岡村幸保(ゆきやす)人間讃歌& ビバサイエンス+ オカピー自由闊達 LOG              

★面倒で大変だけど、人間って素晴らしい★自然を愛し科学大好き★3・11後、自由に語り、新しい社会を共に創ろう★

トップページ (59万アクセスありがとう/2016.7月(1万/月)

2016年12月31日 | 目次

アクセス数 59万(2016.7月)りがとう(1か月 約1万ペース)

立川に科学館をつくろう!(立川サイエンスドリームスペース TSDS 構想)

 賛同のコメントをこのトップページのコメント欄にください。

     下書きバージョン

 youtube 発信中(サイエンスひとネット;検索)

   読売新聞2015年8月18日   
       
          
 
           
エフエムたちかわ 科学教育番組「科学のひろば」  
※現在中止しています。

ブログ内サイトご案内  

 立川に科学館(サイエンス スペース)を、市立科学センターの充実、理科を探究  http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/b624d5582ec6aa0018bd9ec96333f03c
 
オカピLOG(private)   http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/8fe1c4b1d6d67589e88f803b4eb0ee82
 
 教育・子育て          http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/7cd6093d80f138c4e7a4e04b32cd9226  

 詩歌を愛す・・・詩精神に殉ず・・・ http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/7aa6d4a8ce794957c7ae8c9d1ae6aa79
 アマチュア無線 JR1OEI永遠のラジオ少年)http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/3cb681b3108a32cffdada780d99ad71c  
記録   福島中・立川六中時代(サイエンス部 理科授業)                        http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/bdb9192adf481f0a8515d10a14176adf
   記録  立川六中生活の8年間 (学年だより) http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/845081c35a58ab805322ecf68d9b5b4c

 
お世話になっています~応援しています~左下ブックマークもご覧を      

立川 サイエンスひとネット~立川に科学館を!~代表青谷典子
NPO法人 ガリレオ工房(滝川洋二理事長)   
立川第八小学校ホームページ
障がい児教育支援ネット(青谷典子代表)

FMたちかわ(梶範明社長
立飛ホールディング(村山正道社長)
昭和第一学園

立川・自然と科学の会
(会長 岡村幸保)       
samakitaの今日もガハハ  左巻健男 法政大学教授  
立川青年会議所   
柴田治彦さんのホームページ 
立川六中ホームページ
    

JA1AA庄野OM~戦前戦後アマチュア無線の歴史

近代詩伝道師 Pippoさん 

岡ちゃんの秘密基地(中学時代の友人)
http://okachan5963.at.webry.info/       

http://www2u.biglobe.ne.jp/~OKACHAN/home.htm
http://secretbase5963.at.webry.info/     
http://www7b.biglobe.ne.jp/~okachanhimitsukichi/home.html
Smile Please 世界こども基金藤原紀香さん
立産業技術センター多摩テクノプラザ
京大学cast NPO法人 理科カリキュラムを考える会   
JH1FCZ大久保忠OM    ボーイスカウト立川第3団    50.240SSBモービルグループ      
昭島市アマチュア無線同好会   NPO法人ラジオ少年   鯛のおかしら日和 
ここがロドスだここで飛べ 評論家とき一郎 
FMピパウシ(アイヌ語のミニFM放送局)
  ラジオ沖縄「方言ニュース」(唯一の琉球語放送 
アマチュア無線は楽しいよ。初音みミクさん

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

双方向コミュニケーションの大切さ、実感しました

2016年08月23日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

    

今日、青谷典子先生の主催するコーチングの講座で、
参加者として来られていたダ・ビンチ サイエンス教室の
小学三年生の保護者の方と話す機会がありました。

次回9月の講座ではラジオを制作しますが、
今から楽しみで、家にあるラジオをつけて、
いろいろな所で受信して、感度を調べているというお話を聞きました。

また、動画講座を見て、ペットボトルでトルネードをつくる工作をして、
回転させないときと、回転させたときの水の落ちる速さの違いを調べたり、
ペットボトルの傾け方を変えて水の落ちる速さの違いを調べ、
45度が一番早く落ちることが分かったとか、
家で実験しているとのことです。

