岡村幸保(ゆきやす)人間讃歌& ビバサイエンス+ オカピー自由闊達 LOG              

★面倒で大変だけど、人間って素晴らしい★自然を愛し科学大好き★3・11後、自由に語り、新しい社会を共に創ろう★

トップページ (64万アクセス突破・月1万ペース!ありがとう)

2017年12月31日 | 目次

アクセス64万突破(2017.2月、月1万ペース)

 立川市HPアップhttps://youtu.be/_ucbOwNi8ms

立川に科学館をつくろう!(立川サイエンスドリームスペース構想)   

       

         
                               
    
         
youtube (サイエンスひとネット検索) 
                   
読売2015年8月   
       
          
 
           
エフエムたちかわ科学のひろば  
現在中止

ブログ内サイトご案内  

 立川に科学館を、市立科学センターの充実、理科を探究  http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/b624d5582ec6aa0018bd9ec96333f03c
 
オカピLOg(private)   http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/8fe1c4b1d6d67589e88f803b4eb0ee82
 
 教育・子育て          http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/7cd6093d80f138c4e7a4e04b32cd9226  

 詩歌を愛す・・・詩精神に殉ず・・・ http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/7aa6d4a8ce794957c7ae8c9d1ae6aa79
 アマチュア無線 JR1OEI永遠のラジオ少年)http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/3cb681b3108a32cffdada780d99ad71c  
記録   福島中・立川六中時代(サイエンス部 理科授業)                        http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/bdb9192adf481f0a8515d10a14176adf
   記録  立川六中生活の8年間 (学年だより) http://blog.goo.ne.jp/yukiyasu_2006/c/845081c35a58ab805322ecf68d9b5b4c

 お世話になっています~左下ブックマークもご覧を      

立川 サイエンスひとネット 代表青谷典子
                          立川市公式HPへアップされてますhttps://youtu.be/_ucbOwNi8ms

NPO法人 ガリレオ工房(滝川洋二理事長)   
立川第八小学校ホームページ
障がい児教育支援ネット(青谷典子代表)

FMたちかわ(梶範明社長
立飛ホールディング(村山正道社長)
昭和第一学園

立川・自然と科学の会
(会長 岡村幸保)       
samakitaの今日もガハハ  左巻健男 法政大学教授  
立川青年会議所   
柴田治彦さんのホームページ 
JA1AA庄野OM~戦前戦後アマチュア無線の歴史

近代詩伝道師 Pippoさん 

岡ちゃんの秘密基地(中学時代の友人)
http://okachan5963.at.webry.info/       

http://www2u.biglobe.ne.jp/~OKACHAN/home.htm
http://secretbase5963.at.webry.info/     
http://www7b.biglobe.ne.jp/~okachanhimitsukichi/home.html
Smile Please 世界こども基金藤原紀香さん
立産業技術センター多摩テクノプラザ
京大学cast NPO法人 理科カリキュラムを考える会   
昭島市アマチュア無線同好会   NPO法人ラジオ少年   鯛のおかしら日和 
ここがロドスだここで飛べ 評論家とき一郎 
FMピパウシ(アイヌ語のミニFM放送局)
  ラジオ沖縄「方言ニュース」(唯一の琉球語放送 
アマチュア無線は楽しいよ。初音みミクさん

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

立川サイエンスひとネット 今後の方向

2017年02月27日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

旗揚げ1周年の天文講座を180満席で成功させました。

  

 


立川サイエンスひとネット、2年目以降に考えていることは・・・

 

 

 

・竹内幸一先生の遺志を継ぎ、子どもたちも、大人たちも、

 

楽しく安価で科学を学べる場「ミニ エクスプロラトリアム」

 

「出前科学遊び」を気軽にたくさん開く。

.

・楽しい実験を通して、深く学べる「ダ・ビンチ サイエンス教室」を、

2クラスに増やし、こだわりの子どもたちを開花させること。

 

・宇宙エレベーターロボットをメインとした「プログラミング教室」を開校すること。

ドローンや、福祉ロボットも体験。時には、パソコンを離れて野外へ。

 

・若い先生を応援する「理科苦手ノリコエ講座」を開き、

長期的視野で科学を振興する。

 

・「自然体験ツアー」を開く。

 

・都立高校合格をという現実的要望を受け「ベテラン講師の理数アップ塾」を開く。

 

・いつも満席、お断り続出の「ラジオ製作・電子工作講座」を開く。

 

