YU@Kの不定期村

不定期に気ままに、映画&特撮レビューブログ。

どうして「体育の授業」のおかげでスポーツが嫌いになってしまうのだろう

2015-10-19 12:22:24 | 提言



こんにちは、YU@K(@slinky_dog_s11)です。

私は昔から運動が苦手だった。全く偉ぶる話でもないのだが、事実として、今でも本当に運動が苦手だ。職場の行事等でスポーツ大会があるといつも気が重いし、往々にしてチームの足を引っ張るポジションに陥る。走力も反射神経もお察しレベル。幼稚園児の頃に母が見かねて水泳教室に通わせてくれなかったら、おそらく今でもカナヅチだっただろう…。書いていて惨めになってくる。

そんな私のツイッターのTLに、昨日以下のようなツイートが流れてきた。




これを機に、昨日は割とずっと「体育の授業」について考えたり調べたりしていた。率直に言うと、私は体育の授業によってスポーツそのものに大きな苦手意識を持ってしまったし、ハッキリ言って「嫌い」に近い感覚を抱くようになった。どうしてそうなってしまったのだろう。改めてググってみると同じような感覚を持っている人はかなり見つかったし、割と前々から各所で議論されてきたことのようだ。最終的には文部科学省のホームページを夜中にずっと読んでいた。


※※※


順を追って紐解いていくと、まずはとっても歪んだスクールカーストの話からになってしまう。

体育の授業で一番嫌だったのは、紅白試合だ。例えば、サッカーやバスケやバレーにソフトボールといったもの。私はこれらの授業で、本当に惨めだった記憶しかない。運動部所属のイケイケのウェイ系なクラスメイトがここぞとばかりに張り切り、主にボールを独占する。そりゃ、上手い人と下手な人が一緒にやったら上手い人にボールが集まるのは当たり前なのだが、下手な人である私のような人間は、ボールにも触れず触ったところで足手まといになり、意味もなくフィールドを右往左往する最高に恥ずかしいひと時を過ごすハメになる。

想像して欲しい。例えば音楽番組でEXILEが歌って踊っている同じステージの隅で訳も分からず放り込まれた人間が滑稽にダンスの真似ごとをしているのだ。それを、クラスメイトという観客にずっと観戦されている。恥ずかしいったらありゃしない。





そんな中、ATSUSHIやTAKAHIROのごとくウェイ系のウェイマンたちは活躍し歓声を集める。彼らは紅白試合に本気なので、例えばサッカーだと「マイボマイボ!」と声を上げながらガチ試合を展開する。そこに私のような運痴野郎が参入する隙は無いし、仮に突入したところで足を引っ張り白い目で見られる展開しか待っていない。彼らウェイマンたちは、ただ本気で試合をやってスポーツを楽しんでいるだけなのだが、ここで「得意な人」と「苦手な人」の間に大きな溝が出来る。たまに「一緒にやろう」と手を差し伸べるタイプのイケメンウェイマンがいるのだけど、彼のような存在は希少種。多くのウェイマンたちは感覚で「(私のような)ボールを回さない方がいい相手」を判断し、意識の外に追いやる。それは、自分たちが楽しむために、試合で勝つために、当然の判断とも言える。

そうして、「苦手な人」は体育の時間で往々にして公開処刑される。クラスメイトが体育座りで見守る中、ひとりずつ跳び箱や何かのプレーをさせられたりと、思い出すだけで胃が痛くなってくる。マラソン大会で遅くにゴールに辿り着いた人が24時間マラソンのように応援されるのも、控え目に言って生き地獄だ。

共通して言えるのは、前述のサッカー紅白試合におけるウェイマンたちも、マラソン大会終盤で応援する集団も、何も悪気が無い、ということだ。彼らはただ本気で楽しんでいるだけだし、むしろ応援に至っては良かれと思ってやっている。「運動が苦手な人」がそこでどんな屈折した感情を抱くかなんて、おそらく考えたこともないんじゃなかろうか。「得意な人」には、「運動・スポーツは楽しいもの」という揺るがない感覚があるだろうから。