学校では、生き生きとできない子どもさんらしいのですが、
ダ・ビンチ教室は、抵抗が少なく通えるとのことです。
主催しているものとして、とてもうれしいくなりました。

お母さまが、生き生きとお話してくれたことが印象的でした。

保護者との双方向のコミュニケーションの大切さを実感した一日でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宇宙エレベーター制作キットで小学生も競技会へ

2016年08月23日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

宇宙エレベーターとは、宇宙ステーションと地上とを結ぶエレベーターです。
ロケットでの往復は、危険と莫大な費用がかかります。

そこを、直接結ぶものとして、研究が始められています。
理科教材のナリカさんがレゴのロボット制作ブロックで、実験キットを作成しました。

わが立川サイエンスひとネットのテーマ「空に~ あこがれて~」が、また一つ咲きます。
最先端の科学技術も、楽しくわかりやすく学びます。

競技会も毎年行われています。
これに、多摩教育用品さんが、力を注いでいます。

サイエンスひとネットでは、ダ・ビンチ サイエンス教室の3月の講座でご披露します。
また、来年度は、普及することを事業計画に入れます。

明日は、すでに取り組んでいる昭島市にある私立啓明学園小学校でのスタート講座を見学してきます。

できれば、立川小学生チームを作って、
練習し、工夫して11月の開催される競技会に参加したいと思っています。

   8月6日 立川科学のひろばで、デモンストレーション。子どもたちが集まってきました。     

 

 

 



 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

活動リポートします(こんなことしました!立川サイエンスひとネット、ダ・ビンチサイエンス教室)

2016年08月20日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

4-7月期、忙しさに負けて、ブログが更新できませんでした。
サイエンスひとネットとダ・ビンチサイエンス教室の活動の様子は
下記の青谷さんのブログとyoutubeをご覧ください。
(それも、「手抜き」ですが、お許しを。私が書くよりよっぽど優れています。) 

 http://ameblo.jp/bunka-kagaku/

https://www.youtube.com/channel/UCgnVygsbA6GwZXng0qPkrTQ

 

私の画像も貼り付けます

                 青年会議所 まちフェスタ にて

 

                 NPOワッカチッタ   科学遊び にて  

 

 ガリレオ工房30周年例会にて活動報告             オリンポス社四戸さんへ講師依頼へ

 

 立川パレスホテルにて サイエンスカフェ開催          チラシ配りに奔走

 

 ダ・ビンチ サイエンス教室 説明会 森薫先生の講演 「スペシャルタレント論」で励まされる

 

雨滝先生のあきる野イベントへ ちゃっかり宣伝         地域情報誌 エクテビアンに掲載される

 

              ダ・ビンチ サイエンス教室 ついに開校式

 

    第一回講座 立飛ホールディングにて 修復飛行機見学

 

     第一回講座 つづいて 立川第五小学校に移って 飛行機づくりと競技会

 

                 かしの木幼稚園のイベントにて

 

   ダ・ビンチ サイエンス教室 第2回講座  昭和第一学園高校にて 雨滝先生、岡村のおもしろ実験

 

 第二回講座 つづいて 東京大学castの実験ショー   立川サイエンスひとネットの主力な得意キット ビー玉万華鏡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

支援のラジオ、熊本へ

2016年08月20日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

サイエンスひとネットは、熊本震災で被災された避難所や仮設住宅の方々に、ラジオを送る活動を進めました。
たくさんのラジオが、集まりました。
私は、3・11東北大震災の後に、子どもたちに、ラジオを作ってもらって100台送ったことがあり、
すごく喜ばれた経験があり、今度はサイエンスひとネットとして取り組みました。

このラジオたちを、立川社会福祉協議会の安藤徹さんが、現地に運んでくれました。
ありがとうございました。
避難所や仮設で暮らす方々の、娯楽と情報にお役に立っていると思います。
今回は、避難所の方々のためにイヤホンを付けました。

 近いうちに、現地の様子を画像入りで伝えていただけるようで楽しみです。
みなさんにも、このブログでお伝えします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒットな自然観察!オオタカの抱卵・誕生・巣立ちを連続観察できた

2016年08月20日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

5月から6月にかけて、毎朝のようにオオタカの巣を観察に行っていました。
オオタカがカラスの巣を奪って、産卵、抱卵、孵化、子育て、巣立ちのための巣に改造
ずっと、卵を抱いている期間を毎日がんばって通って、写真を取り続けました。
すると、ヒナが現れ、そして、巣立ちのときも遭遇できました。
さらに、我が家の前の建物のアンテナに、早朝、幼鳥が止まって鳴きます。
私のことをおぼえているのかな、そんなばかな!
その間は、カラスたちも鳴き止みます。おお!さすがオオタカ!

