のんびりぽつぽつ

日常のこと、本のこと、大好きなこと・・・
いろいろ、と。
のんびりと。

10月の読書 思うように読めない日々だけど

2016年11月01日 14時12分28秒 | ★★★毎月の読書まとめ
それでも。
それぞれの本は一つ一つとても楽しみましたです、のよ(笑)
大好きな素子さんの新装完全版だってついに読んでしまいました、のよ♪
不思議なもので、コバルト文庫でずっとずっとくり返し読んできたこの「星へ行く船」シリーズが、
こうして素敵な単行本サイズになって帰ってきたら、何だかあゆみちゃんや太一郎さんが大人になって戻ってきた~って感じがして、
すごく改まって拝読いたしました、のですよ。
大人になって・・・
初めて読んだときの私は高校生。この2人、、とくに太一郎さんなんてとんでもなくしっかりとした大人の人に見えたのに
今は、、、ねぇ?
でもほんっと幸せです。長く追っかけてる冥利に尽きるんです。

カレンダーガールが今月だ~トーク関連どこかで行きたい~と思っていま頑張ってる~♪←複数あると勝手に決めた!

綾辻さんや東野さんは本当に読み応えある作品でのめり込んだし、
初作家さんな朝井さんも考えさせられるものが多々ある良作でした。



2016年10月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2207ページ
ナイス数:787ナイス

世界地図の下書き (集英社文庫)世界地図の下書き (集英社文庫)感想
初作家さん)ちゃんと自ら考えてやり遂げようとがんばる。彼らにとってそれは様々な意味をもち、そして、立ち止まったら駄目なことだった。大間違いもして叱られもして、悔しくて辛くて残酷で。でも何があっても。希望は減らない。どこに行ってもぶつかっても逃げだしても。減らないものを信じて。様々なものが最終章に一気に収束されて心を揺さぶられた。でもそこに至るまでの物語がまた決して妥協しない厳しい現実。中心の子たちを代表にして描かれるのはすぐそこにある現実。この5人のこの先に幸あれ。道の広さはかわらない。私も信じたい。
読了日:10月28日 著者:朝井リョウ
掟上今日子の遺言書掟上今日子の遺言書感想
図書館本)ん~。厄介くん再登場。そしてやっぱり彼をニガテとする私にはかなり…。あ、いや、それが厄介くんなんですけどね。ぶれないね~君は!お話はかなり理解に苦しむ点もありつつ、でもこの時代、無いとは言えない…んじゃね?(エセ中学生ことば←無理有りすぎ!)とも思って背筋が寒くなる感覚も覚えるものでした。今日子さんの忘却探偵としての仕事の仕方のひとつが特徴的に表れてる終わり方だな、とも。で、ラストがズルいよ。次巻がキニナルじゃないですか。なんだかんだ思うけどやっぱり一度は止めた図書館予約をしましょうか。
読了日:10月27日 著者:西尾維新,VOFAN
星へ行く船シリーズ2通りすがりのレイディ星へ行く船シリーズ2通りすがりのレイディ感想
レイディ。太一郎さん。あゆみちゃん。ある意味このシリーズのとても重要な部分をも含むこの2作目。それは先のお話なのだけれど、そして再読し続けてきたシリーズだから、別に改まってそんな所を気にすることなどないと思ったんだけど。。単行本だからかなぁ?すごく今回はそこが気になって。ああ、レイディの旦那様、、2、3年は火星には来れない、、なんて部分で色々考えてしまった。そして本編は。非常にライトに描かれていますが、実はとても酷く厳しいことを題材にする、作品です。何回読んでもあのディスクの部分は胸が悪くなるのに、(続
読了日:10月23日 著者:新井素子
星へ行く船シリーズ1星へ行く船星へ行く船シリーズ1星へ行く船感想
まずは一言。感無量…。それはあとがきを読んで更に強く感じた。そうだった。星へ行く船シリーズは素子さんこれがまだ2度目の「あとがき」なのだ…。そして本編は。コバルト文庫で覚えてしまうほど繰り返し読んで来ているこの物語。なのに改めてきっちりと楽しんで、そして不思議なんだけれど、あゆみちゃんと太一郎さんが大人になって帰ってきたなぁ、なんて読み始めに感じてしまった(笑)なんでしょね?この気持ち。高校生だった私を本を読む楽しさに引き込んでくれたこの作品が、長い時間を経て改めて発売された、その大きさを感じています。
読了日:10月17日 著者:新井素子
祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)祈りの幕が下りる時 (講談社文庫)感想
幕が、下りた。様々な、それぞれの、色々な幕が。ほぼ半分を一気読み。人の一生。波瀾万丈とかいう言葉では表せないその時間を、ひとつひとつ追いかけてひとつひとつ知っていく。刑事という仕事を描く沢山の作品が在るなかで、このシリーズは別格。今回はその本人の大きな問いにも答えがでて、けれどもそれは終わりではなく。次の幕が上がってまたそれぞれの物語は続くんですね。彼のこの先をこれからも知りたい。でもこれが最終巻でもいい。少しの動揺と、そして少しの安堵感を抱きながら考える。捜査一課に戻った彼も見たいけど、ね。
読了日:10月8日 著者:東野圭吾
人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)感想
騙された。いや、始めは「おやこれはあのパターンかな?」と思い読み進め、途中までは私にしては珍しくこれは正解ではないか?なんて思っていたのが…島田潔。館シリーズでの彼に魅了されちゃってるミステリ読みしない(できない)私は…あっという間に騙されました(^^;彼が出てきたらもう、やっほ~♪でそっちにどんどん突き進み。ラストでの謎解きに「やられたー!」だったのでした。心は怖い。でも、読んでいてとても面白かった。その終わり方もまた今後、彼と彼とが出会ったらどんな話をするのか?などと考えるとどきどきして。大満足!
読了日:10月4日 著者:綾辻行人

