のんびりぽつぽつ

日常のこと、本のこと、大好きなこと・・・
いろいろ、と。
のんびりと。

舞台 子午線の祀り

2017年07月16日 20時59分16秒 | 舞台、とか 音楽、とか。
世田谷パブリックシアター
13:00開演 補助席

成河さん目当て(笑)
花ドクロで初めて知って、ホントに驚いた成河さん。
彼に掴まった友人に誘われて(あははっ)とても久しぶりの世田谷パブリックシアターでした。

平家物語の世界。
本の世界を基軸に朗読劇のように舞台上に持ってきて、そこに能や狂言の世界を足して作り出されたとても不思議な世界。
正直、古文のまま語られる言葉は分かるけれど感覚として自分の中に落とし込むのは大変で、まるで学生時代の古文の授業中のような状態(笑)
動きも文章を理解しやすいように動くだけのような感じもあって、内容は濃いんですが、どこまで受け取れたかというと…

苦戦しながらもそれでもほぼ4時間になる長丁場な作品を「長い」とは感じずに観られるのは、さりげなく笑いが混じって気持ちを楽にしてくれる所や、これはホラーですか!?な怖い所や、メリハリがある巧みな作品作りだからでしょうか。

そして成河さん演じる義経がなんだかすごーく実在の人物として感じられたこともあるかもしれない。
彼が登場するとちょっとイライラしたり困った人だと感じたり苦笑したり、一瞬、てんまお~!な時もあったりもしたな。ラストの残酷さはかなり引きぎみになって今まで映像などで見てきた義経とは少し違う、でもそこに確かに存在している彼を不思議な気持ちで見ていました。

あ、だからやっぱり全体的にはこの舞台は「不思議」かな?

見終わっていま、後からくるじわじわ感を楽しんでいます。
パンフ、買ってくればよかったかなぁ(^^;

もうひとつの目的だった、世田谷パブリックシアターで今までに上演された作品のポスター展は。残念ながら主宰作品のもののみだったらしく、「ドリアングレーの肖像」は年表にはあったけれど「GOD SPELL」なんて年表にも載ってなくてがっかり。
でもきっと、実際に見た作品のポスターを見られたら嬉しいだろうなぁ、と思います。

暑い暑い休日。
楽しい時間でしたo(^o^)o

そろそろここでなにかやってくださらないかなぁ。山本さん~!

『演劇』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月の読書 加納朋子さんが大... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。