最高級の自然観察ができました。
感動の毎日でした。

画像は、カメラの画面をスマホで撮ったものです。
 

 

 

  我が家の前に現れる オオタカの幼鳥 すでに貫禄

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

googleマップ ストリートビユー撮影車を撮影!!!

2016年08月19日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

 googleマップのストリートビユー撮影車が、目の前を通過しました。
 急いで、パチリ。
 ちょっと前のことですが、私にとってのスクープです。
 ルーフの上のカメラがすごい!
 感動し、ドキドキしました。

 私、ぼかしで映ってるのかなあ?
 チェックしてみます。         

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立川の北に「トトロの森」南に「ポンポコタヌキの森」があることを知らせたい

2016年08月18日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

 

今度8月21日に自然観察に行く、東京・日の出町の平井川の写真です

8月21日に立川サイエンスひとネットは初めて
平井川で自然観察・体験会を行いますが、
ふと、
立川の近くに、トトロの森があることを思い出しました。

トトロの森のモデルになったところは
立川の北にある多摩湖、狭山湖周辺の森です。
映画に出てくる「七国山病院」は、
東村山市の八国山という所に病院が実在します。

今日は、多摩丘陵の町田市の友人宅の庭でバーべキューをご馳走になりました。
そこは、「平成たぬき合戦ポンポコ」の舞台でした。
現役時代、授業でポンポコを見せて、
自然破壊、環境問題について考えさせたことを思い出しました。
そんな授業は今の学校で、できるのかなと、思いを馳せました。

立川に科学館を作るとしたら、
「トトロの森」と「ポンポコタヌキの森」紹介展示室を作りたい。
夢ですが、本気です!

今夜は
「トウ トウ ロ~~~ウ~~ 」
と、叫んでから眠ります。(笑)

下記は、「トトロの森基金」のHPです。
http://www.totoro.or.jp/index.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8・21平井川自然観察「がさがさ体験」やります

2016年08月18日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

      

8月21日(日)、立川サイエンスひとネットは、
東京都西多摩郡日の出町の平井川で、
自然観察会「ガサガサ体験」を開催します。
平井川流域で自然を守る活動をされている辻淑子さんのご指導で行われます。
希望が多く参加者が約70名になりました。
天候や水量をよく見極めての決行となります。
どんな生き物に出会えるか、
子どもたちがどんな反応をするか
ワクワクします。
下記のyoutube動画は、下見実踏の時の青谷典子先生が撮ったものです。
御覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=Gu-J5U6xTCM

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイエンスひとネット、立川よいと祭りに協力出展

2016年08月17日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

8月6日(土)、立川のサンサンロードで第28回よいと祭りが開かれました。
http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp/b10-20160806/
立川サイエンスひとネットは、立川青年会議所の要請で、
ビー玉万華鏡の頒布と、子ども提灯を光らせるLED装置制作への協力などに取り組みました。

科学のひろばIN立川 という大イベントと日程が重なっていましたが、
サイエンスひとネットは、若手のホープ、大学生の久保田萌海さんに
現地指導員として取り組んでもらいました。
無事「同時並行」の取り組みができました。
担当の山田悠介さんをはじめとした青年会議所の方々や
都立国立高校の高校生ボランティアと一緒に頑張りました。

万華鏡もたくさん売れました。
提灯も綺麗に光ったようです。
青年会議所さんとも益々つながりを深めました。

立川サイエンスひとネットも、
昨秋の楽市出展、
今春のまちフェスタ出展、
今回のよいと祭り出展と、
http://www.tachikawa-chiikibunka.or.jp/b10-20160806/
大きな立川のイベントに協力できる、
地域に貢献できる団体になってきました。

喜びです。感慨です。

そして、立川に科学館を!です。




             立川青年会議所 山田悠介さん制作の看板

 
           久保田萌海さんの看板イラスト

      