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クライマックスシリーズ1st 第2戦

2016年10月09日 23時24分15秒 | ☆☆野球@G党


10月9日 14:00~
対DeNA 2戦目
2階席1塁側上の~ほうっ!
一番遠かった、かな?


ってか。
あれ?確か前回ラスト、とか言ってた人は、、ワタシ、ね。
下の子がチケット当てまして、日曜日なら行かれるよ、という誘い言葉には逆らうことができませんでした(笑)

これがホントに今シーズン最後のG観戦。
ドームに着いたときから妙な球場の雰囲気になんとなくヤな感じ。
ここはホーム球場よね?と思いつつ座席にいくと。
2階席から見渡せる「色」の割合は、、ほぼ、半分こ?
3塁側はほぼ「青色」?
そして、、

声援の声の音量は……
正直負けてる。どーかんがえても、贔屓目に聞いても…あちらの方が抜群に大きく勢いがある…

試合もね。
なんだか2階席だし錯覚だろーけど
どこかこちらのが元気がなくて押されてる感じがして、
悪夢の1点献上の時は目の前まっくら。

だけど踏ん張った!
坂本選手の同点ソロホームラン!!!(感涙&大興奮!!!)
で、何かが変わって。
その後も完全に投手戦でこちらなんてずーっと安打数はそのホームランの「1」だけ状態だったけど、
応援もこちらの攻撃時にあちらのピッチャー応援コールに負けそうになったけど、

頑張った!

気分はDeNA応援団に敗けてなるか~!!!
ここは東京ドーム。こちらのホームじゃ~!!!!!(笑)


あくまでもワタシの主観。
それにこれはペナントレースじゃなくてクライマックスシリーズ。
初参戦のあちら側が盛上がるのも凄くよく分かる。
だって、嬉しいよね。感動だよね。
ファンだもん。
このチームを力一杯応援してるよ!
のファンだもん。

それはこちらも同じだからね。
お互いに
相手に負けたくないんだねー。

2階席だけど、声が枯れるほど叫んじゃいましたよ。




結果。
坂本選手の2塁打から長野選手の勝ち越し打になって、マシソンがきっちり(一瞬青くなったけど)押さえてくれて、

勝った~!
もう、最高の、、、勝ち試合!!!

嬉しかった~!
とってもホントに嬉しかった!
これで明日につながった!


ホントの私の今シーズンラストの試合は、個人的に観たかった場面を全て見られて、ものすごく幸せな試合観戦になりました。


2階席からはヒーローインタビューもこんな感じで観られて楽しい♪
田口投手と長野選手!




