Trapped in me.

韓国漫画「Cheese in the trap」の解釈ブログです。
*ネタバレ含みます&二次使用と転載禁止*

日本語版ツッコミ⑧:4部(279話〜)

2017-07-07 01:00:00 | 日本語版ツッコミ⑧:4部(279話〜)
皆様こんにちは

日本語版ツッコミ記事⑧でございます

①〜⑦はこちら↓

日本語版ツッコミ①:1部(1話〜30話)

日本語版ツッコミ②:1部(31話〜46話)

日本語版ツッコミ③:2部(47話〜113話)

日本語版ツッコミ④:3部(115話〜170話)

日本語版ツッコミ⑤:3部(171話〜225話)

日本語版ツッコミ⑥:4部(226話〜246話)

日本語版ツッコミ⑦:4部(247話〜278話)

日本語版が更新され次第、ゆるいタイミングで追加していきますので、

気が向いた時に更新ボタンをポチッとしてみて下さいね

ではまいりましょう〜

            


さて、蓮のネズミチューチュー請問題が解決し、物語は一気にラストに向けて展開していきます!

279話。

テストに向かう味趣連の三人!

本家版↓



日本語版↓



なぜか無言ww

横の吹き出しだと不自然だから‥でしょうかね


続いて気になったこちらの台詞コマ↓



日本語版だと柳、佐藤、柳、の順番で話してますが、

うちのブログでは佐藤、柳、佐藤、の順番で訳しました↓



だって健太がバイト地獄の理由を柳は知っているから!

佐藤先輩は何も知らないですからね。だから柳にそう尋ねたんじゃないですかねー!


そしてここの箇所↓



吹き出しが縦ゆえに、淳の狂った不在着信が三件しか見えないぞ

本家版はバッチリ七件見えます↓



この辺は見せて欲しかったですね後々繋がってくる所ですから‥


そして気になったこのコマ↓



ちょっと健太と雪の吹き出しが分かりづらいですな

本家版では雪が汗かいてるけどそれも消えてるし‥



しかしマニアックすぎてすみません‥

続きます!

280話

静香の雪呼びが確定‥?!



本家はフツーに「アンタは=넌」と言ってますけどね‥



う〜んなんか違和感だわ‥


そして亮さんが一人ピアノを弾く感動の回想シーンに、二箇所誤字が‥



「本当は苦情」てww 正しくは「本当薄情」ですね‥。

そしてここも↓



店にできてくれませんか‥。

正しくは「出てきて」ですね‥翻訳者さんラスト近くで意識が遠のいたのかw

ここは少し細かいですが‥↓



「たとえ〜」を漢字にすると「例え」ではなく「仮令、もしくは縦令」だそうですよ。

勉強になった‥

281話。

静香のアパートに淳が訪ねて行った時の場面ですが、本家版は向い合せで会話しているコマが‥



日本語版だとコマ割りの関係で反対になっちゃったみたい‥



なんだか静香が後ろに居る淳に話し掛けてるみたいになってるwwワハハ

翻訳としてはここが気になりました↓



「我慢する」と現在形になってるんですが、本家版を見てみると‥↓



「我慢していた」と過去形になってるんですよね。。

結構意味違ってくるんじゃ‥?と思いましたが‥どうなんでしょう

あとここの台詞も、ちょっと説明不足かな〜?と‥↓



これだと黒淳の所業を密告していたのが亮だと気付いているような言い回し‥。

ブログではこう訳しました↓



台詞の吹き出し内の文字数もあるから難しいんでしょうけどね‥。

ちょっと混乱しますよね

最後は気になった擬音‥↓



クルッw 機敏ww

本家版だと「フイッ」って感じかな?



なかなかありますな〜

282話

裏目氏の一コマ目の台詞w



今度はなんだい!

なんだか笑けてしまったのは私だけ‥?

ブログでは冷たい感じに訳したからかしら‥↓



続いて気になる柳と雪の恋の(?)調べ!



キラキラ‥と書かれてますね。

本家は「シャラララ‥」です↓



これは以前、

雪ちゃんが先輩から告白された時に「先輩と付合うってどういうことだろう」と考えて妄想してた時に流れた、

トキメキの擬音ですね。



この時は日本語版も「シャララン」と訳してますね↓



気になる擬音シリーズでした。

最後はここの柳の台詞が‥↓



えっ!これ意味違くない?!

ブログではこうです↓



「実はさぁ‥」と、健太と淳の間にあった時計のカラクリをこれから柳が雪に話す前フリですよここは‥!

だからこのコマでこの話が終わってるのに、これで柳の台詞を締めたら終わり方おかしいじゃん‥

もー!!←(柳が絡むと若干神経質な私‥)

283話

健太制裁の回ですね!

