つれづれのままに 辰

1日の出来事(家族について.読書.料理.お花、めずらしいこと)

母の命日

2016年12月28日 15時55分11秒 | 日記

母の命日で永大供養をして頂いている長谷寺へ兄弟姉妹3人で今年もお参りできたことに感謝です。

母の歳がちかずいている兄弟姉妹ですが、77,75、70歳ですがどうにか今のところ元気にさせてもらっているこのごろですが・・・・・・・・

歳をとることは、本当につらいですね。なぜかというと自分の体がいうことがきかないからです。

長谷寺の階段をあがるにも、下りて来るにしても老人はこけないようにとおもいつつあるかなければなりません。

寒牡丹がきれいに咲いていました。

献灯の準備もできてきれいでした。

高いところにあるのですこしさむかったですが、お坊さんのお経が唱えれると母の在りし日のことが頭の浮かび

少し寂しくなりました。86歳で亡くなって今日で11年目になります。

母の歳がもうそこにちかずいているのかと思うと寂しくなりますね。

元気で少しの間生き抜きたいと思います。

とても良いお天気の命日参りでした。

あとどのくらい生きられるかな?3人がいつまでいられるか

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族が揃う | トップ | 今年もあと1日になりました。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
長谷のボタン (純子)
2016-12-29 08:42:02
 ボタンも雪囲いですね。
毎年3人でお参りですね。だんだんお母さんの年に近づき
感無量ですね。両親がもうしばらくは自分たちのところへは
来ないように守っててくれているのですよ。

 毎回ブログは見せてももらっていますよ。来年こそ元気で
楽しく過ごしてくださいね。
ありがとう (ふくちゃん)
2016-12-29 12:10:21
お互いに頑張りましょうね。
行先はきまっているのですから、そこまでいくのに
どのようにいったらいいのでしょうね。
うんを天にまかせましょう。
なるようにしかなりませんよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む