今回のドームグルメはホットドック。
さすがにお昼から選手弁当はボリュームありすぎまして。



そして、下の子と夕飯で祝杯。
坂本選手がハンバーグだってことでふたりともこのメニュー(笑)


ドームを最後の方であとにしてその後、、



散々迷って迷って迷った~けど、買ってしまった。
ビジターだけど坂本選手のレプリカユニフォーム。。
ホントはね。
ホームの方が欲しくてね。
シーズン中から迷っていて。
でもなかなか簡単には手を出せないお値段なこともあってここまできて。

あること(某舞台の楽日ダメだった~)をキッカケに、
あらならばこちらが買えるわ!
こちらも大大満足だしっ!

と、ドームに着いたときからお店を見回し。
そしたら。
甘かった~!
人気選手のレプリカユニフォームはすでにほぼ売り切れ。特に坂本選手は特大sizeのみ。。

だったんで、試合前は1度あきらめたんですよ?
だけど、こんな最高の試合、活躍を観た後では…

ビジターだっていいじゃない!いつか欲しかったんだから~~\(^^)/

と。

買ってしまいました、さ!
完全に、や、それでもちょっと、は冷静さ、も残した?
衝動買い!!

あとね、150本塁打記念の図書カードも追加でね。←こっちは完全に衝動買い。図書カードってところも魅力だったのだ。絶対に使えないけどね~(笑)


さあ、今日は第3戦。
泣いても笑ってもここで決まる。
また息が詰まりそうだけど
応援しましょ!

で、信じてとにかく祈りましょ!
胃が持つかしら~とか思いつつ~(祈)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月の読書 ペースダウンも甚だしい・・ね?

2016年10月03日 14時47分37秒 | ★★★毎月の読書まとめ
全然読書ペースが上がりません。
軽めの活字本ばっかりでこのペース。
そしてラストの2冊はコミックなんだけど、、
懐かしの清原なつのさんなんだけど、、、
案外こちらの方が読み応えがある歴史物2作プラス短編。
「光の回廊」は隅々まで読んで理解しようとするととても時間がかかったのでした

しっかし、描き込む漫画家さんの作品を文庫版で読むツラサ。。を味わってしまう今日この頃~~~~

2016年9月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1978ページ
ナイス数:886ナイス

光の回廊 〔文庫〕 (小学館文庫 きF 1)光の回廊 〔文庫〕 (小学館文庫 きF 1)感想
表題作はとても切ない物語。その時代の権力者であることの悲哀もだし単純な男女の恋愛としてもまた同じ。これは初読だったので次はどうなるか?とハラハラしつつ、清原なつの風の独特のゆるさも楽しみつつ読むことができました。他の作品は昔懐かし作品で(w)題材の「差」がまた面白いかな。清原風味が隅々まで行き渡っていてなかなか楽しめる1冊でした。
読了日:9月24日 著者:清原なつの
飛鳥昔語り (ハヤカワコミック文庫 (JA843))飛鳥昔語り (ハヤカワコミック文庫 (JA843))感想
懐かしい。とにかくひたすら懐かしい~!「飛鳥昔語り」は昔からホントに好きで何度読んでもふわぁ~~っとラストで不思議な感情に包まれる。この人の描くSFの特徴、かなぁ?アレックスも重なるのです。他の短編また、ほろ甘く切なく、、いま読むと非常にこそばゆくもあるけれど包まれる空間が懐かしい。少女マンガなんだよなぁ。ある意味照れる(笑)
読了日:9月21日 著者:清原なつの
魔女のスープ: 残るは食欲 (新潮文庫)魔女のスープ: 残るは食欲 (新潮文庫)感想
楽しいこともヤなことも何だかてんこ盛りな今月。選んだこの一冊は最高でした。美味しくて可笑しくて楽しくて、肩の力がふっと抜ける。そして何よりも。お料理そのものをもう少し楽しみたいな、という気持ちがムクムクとわいてくるエッセイ集。とりあえず買ったはいいけれど余り量を使わず残ってしまって困ってる(長いな(笑))練りごまで美味しいごまだれを作ってみよう。ホットドックは読んだ途端に作ったしシンプルじゃが玉も美味しそう。。なんて、料理本より台所に立ちたくなる一冊でした。
読了日:9月20日 著者:阿川佐和子
ことりっぷ 伊香保・草津 群馬 (旅行ガイド)ことりっぷ 伊香保・草津 群馬 (旅行ガイド)感想
今年は幹事だ!ってことで、買ってみる。基本は押さえられているのかな?あとは行ってなんとかなるかな?
読了日:9月16日 著者:
バリ3探偵 圏内ちゃん: 凸撃忌女即身仏事件 (新潮文庫nex)バリ3探偵 圏内ちゃん: 凸撃忌女即身仏事件 (新潮文庫nex)感想
うむむむむ…今回はいつも必ず下向きに引っかかる部分が更に強く引っかかったかなぁ。。忌女さんたちそれって…。事件は順調に解決していると見せかけてラスト、ひっくり返った一番のポイント部分を圏内ちゃんが解いて大団円(?)となるものでした。次作で圏内ちゃんが「圏内ちゃん」になってしまった理由が明かされる、のかな?そこが気になって読んでいるから次作もきっと手にします。
読了日:9月8日 著者:七尾与史
幻影の手術室: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)幻影の手術室: 天久鷹央の事件カルテ (新潮文庫nex)感想
今回は長編。そして鴻ノ池舞@元気印な研修医さんがまさかの殺人の疑いをかけられてのはらはらドキドキな展開。これに当然鷹央先生が乗り出して、小鳥先生が心配して多少不本意に感じながらもきっちり鷹央の手足となって働く。もうど定番!といっていい展開に満足。これを望んで開く作品なので(笑)すっかり安定の面白さ、といっていいシリーズになったな、と思う。そしてただのドタバタじゃなくて、ラストにきちんと彼らの心情を描いてくれているところが嬉しい。命。ジャンルが推理ものであってもそこは飛ばしてほしくはない部分だから。
読了日:9月6日 著者:知念実希人
ハケンアニメ!ハケンアニメ!感想
再読)チヨダ・コーキと黒木さん。この二人を知った上で読んだ今回は。初読で感じたこと以上に前のめりになった読み方だった、かもしれない。基本的に3人の女性に焦点があたっている物語。アニメーションを作る、ということがどれだけ困難の連続で、でもどれだけ充実感を得られる仕事かをさりげなくキッパリと描ききっていて、この業界を全く知らない人たちでも惹かれるものがきっとあるんじゃなかろうか。もっと王子&香屋子ベアの現場を見たかったしハケンをとってもらいたかったなぁと欲張って思うんだけどそこはコウちゃんの存在が大きい(続
読了日:9月4日 著者:辻村深月

