YU@Kの不定期村

不定期に気ままに、映画&特撮レビューブログ。

吹奏楽界に激震走る!長崎県の活水高校を指揮する藤重佳久先生、就任からわずか5ヶ月で全国大会へ

2015-08-24 13:32:13 | 雑記



こんにちは、YU@K(@slinky_dog_s11)です。

吹奏楽経験者&愛好家として、衝撃のニュースに触れたのが去る2015年8月23日。熊本で行われた第60回九州吹奏楽コンクールにて、長崎県の活水中学校・活水高等学校(活水学院)が見事に金賞を受賞し、更には九州代表を決めた。名古屋で行われる全日本吹奏楽コンクールに、九州代表として出場するのだ。字面だけ見れば普通におめでたいニュースではあるが、この結果が今まさに吹奏楽界に衝撃をもたらしている。


第60回九州吹奏楽コンクール(九州吹奏楽連盟、朝日新聞社など主催)の高校の部が23日、熊本市の熊本県立劇場であり、九州・沖縄の26校が出場した。金賞を受賞した13校のうち福工大付城東(福岡)、活水中・高(長崎)、玉名女子(熊本)が11月に名古屋国際会議場(名古屋市)である第63回全日本吹奏楽コンクールへの出場を決めた。

(中略)

【金賞】大牟田、精華女子、福岡第一、福翔、福工大付城東(福岡)、大分中・高(大分)、佐賀学園(佐賀)、活水中・高(長崎)、熊本北、玉名女子(熊本)、都城商(宮崎)、出水中央、松陽(鹿児島)

【銀賞】嘉穂、小倉(福岡)、別府翔青(大分)、佐賀清和(佐賀)、西陵、創成館、長崎東(長崎)、済々黌(熊本)、延岡学園(宮崎)、神村学園中・高、甲南(鹿児島)、那覇、普天間(沖縄)


福工大付城東、活水、玉名女子が代表 九州吹奏楽コン



なぜこのニュースがそれ程までに衝撃的かというと、実はこの活水中学校・活水高等学校(以下、活水高校)、これまで九州においてはほぼ無名の高校であり、長崎県大会においても全く好成績を残してこなかった学校なのだ。以下、ここ数年の活水高校の吹奏楽コンクールの成績をまとめてみたが、これがいかに異質なことかお分かりいただけるだろうか。





吹奏楽コンクールはまず各県で大会が行われ、それぞれの団体に「金賞」「銀賞」「銅賞」のいずれかが与えられる。そしてその「金賞」を受賞した団体から更にいくつかの団体が(県によって異なるがおよそ3団体程度)、県代表の切符を勝ち取る。よって、吹奏楽コンクールの県大会には大まかに2つの壁がある。まずは「金賞獲得」。県下名門校でない多くの団体は、まずここを目指す。2つ目が「県代表獲得」。毎年必ずといって良いほど金賞を獲得する上手い団体は、その先の大会を目指して日々練習するのだ。

この活水高校は、長崎県大会で近年「金賞」とは程遠い …というかそもそも出場すらできない程に部が規定の人数に達していなかったらしいが、今年の4月に“ある革命”が起き、部は復活。そのわずか4ヶ月後には長崎県大会で金賞を獲得し県代表、そして翌月の九州大会でまたもや金賞を獲得し全国大会にまで勝ち進んだ。

これがいかに珍事か。まるで万年初戦敗退だった野球部がある年にいきなり甲子園に出場したり、悪霊の正体も知らなかった承太郎がいきなりDIOを倒したり、死神代行で修業もしていない黒崎一護がいきなり卍解を会得するようなものである。だからこそ、この結果が「吹奏楽界に衝撃をもたらしている」のだ。





その答え、“ある革命”とは、新たな指導者にある。


全国にその名を知られる吹奏楽のカリスマ先生が活水学院音楽学部の教授に就任しました。

藤重佳久さん60歳。福岡の精華女子高校の吹奏楽部で35年間顧問を務めました。出場した18回の吹奏楽コンクールではなんと金賞9回、マーチングコンクールでは出場した15回すべて金賞を獲得した名指導者です。藤重さんはこの春、精華女子高校を定年退職し活水学院の教授に就任しました。音楽学部の講義のほか活水中・高合同の吹奏楽部と大学の吹奏楽部の音楽監督を務めます。これまで長崎に縁はありませんでしたが音楽専門の学部やコースがある活水に魅力を感じ新天地に選んだといいます。藤重さんの就任に合わせ、学院は吹奏楽部の楽器を買い替え、防音ガラスを取り入れるなどその練習環境を整えました。