※※※


例えば私は根っからの文化系で20年あまり音楽をやってきた。吹奏楽やクラシックと今も関わる生活を送っている。だから、(あえてこう書くが)、平均よりはリズム感がある方だと自負している。そんな私が何らかの集まりで初対面の人やらとカラオケに行った時に、たまに絶望的にリズム感のない人と出会うことがある。誰でも知っているポピュラーな曲のサビでも、わざとやってるんじゃないかというくらいにズレる。「どうしてこの裏拍が入れないの?」「なんでそんな肝心なフレーズをすっぽかすの?」と、割と真剣に疑問を抱いてしまう。

おそらく、運動が得意な人もこういう感覚なんじゃないだろうか。人には向き不向き・得意不得意があるのは当たり前なのだが、自分がその界隈に浸かっていると、それが不得意な人の存在がいつのまにか理解し難くなっていく。それは嘲笑でも軽蔑でも何でもなく、ただただ純粋に、「“できない”ことが理解できない」のだ。だから、体育の授業において私のような「運動が苦手な人」は、得意な人からすると「理解できない相手」であり、「なぜ楽しいはずのスポーツを楽しめないのか?」という無意識な疑問を出発点に、意識から外れていくのだろう。「そもそもできないから苦手意識がある」という感覚が共通項になることは滅多にない。(誤解が嫌なので再度書くが、「理解できない」ことが「悪い」という話ではなく、それはある種当たり前のことであると思う)

私は特撮が好きなのだが、今の嫁さんと付き合っていた頃に話の流れで「ショッカー」の話題になった。嫁さんは「え?“ショッカー”って何?」と真っ直ぐな疑問をぶつけてきたのだが、私にとっては「初代仮面ライダーの敵組織の名称」として半ば常識レベルの知識だと思っていたので、心底驚いた。「ドラえもんの好物はどら焼き」くらいのレベルで皆が知っていると思っていた。その後も「ち、違うんだ!あの全身黒タイツの奴らの名前が“ショッカー”という訳じゃないんだ。合ってるけど違うんだよ!」と面倒臭い説明を重ねてしまった記憶がある。





上のカラオケやショッカーの例で、「結局自分の音楽得意自慢かよ」とか「オタクの知識マウントうぜぇな」と思った人もいると思う。心の中で、大なり小なりモヤッとしたものを抱いた人も多いのではないだろうか。それこそがまさに、「運動が苦手な人」が「得意な人」に感じてきた感覚だ。互いに悪気は全く無いのに、その断絶が結果として出来上がってしまう。無意識に、相手に非常に屈折した形で劣等感と嫉妬心を抱かせてしまう。抱いた方も抱いた方で、その感情への自己嫌悪とも付き合っていく。こうして「運動が苦手な人」は、小中高の12年間ずっと、体育の時間でそんなドス黒い感覚を味わい続けていく。


※※※


ここまで読んで、「そんな難しいこと考えずに素直に楽しめよ」、と思う人もいると思う。しかし、私のような人間から言わせれば、まさにその視線こそがダメージになってしまう。素直に楽しみたいのは当たり前なのだ。大人になって今でもスポーツに苦手意識があるけども、体を動かすこと自体は嫌いじゃない。自分のペースでウォーキングしたり、夫婦でスポーツ施設に行ったりするのも楽しい。でも、例えばサッカーに代表されるような団体競技に、言い知れぬ嫌悪感を持ってしまうのだ。それは、小さい頃から前述の感覚を味わってきたからだし、それがオタク層とウェイマンたちのスクールカーストにまで自虐的に波及してしまい、本来悪くもないウェイマンたちに心の中で毒づくような、そんな人格を形作ってしまう。