読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京ドーム ラスト観戦(の、はず…え?)

2016年09月29日 22時36分48秒 | ☆☆野球@G党



28日18:00開始
東京ドーム
対中日戦
ライト側外野席(前回と似た場所。更に今回はビックフラックを持って振れるところ~)

一夜明けて、今朝はもっぱら日ハムのリーグ優勝が大盛り上り、
そして夜は夜で、ハマの番長さんのラスト試合に大盛り上り。。(加えてこちらの本拠地ラストはまたまたまたまた逆転負け…)
それでもなんでもいいのいいのっ


昨夜の興奮をここにとどめておくのです(笑)
一日経っちゃって今更~ですけど、ね。今年これだけは、と思った数少ない一つ。ワタシキロク、ね。



今回の座席は前回味をしめたビックフラックの、更に縁を持っておもいっきりバサバサとできるところ。
そして応援団のペットの方々が近くて、これもまたとてもステキな座席でした。
久しぶりに先発メンバー発表からずっと居て、だから最初から歌って手をたたいて騒いでいたわけで。

両チームともに攻める回が長い試合。
なので、こちらが守る時にこんなこともしてました(笑)



可愛いでしょ~。坂本&亀井マスコット。なにやら会員ポイント貯まると??かな??もらえるものです。(当然下の子が~)


試合はとにかく打つのに取れないパターンの連続。
盛り上がっては盛り下がって着席…が何度もあったのは、スコアボードの安打数を見れば想像できるものだったけど、
でも、ね。

終わりよければ全て良し!



小林のヒットで湧いたドームで、サヨナラ勝利とリーグ2位確定を素直に大喜びして参りました。
あ~楽しかった~~~。


亀井のライト、長野のセンター守備も初でしかも私のスマホでここまで撮れて


更に立岡選手も代打で安打で出たから
「ライト長野センター立岡レフト亀井」っていう久しぶりの布陣もこの目で観ることができてとっても嬉しい

坂本選手もヒット打ったし。。うん。


うん。はい。
終わり良ければすべて良し、です 単純



迷ったドームグルメは、、今年最初に食べ損ねた(下の子が選んだからね)亀井選手弁当。
これ、一番好きかも~。とっても美味しくて確かに「老若男女」好きだと思いましたでする
下の子は坂本選手弁当。こちらも「これがとっても好きだ~」と喜んでました


そして最後に。

22番ゲート前で待ち合わせして入場したら、こんな場所に行き当たった。

えー?なにこれ~~!?
ということで、最後の最後にパチリっと撮ってまいりました。

坂本選手、首位打者絶対に!
そして菅野…悔しい一年だったろうなぁ、、と思いつつ、しっかりがっつり応援したよ!

