ほろ酔い日記

 佐佐木幸綱のブログです

佐佐木信綱祭短歌大会

2017年06月17日 | 日記
 好天にめぐまれた6月10日(土)、熱海の起雲閣において、佐佐木信綱祭短歌大会が開催されました。
 昨年から「心の花」6月東京歌会と合体。さらに静岡県歌人協会の協力をえて、にぎやかな会となりました。
 選者は、「心の花」の谷岡亜紀、藤島秀憲、松井千也子、静岡県歌人協会の藤岡武雄、柴田典昭、それに私の6人。
 小学生の部・宇都宮とよ、中・高校生の部・佐佐木頼綱。
 今年は、講演に細川光洋「信綱と吉井勇」をお願いしました。
 
今年の題詠の題は「駅」。信綱の「駅」の歌をだれかが選んでくれましたが、初期の『思草』『新月』の歌では「うまや」なのが可笑しい。
 「停車場」が早く、「駅」が一般化するのは案外、新しいのかも知れない
な、と思いました。

 当日は、熱海の海上花火大会が午後8時からとか。新婚の藤島夫妻をはじめ、多くが花火見物したようですが、小生は、明くる日のことを考えて花火見物はやめて、懇親会後すぐに帰ってきました。


『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 詩歌文学館賞贈賞式 | トップ | 甲府・金桜神社の佐佐木信綱歌碑 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む