おおた幸世(大田幸世)です。平和で豊かな枚方を市民みんなでつくる会

平和がいちばん☆枚方市長選挙☆市民広場「ひこばえ」☆放射能から子ども守る枚方の会やんちゃっ子枚方☆松田久子手塚たかひろ

アベ政治は許さない 改憲反対の代表を国会へ

2016-05-30 23:12:37 | 月刊『平和がいちばん』

 「戦争法」を廃止する2000万人全国署名は、大きく政治を変えるうねりをつくりだしている。「市民の会」は、日頃の取組を国政につなげようと動き出している。「平和がいちばん 号外」で多くの方に呼びかけている。その内容は・・・。

 みなさん!
参議院選が目前にせまっています。「戦争法」の廃止を求める市民の新たなうねりが、参議院選の32の全ての1人区での「野党統一候補」をつくりだしました。
  
 護憲議員が議席の3分の1以上を確保し、改憲勢力をおいやり、改憲の動きを断ち切る選挙です。

 私たちは、「戦争法廃止を求める全国2000万人署名」に取り組み、7000を超えるご協力をいただきました。また反原発週1回金曜日行動を、約4年間続けています。同時に子育ての問題や介護問題等「安心して暮らせる枚方市」をめざして、「税金のありかた」にこだわってきました。この動きを国政につなげたいと思います。

 5月11日「参議院議員 福島みずほさん(社民党副党首)を囲む集い!」に参加しました。辺野古新基地建設の閣議了解書類への署名を拒否(2010年5月)し、男女共同参画・少子化担当大臣を罷免されるなど信念を貫らぬかれる福島みずほさんの姿勢にふれ「この人は国会に必要な人」と痛感しました。

 5月15日、枚方市内で開かれた日本共産党主催の演説会で、大学を卒業し非正規で働いていた経験があるわたなべ結さんの「誰もが安心して働ける社会にしたい」との強い思いを聞きました。若い世代の代表としてふさわしい方です。
 
 みなさん! 私たちは、「戦争法の廃止」「原発を廃炉に」「格差・貧困をなくす」「税の公平性」の立場を明確にし「市民」と「国会」をつなげる議員をおくりだすのが責任だと考えています。私たちは、福島みずほさん、わたなべ結さんを応援します。
みなさん 私たちが主権者です。全ての命を大切にする社会を!枚方市を!つくりましょう。
                
                共同代表 おおた 幸世(枚方市平和無防備条例を実現する会)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

市立枚方病院の駐車場が有料化されます・・・枚方がやせ細ります・・

2016-05-17 09:43:07 | 月刊『平和がいちばん』
 
    枚方市駅前にオープンした「 枚方T-SITE 」 生活提案型複合施設として、5月16日オープンしましたが・・・


なんでの民営化 なんでも有料化 これは「公」「公務員」は不要という流れの中で起こっています。市民の会のニュース「平和がいちばん」の1面を紹介します。
  
「市立ひらかた病院の駐車場が「有料化」されます。「財源確保」が目的とされる有料化の内容は前号「意見箱」の通りです。市民が自動車で受診に行けば、医療費の他に駐車場代も負担しなければなりません。有料化により市にはいくらかの収入があるでしょうが、別の視点から言えば、市有の土地で民間会社が駐車場経営をすることです。その会社の本社が東京にあるなら、市民の支出が東京に流れ続けることになります。市の施設で使う市民のお金が市外に出ていく。これは枚方にとっていいことなのでしょうか?

 市長は「現官公庁団地」や「現市民会館跡地」などの再編整備について、「人が集まるまちづくり」のため「民間施設を含む庁舎の一体整備」や「跡地への民間活力導入、商業施設やホテル、高層マンションの誘致」を進めるとしています(28年度市政運営方針)。わかりやすく言えば、現在の市役所や市民会館などの土地を民間会社に売却して、その金で新庁舎を府や国と合同で建てようという構想です。財政負担も少なく、庁舎の新築もでき、市駅前の再開発でにぎわい創出もでき、利点ばかりだというのです。この考えの要点は、市の財産を売り払ってお金を作り出すことです。広い土地を売り払いますが、新築の高層ビルが市の財産として残ります。その時点では収支はプラスか、少なくとも市予算の大きな持ち出しはありません。しかし市有地の売却は次世代に受け継ぐ財産を減らすことです。数十年後、また建て替えなければならない時の財源はどうするのでしょうか。

