つれづれのままに 辰

1日の出来事(家族について.読書.料理.お花、めずらしいこと)

華の会2016・6・24・金

2016年06月23日 16時10分20秒 | 日記

 華Aの会でCITTAに行って来ました。

イタリア料理チッタにいって来ました。

私は初めてでした。友達は何回目だとか言っていました。

コースを頂きました。

感想はこれは若者の食べ物やなと感じました。すこしあぶらこかったです。

ほとんどいただきましたがお肉を少し残しました。

でもおいしかったです。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

親決め

2016年06月18日 13時20分29秒 | 日記

親の決め方

場所決めが終わったら次は親決めです。場所決めで「東」の牌を掴んだ人が仮親となります。
「東」を掴んだ人が仮仮親となる場合もありますので、最初に決めておきましょう。


仮親の人はサイコロを振ります。

サイコロの出目の合計(図では7)によって親が決まりますが、サイコロを振った「東」の人から時計回りに「1(東)」「2(南)」「3(西)」「4(北)」「5(東)」と言ったように、反時計回りに数えサイコロの出目にあたる人が親となります。図の場合ですとサイコロの出目合計「7」なので「西家」が親となります。

親決め

これで麻雀がようやくスタートする訳です。

また、上の図にあるように麻雀には方角を示す「東・南・西・北」という考え方をよくします。この「東・南・西・北」を「風」と言いますが、風についての説明は「風について」をご覧ください。

最初は牌をみせながらおしえていただきました。本当に最初だったのでわからないまますすんでいきました。

どうにかみんなと出来たように思いますが、まだまださっぱりです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親決め

2016年06月18日 12時29分21秒 | 日記

004. 場所決め・親決めの仕方

正式な場所決め、親決めの方法を説明します。

場所決めでサイコロを2回、親決めでもサイコロを2回振ります。

場所決めは、1回目のサイコロで「東」の場所(起親マークを置く場所)が決まり、2回目のサイコロでどこに座るかの風牌を取る順番を決めます。

(1)、東南西北1筒2筒を各1枚ずつ、計6枚用意する

場所決めの6枚を用意
まず所定の6枚を準備

(2)、全員が着席したら6枚の牌がちゃんとあることを確認し、誰か1人が(1)で用意した6枚を裏返して混ぜ、横一列に並べる

6枚を混ぜる
6枚を裏返して混ぜる

(3)、6枚を一列に並べたら、対面の人の所へ起親マークを置きサイコロを振る

対面の人がサイコロを振る
対面の人がサイコロを振る

(4)、(3)でサイコロを振った人から見た、出た目の人の前に起家マークを置く(ここが「東」に決定です)

出た目の人の前に起家マークを置く
出た目の人の前に起親マークを置く

(5)、起家マークが置かれている場所の人が、サイコロを振る

サイコロを振る
起家マークが置かれている場所の人が、サイコロを振る

(6)、(2)で用意した6枚を表にし、1筒2筒を近いほうの端に並べ替える

6枚を表にする
6枚を表にして

ピンズを両端に
ピンズを両端に持ってくる

再び6枚を寄せてくっつける
再び6枚を寄せてくっつける

(7)、(5)で出た目の人から順に、反時計回り(ツモの順番)で(6)で用意した6枚を持っていく
(このとき(5)で出たサイコロの目が奇数なら1筒の方から、偶数なら2筒の方から持っていく。このとき両端の牌を取る人は、風牌と一緒にピンズも持っていく)

6枚を取っていく
出た目の人から持っていく

全員が取り終えたら移動
全員が取り終えたら移動

(8)、起家マークが置かれている所に東を引いた人が座り、以下南西北を引いた人が反時計回りに座る

(以上、場所決めの方法)