まず気になったのは、怒鳴り声なのに日本語版の吹き出し&文字の小ささ‥↓



本家版↓



なんか迫力が出ないですよねー‥

健太ブチギレてるので、ここはもっと大きく文字を見せて欲しかったですね。

そして改ざんされる五万ウォン↓



本家版↓



人のシルエットまで消されてますね‥。

樋口一葉さんには見えなかったみたいです

あと気になったのはこちら!



ここ、本家版ではここの二コマも挟んであったんですよね。

  

オタクな私には問題ないですが(←)

この二つのコマはあった方が、どこの場面か思い出しやすいんじゃないかな〜と思ったり。

あ、今回は単純な濁点忘れもありました↓



私、チートラってあらゆる所に小さな伏線や対になる語句が散りばめられてるのが魅力だと思っていて(唐突に始まった)

ここの柳の台詞もそうだと思うんですよね。



柳から淳への「最大限」のお礼は、淳から健太への「最小限」の要求に。



しかし日本語版は「最低限」になっちゃってるわ〜



日本語としては正しいのかもなんですけど、ここは柳の台詞と対にして欲しかった!!

なぜなら、ここでの淳から健太への制裁って、淳個人の感情だけでは決して成さなかったことだと思うんですよね。

柳と佐藤のノートPCで犠牲になったものや(主に金)、雪の過去問盗難事件で犠牲になったもの(主に単位)

を、全て健太から奪う目的なんですよ。

淳個人としてはもう結構どうでもいい存在のはずの健太にここまでさせたってのは、

人道的にどうあれ淳が大切に思う人のために一肌脱いだ的な側面があり、孤独な淳をずっと見てきた我々にすれば

結構胸に来るものがありますよね(長っ)

さて、次行こう!(スッキリ)

284話。

冒頭の柳↓



ってなわけよ!じゃねーよ!笑

前回特に雪に時計代のカラクリを話す前フリしてなかったじゃん‥↓



こういう細かい所が気になってしまうわー!きーっ!

そして「太一軍隊ではなく留学問題」の余波‥



本家版ではこうです↓



設定変えるのに台詞もチョコチョコ変えなくちゃいけないのは大変ですね

最終回どうするんだろほんと‥

285話

今回はもう‥一箇所だけです。

内容は、とうとう亮が静香の元を去り、超シリアス展開!



亮もいなくなってしまった、淳も会長もとうに頼れない。

頼れるのはもうあの子一人‥!



ズコーッ!!!



コメ欄も最後の誤字にズコー祭り状態ですわ。

どうしたのほんと‥(涙)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

☆ご注意☆ 
コメント欄は、><←これを使った顔文字は文章が途中で切れ、
半角記号、ハングルなどは化けてしまうので、極力使われないようお願いします!

人気ブログランキングに参加しました
人気ブログランキングへ

引き続きキャラ人気投票も行っています〜!
ジャンル:
ウェブログ
Comments (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本語版ツッコミ⑦:4部(248... | TOP |   
最近の画像もっと見る

5 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふわふわ)
2017-07-07 23:47:00
久しぶりの投稿嬉しいです!
ちょっとごちゃごちゃになっているので質問させていただきたいのですが、高校のころ淳は亮が父親に色々報告していたと勘違いしていましたが(実際はお姉さんの方でした)その誤解は解けたのでしょうか。
ふわふわさん (Yukkanen)
2017-07-09 08:53:49
お久しぶりです!もう定期的な更新が無い中、ご訪問ありがとうございます

ご質問の高校時代の誤解ですが、結局「解けなかった」んじゃないですかね‥。
亮はその誤解の真相(静香が会長に密告していたこと)に気づきましたが、淳からの恨みの矛先が静香に向かうことを恐れて、結局自分で泥をかぶったまま‥ということだったと思います。
ただ淳が雪に「もう亮とは完全に決別しようと思っていたけど、最近はちょっと考えが変わってきた」と話してることもあり、実は真相に気付いているのでは‥?と取れる節もあり‥。結局真相は藪の中‥?
お久しぶりです! (コタツ)
2017-07-10 11:00:49
柳先輩が話しているところは結構重要な気が...
あなたがそれを聞いちゃ嫌みにしかなんないでしょう。
なんだか本家の翻訳、先輩っていう敬称を抜かす傾向にあるみたいですね(笑)
Unknown (りんご)
2017-07-10 21:23:58
お久しぶりです…!

ツッコミのレベルが高すぎて!

さすが師匠のマニアっぷり
恐ろしい子…!(白目)
 (Yukkanen)
2017-07-10 22:24:44
コタツさん
お久しぶりですー!真夏のコタツさん‥
柳と佐藤先輩の台詞、結構大事ですよね引っかかるのは先の展開を知ってるが故‥でしょうが
「先輩」の敬称問題、感じてましたよー!
最近健太も直美もさん付けに変わってきましたよね。
翻訳者さんはアンチ先輩派なのか‥謎が深まります‥

りんごさん
ほーっほっほっほっ!(月影先生)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Trackback

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。