おかげで、申し訳ないがワールドカップの時に渋谷で騒ぐサッカーのサポーターに対する嫌悪感には凄まじいものがある。あそこには、学生時代に感じた「ウェイマンたちの悪意のない悪意による集団圧力」のようなものが渦巻いて見える。「なんで楽しめないの?」「なんでこの祭りに乗れないの?」と、一緒に騒ぐのが当たり前かのような視線を向けられている錯覚を覚える。





もちろん言うまでもなく、あの手の乱痴気集団に一番迷惑しているのは節度を持ったサッカーファンだろう。あんなのは往々にしてごく一部の話なのに、一緒にされたくはないはずだ。しかしネットでは、まるで彼らに親でも殺されたかのように「民度が低い」「日本の辱」と袋叩きの光景が繰り広げられる(実際に他者に迷惑をかけている面も強いが)。これも根底にあるのは、オタク層が過去の体育の時間に受けたトラウマ感情の再発(裏返し)なんじゃないかな、と思えてならない。

「苦手」「できない」が理解されず、更には「楽しんで当たり前」という視線を向けられてしまう。できなければ「やる気がないからだ」と言われ、やったらやったでお荷物扱いされる。こうやって、「運動が苦手な人」はスクールカーストを嫌でも意識してしまい、行き場のない憎しみと自己嫌悪から「スポーツ嫌い」になってしまうのではないだろうか。


※※※


度々書いているが、そのウェイマンたちや、スポーツが得意な人・楽しんでいる人が悪いという話をしているのではない。ATSUSHIやTAKAHIROも、ただ一生懸命にパフォーマンスに興じているだけで、ステージの隅の私を辱めようなんて思ってもいないだろう。しかし、事前にHIRO社長にダンスを教えてもらったり、ATSUSHIとカラオケで練習をしていたならまだしも、突然ステージにぶち込まれるのだ。

体育の紅白試合もそれと同じようなもので、サッカーのルールやポジションなんてほとんど知らないのに、いきなり競技をさせられる。ウェイマンたちは経験則から戦略や攻め手を感じ取り連携を取るが、それが全く分からない私には動くことさえできない。当たり前のように「ボールがどこに来るか」が分からないので、それは裏を返すと「ボールがどこに来ないか」も分からない、ということだ。つまり、突っ立っているだけで邪魔になる。座学でいくと、九九もアルファベットも分からないのに数学や英語のテストを受けるような感覚である。冷や汗が止まらない。





柔道など事故(怪我)が起きやすいものはしっかりと基本の受け身から教えてくれるが、球技を中心に「知っていて当然」かのように始まる競技において基本を教わった記憶は私にはあまりない。体育の先生も「スポーツは楽しくて当たり前」な環境で育った人が多いだろうから、むしろ練習や基礎より模擬試合の方が生徒も楽しめると思っているのだろう。こちとら模擬試合の方が苦痛なのに、ここでも「“わからない”ことがわからない」という断絶が作用してしまう。基本も教わらず、ただ惨めな公開処刑を体験する。それが、私にとっての「体育の授業」だった。

国語や算数といったいわゆる「五教科」「受験科目」には、基礎から教え、苦手な生徒をどうその教科に向き合わせるかといった方法論が深く議論されているイメージがある。私の実体験においても、例えば理解度によってクラスを分けて、苦手な人にどう教えるかに腐心していた先生は多い記憶がある。しかし「体育」となると、途端にその性格が薄くなってはいかないだろうか。「スポーツは楽しくて当たり前」、そんな悪気のない前提で囲ってしまい、「苦手な人」をどうそれに向き合わせるかという感覚に欠けてはいないだろうか。もちろん、苦手な人に手を差し伸べる体育教師やイケメンウェイマンも世の中には沢山いるのだろうが、少なくとも私は不運にもあまりそのような人には出会えなかった。(すでにダメージが大きく気付けないパターンもあったかもしれない…)


