、というシーンから物語は幕を開ける。

まず一例を挙げる。このハンバーガー屋にレイ(優香)とその旦那であるババサヒブ(梶原善)が訪れる。…ってもう面倒臭いから役名じゃなくて俳優名で書くぞ。優香は実は香取慎吾の元カノで、久々に再開したらいつの間にか結婚していて、その旦那が梶原善だったという流れ。ここで香取慎吾が「どうも!」と挨拶をする。握手を求めて手を梶原善に差し出すが、梶原善はなんとアリクイのような長い舌をベロンと出して香取の顔を盛大に舐める。戸惑った香取が「こういう挨拶もあるんですね(あなたの星ではこのやり方が主流なんですね)」と取り繕うも、梶原善は真顔で「そんなことはない」と返す。「え?」と驚き、しかめ面の香取。





まずこのシーンなんですけど、多分「そんなことはない」の返しが笑う部分だとは思うんですよ。「挨拶でもないのに顔舐められたのかwww香取慎吾ww不憫だなwww」を、狙ったんじゃないかと。梶原善からすれば香取慎吾は奥さんの元カレな訳で、その説明は無かったけれど、仲が良さそうなふたりを見て面白くなかったのかもしれない。だから、香取の顔を舐める。あからさまに嫌がらせをする。そういう背景は分かる。が、梶原善が得意の仏頂面演技をするから、それが本当に嫌がらせなのか、何を思ってのことなのか、いまいち読めない。よって、画面ではただ「意味もなく汚く顔を舐める男と舐められる男」というシーンが展開される。

まずこの時点で私は「ど、どうしよう…もしやこれは笑うところだったのか…?」と戸惑いながら真顔で観ていたのだけど、問題は更にその後のシーン。綾瀬はるかがその輪に合流し、香取に紹介され、彼女もまた梶原善に挨拶をする。すると梶原善はまた舌を出してベロンっと綾瀬はるかの顔を舐め取る。彼女は驚くも、一生懸命自分も舌を出して舐め返そうとする。そこを香取が制止する。おそらくここも笑うシーン。綾瀬はるかの舌出し変顔は可愛いのだけど、そもそも梶原善がなぜ彼女の顔を舐めたかが真底意味不明で、頭を捻っているうちにそのシーンは終わってしまう。もちろん、梶原善に悪気のある表情は一切見られず、このキャラクターはその後も汚らしく不快感を与える言動ばかりを繰り返す。

梶原善の不快な言動は、例えば「香取慎吾の不憫さのための演出」「綾瀬はるかの変顔を引き出すための役割」、このような役目が次々と与えられ、後半に解説ポジションが割り当てられるまではずっとこの調子だ。しかし、あまりにもこれらの「役割のための役割」が強すぎて、梶原善自身が何を考えているのか・何を意図しているのか・どういう人物なのかが一向に見えてこない。「構造的な狙った笑いのために不快な言動をするキャラ」として終わっているので、その不快さには微塵も背景がない。だから、「え?なぜそんなことを?」と困惑している間に不快な言動だけが繰り広げられ、終わった後に「もしや今の“笑い”?」と戸惑う。観ていて、こういう心の動きが何度もあった。


※※※


コメディにおいて、倫理観が欠落していたり、不快だったりするキャラは、結構不可欠に近い要素だ。「このキャラは倫理観が全く無いな」は、ジャンル的に褒め言葉でもある。しかしそれは、それらが“笑い”に昇華されて初めてそう思えるのであって、そこに届かなければ、ただただ不快でしかない。三谷幸喜の近年の長編映画にも、倫理観が乏しく観ていて不快になるキャラクターは沢山出てきた。しかし、私から言わせればそれらはある程度ちゃんと“笑い”(または別の魅力)に繋がっていたから、一周してそのキャラ自体は「ほんとダメなやつだけど憎めないな」となっていた。今回の「ギャラクシー街道」は、あまりにも「役割のための役割」が色濃く出過ぎていて、“笑い”に繋がるのを邪魔してしまう。純粋に、行動原理が分からなく、“笑い”に届く前に不快感が勝ってしまう。