 4月から始まった牧野とさだ図書館・生涯学習市民センターの「指定管理者制度」導入も同じです。民間会社(本社は東京)が利益を得て、雇われて働く地元市民は非正規雇用で低賃金。市の施設を使って、東京の会社が儲け、低収入の市民が生み出されるこの制度。市内の若者は不安定な職が増えるこの枚方を見限り、人口流出に拍車をかけます。

これでは結果として枚方がやせ細ることになります。なんでも「民間活力導入」に賛成はできません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

憲法記念日・・・地元駅でのリレートーク、そして扇町公園の集会に参加しました

2016-05-04 16:41:24 | 安保法制・・戦争法

  樟葉駅前でのリレートーク

 「平和がいちばん」憲法特集を、配りながら「戦争法廃止」の署名を集めました。扇町公園は、2万人の参加、環状線の天満駅を降りると、公園までの道は、人で─杯でした。

 私の憲法記念日の呼びかけです・・・人間同士の連帯を・・・ 
                 
 最近、日本がオーストラリアの次期潜水艦12隻の受注を逃したと報道されました。武器輸出を「慎ん」でいた政府は、2年程前に「防衛装備移転三原則」をつくり堂々と「兵器本体の技術供与」をする「武器商人」の道に歩みだしています。また政府は4月1日の閣議で、「憲法9条は一切の核兵器の保有および使用を禁止しているわけではない」とする答弁書を決定しました。「核は、もたない・つくらない・もちこませない」とする「非核三原則」をもかなぐり捨て、自衛隊が米軍に核兵器を提供しようとしているのかという危機感も強まります。敗戦後70年、国民が積み上げきた「宝」を、独裁者は奪い去ろうとしているのです。
 憲法を変える実質化が進められています。「戦争法」を強行する者は「人殺し」を前提にし、人間の尊厳を破壊しようとしています。しかし、私たちは「紛争の解決にいかなる武力をも、もちいることは認めない」との立場で、人間同士の連帯をつくり出す道を選んでいるのです。

  憲法9条が人格形成に及ぼす「すばらしさ」を、強く感じています。


  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枚方市の美術館問題の解決を 

2016-04-18 15:41:27 | 枚方市美術館問題
 枚方市の美術館問題について、4月28日市議会の全員協議会が開催されるという。大きく前進することを期待している。
機関紙「平和がいちばん」4月号の記事「直言」を紹介します・・・・・。

 三月議会で伏見市長の市政運営方針の表明があった。沢山の案件があふれている運営方針ですが、選挙公約にもなっていた美術館建設問題には一言もふれられていません。これは何故でしょうか。
 
 一方、「総合文化施設内に整備」という案は、寄付者とは茶室を含めるという条件で協議がされているとの報道もあります。「現金の寄付で云々」とありますが、そもそも市が美術館を持つというのに、肝心の「美術」についての議論がないのはとても不思議なことです。多くの市立美術館をみても、それぞれに目的特徴があります。しかし聞こえてくるのは建設費、維持費等のお金のことばかり。文化の香りはどこにあるのでしょうか。

 市民に愛されているアラカシの森を伐採しようとした経緯は忘れるわけにはいきません。計画に賛成した市議会議員のうち、どれだけの人が予定地に足を運び住民と対話したのでしょうか?

