おおた幸世(大田幸世)です。平和で豊かな枚方を市民みんなでつくる会

平和がいちばん☆枚方市長選挙☆市民広場「ひこばえ」☆放射能から子ども守る枚方の会やんちゃっ子枚方☆松田久子手塚たかひろ

アベ政治を終わらせたい

2016-06-17 09:02:12 | 月刊『平和がいちばん』
 毎日、緊張した日々を過ごしている。今回の選挙の本当に大切な選択を一人ひとりがしなければならないのに、争点隠なのか「憲法」の件が、隠されている怖さを感じる。「平和がいちばん」6月号の1面です・・・

 参議院選挙が7月10日投票で闘われます。壊憲を目論む「アベ政治」を終わらせる闘いです。
・安倍内閣は「安保関連法」を強行成立させました。自衛隊を地球上どこへでも派遣でき、日本が攻められてもいないのに他国の戦争に介入できる「戦争法」です。平和憲法とまったく相容れません。憲法学者のほとんどが「憲法違反」と断じ、世論調査では過半数が反対しています。

・安倍内閣の経済政策「アベノミクス」は失敗に次ぐ失敗。実質賃金は下がり続け、消費は低迷し、GDP(国民総生産)もマイナスか実質ゼロ。一握りの富裕者が富むだけで、庶民には「滴」も落ちてきません。

・沖縄辺野古の新軍事基地建設を狙っています。沖縄県民の総意を踏みにじり、「普天間基地」の数倍の軍事機能を持つ新基地を、美ら海を殺して強行する安倍自公政権は、平和と地球環境の敵です。

・福島原発事故は収束していません。事故原因究明も廃炉の道筋も不明です。被曝者への補償の打ち切り、放射能汚染地への帰還の強要は「棄民」政策です。「原発の安全性」を言いながら、史上初めて震度7を2回観測した熊本地震後も九州川内原発を稼働し続けています。

・正規職が減り、非正規雇用職が増えています。「保育所落ちた日本死ね‼」と子育てに悩む若い世代、介護する人もされる人も事業所も身を削る日々、奨学金返済で苦しみブラック労働に縛られている若者。安倍内閣の下では生活の安定も安心も、ましてや向上など絶対にありません。

・「TPP反対とは言ったことがない」など嘘をつく鉄面皮の安倍首相。前回総選挙の重要公約を「新しい判断」の一言で反故にする。総辞職に値する政策変更を、国会審議もなく行う。

安倍内閣は即刻退陣! 
「市民の会」は参議院議員福島みずほさん・日本共産党わたなべ結さんを応援します。
                                            以上
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月5日の国会行動に参加した友人の報告です。確実に政治が市民の力で変わり始めています。

2016-06-07 23:24:03 | 安保法制・・戦争法
 友人が、6月5日の国会前総がかり行動に参加した。戦争法廃止、格差・貧困NO!今の政治を変えたい市民が自主的に集まった。
彼女は、すぐに知らせたいと、以下の文章を送ってくれた。活気が伝わってくる・・・。

 
 参加できて本当によかったです。5,6の2日間最終のまとめの集会まで参加してきました。国会前集会は、自分がこんなに大勢のみんなと国会の前にいるということだけですごく大きな意味を感じました。60年安保のときはもっとすごかったんですよね。12時ごろ全交のメンバーのところで事前集会が始まったかと思うと、あれよあれよと人が増え、14時には通路もいっぱいという状況でとにかくどんどん人が増えていってました。メインのステージでなかったので大きなスピーカーが設置され、スピーチはよく聞こえてましたが、しゃべってる人の顔は全く見えませんでした。
 どこでしゃべってるのか始まったときに、そばまで見に行ってきたのですが、途中からは、道路を、通行禁止にされてしまい、渡ることができなくなってしまいました。警察は、とにかくひとつの場所に大勢集まらせないようにしていたようです。5会場ぐらい大きな場所が用意されてたみたいです。こういった全国から人が駆けつける集会が続けて持ててること自体がすごいことなんだということが分かりました。