その「行動原理が分からない」も、一応の答えがある。それは「宇宙人だから」。宇宙人だから、倫理観は異なるし、価値観も、挨拶のひとつから違う。だからそれは違って当たり前なんだと。ロジックは分かる、分かるのだけど、それを頭で納得する前に生理的に不快感が先に出てしまう。例えば蜘蛛を目の前にして「そいつは益虫だから嫌わないでおくれ」と説明されても生理的に一歩引いてしまうようなものだ。梶原善に限らず、相手のことを一切考えず一方的に受精し妊娠する遠藤憲一や(いくら宇宙人によるギャグとはいえ少々常軌を逸している)、純粋に仕事が出来なさすぎてイライラしか沸かないパートの大竹しのぶ、存在自体がこの映画に必要なのか分からないデリヘル元締めの山本耕史に、そもそも主人公なのに客に対して偏見丸出しの香取慎吾と、その全員が「役割のための役割」だけを全うしていく。それが“笑い”に届く前に、地球人の倫理観では不快感がガツンと殴ってくる。





「宇宙人だから倫理観は異なる」と言うのなら、その異なる倫理観が誰かの助けになったり、道標になったり、未曾有の奇跡に繋がったり、最初は嫌いだった相手と相互理解に辿り着いたり、みんな違ってみんないい的な雰囲気になったり、そういうプロットがあるならまだ分かる。しかし、「異なる」という説明は「異なる」という説明でしかなく、それが不快感の免罪符になり得ると思っているのなら大間違いだ。栄養があると説明されても虫を食べるのは嫌なのだ。嫌なのに理由はない。生理的に不快だから嫌。それだけだ。

端的に言えば「パズルを組むこと自体に注力され過ぎている」というか、本来はその組み上がったパズルが“笑い”に届くからこそ意味があるのに、過程にあまりにも囚われているのだ。三谷幸喜の作品は割とこの傾向が強いが、今回の「ギャラクシー街道」はあまりにも度が過ぎている。しかも、パズルのそれぞれが「倫理観欠落」「不快」なのだから、たまったもんじゃない。





ペイントで下手なりに描いた絵で申し訳ないのだけど、三谷幸喜に限らず、コメディというのはおよそこういう作り方だと感じている。不運だったり、倫理観が無かったり、馬鹿や不快なキャラクターたちが(もちろん中には常識人もいる)、それぞれ単体では駄目でも、関わり合うことで“笑い”が生まれ、それをプロットや演出という巨大なスプーンですくい上げるから、結果的に不快なキャラたちが憎めなくなるという免罪符が与えられる。じゃあ「ギャラクシー街道」がどうだったかと言うと、それは次の図。





あまりにも役割的機能が強すぎて“笑い”に届かない結果(もうひとつ理由があるがそれは後述)、キャラクターたちの駄目さに免罪符が与えられないどころか、巨大なスプーンが盛大に空振りしているのだ。だから、「え?どういうこと?このキャラは何でこういうことをするの?何の意味があるの?」と困惑しながら、時々見え隠れする空振りスプーンを目にしてため息をつく。三谷幸喜のこのスプーンは毎度“ドヤ顔印のスプーン”で、それが上手く笑いをすくい上げていたとしても、鼻につく人が多いのは分かる(私はむしろこのバランスが好きなのだが)。だが今回はその“ドヤ顔印のスプーン”が空振りの連続なので、「白ける」を通り過ぎて「困惑」でしかない。やがてそれは「失望」と「怒り」に繋がっていく。負のスープの出来上がりだ。


※※※


じゃあ、決定的に何が駄目なのか。毎回割とそうなのに、なぜ今回はここまで「役割的な役割」が強く出てしまい、結果的に“笑い”に届いていないのか。過去の三谷幸喜長編映画と何が違うのか。それは答えから言うと、香取慎吾のノアというキャラクターだ。