    子ども提灯の事前試作品             提灯を光らせるLED装置の試行錯誤の試作品

  
 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立川に水族館があったらいいな

2016年08月16日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

7月ですが、孫たちを連れて、鴨川シーワールドに、行ってきました。
遊んで、学べる楽しい「水族テーマパーク」でした。

そういえば、大きな水族館は、ほとんどが海の近くです。
内陸の子どもたち、大人たちにも、身近にほしいものです。

そこで提案です。
西東京、西関東の内陸、立川に水族館をつくってもらいませんか。
東京、埼玉、神奈川内陸部、山梨の子どもたち、大人たちは大喜びになるでしょう。
多摩動物園も、多摩モノレールですぐ行けます。
植物たちの大公園、昭和記念公園も立川のど真ん中にあります。
多摩動物園、昭和記念公園、「立川水族館」のセットで豪華生き物学習できます。

ちょっと珍しい楽しいデートコースにもなるかな。(笑顔)

私の住んでいる東京都立川市は
東京多摩地域で一番の賑わいの町になりました。
立川基地返還の関連でまだまだ広い土地が残っています。
東西にJR中央線、青梅線、五日市線、西武拝島線新宿線
南北に多摩都市モノレール、南武線、ちょと離れて、八高線、横浜線
車では、中央道・圏央道、国道16号、甲州街道、奥多摩街道、五日市街道、青梅街道などで
立川にこれますよ。

こんないい話、しかるべき方々、いかがでしょうか。やりませんか。やりましょう!!
私は、本気で思っています。



 

 

 



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

禁酒中です hi!

2016年08月15日 | OKAPI log (support/peace/private)

7月28日 熱中症で救急搬送されました。
学校の大規模改修、科学センターも引っ越しの大作業の直後です。
無養生、不摂生な生活スタイルも起因してます。
そこで、しばらく禁酒のお仕置き。
私は、「自己人体実験」と、楽しいんでます。(ンン~)
途中経過
・頭脳明晰(脳がサクサク、ブログがサクサク復活が証拠) 
・長く眠れる(アルコールのアセトアルデヒド化による約4時間での覚醒が起こらない。)
・手足のむくみがなくなる。
・朝、あの不快なのどのの渇きがない。
・離脱症状はない。
・家族、友人関係が良好に。
です。

晩は、はちみつレモンソーダ(はちみつは、あきる野産)
ナイトは、ラベンダーティー(これは、私の秘薬)

しばらく、酒という親友であり悪友とは、距離をおいて、そのありがたさを見つめています。
百薬の長、甘く見ていて、すみません。(苦笑)

  

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みの自由研究、今年は広がってます

2016年08月15日 | OKAPI log (support/peace/private)

「自由研究」は、戦後民主主義の新しい教育の象徴です。
自分の興味関心に基づいて、何を研究してもよいのです。
社会科では状況への批判をしてもよいという、戦中では考えられない転換でした。
(社会科も戦後教育で生まれた教科)
理科も日本の復興の要として振興されましたが
現場では子どもたちの楽しい研究が百花繚乱のごとく開花しました。

「何をしたらよいのかわからない」という悩みを抱え続けてきた自由研究ですが、
そんなときは、大人の出番です。いっしょにやりましょう。
「親が教えたり、手を出してはいけません。」などという先生はそれこそ「いけませんよ!」(笑)
親が楽しく研究すれば、子どもも楽しく研究します。

さて、今年の夏休み、自由研究応援企画が山のようです。

10余年前、ガリレオ工房で 滝川洋二さんたちと、
「理科離れ」「理科離し」を告発し、
克服のためのたたかいと提案活動に明け暮れたことを思うと
隔世の感です。

・科学館や大学、研究機関、科学技術系学会、科学教育団体・サークル
・自治体や地域の社会教育・生涯学習団体、子ども館や学童
・子育てサークル、学生サークル、科学部活
など、全国に広がりました。

また、出版界も、自由研究本・記事がたくさん出され、
図書館、書店、ホームセンター、バラエティーショップなどでも、
自由研究コーナーが特設されたり、
例年になく大きな企画にするホームセンター系のショップもありました。

私たち、立川サイエンスひとネットのダ・ビンチ サイエンス教室も
「夏休み自由研究どうする?講座」を動画で撮影して、発信しました。

さらに、私個人は、今夏発行の自由研究本を7冊買いましたが、米村でんじろうさんの本が一番よかったです。
その精神の部分を紹介します。

 




 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

'16夏休み科学のひろば 800人!立川にサイエンスの風!