4時間38分の長い長い、長い試合。
応援しがいがあって、非常に嬉しい夜になりました。


さあ、次はクライマックスシリーズ1stステージ。
ドームでの観戦予定は今のところないけれど、応援はがんばりましょね~(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2位確定を見届けた~!

2016年09月29日 01時34分39秒 | ☆☆野球@G党



4時間38分の試合を
初めのはじめから観戦して

ヘトヘトなんだけどコーフンして眠れない~(笑)


いやぁ、ほんっとによかった。
ほんっと、よかったぁ~\(^^)/



と、とりあえず書いて気持ちを落ち着かせて(?)
あとは明日以降!!

おやすみなさい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年09月20日 07時31分07秒 | ぽつぽつぽつ



若い頃集まっては楽しんだ旅。
それを復活させて、これで3回目。

今回は私が幹事で伊香保温泉へ。
3○年ぶりの旅館に泊まって
榛名湖周辺めぐって
美味しいもの食べて
しゃべって笑ってしゃべって更に大笑いして~

とにかくこのメンバーだと全く気兼ねしなくてそのまんまの自分でいられるね

という旅をしてきました。

お天気がかなり残念だったけれど
でもとにかく。
私たちはおしゃべりできればそれが一番なの!(笑)


2年間を同じ釜の飯で過ごした仲間。
ほぼ家族(ある部分、それ以上?)な、大切な人たち。

来年もまた元気に会おうね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月の読書 辻村深月さんに改めてハマるかも

2016年09月12日 22時14分23秒 | ★★★毎月の読書まとめ
図書館→本屋さんを久々にやらかした。
スロウハイツの神様は、そんな作品で、そしてそこからつながるあれこれに手を出してしまいそうになっているわけで。
ここのこの人はあっちの人だ、とか判ると、以前読み終えていた「ハケンアニメ」も読み方が変わるんです。

私はとことん作中の誰かに寄り添って読むタイプ、なんだなぁ。とか思うわけです。コウちゃん!