このノアというキャラは、お話の序盤からかなり印象が悪い。香取慎吾が演じているのだから根は良い人なんだろうな、と思いたいものの、エピソードの数々がそれを許さない。まず始まってすぐに、怪しい行動が多い奥さんを不倫だと決めつける。まあここは男として気持ちは分かるのだけど、その後ショップに訪れた客に嫌な顔をし、綾瀬はるかを裏に呼び出して「帰ってもらえ」と指示する。客は西川貴教演じるカエル型宇宙人なのだけど、彼はそんじょそこらを水浸しにするから嫌なのだと。西川貴教がまた無垢に一生懸命ハンバーガーを注文し、結果として座席にブルーシートを敷かれても嫌な顔ひとつしないから、余計に香取の差別の目が色濃く映ってしまう。





優香に対してはもう結婚しているのにいつまでも元カレ面を絶やさず、「俺はお前に幸せになって欲しかったのに、(あの旦那相手じゃ)お前は幸せじゃない」と決めつけて説教までしてくる。優香が否定し「あの人(梶原善)はあの人で手がかかるけど私は幸せ」と主張するも、香取は譲らない。「いやいやいや、お前は幸せじゃない」と卑屈な文句をつけ続ける。また、(これは大竹しのぶのキャラも悪いのだけど)、パート店員に対してもかなりキツく当たり続けるし、仕事は基本他人任せで店主なのに停電の復旧作業程度しかやらないでサボってばかりだし、結局綾瀬はるかの不倫疑惑が何てことない勘違いだったと判明するラストでも、ひとりこそっと安堵するだけで感情の吐露も反省も全く無い。何も成長していない。何も変わらない。(正確には母星に戻らずもうちょっとハンバーガーショップを続けようと決意するのだが、あまりにも薄っぺらいドラマなだけに意味を成していない)

過去の三谷幸喜作品で挙げていくと、例えば「ラヂオの時間」では唐沢寿明のラジオに対する情熱が爆発していく流れは見物だし、「THE 有頂天ホテル」の役所広司は嘘をつけない嘘つきとしてその正直で不器用な面がチャーミングだし、「ザ・マジックアワー」の佐藤浩市はその俳優としてのプライドと熱い想いが絶対に揺るがない男だった。一見変わったキャラでも、その根っこの部分は非常に真っ当で正直で熱くて、そこに共感できるからこそ、周囲の数多のキャラがどうしようもない人たちばかりでも“笑い”に繋がっていく。周りの駄目なキャラたちを真っ直ぐな主役が卓球台のようにポンポン跳ね返すからこそ、ドラマは(主に)中盤以降あらぬ方向に作用し、“笑い”に昇華されていくのだ。





しかし今回の香取慎吾は、主役からして本当の意味で駄目。共感もできなければ、理解もしたくない。不快感を一番メインの人物が発している。そうなると、体育のマットの上で卓球をしているように、球(周囲の駄目なキャラたち)は全く弾まない。相互作用に至らない。絶対に自分の案件を貫こうとした「ステキな金縛り」の深津絵里にも、その正直さから血の流れない戦で敗北してしまう「清須会議」の役所広司にも、遠く及ばない。彼らの方がよっぽど固くて広い卓球台だった。結果として、何も弾まず、何も交差せず、ただ不揃いなキャラクターたちが不揃いなままそこにいるだけになってしまっている。だから、不快感もそっくりそのままストレートに胸に刺さる。

香取慎吾のノアというキャラクターも、れっきとした“宇宙人”だ。そうであれば、彼も「倫理観が理解し難い相手」にカウントしても良いのだろうか?(あくまで広義の“宇宙人”という作品のキャッチコピーを尊重した表現であり、諸々の描写から見るにほぼ確実に香取慎吾は地球人であり日本人)。私はそうは思わない。むしろ、こういう設定なら尚更、もっと馬鹿正直に真面目で、人を疑うことを知らず、不運だけど根は曲げない男にするべきだったのではないか。例えば腰が低すぎる店員でもいい。水浸しのカエル型宇宙人が来店しても、ニコニコと彼を受け入れ、自分から率先して床拭きをする。不憫な騒動に遭遇するがめげない。そういう人物にするべきだったのではないか。そうであったならば、他の不快なキャラも活き活きと見えてきて、結果的にスプーンで笑いをすくえたのではないか。


