YOMEちゃま日記

自己ベスト3時間12分11秒(ネット)。大阪国際女子マラソンに出るのが夢です!!

ハセツネ参戦記~月夜見まで14キロあるのに、お水が大ピンチでした(^^ゞ

2016-10-13 12:05:51 | 日記
おはようございまぁす



今朝は
4時30分、起床~

お弁当&朝ごはん支度して
ごみ出して
はらみ散歩して

家事諸々済ませて




走りに行きたいけど・・・

それが無理そうなら
歩きにでも行きたいけど・・



右腓腹筋ちゃん・右膝横ちゃん息絶えておりますゆえ・・


軽くストレッチして、マッサージして
朝活終了~



再起の日はだいぶだいぶだいぶだいぶ先のもよう・・・
覚悟して無謀なことしたから、後悔はしてない・・・






当初から痛めていた部分を悪化させた以外は・・

徹夜のダメージは、一晩で解消
筋肉痛は当日がピークで昨日はほぼほぼ解消、今朝は完全に解消できました


・・あとは、右脚が治るのを待つだけです





徹夜で72キロ超(ミスコースして余計に歩いた・・・
山の中、動いてたのに・・

ちーーーーーとも、痩せなかった ・・・・低燃費過ぎ
ぶーちゃんの・・

昨日3時のおやつ




その後・・・

お義母さんが海外旅行中で
お義父さんが一人なので

夕飯作って持って行って
一緒に夕飯食べてきました


お義父さんが好きな肉じゃがは、前夜に煮込んでおきました
あとは
菜っ葉の胡麻和え、卵焼き
にしました

いつも超テキトーですが・・
お義父さんに出すので・・ちょっと真面目に作りました(笑)

ご飯は、家で炊いて炊飯器ごと、持参(^^ゞ
先日買った白州の新米炊きました


お義父さんは
旨い旨い・・・と、嫁に気を使ってはりました(^^ゞ

お食後は・・・
お義姉さんが準備してくれてた
大福を頂きました

お義姉さんは、私に気を使っている・・・(というのを、鈍感な私も気づいています(^^ゞ)




あと梨と新潟土産も食べて

嫁さん
再び、炊飯器持って(笑)帰宅しました




帰宅したら・・・空腹で・・

お腹空いたけど、睡魔がめずらしく勝って
寝ちゃった・・・



今週はもう一回日曜、夫の実家へいってきまーーす
嫁さん、ファイト~



        


ハセツネ参戦記~


昨日は
醍醐丸(15・29キロ地点)から三頭山(36・32キロ地点)まで

のことを書きました



今日は・・・


ちょっと戻りますが・・・

大ピンチの話・・書きます





ハセツネは
42キロ地点まで、給水できません
それまでは、自分で持ってるお水で賄わないといけません




私は、2リットルのお水を

1・5リットル分・・・ハイドレに入れて背負って
500ミリリットル・・ソフトフラスクに入れて胸ポケットにいれてました



で、まず
ハイドレのお水から飲むようにして
ハイドレが無くなってからフラスクのお水を飲むことに決めてました

経験が浅いので
私は、ハイドレは残量の把握ができません
(背負ってるから見えない。感覚的にもわからない)
フラスクは胸ポケットに入ってるから、あとどれくらい残ってるかわかります


お水の残量を把握しやすいように、飲む順番を決めてました


42キロ地点まで、給水できないので
お水の配分は、ものすごく大事だと、経験がないなりにもわかってました


・・が

当日は、雨上がりで蒸し暑くって
喉が渇いて渇いて


ついつい・・多めに飲んでました




28キロ地点にいたスタッフさんが

「給水ポイントまであと14キロ・・・」と案内されてる声を聞いたころ・・



んんんんんん???
もしかして???



ハイドレのお水が・・・もうない????


あまりにも予想より早く無くなったので
ハイドレの調子が悪くなったのかなぁ???