・立川に科学館を作る活動を本格化する。

 

・担い手と資金、事務所や会場など、体制も整えていきます。

 

など、です。

ご支援よろしくお願いします。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何度でも聴きたくなる天文講座 180満席の大盛況

2017年02月20日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

2月19日(日)、立川サイエンスひとネットは、立川市の昭和第一学園高校で、「何度も聴きたくなる天文講座」を開催しました。
180満席で、大盛況でした。

2時間の講座で、ぐいぐいと引き込まれ、みんな理科好きに、変わりました。

まるで、ミラクル。

私が、一番感激したことは、車いすで、連れてこられた障害のあるお子さんが、始まりのとき、講師の「楽しいですか」の問いかけに「楽しくない!」と奇声を上げていたお子さんが、終わりころは、目を輝かせ、講師に質問をするまでに変わったことです。感想にも、子どもたちが、ぐいぐいと変わった様子を聞きました。私たちは、やっていることへの自信を持ちました。

 

休憩時間に、子どもの質問に答える斎藤匠平先生

    斎藤匠平先生による、
    京都大学開発の天体立体投影ソフト「ダジック アース」と、
    国立天文台開発の全宇宙投影ソフト「mitaka」を使って
    「何度でも聴きたくなる」講演

開会のご挨拶。旗揚げ後、1年間の発展をしみじみと語る 青谷典子代表

    司会は明星大学3年生の久保田さん。堂々とした名司会ぶり。いい先生になりそうです。

 

   昭和第一学園高校 森田校長は、「星のソムリエ」の資格者。
   子どもたちにわかりやすく今見える星座のお話をしてくれました。

  宇宙エレベーターロボット。斎藤巧さんによる最先端科学技術のお話と、楽しいモデルの実験でした。

しめは、ダ・ビンチサイエンス教室の、雨滝洋介校長による静電気とシャボン玉の不思議な実験と光通信の実験。
三多摩のデンジロウ!でした。大うけ!喝采!

この長風船も、セレクトされた逸品です。探求心の雨滝先生です。

  私は閉会の言葉。立川に科学館を作る運動を呼びかけていますが、
  この日は、構造図をスッキリバージョンに新作して配布。
  
 今日も、たくさんの子どもが、理科大好きな子どもに変身!!しました。
 サイエンス コミュニケーター 冥利に 尽きます!

  これからも、
  科学をなぜ普及したいか?
  問い続けてがんばります。

 

 また、次の機会に、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前代未聞 1~2才児のかがくあそび

2017年02月13日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

2月11日、立川市のかいの木幼稚園で、1~2歳の未就園児を対象としたイベント「どんぐりコロコロ広場」が行われ、私はかがくの実験ショーとかがくあそびを頼まれてやってきました。生まれて1~2年の子どもたちは、何を感じとれて、何ができて、何がわかるのか・・・まったくの試行錯誤。
幼稚園勤務の青谷先生に実験を見せては、「それは無理ね。」「あれも無理ね。」・・・投げる、たたく、握る、触る・・が、できると?!?!。孫を思い出したり、七転八倒の準備で、前日に決めたものも多く、当日は、3時に目が覚めました。磁石の魚釣りの面白い演出、大きな魚を釣ったり、スリッパを釣ってしまうなどは当日の朝思い付き準備しました・・・小さな空気砲は前日に思いつき、ビー玉をアルミホイルでくるんだコロコロおもちゃも前日です。平行対面の鏡で無限に見えるのも前日です・・・・

当日、空気砲でものを倒す実験ショーでは、「先生、がんばれ」のコールをうけ、感激しました。

磁石の魚釣りは、ずっと熱中してやめない子たちがいました。

二面鏡をずっとのぞき込む子。

ビー玉万華鏡は、お母さんたちが「わー、きれい。ほし~~い。」

ごぼう袋ロケットをふわっと飛ばそうと頑張る子。

長風船をこすり、静電気でくっつく不思議の虜になる子。

虫眼鏡で、大きく見える顔に笑い転げる子。

 

科学遊びは、将来の科学学習の土台になります。
親子で科学遊びをして話すことは、科学的思考力を高めます。
体験は、体の奥、脳の奥に刻まれます。

こういう科学の活動をずっとやってきましたが、1~2才の子どもたちと楽しんだのは、私の財産となりました。
皆様のとりわけ子どもたちに感謝です。

園長先生が、「一番楽しそうだったのは、岡村先生でした。」と図星でした。

幼稚園の先生方、ボランティアの学生さんありがとうございました。

                