※※※


以上が、ネタバレと具体例を挙げながらの「私にとってなぜ『ギャラクシー街道』が地獄だったのか」だ。結果的に、差別と偏見と倫理観欠落が110分もの間“笑い”に繋がらず抑揚も緩急も無く垂れ流しにされる映画なので、本当に苦痛でしかなかったし、精神的に殺されるかと思った。そしてこれがまさかの“三谷幸喜監督作品”であることが、私の心臓を馬乗りで殴り続けてくる。

今はただ、しばらく三谷幸喜作品とは距離を置きたい。その思いしかない。こんなにも「“つまらない”すらおこがましい」作品なんて、観たくもなかった。こんな作品に出会うくらいなら、過去に戻って古畑任三郎から三谷作品に惚れていった自分を止めに行きたい思いすらある。今はただ、本当に、辛い。


(オススメ記事)
不定期村が選ぶ2015年映画ベスト10 ~遥か銀河の彼方で殺し屋と忍がドラムを叩くデス・ロード!
なぜ彼氏や夫はパートナーがいながら「エロ本」「AV」を隠し持つのか? その理屈と男女の認識差を解説する


▼新作映画レビューを含む全21編を収録した電子書籍『THE BEST』(0円)発売中。ダウンロードの方法や書籍の詳細はこちら



※映画・特撮の感想など、全記事一覧はこちら
【Twitter : @slinky_dog_s11 】【はてなブックマーク : slinky_dog_s11 】【LINE : @fgt3013f


【過去記事】
「WATCHA」、それは感覚を先回りする映画レビューアプリ
大傑作!「ジョーズ19」が放つ堅実かつ挑戦的な次世代サメ物語(ネタバレ+解説レビュー)
【総括】「NARUTO」全73冊+映画2本+傑作「BORUTO」を完走したので1万字かけて感想を語り尽くすってばよ!
どうして「体育の授業」のおかげでスポーツが嫌いになってしまうのだろう
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (21)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 仮面ライダーゴースト 第4話... »

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (しいな)
2015-10-26 15:06:45
はじめましてです。
映画を観たいな、と気になっていたので、ネタバレを求めて拝読しました。

興味深い記事をありがとうございます。

なんだか主人公は今の三谷さんそのものなのかもしれないですね。
私の三谷さんのイメージは神経質で人間不信だったので(笑)そこに猜疑心や元奥様との人間関係とか、いろいろな事が反映されているのかも・・・
きっと三谷さんは今宇宙にすら見える現実という迷路を彷徨われているんですよ。
きっと今の遭難に近い状況を打開して、地球に戻ってきてくれるはずです。

ちょっと違うかもしれませんが、私には長年好きなロックバンドがいます。
彼らは以前爆発的に売れすぎて、ちょっと音楽が薄くなったなぁ…と感じる時期がありました。アルバムを同時に2枚出した時は、今でこそどれもじっくり聞けますが、ワクワクで手にして最初に聞いた時のガックリ感は今でも覚えています(苦笑)
でも彼らはそれから少しクールダウンの時期を超えて、以前の彼らの音楽を超えると言っても過言ではないくらいのアルバムを作ってくれました。
好きでいて良かった・・・続けていてくれて良かった、と感動しました。

なんだかちょっと、その頃の彼らと今の三谷作品という“ブランド”の扱われ方が似ている気がします。

彼らはリフレッシュしてカムバックしてくれました。
才能は嘘をつきません。
きっと三谷さんもまた、ユーケーさんを幸せへと導いてくれるはずです。
そんなに落ち込まず、信じて待っていてあげると良いと思います。
三谷作品のこれからの為にも、きっと大ファンを公言する方の存在が必要だと思いますよ。

