ほろ酔い日記

 佐佐木幸綱のブログです

「読み直し近代短歌史」をブログに

2016年03月29日 | 日記
3月まで出演していた「NHK短歌」に、毎回「読み直し近代短歌史」という短いコーナーがありました。5分ぐらいという話だったのですが、しっさいは2分ほど。
というわけで、放送ではほとんど何も伝わらなかっただろうと思います。

それでも、テキストの雑誌「NHK短歌」には、5分以上しゃべれる内容の「読み直し近代短歌史」を、1年間12回分、連載しました。
だれも読んでいないだろうと思っていたのですが、放送が終わってから、2,3の人から、まとめて読んでみたいという話をいただきました。ありがたいことです。

ふつうの短歌史には書かれていないこと、まだだれもしゃべっていないことも、ある程度書いたつもりでした。
読んで下さる方があればありがたく、随時読み返して、このブログの「エッセイ・評論」のカテゴリーに12回分アップさせてもらうことにしました、
短歌および短歌史に興味のある方に読んでいただければ、うれしく思います。
 
その第1回分をアップいたします。題して「歌壇の構造改革」。明治二十年代に、高齢化していた歌壇の若返りに尽力した落合直文、その近代短歌に果たした役割について記しました。
『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テオ 1歳の誕生日 | トップ | 読み直し近代短歌史・歌壇の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む