                小型の空気砲

 

                 磁石のさかな釣り

              ビー玉とアルミホイルのコロコロ

            三面鏡と平行対面鏡

            二面鏡 虫眼鏡

                 風船の静電気

 

             ごぼう袋ロケット 

 

                 ビー玉万華鏡

 

           

         無限の鏡

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

28年度立川市立科学教育センター閉講式 深い学びの一年間

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

一年間、楽しく、深く学びました。
今年は、「学校では、やらない実験ができて、よかった」「これからも、学び続けたい」など、感想文の発表がすばらしかったです。

記念講演はNPO法人おさかなポスト代表の山崎充哲さんの、多摩川のお話。心無い人が、外来種の魚をすてるので、多摩川が「タマゾン川」になっているお話が衝撃でした。未来のために、科学を学ぶものとしての課題を考えさせられました。

小町教育長からは、科学センターを卒業しても、科学を学ぶことや、もっと大きくなったら科学センターを応援する活動をしてくださいの言葉をいただきました。ありがとうございました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

教員向け 理科授業講座 大好評!

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

1月27日(金)北多摩西教育会館で、理科教育の講座(都教組立川地区協主催)が開かれました。
予想以上の参加者があり、熱心に受講していました。
講師は、中山和人先生(三鷹三小)と雨滝陽介先生(ダビンチサイエンス教室校長)で、さすがベテランのお話と実験披露でした。
「また、開催して!」の声が多数ありました。
私も、確信!!!でした。「また、やります!」

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダ・ビンチ サイエンス教室 1月講座、東大CAST 楽しい光エネルギーの実験

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

東京大学サイエンス コミュニケーション サークル(東大CAST)は、太陽光という自然エネルギーのすばらしさを知らせるために、様々な光の実験をやらせてもらいました。これからの時代、この子どもたちの未来には、太陽光エネルギーの社会が必要であることを考えさせてもらいました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダ・ビンチ サイエンス教室 1月講座、昭和第一学園自動車部が凄い

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

昭和第一学園高校の新屋敷先生が顧問の自動車研究部の車を見学しました。

ソーラーカーやリッターカー(ホンダ主催で1リットルでの走行距離を競争)で、全国優勝したハイレベルクラブです。

目の前の、本物を見て、触り、乗せてもらい。最高!!気分でした。目がランランでした。

また、金属を磨いて、キーホルダーをつくるモノづくり体験もやらせてくれました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダ・ビンチ サイエンス教室 1月講座、凄過ぎの感想

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

メイン講師は、坂元美智彦さん(株式会社 日本環境設計会長)

なんと!日経ビジネス 次代を創る100人の第一位になっていました。

孫正義さんやトランプ大統領、阿部首相を抜いての堂々一位!

映画 バック トウー ザ フューチャーのデロリアンを複製し、ごみ(古着)を発酵させたバイオエタノールで走らせたり、東京オリンピックの金メダルを廃棄する携帯電話の中に使われている金で製造する「カミカミプロジェクト」(古携帯拠出した人は金メダルをかめる特典付きということ)を立ち上げたりして、環境を守る企業活動をされています。

この世に「ゴミ」を死語にする。すべてをリサイクルさせる、循環型社会を目指しています。そうして、石油争奪の戦争をなくしたと話されました。 

質問したくても、感動のあまり、声が出なくなる子どもがでたり、保護者も「こんなスゴイ科学教室は、他にないです!」という感想をいただいたりしました。

(照れながら、自慢、「岡村先生の先見の明も、すごいです」・・・と、言われました。)(微笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立川サイエンスひとネット1周年 すごい天文講座やります!  

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

下のチラシのとおりですが、

わが立川サイエンスひとネットは、この1年で、ダ・ビンチ サイエンス教室を開校したり、あちこちに実験の「出前」をしてたりして、理科離れの克服や、「こだわりのある子ども」の才能発揮に取り組んできました。

独自開発の「ビー玉万華鏡キット」なども頒布したり、you tubeで「サイエンスひとネット チャンネル」を立ち上げ楽しい理科の動画をアップしています。

そして、ついに、今度の2月19日は下記のような講座を、立川市と立川市教育委員会の後援をいただき、昭和第一学園高校の共催で開催できるようになりました。昨年は、40人募集で何とか満席でしたが、今年は、180人定員で、すでに残席40となりました。