あと、これは私の独断的意見ですが、
最近の香取さんに良い人のイメージを抱いている方って少ないんじゃ・・・
ちょっとイヤミでネクラそうなイメージがあったので、記事を拝読して、そこをあえて起用されたのかな、と思いました。
Unknown (がぶり)
2015-10-27 13:35:32
通りすがりすいません。
私は三谷さんのテレビ番組は好きなのですが映画は具合悪くなる位苦手です。
テレビで香取さん、綾瀬さんで宣伝に出てた映画紹介見て三谷映画の悪夢(失礼)濃いそうだなと検索して立ち寄りました。

三谷映画は料理で言うなら全く隠れてない隠し味のスパイスの塊、野球で言うなら二時間ひたすら牽制球投げてるという感じ(個人的感想です)が苦手で有頂天ホテルでも映画館で具合悪くなりました。
もう少し小話かキャスト(出来れば両方)減らして詰めこみ過ぎずに楽に笑える…ならやっぱりテレビサイズに…と思ってしまいます。
はじめまして (Masaki)
2015-10-27 14:03:02
ファンで毎回見に行ってますが、同様にガッカリした者です。

元々合う合わない人いる作品が多いですが、今回は苦行の様な鑑賞に成りました。

次に期待して今回は無かった事にしたいと思います。。。。
Unknown (Unknown)
2015-10-28 00:05:01
スマスマのビストロにキャスト+三谷さんのチームで来てた回を見てたんですが、その時香取くんが
「今回は笑いだけ。感動とかちょっと良い話とか一切ない。ひたすら笑い」
と言ってたんですよね。ある意味これは警告だったのかなと…
その笑いを汲み取れなければあとはもう何も残らない話だよ、と…
Unknown (Unknown)
2015-10-28 18:50:49
仰る事はわかります。
三谷幸喜は自分も好きです。清洲会議も古畑シリーズも振り返れば奴がいるも大好きです。
しかし、そうではあっても産み出す作品全てが良い訳ではありませんよね。
自分は松本人志とB'zが好きです。もうリスペクトしてます。
してますが、しかし!その作品全てが絶賛に値する訳ではありません。
松本人志の映画はどれも理解できなかったし、批判も仕方ないと思ってます。
B'zの曲も、どうしても飛ばしてしまいがちなものが多少なりとも存在するのは事実です。
お気持ちは痛いほど理解できました。
しかし、だからといって今後の作品を切り捨てたりはしないでしょ?そういう事だと思います。多くの支持できる作品の中の、たまたまハズレてしまった一作。そう捉えるしかないように思いました。
失礼いたしました。
終焉 (舞台派)
2015-10-29 12:21:37
偶然読ませていただきました。
これからこの映画を見に行こうと思ってたので大変参考になりました。

三谷作品は舞台派なので、映画については毎回まったく期待していないのですが、
今回ばかりはいよいよ監督業も終焉のようですね。

もともと東京サンシャインボーイズの舞台は、こういうガチャガチャしたものが多く、
近年の舞台でも、似たような作品はいくつもありましたね。
決して、作風が劣化していったのではなく、最初から、こういう猥雑な部分もある作家なのだと思います。
舞台を見たことない方には、刺激が強すぎるのかもしれません。

三谷さん、今回ばかりはやっちまったなーって感じですね。
三谷映画のファンは戻ってこないかもしれません。
Unknown (昨日見てきました)
2015-10-29 14:13:53
昨日、ギャラクシー街道を見てきました。あまりのつまらなさに絶望しました。

つまらさなで言えば、松本人志の映画全般に匹敵すると思います。大日本人を見たときと同じ気分です。

>これからギャラクシー街道を見に行こうと思っている人へ
2時間と1800円を無駄にしてもいいなら、行ってください。必ず無駄にすることうけあいです。
レポートに共感しました。 (諭)
2015-10-31 01:35:33
今日映画を見てきました。。。
あまりにも残念感、不快感、この行き場のない憤りで、Googleで「ギャラクシー街道 なぜ」と検索してしまい
このサイトに通りかかりました。