活水中・高合同の吹奏楽部はこれまでコンテストの出場経験がほとんどなく部員も30人ほどでしたが藤重さんの就任とともに部員は60人を超え、今も増え続けています。指導を受けたいと全国から生徒が集まっているそうです。就任会見で藤重さんは「どうせやるなら日本一を目指そう、前の学校よりもいいバンドを作りたいと思っている」と語りました。


活水学院に吹奏楽のカリスマ先生が就任



高校吹奏楽界の超有名人、あの福岡・精華女子の藤重佳久先生が、今年の4月から活水高校で指導をしているのだ。「わかりやすく楽しく、目標を共有する」という指導論を基に、氏は創部間もない1980年頃から長年精華女子の音楽を作ってきたという。吹奏楽コンクールの全国大会には過去19回出場、平成26年には8回連続・通算10回目の金賞を獲得した九州の名門中の名門だ。

この精華女子は所さんの「笑ってコラえて!」でも大きく取り上げられ、2014年2月に発売したCDはオリコン週間アルバムランキングのクラシック部門で5週連続1位を獲得し、2014年日本ゴールドディスク大賞クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞。高校吹奏楽の一介のバンドのCDがこれだけヒットしたのは異例のことだ。

私も以前TVで藤重先生の指導を観たことがある。一見するととにかく厳しい。が、何よりも高校生たちが音楽に楽しく取り組む、そのための場の空気やモチベーションを作るのが劇的に上手い指導者なんだな、という感想を持った。20年以上吹奏楽をやっている自分としても、一度この先生に教わってみたいと思ったのを覚えている。その思いは日本中の中学生も同じだろう。来年は全国各地からこの活水高校に吹奏楽で全国大会に行きたい中学生が殺到することだろう。

音楽、取り分け吹奏楽は「指導者で変わる」とよく言われるが、ここまで顕著にそれが示された例はそうない。ここ数年コンクールにすら出ていなかった団体が、たった5ヶ月で全国大会に出場したのだ。長崎に限らず、九州の高校吹奏楽の勢力図が一気に塗り替わった大ニュースであり、今後の活水高校吹奏楽部、そして藤重先生の更なる活躍が期待される。一介の吹奏楽好きとして、まずは今年の活水高校の定期演奏会のチケットをなんとか獲得したいと思っているところだ。(おそらく、いや確実に販売開始数分で売り切れるだろう…)


(オススメ記事)
ネットから灰色が消えようとしている
なぜ彼氏や夫はパートナーがいながら「エロ本」「AV」を隠し持つのか? その理屈と男女の認識差を解説する
どうして「体育の授業」のおかげでスポーツが嫌いになってしまうのだろう


▼新作映画レビューを含む全21編を収録した電子書籍『THE BEST』(0円)発売中。ダウンロードの方法や書籍の詳細はこちら



※映画・特撮の感想など、全記事一覧はこちら
【Twitter : @slinky_dog_s11 】【はてなブックマーク : slinky_dog_s11 】【LINE : @fgt3013f


【過去記事】
吹奏楽部とは、炎天下の甲子園で演奏してもお釣りがくる最高な環境
男はポジティブに熱心に「結婚できない理由」に沈んでいくのかもしれない
映画「ミニオンズ」、それは不憫で黄色いプリクエル
4年経っても色褪せない初音ミクの名曲「FREELY TOMORROW」
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (るふわ)
2015-08-24 22:00:36
ああこの先生でしたか!私も笑ってコラえて吹奏楽の旅見てました。
藤重先生、番組を見るかぎり確かに厳しそうな方でしたが、優しい時は優しく、メリハリのあるいい先生だなあと感じました。
それまで無名だった高校がたった5ヶ月で全国とは、まるでアニメやドラマみたいな話ですね。
吹奏楽ってスポーツと比べるとですが、あまり才能がものをいうってわけではなく、本人の意識と練習量次第だと個人的には思います。加えて吹奏楽は一人でなんとかなるものというわけではなく、全員で作り上げるものという側面が顕著ですので、やはり指導者の存在が大きく影響を及ぼすんでしょうね。
今後の活水高校の活躍に大いに期待したいです!
いやいや (ん。)
2015-08-26 05:29:51
うーん、なんだかなー。。。
無名のヘボバンドが自力で勝ち上がればそりゃスゴイと思うけど、金かけて練習環境を整えて、スゴイ指導者に来てもらって、全国からその人の指導を受けたくて生徒が集まってくる。これって今までの弱小吹奏楽部とは全く別のバンドなわけで、激震ではないでしょ。
コメント返信 (YU@K)
2015-08-26 08:53:31
>るふわ様
本当にアニメかドラマかという大躍進で、びっくりしています。藤重先生がすごいのは言わずもがなですが、氏の指導にたった数ヶ月で最高の形で応えた部員たちも本当に素晴らしいな、と。おしゃる通り「意識」がガラッと変わったんでしょうね。