2016年08月14日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

8月5,6,7、9日、立川市立西砂小学校、市立こぶし会館、市立子ども未来センター、市立第一小学校で、
6年目の夏休み科学のひろばIN立川が開かれました。
過去最高の800人の参加で盛況のうちに終わりました。
子どもたちや、保護者のあいだでの、科学への関心が年々高まっていることを感じました。

今年は、
・いつもは、立川の中心に出て来なければならない立川の西端の地域で開催しようと、西砂小で開き、喜ばれました。
 
・立川市が、子どもたちのため建設した子ども未来センターで初めて開催できました。館長さんに感謝です。

・「ゆめ基金」をいただき、予算面でもやりやすくなりました。チラシも、オールカラーA3両面刷りで青谷先生が作成し、応募が飛躍し     ました。

・レオナルドの橋・昆虫・おもしろ実験、せっけんづくり、科学マジックなどで若い講師さんたちが頑張りました。また、中高生、大学生の指導員も活躍し、さらに、ダビンチサイエンス教室の小学生と保護者も講師・指導員になり、次世代に受け継ぐ方向が見えてきました。

・小学1,2年生では、教科としての理科がなくなって久しいのですが、幼稚園から低学年の親子科学あそびの企画の関心が高く、理科離れ克服という私たちの活動を励ましてくれます。これも、今後の方向です。

・日本電子さんの「電子顕微鏡」や、サイエンスひとネットの「宇宙エレベーター」展示など、最先端の科学技術も人気でした。これからも 扱っていきたと思いました。

・化石採掘、ラジオづくり、風力発電、水の科学など定番は、安定した人気で、応募は兄弟で受け継がれているようです。

・「ゆめ基金」をいただき、予算面でもやりやすくなりました。チラシも、オールカラーA3両面刷りで青谷先生が作成し、応募が飛躍し     ました。

            

 風力発電 益子仁一先生 「君たちの未来は自然エネルギー!」   昆虫  加藤禮子先生 「初めてみる!めずらしい虫たち!」

  

鉱物と化石木内和郎先生大佐古孝先生「宝石キレイ!化石見つけた!」  ラジオづくり岡村「毎年人気。六中サイエンス部員・OB、東工

                                  大サイテクさんありがとう」

   

  塩の科学 高橋吉蔵先生 「不思議!目を見張る子!」     せっけんづくり 野崎恵子先生  「いい香り!楽しい!」

  

 科学マジック 青谷典子先生とダビンチサイエンス教室の親子たち 「小学生も講師! やるね! すごー! さすが企画の発想がいい」

  

ピカピカLEDスリッパ 柴田治彦先生 「最高人気!さすがベテラン講師」 おもしろ実験ちばさとし先生「グイグイ引き付けられてた」  

  

 砂糖の科学真壁茂樹先生「おいしい科学!ほっぺた落ちる、笑顔!」 レオナルドの橋親子企画 外舘功一朗先生「新作、講師意欲的」

  

宇宙エレベーター サイエンスひとネット   多摩教育用品斉藤副社長 「宇宙へ、だれでも行ける時代に向かってる!」

 電子顕微鏡 日本電子 午前午後60満席!単独日企画で成功!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立川の科学普及活動、発展しています

2016年07月18日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

立川市立小学校科学教育センターは、6月4日開講式、極地研の田邉貴子博士の記念講演を頂き、153人の児童で今年度も盛況にスタートしました。

サイエンスひとネットが設立したダ・ビンチ サイエンス教室は、5月14日 ほぼ満席の応募をいただいて、立飛ホールディングにて開校式、修復飛行機の見学と飛行機工作にとりくみ、スタートできました。

立川教育振興会主催、立川・自然と科学の会共催の夏休み科学のひろばは、何と700人以上の応募で、お断りに四苦八苦の盛況状態です。

近いうち、画像入りで、紹介します。

しばらく、ブログ書けなくて、お叱りもいただきました。
がんばります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加