※※※


最初に書いた文部科学省のホームページに、『体育の目的の具体的な内容-すべての子どもたちが身に付けるべきもの-』という項がある。この中にも「『身体能力』に過度の重点を置くことは、逆に子どもたちの体育嫌いやスポーツ嫌いを助長することにつながりかねない」と書かれており、私のような人間を生み出してしまう危険性については言及されている。

しかし、そもそもそれよりも上の段である序文にある「体育は他の教科・科目ではできない身体運動を通しての『経験』ができる教科・科目である。例えば、『身体を動かす楽しさ』に関する経験、『競争、達成』に関する経験、集団活動の経験などをすることができる」という方向性が、多くの「運動が苦手な人」に効果的に行われているのか、大きな疑問を抱いてしまう。「体育の授業」で「身体を動かす楽しさ」を感じた記憶は滅多にないし、「競争、達成」なんて始めから負けレースでしかなかったし、「集団活動」についてはスクールカーストを意識させられるばかりだった。そこに「自分なりに頑張ってみよう」が受け入れられた経験は、ハッキリ言って無い。

私のような存在を含め、「体育の授業」が日本のスポーツ総人口をガリガリ削っているのではないか、という思いが拭えない。体を動かすこと自体は好きなのに、スポーツ、それも団体競技には果てしない苦手意識と嫌悪感がある。そして、そんな自分も嫌になってしまう。私だって、本当はEXILEのようにかっこよく踊ってみたいのである。


(当ブログ人気記事)
なぜ彼氏や夫はパートナーがいながら「エロ本」「AV」を隠し持つのか? その理屈と男女の認識差を解説する
Twitterネタバレ問題&マナー論争最終決着論。唯一の解決案「自衛」と伏字回避の有効性について


■この記事は発売中の電子書籍『THE BEST』(0円)に収録。ダウンロードの方法や書籍の詳細はこちら



※映画・特撮の感想など、全記事一覧はこちら
【Twitter : @slinky_dog_s11 】【はてなブックマーク : slinky_dog_s11 】【LINE : @fgt3013f


【過去記事】
【総括】「NARUTO」全73冊+映画2本+傑作「BORUTO」を完走したので1万字かけて感想を語り尽くすってばよ!
5時間かけてラルクの好きな曲ベスト135を決めました
オタク旦那とノンオタク嫁の家計事情 ~KEIZAI大戦ジェネシス(サンプル)
【総括】仮面ライダードライブが体現した平成ライダーの限界とはなにか
ジャンル:
学習
コメント (148)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

148 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
激しく頷きながら読みました (はちべえ(柴犬))
2015-10-19 18:25:22
自分も運動ダメ人間です(^o^;)

そして『男に生まれなくてよかった』とも思ってます。(わりと本気で)

女だと、ありがたいことに『体育ができない』はそれほど大きなマイナスポイントにならないんですよね…

男だと、そうはいかないことが多いから…とくにモテたい盛りの男子中高生の時期は辛いでしょうね…

余談ですが、運動ができないことを逆手にとって、みんなに愛されてる男子…具体的には仮面ライダーバロン役の小林豊さん… すごく尊敬します…

自分の弱点すらモテ要素に変えてしまう…!こんな戦いかたができる発想力とハートの強さ…!ある意味、真の強者といえるのかもしれない…!!!
Unknown (Unknown)
2015-10-19 21:27:53
運動音痴をルックスで補ってお釣りがくる人はあまり参考に…

僕はスポーツ観戦全般(特に野球)が好きなので、球技はルールもざっくり知っていて、
ポジションの役割も大体分かって特に嫌いじゃなかった(やるのは億劫)ですが
陸上系や器械体操系は本当に嫌で嫌で仕方がなかったですね…
タックルやらボールカットに行く体も取れずごまかしが効きませんし…

あ、あと渋谷の馬鹿騒ぎは海外厨(海外リーグが好きすぎて日本サッカーを腐し倒すバカ)とかその辺も叩いているんで
運動音痴のヲタクが云々で言うにはちとピントがズレる気がしますよ
大変興味深く読ませていただきました (ドラドラー)
2015-10-19 21:39:15
僕も運動が大の苦手で、今回の記事には大いに共感しています。