まず、YU@Kに感謝をしたいです。
これだけ悶々とした感情に困惑していました。

それをYU@Kの適切、的確なレポートが見事で、僕自身が頭を整理する事が出来ました。
やっと気持ちが落ち着きました。

文脈、表現の仕方が非常に適切で、映画を観た人の心情に事細かくそっています。
何度も読み返し熟慮されてますね。
ありがとうございました。

映画の最初から再度までストーリーが何もなく、
各々のキャラクターが定義されておらず、脈絡もなく、
全ての言動が散らかったまま不快感だけが残りました。


レポートを読んで改めて感じたのは。
三谷監督は、製作過程や試写などで、この映画を自分で観てどう感じたのでしょうか。
この映画に手ごたえを感じていたのでしょうか?
彼はどうしてしまったのでしょうか?
彼のその皮膚感覚が理解できません。

まわりの関係者もストップを掛けられなかったのでしょうか?
規模の大きな作品なので、正しい方向転を出来なかったのでしょうか?
気づいていながら、この駄作を世に放って平気なのか。

三谷作品は好きでした。
だからギャラクシー街道を見に行ったのですが。
僕の時間やお金なんかどうでもいいんですが、
期待を込めていた自分に対して、やるせない気持ちでいっぱいです。


三谷監督には、この失敗を大きな経験にして欲しいです。
僕も非難ばかりでしたが、監督の作品はこれからも見ます。
こんな今回でも、三谷監督にはをしています。
真田丸は大丈夫であろうと信じています。
コメント返信 (YU@K)
2015-11-04 12:01:32
>皆様

>三谷作品のこれからの為にも、きっと大ファンを公言する方の存在が必要だと思いますよ。
その希望を胸の片隅に抱いておきたいと思います。ご心配ありがとうございます。

>もう少し小話かキャスト(出来れば両方)減らして詰めこみ過ぎず
まあ、それが持ち味な面もありますからね…。今回は全部悪い方に傾いていますが…。

>元々合う合わない人いる作品が多いですが、今回は苦行の様な鑑賞に成りました
「苦行」。その通り過ぎて辛いです…。

>その笑いを汲み取れなければあとはもう何も残らない話
別に私だけなら良いのですが、色々見る限り大多数のお客さんが汲み取れなかったようで、なぜそこを狙ったのかと……。

>多くの支持できる作品の中の、たまたまハズレてしまった一作
いやもちろん仰る通りなんですよ。そうなんですけどね…。しかしもう少しマシならせめてというか…。いやもうほんとに…。うーん。

>作風が劣化していったのではなく、最初から、こういう猥雑な部分もある作家なのだと思います
作り方自体は以前までとほぼ同じだと、私も感じています。だからこそ、お得なフィールドで盛大にやらかしているのが、ファンとしては非常に辛い事案でした…。


>あまりのつまらなさに絶望しました。
結局ここに落ち着くんですよね…。

>この映画に手ごたえを感じていたのでしょうか?彼はどうしてしまったのでしょうか?彼のその皮膚感覚が理解できません。
一言一句同意です。なぜこれを全国配給“できる”とご判断されたのか…。そこの感覚が非常に理解しがたいです。
有難うございます。 (机サン。)
2015-11-08 08:20:55
観ない事にします。よく、わかりました。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

[邦画] もう少し突き抜けたものがほしかったか?「ギャラクシー街道」 (窓の向こうに)
どうもあまり評判がよろしくなく、風当たりが強いらしい。傑作だと持ち上げるつもりはないが、時間分は十分楽しめたと思っている。 題名ギャラクシー街道 監督・脚本三谷幸喜 出演香取慎吾(ノア、サンドサンドバーガー・コスモ店店長)、綾瀬はるか(ノエ、ノアの妻)、...
笑いの種類・・・ (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「ギャラクシー街道」を鑑賞しました。 西暦2265年、木星のそばに位置する人工居住区「うず潮」は「ギャラクシー街道」と呼ばれるスペース幹線道路で地球と結ばれている 以前はにぎわった街道も老巧化が問題視されていた そんな街道にたたずむハ....