この急速な発展の勢いで、立川に科学館をつくる活動も飛躍させ、商業都市で成功している立川に、さらに、文化都市立川への興隆にも貢献したいと考えています。

子どもも、大人も、楽しく学び遊べる賑わいを、ごいっしょに作りませんか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立川科学センター1月講座 好評の静電気とイカの解剖

2017年02月05日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

益子仁一先生(立川自然と科学の会)による静電気の実験(静電モーターや自作バンデグラフなど)

不思議!なぜ?の連続

 

 

 

 

山崎晃一先生(立川第一小学校)による恒例好評のイカの解剖

子どもたち、奇々怪々

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講座「理科が大好きになる授業、理科の本質に迫る実験」

2017年01月26日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

 

1月27日(金)です!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

稲場彩美さん講座開催≪いよいよ来週♡携帯での写真撮影が楽しくなる講座♡能動的レスパイトとは?≫

2017年01月08日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。
    とても楽しそうに、生き生きと講座を開催されるので、カメラマンの稲場彩美さんのブログをシェア(コピー)させていただきました。稲場さんには、ダ・ビンチ サイエンス教室の撮影でお世話になっています。

いよいよ来週♡携帯での写真撮影が楽しくなる講座♡能動的レスパイトとは?

【携帯カメラ撮影のワークショップカナヘイきらきら小物のクラフトカナヘイ花とコーチング目線の子育て講座】

 いよいよ来週です

日時:2017年1月14日土曜日
場所:ガレリアサローネ
東京都立川市栄町4丁目43−11
https://m.facebook.com/galleriasalone/

時間は10:30〜12:00の予定。
内容は携帯での写真撮影が楽しくなる小物のクラフトと

コーチング目線の子育てプチ講座。
制作材料費とお茶代で参加費は1000円の予定です。
初回は和気あいあいやりたいので定員は3〜5人の予定です。(残席2)

ご希望の方はfacebookからメッセージ下さいねカナヘイうさぎ

予定が合わない方は2月18日も予定してますのでご予約どうぞ♪

 私の主催する講座では「能動的レスパイト」を意識したイベントとして開催していきたいと思っています。

 

「能動的レスパイト」とは?

「レスパイト」とは英語で「respite」一時的中断、延期、休養、という意味ですが、

日本では高齢者や障害者、乳幼児のいる家族が一時的に介護や育児から解放されて休息をとる、という意味合いで使われ、それらのサービスを「レスパイトケア」と呼んでいます。

普段の生活の中から一時的に「解放される」「休憩のため」という意識で参加してもらうことで意欲を高め、

誰でもない自分のための時間を楽しみ・学び、リフレッシュしてもらうことで

また日常に戻り、生き生きと講座での知識を実践していただきたいという想いから「能動的レスパイト」という言葉を提案・提唱していきたいと思います。

 私は特に

・発達障害・その他障害児を育てている人

・子育て中のママ

・働くママ

・起業家・これから起業したい人

を応援したい、参加してほしい!と思っているので、

そんな忙しい人が同じ時間を使うなら、ただ参加するよりも

有意義に「リフレッシュするぞ〜♪」と楽しんでほしいのです。

だから、楽しめて、学べる講座の2本立て♡なのです。

 『自らのビジョンを持って楽しむことで、次のステップをより良いものに♪』

 参加する方・参加を検討されている方は「能動的レスパイト」を頭の片隅に置いておいて頂けたら幸いです。

 当日はマスターと一緒にお待ちしてます♪

{E6EA18B7-6162-45A2-A9B6-36429BBE425B}

 私のお話が、これを見てくれたあなたの使えるなにかになれば嬉しいです。

励みになるので「いいね!」で応援お願いします♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センセイお助け「理科苦手ノリコエ」講座 1/27国立にて

2017年01月08日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

 new!!!