>ん。様
「(文中にもある通り)元々いた30人の部員も先生の指導に見事に数ヵ月で応えた」「指導者が部を急成長させるのはよくある話だがそれがまさかたった5ヶ月で起きた」「いくら素晴らしい指導者や環境があってもそれに食らいつくようについていく部員たちがいて初めて叶う結果」。十分に、驚き、そして賞賛に値する話だと思いますよ。
Unknown (Unknown)
2015-08-26 22:26:10
本当にすごいですよね。
中学生も混ざって、挙げ句の果てに初心者もいて。
ネットでは全国から集めてるとか、前任校から引っ張ってるとか言われていますが、前任校から転校されたのは1人だけで、確かに現高1は数名遠方からの生徒さんもいるようですが、その他5学年はちがうのですから。
上の方のように後ろ向きな意見をおっしゃられる方もいますが、それを言い始めたらキリがないですからね。
Unknown (Unknown)
2015-08-27 01:43:55
全国には多くの高校吹奏楽部があって、私立の高校でお金をかけて環境を整えてもまったく全国とは無縁の学校がたくさんあります。いくら有名な先生だろうが部員が増えようが数ヶ月で全国大会に出場するなんて前代未聞ですよ。びっくりしました。
コメント返信 (YU@K)
2015-08-27 18:33:29
>Unknown(2015-08-26 22:26:10)様
どうしても指導者や金銭的な意味も込めた環境によるハンデ差は団体音楽にはつきまといますものね…。私も言い始めたらキリがないと思っています。特に高校吹奏楽は、良くも悪くも“そういうもの”かと。

>Unknown(2015-08-27 01:43:55)様
そうなんですよね。学校側が投資しても結果がついてこなかった例は沢山あって…。だからこそこんなにも短期間で全国にいくなんて、本当に前代未聞です…。
何処にでも有ること。 (吹奏楽部大好き)
2015-08-27 20:21:54
会場で聞いていた関係者ですが、
重鎮率いる吹部
関係者には何も驚く事など無い結果でした。

音の質、一点差に泣いた学校が、
優れていました。
評価は現場で聞いていた方だけにして欲しい。
結果は、驚きでも何でも有りません。
何処にでも有ることです。
これ以上は書けませんが8169。
コメント返信 (YU@K)
2015-08-27 20:55:49
>吹奏楽部大好き様
私は関係者でもなく一般人ですし、演奏に対する評価を書く気もありませんので......。そんな大層な耳も持ってませんし...。
Unknown (Unknown)
2015-08-27 22:33:55
評価するのはその場で演奏をきいた人だけにしてほしい、って何様なんでしょうね。逆に言えば、審査員でもないのに評価の可否を決めないでほしいですね。
筆者さんは、数ヶ月で部をまとめて結果を出した先生と、生徒さんのことを賞賛しているだけで、演奏についての評論をされているわけではないと思います。

筆者さんも、記事がこれだけシェアされていて、いろんな人の目にとまり、また上のように結果に納得のいっていない方がこうやって攻撃的なコメントをされることが今後も予想されますので、記事は是非残していてほしいですが、コメント欄をなくされてはいかがでしょうか?
きっとイタチごっこです...
審査員でも無い者 (吹奏楽部大好き)
2015-08-28 13:57:26
審査員でも無い者。
さて、どうですかね?
様々な考えが有りますので、
これで終わりですね。
Unknown (かず)
2015-08-28 22:40:46
精華女子が九州大会ダメ金かーとビックリしていたら、まさかこんなことになっていたとは、、、先生が変わればそんなもんなんでしょうか。
なんか精華の生徒がかわいそう。
コメント返信 (YU@K)
2015-08-31 14:41:55
>Unknown様
お気遣いありがとうございます。攻撃的なコメントが仮に他にも続くようであれば、コメント欄閉鎖も検討します…。