2016年8月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2515ページ
ナイス数:1035ナイス

V.T.R. (講談社文庫)V.T.R. (講談社文庫)感想新書版・図書館読了本)再読)いや、いい!いいですね~!この文庫本の装丁っていうか作り方。細部までちゃんと代々社文庫でチヨダ・コーキ作。裏表紙に奥付までキチンとある~!新書版は返却カウンター前で仕掛けを見られることに気が付いた迂闊者でどこまで作り込まれていたかわかんないんですが(カバー裏表のみ)この文庫の作り、大好きです(笑)物語は私にはなかなか厳しい世界だけれど、ペロッチが出てきた所からがぜん加速!前のめりに読み終えられます。そして環の解説に、なぜ私が苦手と感じるかの理由を見つけて納得。そして(続読了日:8月30日 著者:辻村深月
スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)感想再読)図書館の新書版で読み終えて文庫を本屋さんで手にして。短い期間で2回目となったこの物語は再読だからこそよりくっきりとそれじれの輪郭が分かって、初読よりももっとたのしく読めた。今回気が付いたこと。私はコウちゃんの話しことば、というか話すときのことばの選び方が好きなのだ。個人の名は呼び捨てなのに他はキチンと敬語っていう「形」もそこにあてはまる「言葉」も。スロウハイツの中に一緒に流れた時間とその後に別れて進んだ時間。色々な事を回収して気持ちのよいラスト。大満足で読み終えて、この先をもっと知りたくなった読了日:8月26日 著者:辻村深月
スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)スロウハイツの神様(上) (講談社文庫)感想再読)図書館(新書版で読了)後、本屋さんに走る、を久しぶりにやらかして(笑)文庫本購入。知った上で読む今回はなるほど…と頷く場面も多いし背景を理解してるので落ち着いて読める反面、後半になるにしたがって、莉々亜の言動と黒木さんの動きへの不快感というか理解できない部分が際立って感じられて困った。先を知るからこその読み方。とても面白くそしてもどかしい。狩野さんは(初読では謎の人だった!)にやにやしつつ追いかけている。上手いなぁ。なるほどね!読了日:8月19日 著者:辻村深月
るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之26) (ジャンプ・コミックス)るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之26) (ジャンプ・コミックス)感想再読回数不明本)下の子がいま再読していて、リビングに放り出してあったのをつい、ね。つい。そーか。ここか。左之助の家のお話から巴。薫。。剣心の笑顔が久しぶりに見られる巻。アニメを京都編からたまたま観てハマり、大人買いしたこの作品。また初めから読みたくなるではないかー!(笑)読了日:8月17日 著者:和月伸宏
凍りのくじら (講談社文庫)凍りのくじら (講談社文庫)感想予想外の物語。一字一句を丁寧に読まないといけない、と何だか思ってしまったらスコシ読みにくく、もしかしたら、まだ理解しきれていない。スローハイツから遡ったので彼女の生きてきた時間に驚きすぎたのかも。でもだからこそ、あの写真も撮れたのだろうな。心の内のつぶやきがどこかで自分にも繋がっている感じがして前半はとにかく息苦しくてたまらなかった。後半は、その仕掛けに何となく気が付いて一気に目の前が開けた感じがして、ほぼ半分一気読み。でもまだ読み終えてない感覚もあり何とも言い様のない読後感。読了日:8月13日 著者:辻村深月
「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド「守り人」のすべて 守り人シリーズ完全ガイド感想「春の光」目当てで購入。ネットで数ヵ月待たされました。このシリーズは基本文庫本で読んできたのでたくさんの挿し絵を楽しみました。目当ての短編はタイトル通りの穏やかさが溢れていて、でもその中に「命」に対する重いものをも含ませていて、ああ、バルサとタンダだなぁ…帰って来たなぁ…と思い静かな感動。穏やかなふたりの暮らしを描いて貰えたことがとてもほっとして嬉しいです。読了日:8月6日 著者:上橋菜穂子
ドクターぶたぶた (光文社文庫)ドクターぶたぶた (光文社文庫)感想待っていましたぶたぶたさん!今回は遂にドクター!しかも心療内科とかじゃない、ちゃんと執刀する内視鏡のスベシャリスト!?確かにぶたぶたさんならとっても器用だしな、と思いつつ読み進めると。そうか。いつになく「ぬいぐるみであること」の苦味も描かれておりました。そこが苦しくもありながらでも。ぶたぶたさんはそのまんま。受けとめ受け入れ前を向く。田舎の訪問診療の姿がまた素敵で笑えてほっこりして。ほっとしつつ切なくなりつつ考え込みつつ、読み終わりました。また一年後かなぁ。もう既に次の物語が待ち遠しいです(笑)読了日:8月5日 著者:矢崎存美
真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)真夜中の喝采―きんぴか〈3〉 (光文社文庫)感想楽しかった。面白かった。最後の最後までとことんエンタメ。重いテーマもこの3人にかかると、気が付いたらどこかが大きくズレてあちらこちらでつい笑ってしまう。それも声を出しておなか抱えて笑いたくなる。コメディではない。あくまでも彼らは命がけで真面目に生きているのだが。ラストはテレビで見そびれていたので、こうなるのか、とちょっと寂しい。寂しいけれどその落としどころがまた三者三様で真面目で面白くて激しくて少し、切ない。読んでよかった。読了日:8月3日 著者:浅田次郎
読書メーター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画「君の名は。」

2016年09月05日 07時44分00秒 | テレビとか、映画とか、



久しぶりに土日休み。
久しぶりにヤボ用とか何にもない。

ということで、久しぶりに。

3日、土曜日。
都会に映画を観に行った。

新海監督最新作「君の名は。」

内容を全く知らないまま出かけたこの作品は。
知らないまま見たことでの衝撃が凄く強くて、それはとてもラッキーなことだったと、思う。
心の震え方、半端なくて。
気が付いたら泣いてたよ。参った…