でも個人的には、『周りの空気を壊すようなことになったとしても、スポーツのできる人間に対して「俺は運動が苦手だ」とはっきり言うべきだ』と思っています。

実際スポーツ大会の時に、僕も思い切って言ったら、運動が得意なクラスメートが色々と気遣ってくれましたし、ミスをしても咎めるようなことはせず、「ドンマイ!」と言ってくれました。

さすがに先輩後輩問わず、同じ境遇の人間が多い「体育祭」では通用しませんが……

ほんとにそう! (misaki)
2015-10-20 11:14:02
わたしも、体を動かすのは好きだったのですが体育は苦手。
体育の授業は苦手ながらもせめて楽しんで!と頑張っていましたが、体育の先生にできないくせにヘラヘラしてるな!って恫喝されていつも凹んでました(;_;)

親になり、子供には体を動かす楽しさを知ってもらいたくて、いくつかスポーツ系の習い事をさせてみました。
でも、幼稚園くらいまでは「楽しく体を動かす」タイプのスクールがあるのですが、小学校からは突然「上を目指す」みたいな方針になってしまい、そういうことに真剣じゃないと行きにくくなってしまうんですよね。
同感 (somabito)
2015-10-20 12:55:25
全く同感です。同じ経験をしました。一つだけ違うのは、私が子供の頃は同級生から「お前のせいで負けた」とののしられたことで、励ましのことばなどかけられたことはありませんでした。教師は「できんじゃないだ。やらんだ。」と言われました。

こういう少年時代を過ごしたのは「サッカーの街」です。

音楽でも同じ事がありますよね。他の教科でも。
でも体育ほどではありません。

健康のために運動アレルギーをなんとかしたいと思うのですが、幼い頃についてしまったものはなかなか。
Unknown (Unknown)
2015-10-20 14:46:16
渋谷の馬鹿騒ぎしたいだけのカスどもを、「サポーター」と呼ばれることにどうしても不快感を禁じ得ない……
多分西宮の阪神ファンも道頓堀に飛び込みたいだけのバカに辟易してるんだろうなあ……
Unknown (Unknown)
2015-10-20 15:17:22
私も同様に、体を動かすのは好きだけれどスポーツ競技は苦手な人間です。

スクールカーストにおける、「スポーツが出来るやつ」の評価の高さは異常とも思えます。
スポーツが得意な人からすると、的確な動きができない人間は、運動神経が悪いというより総合的に愚鈍に見えるんですね。グズノロマで空気が読めず、頭も悪いように思われる。運動神経のみならず、人格や頭脳までも漠然と否定されてしまいます。たとえ成績が良くても「学校の勉強しか出来ないガリ勉タイプの人間馬鹿」みたいに、逆に軽蔑される対象になったり。当人は、せめて勉強だけでも頑張らなきゃ…と必死に勉強してるだけなのに。
運動が得意なタイプとそうでないタイプは、交友関係を築きにくいのが現状だと思います。勉強が出来なくても運動ができれば人気者、勉強はできても運動ができなければ馬鹿にされるという構図が完成しているのですから。

勿論、そういったスクールカーストが通用するのは学生時代だけで、従順で元気の良い体育会系を贔屓にする上司も多いものの、社会に出れば誰にも平等にチャンスが巡ってきます。
しかし、それまでの長いスクールカーストによって、引っ込み思案で集団になじめず卑屈な人格が形成されてしまっていたら、平等なチャンスを活かせなくなってしまう。

悩ましい問題だと思います。
Unknown (Unknown)
2015-10-20 16:30:38
>サッカーのルールやポジションなんてほとんど知らないのに、いきなり競技をさせられる
これは本当に大きいと思います。
私は小学校時代、休み時間の遊びのほとんどが体を動かすものだったこともあって、運動部ほどではありませんが当時は運動神経は平均以上に優れていたといたと思っています。