>かず様
まあ、上にも書いたように、良くも悪くも「こういうもの」なのだと思います。高校吹奏楽は。
Unknown (Unknown)
2015-09-04 06:00:39
藤重先生は、ある意味“職人”ですよね。コンクールの“勝ち方”を熟知してらっしゃる…。
コメント返信 (YU@K)
2015-09-04 15:12:04
>Unknown様
コンクールの減点方式に対して理詰めで防御していくような、そんな音楽なのかもしれません…。
残された側の気持ち (パーカスパパ)
2015-09-10 13:08:13
ビックリしました。あの精華女子がダメ金だったんですね。
私の中学生の長女も、千葉の強豪校で吹奏楽をやっていますが、精華女子と全く同じ境遇を過ごしています。
長年率いた講師の先生が昨年度で定年退職され、代わって赴任された先生が吹奏楽の指導経験の浅い方だったため、3年生を中心とした生徒たちが必死に頑張ったのですが、東関東止まり(銀賞)でした。
ただ、千葉県代表にはなれたので、この状況を考えたら立派な成績だと思います。
精華女子もこれを乗り越えて、復活してくれることを期待したいです。
コメント返信 (YU@K)
2015-09-10 17:01:10
>パーカスパパ様
精華女子としては、とても悔しいニュースですよね。そして高校吹奏楽における指導者の力や役割がいかに大きいか、考えさせられます…。私も在学中に指導者が変わり色々あったのを経験していますので、思うところはあります。ただ、そのような逆境も大きな糧になると思いますので、ぜひ現役の子たちには頑張って欲しいと思います。
Unknown (通りすがり)
2015-09-20 10:50:47
1点差に泣くとかご存知だということは、吹奏楽大好きさんは多分一般の方じゃないと思いますよ。

今回の批判は妥当かと思います。


「吹奏楽界に衝撃をもたらしているのだ」

あたかも吹奏楽関係者の総意のように書かれておりますが、誰がそのような発言をされたのでしょうか。

発言があるとしたら、引用元をリンクさせておくとかすれば、おそらく批判されることもなかったのではないでしょうか。


筆者さんも情報発信者なので、読者が情報を誤認識しないように、責任を持って記事を書かれていることと思います。

ですので、自身の感想と、全体の総意を示す部分は別にして、それに関して説得力のある引用元をリンクして、
「なるほど!吹奏楽界全体が驚くのも無理はない!」
としっかり読書に納得させることができれば、より信頼される記事になると思います。

しっかり情報を調べてある記事だったのでそこだけがもったいないと思い、コメントさせていただきました。
コメント返信 (YU@K)
2015-09-28 09:45:19
>通りすがり様
私は該当箇所に引用元の明記やそれに類するのもが必要とは考えません。「これまで県大会金賞も遠かった団体が新しい指導者の就任からわずか5ヶ月で全国大会に出場した」例が過去に100も200もあるのなら、表現を改めます。
やはり先生次第 (くま)
2015-10-24 19:29:51
どの有名、全国常連校も先生次第ということですね。吹奏楽だけでなく高校野球とかも。
生徒の、また個人の上手い下手ではなく、先生の指導がコンクール向きかどうかということですね。
よって上手い先生がいて、私立で先生の異動がないところはコンクール常連校になるし、公立でも学校同士で上手い先生をローテーションしている都道府県や市町村は常連校を作りやすいですね。
実際全国常連校の個人の音を聞いてもきたないし下手。。少しはアンサンブルコンテストみたらわかるね。コンサートホールでいかにうまく聞かせるかを知ってる先生が、どうまとめるかだけのこと。全国常連校の生徒は勘違いしてんじゃねーよ。
コメント返信 (YU@K)
2015-10-26 14:42:41
>くま様
とはいえ、そうでない高校に比べてはるかにアベレージは高いと思いますよ。上手い子はやっぱり多いと思います。団体戦として、戦う以上別の指導が要る、というのは同意です。
Unknown (Unknown)
2015-10-30 18:46:49
今TV見てたら基礎力がないのをどうカバーするかと聞かれた藤重先生が「どうごまかすか。武器はもうわかっている。」と発言してらっしゃいました。
コメント返信 (YU@K)
2015-11-02 12:15:08
>Unknown様
「誤魔化す」というとニュアンスは良くないかもしれませんが、やはり団体戦である以上、勝ち方のひとつ、でしょうね。
全国 (kensyo)
2015-11-06 00:07:33
活水、全国は残念な結果でしたね。
しかし、これまで定演すらしていなかったバンドが、全国のステージに立ったのですから快挙(ミラクル)ですよね。
しかも、指導者が指導者だけに
バンドとして来年以降は末恐ろしいくらいのびしろがあるように感じられます。