(9)、各自イスの高さを調節し、席についたら親決めをする

(10)、親決めの方法は、まず東を引いた人が起親マークをサイコロボックス手前に置き、サイコロを振る

起親マークを置く
起親マークをサイコロボックスの前に置く

サイコロを振る
それから、サイコロを振る

(11)、(10)の出た目の人のサイコロボックス手前に起親マークを置く

(12)、(10)の出た目の人(起家マークが置かれている場所の人)がサイコロを振り、出た目の人が起親となる

出た目の人がサイコロを振る
出た目の人がもう一度サイコロを振る

(以上、親決めの方法)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

場所決めとは

2016年06月18日 12時14分40秒 | 日記

場所決めとは

点棒テンボウを配ったら

まずプレーする4人が座る場所を決めなければいけません。

これを場所決めと呼びます。

人によってはこの座る場所が肝心だという場合もあります。

場所の決め方

◆手の進み方

手順1

まず  を

各1枚ずつ裏返しにして混ぜ、各自が1枚ずつ取ります。

手順2

を引いた人が好きなところに座る事ができます。

※この時点でを引いた人を仮東(カリトン)と呼びます。

手順3

仮東(カリトン)から左回り(反時計回り)に、

  の順で座ります。

これで座る場所は決まりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

麻雀入門

2016年06月16日 23時36分10秒 | 日記

友達に誘われて80の手習い麻雀を教わることにしました。

友達4人はみんな旦那さんを早くからなくしています。70代80代のお方です。

最初は,テンボウを1000・・・・・9本100・・・・・・・10本5000・・・・・・・・・2本10000・・・・・・・・1本で決めます

一般的な点棒の場合

点棒配分

点棒(テンボウ)を配分とは

点棒(テンボウ)とは、各プレーヤーに配られる点数の役割をする棒の事です。

  100点棒

  1,000点棒

  5,000点棒

  10,000点棒

初めにこの点棒(テンボウ)をそれぞれ4人に配ります。

最初の持ち点は2万5000点となります。

※点棒は、アガリ、ノーテン、チョンボなどで移動し、

ゲーム終了時の点棒の多少で30,000点を基準に、勝敗を決めます。

例えば手元に16000点しかない場合は、

最初の持ち点の25000点からじゃなく、30000点を基準とするので、

30,000点 - 16,000点 = 14,000点のマイナスとなります。

29,000点の場合も同様で、実質プラスのように思いますが、

あくまでも30,000点が基準なので、

マイナス1,000点となるのです。

点棒(テンボウ)を配分とは

すわる場所決め

親決め

場所取り        こららはサイコロを振ってきめます。

牌を17ならべます。

とはいってもまだまだわかりません。

牌は1種類につき4枚あります。

マンズで9種類×4枚で36枚ビンズで9種類×4枚で36まいソーズで9種類×4枚で36枚字牌で東南西北白発中の7種類×4で28枚となり麻雀牌の総数は136枚あります。

これらの牌をくみあわせて4人の誰が最初に上がるを競います。

3人の友達は早くからやっていますが私ははじめてでなにもわかりません。てならいです。

上野の友達のところに邪魔をしています。これから試運転です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

老人クラブで陶器に挑戦

2016年06月12日 13時52分51秒 | 日記

老人クラブでにちにち窯にお願いして秋の展覧会にだす作品をつくらせていただきました。

みんな自分の思う作品を作っていました。

今年も私は、もみじのおおきなピザ皿をつくりました。

今年は,行燈をたくさん作っていました。

ろうそくを入れたり、電気のあかりを利用した明りの陶器です。

14人の参加でした。

にちにち窯の作品です。お茶を頂いて作品をみせてもらいました。

登り窯で焼いた作品は灰被りなどで立派にみえお値段もたかかったです。

綺麗にささゆりのお花も咲いていました。 

にちにち窯で

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ささゆり

2016年06月08日 22時12分07秒 | 日記

今年もささゆりが前の山でさきだしました。

ささゆり

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水中花

2016年06月01日 19時30分38秒 | 日記

花生けの途中にぽとんとカサブランカの花のつぼみがとれたので水中花にしてみました。

2日ほどたってからみごとにさきました。今日で6日目ですが綺麗に咲いています。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加