FREEDOM~赤西仁君&福山雅治さん大好きblog

赤西仁君、福山雅治さん、KAT-TUNの事が大好きなひかりの日記です。嵌りすぎて時々壊れる事も。

10年

2016-10-14 23:14:30 | 赤西仁

先日、Twitterで留学の記者会見から10年と。

TLもその話題でいっぱいになりました。

私も、ちょっと呟きましたけど。

久しぶりに「あの日」を想ったような気が。

2006年の10月。

仁ファンとしては初めての衝撃。

今思い返しても、ちょっと胸の奥が

ギューとなる感覚がある。

休業というのはましゃで経験済ではあっても。

この日からの半年はかなりキツい日々。

画面で歌うKAT-TUNを見てもそこにいない寂しさ。

勿論当時もKAT-TUNが好きだったけど。

今のように仁がいないことを受け止め切れていない

日々を過ごしていたように思う。

5人でTourをやること。

そこに行けないっておもって申し込み出来なかったんだけど。

仁が帰ってくることになって

Tourの申し込みをしなかったことを激しく後悔して

でもどうしても逢いたくて・・・

チケットを探したんだっけ。

留学の記者会見をした日、

帰国した日、帰国の記者会見をした日。

仁がKAT-TUNに戻ってからも

この日は常に頭にあった。

忘れちゃいけないと思った。

だからその年も次の年も・・・数年は覚えていた。

それから2010年の夏もあり。

2012年冬からの休業もあり。

そして復帰、退社。

そして始動

こうして並べただけでも

色々あって。

留学の記者会見の日に想いを寄せることも

少なくなってった。

多分、今が仁ファンとして幸せなんじゃないかなと。

そう思ってる。

久しぶりの10年前に気持ちが戻って

胸の奥がギューってなって

今の幸せを実感してる。

あの頃に比べたら、メディアへの露出も減って

雑誌に取り上げられることもないに等しい。

それでも留学の頃には

廻りにいなかった友人。

その友達と、この10年の間に沢山出会えたこと。

その友達と今、仁を応援して行けていること。

その全てが「今の幸せ」を実感させてくれていると

思ってる。

10年の間に仁への気持ちがいつも100%行っていた

わけじゃなくて。

勿論ましゃへの想いもあったけど。

それは置いといて(笑)

揺れたときもあった。

イライラして、仁ファンでも仁に対して

「そこはどうなの?」と思ったこともあったり。

でもそこを気持ちを固めてくれたのも

友達の言葉だったり。

もしかしたら、その頃より溺愛で盲目になっているのかも

しれないし。諦めが悪くなって、歯止めが効かなくなってきてる

感じもあり。

それでも仁への想いが変わることもなかった。

それはいつも、仁の音楽がそばにあったからだと思う。

KAT-TUNのメンバーとしての仁も

ソロになってからも。

その時々で発信される仁の音楽が・・・

魅せてくれるステージが・・・

想いを強くしてくれたなあと。

それと同時に

KAT-TUNへの想いも当時よりずっと強くなってる。

なんだか纏まりがなくなってしまったけど

ここ数日で思ったことを

なんとなく留めておきたくて。

まあ、私は仁ファンなので

かなり仁に寄った考えかと思うけど・・・

KAT-TUNに関しての想いは

また別の機会に語れたらと。

しかしまあ、blog開設して

7年になるのかな?

「JinJin」言ってるのは

変わんないなあ(笑)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AF ロス、仁ロス | トップ | ライブビューイング »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。