 アラカシの森は、子供達や散歩するお年寄りやラジオ体操の輪の中からも、こっそり行き来するタヌキやイタチまで含めて実に多くの眼差しから見守り続けられてきました。そこから生まれた絵本『アラカシのもり』は大好評です。雨にも負けず、雪にも夏の暑さにも耐えてねばり強く経緯を見守って来られた香里ケ丘中央公園見守り隊の運動は高く評価されます。それが単なるハコモノ反対というレベルではなく、文化や環境をめぐる、そして何よりも地域コミュニティのあり方を探る動きだったからでしょう。

 絵本原画展に来られた多くの人々の中には伏見市長も居られました。市は早期に方針を明確にし、即時にフェンスを撤去してほしいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

枚方方市議会「安全保障関連法の廃止を求める意見書」が、僅差で否決

2016-04-18 15:33:00 | 枚方市議会
身近な政治 枚方市議会を市民の手に取り戻したい。今以上に活発な審議の場になってほしい。そんな期待を持ち、平和条例の機関紙に投稿しました・・・

    全国の闘いの息吹をうけて、変わり始めた枚方市議会

 「安全保障関連法の廃止を求める意見書」が、15対16の僅差で否決された。枚方市議会最終日の3月28日のことである。否決は残念だが、大きな前進だと考えている。この数年、秘密保護法廃止、集団的自衛権容認を認めない請願や署名提出を続けても、全与党体質の議会の壁は厚く、民主党議員が個別に採決時に退席することがあっても日本共産党会派以外には無視されてきた。しかし、全国の戦争法廃止のうねりは、一人会派や日本共産党議員団が提出する意見書には他会派は協力しないという、長きにわたる「市民無視の非民主主義的体質」を、大きく変えはじめている。

 昨秋、残念ながら大阪維新の市長を誕生させてしまったが、そのことにより、市議会での会派間の、国政の立場を隠した総与党のなれあい体質を変えるきっかけになるのではと考えた私たちは、「戦争法」の強行採決への怒りをばねに、12月議会に向けて「沖縄新基地建設の断念を求める意見書採択」をめざし署名活動を開始した。可決されるまで続ける覚悟で。12月議会にむけて415筆提出し、共産党会派が同趣旨の意見書を提案したが否決されてしまった。私たちは3月議会に向けて署名を強化し継続した。

 今年1月に市役所前で「戦争法廃止2000万人署名」と平行に「沖縄新基地をつくらせない」と呼びかけていると、自民党の議員が近づき「名護市に行くよ。友好都市やから」と告げた。保守派議員が名護市に行くと聞き、沖縄の課題が本土の課題になっていると感じ、「硬直した議員を変えるチャンスは今だ」と思いたち、2月末に新たに1100筆を提出後、全議員回りを始めた。民主市民議員団には3回足を運んだ。手塚議員(市民の会の議員)同席で数名の議員と話ができ、手塚議員以外に3名の議員が名護市を訪問していることを知った。
 その内の一人の議員は、プログで「辺野古の闘いにふれ、出来ることはしたい」と熱く語っていた。自民党議員も「基地被害は、明らかにある」と心から語り、辺野古現地に行けば、現政権の強権的な姿が分かり、それに立ち向かう現地の方々の非暴力の姿勢に誰もが大きな感銘を受ける。私は、あらためて沖縄の闘いの意義を認識した。しかし手塚議員と共産党会派の他にもう1会派の議員の紹介がないと、請願の可決は難しいと考え、3月議会では議員に要請内容が周知されるだけの「陳情」とした。

 3月議会の代表質問で、自民党議員と一緒に名護市を訪問した民主市民議員団の代表は、「名護市を訪問したが、枚方市は友好都市名護市にどんな手をさしのべるのか。市長も名護市を訪問したが、辺野古の団結小屋など調べていたのか。平和をテーマに友好都市をつなげ支えあうことを要望する」と市長の平和施策への姿勢を質した。それは、名護市で沖縄料理の接待を受け、町づくりに料理を生かしたいなどという報告を「ひらかた広報」にのせる市長の姿勢への痛烈な批判でもある。

 「戦争法廃止の意見書」はあと一人の議員を獲得すれば実現できるという目標が出せるところに来た。全国の反安倍の取り組みが国政を規定し、今夏の国政選挙にむけてその勢いが増している。その息吹は、あきらめずに戦争法や沖縄基地問題の小集会を続け署名を繰り返し、市議会に働きかけていた私たちに大きな力を与えてくれた。そして全国の市町村で枚方市議会のような変化を生み出しているのだとも思えてきた。全国・沖縄の動きと連帯し、壁はまだまだ高いかも知れないが、6月議会にむけて進みたい。

      
コメント
この記事をはてなブックマークに追加