【シェア・拡散をお願いします】

   

中山和人先生と雨滝洋介先生の楽しい理科授業の講座を開きます。
・お二人の「お宝放出」の内容です。
・理科が苦手な先生方にも最適です。
・どなたでも、予約不要・無料で参加できます。
・講座で聞きたいことを、コメントに入れてください。

・おみやげ有り。(SDカードをご持参ください。)

【私としてもかつてない「大型企画」で久しぶりのワクワクです。 心ある方々、シェアをよろしくお願いします!】

主催 都教組立川地区協
共催 北多摩西教育センター(センター長 雨滝洋介)
協力 立川サイエンスひとネット(代表 青谷典子)

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急きょ!お正月「音声プレゼント」!!面白~い火山の話

2016年12月30日 | 立川に科学館を。市立科学センター紹介。

 

以下、ブログ「立川サイエンスひとネット」青谷典子さんの記事を転載しました。

この記事は、下記サイトからのコピーです。下記もご覧ください。

 http://ameblo.jp/bunka-kagaku/entry-12233293336.html

 

急きょ!お正月「音声プレゼント」!!

https://24auto.biz/hito-net/touroku/entryform6.htm

2016-12-30 15:47:15NEW !
テーマ:

1年前のこの企画

「元旦におもしろ~い火山の話」音声プレゼント!

https://24auto.biz/hito-net/touroku/entryform6.htm

 

再放送!やります!

 

1月1日と2日の夜(20:30頃)

2夜連続でお届け!

 


私は2015年の夏から秋にかけて「エフエムたちかわ」という
ローカルラジオ局で岡村幸保先生と
「科学のひろば」という30分番組に出演していました。
 
・飛行機の話
・バランスの話
・再生可能エネルギーの話 
 
ときにはラジオで実験をしたり、
ゲストを呼んで一緒に私はリコーダーの演奏もしました(^^)

以上のような内容全部、私と岡村先生がシナリオも書いて提供していました。
 
楽しい科学をたくさんの子どもたちに伝えたい!
私が「立川サイエンスひとネット」を立ち上げる原動力になった番組でした。
 
その中から「火山の話」を再現して録音し、
1年前の2016年1月1日に期間限定で公開しました。
 
そのときにとっても嬉しい感想をいただきました。
 
新年あけましておめでとうございます。
 「おもしろ~い火山の話」聴きました。
 
6年生の理科で大地について学習します。
 地層は何とかなりますが、火山の学習には難しさを感じます。
 体験できないからです。
どう授業したらいいかなと思っています。
そんな思いで「おもしろ~い火山の話」を聴きました。
 
 日本列島は、4つのプレートの喧嘩の場所。
 日本列島は、火山によってできた。火山が日本をつくった。
 岡村先生の言葉。なるほどなあと思いました。
 
そして、ペレーの涙、ペレーの毛もネットで確認しました。
 「子どもたちに伝わる言葉」やびっくりする事例を教えていただきました。
 楽しかったです。
 
 火山の国→山の傾斜が急→川(水)の流れが速くてCaやMgが水に溶け込まない軟
 水となる→
軟水だと昆布やカツオのだしがよく出る→日本食が美味しくなる
 なるほどなあ!と思いました。おせち料理が美味かったはずです。
 
すぐに誰かに伝えたくて妻に話しました。
 妻の横で聞いていた母は「ははー、そうなん。」と驚いていました。
 軟水と聞いて、ピンときたのですが、岡村先生も日本酒のことをおっしゃっていまし
 た。
 日本酒もそうですが、和紙など紙漉きにも軟水は重要です。
 福井には越前和紙がありますが、軟水だからこそ成り立つ産業(他の要素もあります
 が)です。
 和紙には水に塩分が含まれていると、時とともに赤く変色してしまったり、
 金属と化合して錆を生じたりするそうです。
 
火山国日本だからこそ、日本食が美味しい。
 火山国日本だからこそ、障子や襖の文化が生まれたのだろう。
お話を聴いて思いました。
 
 学校が始まったら、子どもたちや若い先生に話してあげたいです。
 
立川サイエンスひとネットのおかげで、楽しいお正月になりました。
 
立川サイエンスひとネット頑張ってください。
 2016年が青谷さん、岡村先生にとって良い年でありますように。
ありがとうございました。
 

 

この感想を送ってくださったのが・・・
 
1年前のこのメールに私も岡村先生もどれほどの勇気をいただいたことか。
 
昨日、竹村先生から美しいお写真をいただいて、
1年前のこのメールを思いだし、原点にかえろう!!と
急きょ、再放送!音声プレゼント企画!となりました。
 
竹村先生、あらためて、
ありがとうございました。

 

1月1日、2日 2夜連続 再放送!

「おもしろ~い火山の話」音声プレゼント申込みはこちらから!

https://24auto.biz/hito-net/touroku/entryform6.htm

 

 

 

火山イラスト フリー に対する画像結果

 上記の記事は、下記サイトからのコピーです。下記をご覧ください。

 http://ameblo.jp/bunka-kagaku/entry-12233293336.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加