と、疑ったのですが・・・



いやいや・・


ほんとに、ハイドレのお水が、ゼロになってました・・・

あまりにも衝撃的で(笑)
どうしよう・・どうしよう・・
焦りました



後方の選手もどうやらお水がピンチらしく
スタッフに「お水はないですか???」と聞いてる声が聞こえました
あっさり・・42キロまでありません、と言われてました(^^ゞ・・・ダメ元でも聞きたくなる気持ちはわかりました


ハイドレ1・5リットルを28キロ位で飲み干してしまった私は


14キロ先まで
残りの500ミリリットルのお水で、どうにかどうにか月夜見に行きたかったので


この先は
ほんとに喉が渇いてどうしようもない状態になってから
一口ずつ飲んで行こうと決めました


山の登りは
心拍数も上がるし、暑いので
喉が乾いて乾いて・・・・



でも、お水がなくてリタイヤになるのは避けたかったから
ほんとは、早め早めの給水が理想だけど
限界まで我慢して

いっぱい飲みたいけど
一口だけ含んで、5回くらい噛んで味わってからごっくんしました




41年生きてきて
一口のお水を噛んで味わってから飲んだこと・・・あっただろうか・・(笑)


これが、俺のハセツネ完走への執念だ



普段はスナック菓子1袋5分とかからず食べ、コーラぐびぐび飲む干すのに・・・別人だな・・・



お水節約作戦・・頑張りましたが

月夜見まであと4キロ地点で
とうとう
お水が尽きました・・・


幸い
23時過ぎて、吹く風も冷たくなって気温もぐっと落ちてきたので
それに伴い発汗量も落ち
喉渇いてるけど、限界・・もう無理まではいかずに進むことができました




そうだっ
ライトの話・・・


真っ暗な山中をヘッドライトとハンドライトで進むのは
想像上に辛かったです

見えないんですよね・・山の中はほんとに真っ暗で・・


登りはゆっくり歩くので、基本ヘッドライトだけを頼りに進んで
ひたすら登ってるとコースがわからなくなるから、たまにハンドライトでコースを照らして確認しました


平坦なところで少し小走りするときは、足元をハンドライトで照らして転ばないようにしました
下りも危険なので、ハンドライトで足元照らしました
それから、滑落しそうな危険な場所もハンドライト使いました


ハンドライトは、転んだ時にどっかに落とすと困るから
ストラップに輪ゴム付けておいて、手首で止まるようにしました
輪ゴムだと、ずらせばすぐにライトを手首から外せてポケットにしまえるので
扱いが楽な気がします

最初は、初めてのヘッドライトとハンドライトの扱いがつかめませんでしたが
いつの間にか、自分なりにライトの使い方を工夫できるようになっていました





給水まで4キロで、とうとうお水が尽きてしまいましたが
なんとか・・・無事



第2関門の月夜見第2駐車場に到着することができました(23時58分57秒)


・・・給水カウンターが、砂漠の中のオアシスに見えたわたしでした(^^ゞ


明日は、第2関門月夜見以降・・とうとう深夜走行になっちゃた・・話を書こうと思います



吹けば飛ぶような綿あめみたいな女子に憧れつつも
、今日も元気に6000キロ超級摂取している
ブラックホール胃袋ジョガーさんに
応援のポチッをお願いします

↓↓↓

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハセツネ参戦記~醍醐丸から... | トップ | ハセツネ参戦記~月夜見第2... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ (あすみん)
2016-10-13 12:20:24
ひえー!!
水〜〜!!(^^;;
これは調整って言われても難しいよね。
喉乾くのは乾くし。
走るし、水ないし、真っ暗だし、無理無理((((;゚Д゚)))))))

ほんと、そんな心細い大会、、、

でも大きな怪我もなく帰ってこれてよかった。

お義父さまへのご飯、頑張ってますね!お姉さんもいつも優しいよね(^ν^)
こんにちは(*´∇`*) (みりみり)
2016-10-13 12:21:21
お水問題!ほんとに困りますよね>_<
エイドまでの水を自分でしっかり管理しないといけないのも、トレランの厳しさを物語っていますね。日頃、自由にお水飲めることがどれだけ幸せか、改めて感じました。

炊飯器持参!笑えました〜笑
あすみんさんへ (harami)
2016-10-14 11:34:08
はい!!!お水は大事で、私ももっと早い段階できらしていたら、リタイヤしていたかもしれません。
一口のお水を大事にあじわったの、41年生きてきてなかったかも(^^ゞ
脚は悪化しましたが、とりあえず帰ってこれたのでよかったです

嫁さん業、今週はもう一日日曜にあるので、がんばりまーーす
みりみりさんへ (harami)
2016-10-14 11:38:25
はい!!ハセツネは特にエイドがなくって、42キロでもらえるのはお水とスポドリだけです。他の選手とたすけあったりするのも禁止、の独特な大会なんですよ~。
42キロ給水カウンターでお水を飲んだときは・・・もう、カラカラの喉に沁みました(^^ゞ

我が家の炊飯器、うちの犬より重かったです(^^ゞ

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。