 全体集会の トップバッターは80歳の湯川れいこさんでした。老若男女、シールズの奥田さん、ママの会など、間に国会議員 各党首がしゃべり、「野党は共闘、市民は共同、政治を変える、選挙を変える」といった雰囲気が、むんむんの集会でした。発言者に弁護士が二人入ってたのも納得。『政治を変える・市民が変える』「市民が変える・選挙を変える」の2種類の手持ちのカードをみんなで掲げながら何度も全員でシュプレヒコール」を繰り返しました。「本まや。今こそ変えな!」の思いがみなぎりました。
どんどん増えていく参加者の旗に,今回気のせいか「丸々弁護士会」というのもかなりあったように感じました。全体の集会が終わった後もしばらく残ってそれぞれアピール。東京の共産党の予定候補者の方があいさつに来られました。

 19日も沖縄に連帯してまたこのような集会を持つと呼びかけがありました。まだ東京に行ってない方はぜひ参加をお勧めします。国会議事堂の前と言うのは歴史的な場所と思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

元気がでた!「わたなべ結さんを励ます 5/26枚方・交野市民集会」の報告です

2016-06-02 20:11:03 | 安保法制・・戦争法
 「戦争法は廃止」 そんな市民の声が、政治を動かしはじめている。枚方で開催された「市民集会は、政治を変えることはできる」息吹を参加者全員感じたと思います。報告号を出しました。以下 報告号からの抜粋です。

 みなさん!5月26日開催された「わたなべ結さんを励ます5/26枚方・交野市民集会」は、多くの方の参加で成功しました。「アベ政治は、許さない 改憲反対の代表を国会へ」への動きが、ますます広がり続けています。参議院選の32の全ての1人区で「野党統一候補」が実現しました。

 当日は、結さんの「政治は動きはじめた。政治は変えられる」との訴えの後、交流を行いました。
「結さんの中学時代の作文に社会的なことが書かれていたので非常にうれしかった」と、結さんの中学生当時の教員の発言からスタートしました。また、「趣味は旅行とのことですが、行き先がタイ、マレーシア、中国、韓国・・。どのような旅行でしたか」の質問に対し「現地の方々との出会いで、日本がどのように見られているかが良くわかりました。先の戦争の爪痕を見ました。また、日本はアメリカの51番目の州だねと言われた時は、衝撃でした」と語った結さん。アメリカと対等に民意を伝える。沖縄基地問題、TPP・・。中国の南シナ海での─方的な現状変更と軍事的緊張を高める行動を批判し、憲法を貫いた平和外交を求める結さんの「原点」を見ることができました。参加者全員が、結さんの「思い」に触れ、勇気のでる集会でした。

激励等の発言をされた方々
 黒田昌子元大阪府議会議員    中農弘志枚方市日本共産党後援会会長   広瀬ひとみ枚方市議会議員    
 手塚たかひろ枚方市議会議員   鈴木めぐみ「平和で豊かな枚方を市民みんなでつくる会」共同代表 

結さんのキャッチコのポイント
「変えるのは憲法ではなく、憲法をないがしろにしている政治」 
「非正規雇用の正職員化」
「税金の集め方、使い方を変える」
「市民の力が、政治を変え始めている」 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アベ政治は許さない 改憲反対の代表を国会へ

2016-05-30 23:12:37 | 月刊『平和がいちばん』

 「戦争法」を廃止する2000万人全国署名は、大きく政治を変えるうねりをつくりだしている。「市民の会」は、日頃の取組を国政につなげようと動き出している。「平和がいちばん 号外」で多くの方に呼びかけている。その内容は・・・。