しかし、体育の時間に行った野球では全く活躍できませんでした。
まず何故利き腕と逆にグローブをつけるのかがわからりません。それがわかっても、ボールは捕れません。ボールに追いつけても、利き腕でない手なんて普段使わないし、そもそも捕り方を知らないのです。ボールは投げれば明後日の方向に飛び、エラーを連発しました。
もちろん、私がエラーするたびに何やってんだと周囲から責められます。
ゴロを打つとみんな一塁から飛び出しますね。足は速かったので私は出塁し、同じように一塁から飛び出しました。そして二塁に進み、その時も飛び出しました。当たり前のようにタッチアウトになりました。飛び出していいのが一塁だけだなんて、そんなこと私は知りませんでした。
もちろん「何やってんだよ」と周囲からはため息が漏れます。出塁すらできない人からも責められます。私は塁に出るのも嫌になりました。と言うよりも、野球自体が嫌になりました。また何か間違ったことをして、責められるのが嫌だったのです。ただただ終わってくれと願っていました。

球技は知ってるか知らないかで絶望的なほどに差が出ます。知らなければ、0です。クラスで一番足が速かろうが、野球の知識がない子は絶対に野球で活躍なんてできません。そして、教えられません。経験のある同級生も、知ってて当然みたいな態度を取りますし、そもそも彼らは教え方もわかりません。知らなくてもある程度の他分野の知識・経験があれば多少補うこともできるでしょうが、子供にはそんなものありません。
知ってて当然みたいな顔をして私を責めた同級生が悪いとは思いません。ですが、その「知ってて当然」なことを教師から教えられることなく球技をさせられること、これだけは絶対におかしいと思います。
知ってて当然なことを教えるのが学校なのであって、それを教えないのならなんのために学校があって、なんのために教師がいるんでしょう。
Unknown (Unknown)
2015-10-20 16:46:38
女性ですが1コメさんの環境と違い、体育が苦手でずいぶんといじめられました。
運動会のリレーチーム分けで私と同じチームになったのがわかると教室から「あーあ・・・」とため息をつかれていたり
ドッジボールではうまく動けない私をウェイマン達が獲物と言わんばかりにわざと狙って思いっきりぶつけてきていたり
大人数で混ざり合うバスケやサッカーの授業ではさっと足を引っ掛けられたりぶつかられたり
どれもスポーツのワンシーンとしては違和感ないものなので問題視する声もあがりませんでした。
体育は学校が許可した「いじめの時間」だと思ってます。
同じく (丹善人)
2015-10-20 17:00:42
運動まったく苦手な者です。すごく同感です。
ただ僕の場合にはラジオ体操が得意だったのでその部分だけ落ち込まずにすみました。
すべての人間がすべての教科である一定レベル以上にあることを強要される体制に疑問を感じ続けています。運動「だけ」が得意な人に花形になれる場が与えられるのは良いと思います。それはそれでいいけれど、苦手な人にまで強要してほしくない。
僕はカナヅチで、学校時代最初の水泳の授業で見捨てられて以来、水泳の授業はすべて見学しました。社会人になって初めて「水に浮く」ことができるようになって、今ではプールの端までは泳げるようにはなりましたが、学校では何も教えてはもらえなかった。体育の授業なんていらないなと思ったり。

コメントを投稿

提言」カテゴリの最新記事

トラックバック

日本の学校における体育教育の目的は何なのか?体力の向上が目的なら、ひたすら個人のペースでゆっくりトレーニングしていたほうが良い... (自由とテクノロジーを愛す者のサイト)
学校で行われる「体育」の授業。みなさまは体育が嫌いですか?私は体育が大嫌いです。精神論とスクールカースト渦巻く体育の授業は地獄絵図です。現在の日本の学校における体育は、スクールカーストを形成し、いじめの温床になっているともいえます。現在の体育の授業は今...