YU@Kの不定期村

不定期に気ままに、映画&特撮レビューブログ。

君は観たか!「デイン・デハーン」の壊れそうな魅力を!

2014-05-02 19:17:47 | 映画
「アメイジングスパイダーマン2」のハリー・オズボーン役で大注目の俳優、デイン・デハーン





う〜ん、かっこいい!

こんな顔に生まれたかった!!!


<プロフィール>

生年月日:1987年2月6日(27歳)
出生地:ペンシルベニア州アレンタウン
国籍:アメリカ合衆国
職業:俳優
配偶者:アナ・ウッド(2012-)

・出演作品(映画)
Amigo (2010)
The Layla Project (2010)
クロニクル Chronicle (2012)
欲望のバージニア Lawless (2012)
Jack and Diane (2012)
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 The Place Beyond the Pines (2012)
リンカーン Lincoln (2012)
アメイジング・スパイダーマン2 The Amazing Spider-Man 2 (2014)



なぜこのデハーンくんについて記事を書こうかと思ったのか。
それは単純です。

彼が魅力的だからです。

(念のため、私は男色家ではありません)

彼の演技を観たことがある人なら賛同してくれると思います。
デハーンくんの、ギラギラとした、そして繊細なあの存在感を!

間違いなく、これから売れていく俳優だと思われます。





いろんな所で言われていますが、若き日のディカプリオに似てるんですよね。
それでいて、目のクマの濃さとか、線が細く幸の薄そうな顔つきが、とてもそそるんですよ。


昨年、「クロニクル」という映画が日本でもひそかな人気を博しました。





主演はデハーンくん。
この映画、「超能力を偶然身につけてしまった青年の暴走と狂気」を描いた映画なのですが、これがまた本当に面白い。
POV方式だとか並べ立てるよりも、まずは観て欲しい1作。わずか90分くらいの作品です。
だんだんと堕ちていくデハーンくんの演技が最高にハマっているんですね。





その映画を観て「この人すごいな!」と思っていたところ、「アメイジングスパイダーマン2」ハリー役に決まったと知りました。

こんなに似合う役はないですよ!

彼は、「堕ちていく」キャラクターがとっても似合う。
その高貴な佇まいは20歳で社長になったハリーのキャラクターに説得力を持たせているし、笑顔ににじむ狂気は一級品です。
むしろグリーンゴブリンにならない方がカッコいいのでは。


前に書いたアメスパ2の感想記事でも、私は彼のことをこう書いています。


まず何より、今作からピーターの旧友という設定で物語に絡んでくるハリー・オズボーン役、デイン・デハーンの魅力を語らずにはいられない。
「タイタニック」の頃のディカプリオに似た、それでいて切なげで、儚げで、高貴で、狂気を秘めたその笑顔は驚異的である。
「クロニクル」で注目を集めた彼だが、この「アメイジングスパイダーマン2」を契機に本格的にスターへの道のりを歩む事になるだろう。
デハーンの、流したブロンドの前髪のセクシーさ、目の表情とクマの付き方、綺麗に上がる口角。
「ちょっと突いたら割れてしまいそうな息を飲むほど美しいガラス細工」、まさにそんな例えが似合う青年である。
そのデハーンが演じるのがハリー・オズボーンだというから堪らない。
20歳にしてオズボーン社の代表にして就任した彼の「悩み」と「執着」。
スパイダーマンとの関わりから加速していく彼の狂気とその演技に、終始ゾクゾクさせられるのだ。



とにかく観れば虜になる!




そして、アメスパ2で彼の吹き替えを演じるのは、あの、石田彰
エヴァのカオルくんが一番有名でしょうか。

デハーンくんの繊細な演技に、石田彰のあの声が乗っかるんですよ!


なにこの鬼に金棒!!


「俺に背を向けないでくれ…っ!」

「君に来てほしい…」

「君が必要なんだっ!」





こんなのをデハーンくんの切ない表情で言われるとね、もうね、たまらんかったです!!

(念のため、私は男色家ではありません)





とにかく!
今一番注目の俳優デイン・デハーンが熱演、かつ石田彰というこの上ない声優さんが声をあてている「アメイジングスパイダーマン2」。

スクリーンで見られるのは、今!今だけです!
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。