 みなさん!
参議院選が目前にせまっています。「戦争法」の廃止を求める市民の新たなうねりが、参議院選の32の全ての1人区での「野党統一候補」をつくりだしました。
  
 護憲議員が議席の3分の1以上を確保し、改憲勢力をおいやり、改憲の動きを断ち切る選挙です。

 私たちは、「戦争法廃止を求める全国2000万人署名」に取り組み、7000を超えるご協力をいただきました。また反原発週1回金曜日行動を、約4年間続けています。同時に子育ての問題や介護問題等「安心して暮らせる枚方市」をめざして、「税金のありかた」にこだわってきました。この動きを国政につなげたいと思います。

 5月11日「参議院議員 福島みずほさん(社民党副党首)を囲む集い!」に参加しました。辺野古新基地建設の閣議了解書類への署名を拒否(2010年5月)し、男女共同参画・少子化担当大臣を罷免されるなど信念を貫らぬかれる福島みずほさんの姿勢にふれ「この人は国会に必要な人」と痛感しました。

 5月15日、枚方市内で開かれた日本共産党主催の演説会で、大学を卒業し非正規で働いていた経験があるわたなべ結さんの「誰もが安心して働ける社会にしたい」との強い思いを聞きました。若い世代の代表としてふさわしい方です。
 
 みなさん! 私たちは、「戦争法の廃止」「原発を廃炉に」「格差・貧困をなくす」「税の公平性」の立場を明確にし「市民」と「国会」をつなげる議員をおくりだすのが責任だと考えています。私たちは、福島みずほさん、わたなべ結さんを応援します。
みなさん 私たちが主権者です。全ての命を大切にする社会を!枚方市を!つくりましょう。
                
                共同代表 おおた 幸世(枚方市平和無防備条例を実現する会)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市立枚方病院の駐車場が有料化されます・・・枚方がやせ細ります・・

2016-05-17 09:43:07 | 月刊『平和がいちばん』
 
    枚方市駅前にオープンした「 枚方T-SITE 」 生活提案型複合施設として、5月16日オープンしましたが・・・


なんでの民営化 なんでも有料化 これは「公」「公務員」は不要という流れの中で起こっています。市民の会のニュース「平和がいちばん」の1面を紹介します。
  
「市立ひらかた病院の駐車場が「有料化」されます。「財源確保」が目的とされる有料化の内容は前号「意見箱」の通りです。市民が自動車で受診に行けば、医療費の他に駐車場代も負担しなければなりません。有料化により市にはいくらかの収入があるでしょうが、別の視点から言えば、市有の土地で民間会社が駐車場経営をすることです。その会社の本社が東京にあるなら、市民の支出が東京に流れ続けることになります。市の施設で使う市民のお金が市外に出ていく。これは枚方にとっていいことなのでしょうか?

 市長は「現官公庁団地」や「現市民会館跡地」などの再編整備について、「人が集まるまちづくり」のため「民間施設を含む庁舎の一体整備」や「跡地への民間活力導入、商業施設やホテル、高層マンションの誘致」を進めるとしています(28年度市政運営方針)。わかりやすく言えば、現在の市役所や市民会館などの土地を民間会社に売却して、その金で新庁舎を府や国と合同で建てようという構想です。財政負担も少なく、庁舎の新築もでき、市駅前の再開発でにぎわい創出もでき、利点ばかりだというのです。この考えの要点は、市の財産を売り払ってお金を作り出すことです。広い土地を売り払いますが、新築の高層ビルが市の財産として残ります。その時点では収支はプラスか、少なくとも市予算の大きな持ち出しはありません。しかし市有地の売却は次世代に受け継ぐ財産を減らすことです。数十年後、また建て替えなければならない時の財源はどうするのでしょうか。

 4月から始まった牧野とさだ図書館・生涯学習市民センターの「指定管理者制度」導入も同じです。民間会社(本社は東京)が利益を得て、雇われて働く地元市民は非正規雇用で低賃金。市の施設を使って、東京の会社が儲け、低収入の市民が生み出されるこの制度。市内の若者は不安定な職が増えるこの枚方を見限り、人口流出に拍車をかけます。

これでは結果として枚方がやせ細ることになります。なんでも「民間活力導入」に賛成はできません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加