もうこれからは「知っている」上での見方しかできなくなるからだから、それはそれでまた全く違う感じ方が出来そうで楽しみだけど、初見の衝撃は、もうないものね。。


始まった途端の空の描き方、人の記憶へのアプローチ、思い出したくても思い出せないそのもどかしさ、求め切望しながらもそれがなんなのか分からない枯渇感やもどかしさ、そして、消える、消えてしまうことへの哀しさ、激しい喪失感。
そんなものが「雲の向こう、約束の場所」と重なり絡み合い、この2作品しか観たことがないんですけど、勝手に「ああ、新海監督作品だ~」なんて思っていました。

神木隆之介くんは本当に声の演技も見事ですね。千と千尋の神隠しやら、ハウルでもそうだったし、Dr.コトー出演から知ってるけど、今回、吉岡さんに通じる声の雰囲気があったのには驚きました。ま、監督同じだからかもしれないけれど。


まだ公開1週間なのにパンフレットは売り切れ入荷待ち。行った所は別に配給元系列の大きな箱もあるのに、初めての小さい箱でロビーは通勤ラッシュ状態(^^;
なんだかなぁ、だったけど、行ってよかった。久しぶりのアニメーション映画でしたが、うん。その2時間を現実から離れて堪能することができました。
ロングランしてほしい、ね。

原作、というか本のほうもいまとても気になってるし、この2本以外の作品も観てみたいな、とも思い始めています。


そして。
映画館出てスマホ電源入れたら…
会社からメール。
「月曜日の仕事が多いからこの土日で前倒しでやってほしい」


………一気に現実に引き戻されて、日曜日は仕事してました、とさorz
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

まっさんコンサート

2016年09月02日 10時25分15秒 | ぽつぽつぽつ
先日偶然気がついたNHKBSプレミアムで放送された「2016さだまさしコンサートat東京国際フォーラム」こちら
録画を仕事しながら再生してます。

まっさんだし
コンサートだし

背中で聴きながら仕事、できるよね~

って思ってたんだけどちょっと甘かった。


ついついつい振り返り…仕事に、、なるよーなならないよーな(笑)


で。
そんなこんなで軽い仕事終わった今。
改めて確認しました。


この人の選び綴る言葉が好き。
慣れ親しんできたからってのも大きいけれど


MCも歌も
しみじみと落ち着いてほっと、します。


さて、あとちょっと。
仕事続きしなくちゃ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京ドーム観戦 5回目は頂上決戦

2016年08月23日 23時59分00秒 | ☆☆野球@G党


最高の、一日になりました
終わりよければ…をそのままいったね!

東京ドーム
対広島戦
ライト側外野席

とにかくほぼ毎回息詰まる試合展開で、何度も何度も危機を乗りきって
9回裏には長野ヒット、橋本送って坂本歩かされて(;_;)阿部ヒットで満塁!
ところが村田でダブルプレー…orz

延長戦になった10回裏。
なんとなんと、脇谷が初のサヨナラホームラン!
ライトスタンドに飛んできて、もう、スタンド大騒ぎ!!

嬉しくて涙出そうになったのは、、何年ぶりだろう~(笑)

ホントに胃が痛くなる試合の最後に、最高の場面をもらいました\(^^)/

今日のいた場所はすっごく良かった。



私のスマホの拡大機能だけで、こんな撮影ができちゃって、そして。

←前回の景色

いつもは撮ってるこの場面。今日は絶対無理な、、ジャイアンツビッグフラッグの下で由伸監督の頭の辺りをわらわら波立たせる位置に居て。

いやぁ、ここはよいですね!
思いっきり盛り上がって力一杯応援して、最後が最高で、、

幸せでございました。

ラストは恒例選手弁当



鈴木選手のおかあさま、とし子ちゃん弁当。生姜焼きがとっても柔らかくて美味しかった!
下の子は高橋監督弁当。
こっちは豪華で(お値段も最高で(^^;)一切れもらった牛肉ステーキ?が、これまた柔らかくて大変美味しゅうございました♪


楽しい嬉しい最高の、夜!
頑張るちから、目一杯いただきました。

明日は菅野。
今度は坂本選手の打撃爆発で勝利を!と祈ってます。←私が行くと打ってくれないからさ、、(;_;)この後、観戦予定(今のところ)ないからさ、だからきっと打ってくれるよね!



そうそう。マイコラスのサインボール!丁度後ろの人が取って、それを撮らせていただきました。
へぇ~投げ入れられるボールってこんな風にサイン入りなんですね!
これも見られてラッキー(*^.^*)

マイコラスハッピーバースデー!!\(^^)/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加