過去コメント欄に一点差に泣いた学校が優れていました・・・との書き込みがありましたが、実際会場に足を運んだ方の話を聞くと意見はいろいろなんですがね・・・。
そんなものだと思います、音楽、芸術の世界って。
ただ一つ言えるのは、玉女のように一位抜けしていれば、文句なしで支部代表ですから、
活水がどうこう言うこともなかったのでしょうが。

わざわざ、今回の支部の結果には裏があるというような物言いをするのはナンセンスだし、どちらのバンドに対しても失礼だと思いました。
全国 (kensyo)
2015-11-06 02:09:05
「初めまして」
のご挨拶が抜けておりました。
失礼致しました。
コメント返信 (YU@K)
2015-11-10 08:05:51
>kensyo
コメントありがとうございます。
諸々同感です。そして、本当に恐ろしいのは来年ですね…!
Unknown (Unknown)
2015-12-05 13:01:25
長期在籍していた学校が金賞からダメ金へ一気に転落するというのは普通考えられない事ですね。
この先生の『音楽の指導力』が高く、その手腕は疑いようのない物なのは事実でしょう。
しかし、この結果は本当の意味で人間を育てきれず、伝統を作れなかった結果ではないかと思います。
Unknown (Unknown)
2015-12-05 15:58:58
>吹奏楽部大好き

審査員でもない者が偉そうですね。
審査員以外がそのような事を書くのは適切ではないと言われたらどう反論しますか?

仰る事は一種の言論弾圧ですよ。
コメント返信 (YU@K)
2015-12-10 15:33:33
>この結果は本当の意味で人間を育てきれず、伝統を作れなかった結果
「確かに…」と唸ってしまいました。実力ある指導者だからこそというところではありますね…。
Unknown (はる)
2016-03-22 01:19:23
今年の精華の定期演奏会素晴らしかったですよ! 感動して涙でてきました。
そして今週末の西南学院チャペルでの活水の演奏会も楽しみですw(地元なので精華の子達も来るのかな?)
皆さん2015の出来ごとはいろいろと思う所あると思いますが私は精華も活水も双方縁がある学校なので両校応援したいです!
Unknown (Unknown)
2016-03-27 10:21:16
活水の大学バンド、元精華メンバーの顔ぶれが沢山いますね
活水は中・高・大ですからね。
今まで音楽やりたくて遠方から精華に来てた才能ある子らが
今後活水を目指さないかな・・・
コメント返信 (YU@K)
2016-03-28 14:52:34
>皆さん2015の出来ごとはいろいろと思う所あると思いますが私は精華も活水も双方縁がある学校なので両校応援したいです!
私も双方ともに応援したい派です。増々九州の吹奏楽が盛り上がることを願ってます。

>今まで音楽やりたくて遠方から精華に来てた才能ある子
この子たちが活水にくる流れが今後確立されたとしたら、またもやとんでもないバケモノバンドになりますね…。
Unknown (Unknown)
2016-05-22 01:20:43
地区大会に関して言えば、勝つ術を熟知している指導者に部員が必死についていった結果だと思います。
真にすごいなと思ったのはマーチングでも地区大会に出て金賞(だめ金)を取ったことです。
活水は中高生混合で、中学生が活水高に進学して
また吹部に入ったら最長計六年藤重先生の指導を受けられることになります。これはすごいですね。

活水は去年の快進撃は今年真価を問われるだろうし
精華は藤重チルドレンが皆卒業してからが勝負だと思います。どちらにせよ九州のレベルは益々高くなるのでしょうね

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。