我楽多BLOG【完】

長い間本当にありがとうございました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ガンダム SEED DESTINY、終わった・・・のか?

2005年10月01日 20時46分10秒 | ガンダム
ガンダム SEED DESTINY、ついに終了。

どうでもいいけど、ピンクザクが参戦してたよ!
やっぱりあれか?ミーア2号がパイロットで、歌が武器なのか!?
私の歌を聴け~っ!!って感じなのか!?


さて・・・。
今日でついに50話全て終わりました。
なんか、全部通して25話くらいのボリュームに感じたのは俺だけ?

■桑島法子がデジャビュを感じてる件について
→前作同様に最終回で、桑島が声を担当しているキャラが
アストラルボディー(当然裸)で主人公と邂逅。
しかも、つい先日終わったアクエリオンでも同じように
裸邂逅シーンが・・・。
アクエリオンでは感動したが、こっちはあまりに薄っぺらい・・・。

■自分を殺そうとした男をそれでも抱きしめるルナについて
→それでいいのか!?

■ルナマリアがそういえば生き残った件について
→6月くらいからずっと死亡説が流れ、色々あったけど何とか生存。
まあ、これでルナが死んだらシンに救いが無いからな~。
ある意味シンがあまりにダメダメだったので、せめてもの情けとして
生き残らせてもらった感じ。

■シンと戦った後のアスランないがしろだった件について
→シンを倒した後、シンともうちょっと絡みがあっても良かったんじゃ・・・。
せっかく倒したのに、台無しだよ・・・。

■カガリ出ず
→冒頭でチラリだけ。今後の世界のキーマンのハズなのに残念。

■ザフトの船だ!あれは!
→笑いました。

■お母さん
→アムロの最後の台詞と同じ(意味合いは違うけど)。
どうやら
「レイはクルーゼのクローンでタリアが出産した。
デュランダルと別れた後別の男と児をもうけたが何かの理由で離婚、
傷心を紛らわすために元彼と不倫、そのとき借り腹を頼まれた」
ということらしい。


ふう・・・。
だめだ・・・。ツッコミどころがたくさんありすぎる・・・。
そうそう、また多分「スペシャルエピソード」があると思うから
後日談はそれを見ろ、ということなんだろうなあ・・・。


まあ、今日が最終回ということで、各キャラの「今日の活躍」に
点数をつけてみよう。今までの活躍は置いておいて、とりあえず
今日だけの点数。

100点:キラ様
→ハイスピードバトルの中心視点として画面支配率が最も高く
見どころが一杯。
前作最終回では舌戦でメタメタにされたが、今度はある程度
相手をやり込めることができたし(いや、できてないか?)
物語の本流であるギル×レイ×タリアというトライアングルと
最後の最後で絡めたのが、最もポイント高し。

90点:ギルバート・デュランダル最高評議会議長ワォ!!
→まあ、可も無く不可も無く。味方ごと撃つ点がラスボスとして
点数高い。信頼していたレイ君に撃たれたのも点数高い。
負け惜しみにしか聞えない最後の演説がマイナス。
作品を通じて、最後までシャアの声を活かしきれてなかったなあ。

80点:タリア
→最後の最後でうまく締めた。(くれぐれもデス種という作品
そのものがうまく締められたというわけではない)
タリアから後を託されたアーサーが、タリアが誰の所へ向かおうと
しているのか理解した上で、もう少し頑張った演技をすればポイントは
もっと高かった。
真顔で「お気を付けください艦長・・・。メサイヤ付近の戦闘はまだ
収まっておりませんので・・・」とかね!
気の利かないダメな副長を持ってしまったのがそもそもマイナスか。

80点:マリューさん
→グラディス艦長へ敬礼!!
タリアが最後に言葉を託したのもマリュー。
アーサーと違って「タリア-マリュー」ラインは信頼感バッチリ!

75点:ムウさん
→主義主張での戦いには一切参加できなかったが、物理戦闘シーンの
かっこよさだけでこの点数。
アカツキのプラモが欲しくなった。
どうでもいいけど、MASHさんの息子さんの名前もムウというらしい。
漢字でどう書くかは忘れた。

70点:イザーク(ツンデレ)
→今日全ての台詞の中で「ザフトの船だ!あれは!」が最も
印象に残った(笑)
あとは、なんだかんだ言いながら、うまくアークエンジェルや
エターナルを回避させたこと。
この二つだけで、合格ラインの70点。



・・・さて、ここまでは何とか合格だが、以下の連中ときたら・・・。


50点:アスラン
→シンを倒したのに、何のフォローもなし・・・。
ルナを助けたのはポイント高いが、ある意味ポイントを
下げた点でもある(笑)
グレートブースター(byグレートマジンガー)でネオジェネシスやら
ミネルバを撃ったシーンは笑った。
一応初回から登場している準主人公のハズなのに、最後のシーンで
絡めなかったのがダメ。
そして、アス×カガの行方は!?メイリンどうすんの!?

40点:レイ
→「ラウ・ル・クルーゼだ!」と言い切る戦闘シーンは良かったが、
議長を撃つ理由が全然説得力ない。ダメ。
最終回前の話のタイトルが「レイ」というのも意味がわからない。

30点:カガリ
→一瞬しか出てない。でもまあヘタな行動や言動によりポイントを
下げてもいないからこの点数。
しかし、結局オープニングの下着姿はなんだったのか?

15点:ラクス
→前作最終回同様に種割れするが、活かしきれていない。

10点:ルナ
→自分を殺そうとした男を(以下略)

5点:黒い三連星
→登場当初は、レイかシンあたりにやられると思ったのに・・・。
最後まで残ったのが一番のマイナス(笑)

0点:虎さん
→出番なし。

0点:ディアッカ
→出番なし。

-1000点:シン
→もはや、何も言うまい・・・。


いやー、それにしても長かったなあ・・・。
この一年間よく続いたもんだ、この作品。
それにしても、しばらくこの作品への批判は続くんだろうなあ。
各キャラに対してそれぞれ「各キャラに応じた色んな角度からの
フォロー」が、あとほんのちょっとでもあれば、個人的には名作
だと思うが。
それが今後DVDで発売されるのを期待して、終了。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋のG1戦スタート!スプリ... | トップ | 現場も大変だ・・・。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あっ本当ですねww (アニメ堂)
2005-10-02 15:03:35
こんにちは、アニメ堂と言います。

いやぁ~注意して見てみると本当にいましたねピンクザク。もしかしてマクロスのミンメイみたいに歌で解決って?SEED120%のタカハシさんの意見が反映されたのか?でっでっデカルチャー(マテ)

まぁ、実際はそんなことではないですが^^;

でも戦場にあんな目立つカラーリングのザクがいたらイイ的(まと)なんじゃないかな?
こんばんは! (SJP)
2005-10-03 02:21:01
カラーリングは戦場では重要なんでしょうが、

ガンダム世界では結構ないがしろにされている

ポイントですよね。

(アポリーとロベルトも黒のままにしておけば

目立たなくて撃たれないのに・・・)



それにしても、デス種の感想を一言で言うと。

「ヤック デカルチャ!」

あわせて読む