ほろ酔い日記

 佐佐木幸綱のブログです

甲府・金桜神社の佐佐木信綱歌碑

2017年06月17日 | 日記
 6月16日、来年の「心の花」創刊120周年記念事業の一つとして企画中の、『思草』巻頭歌の歌碑の件で、甲府に行ってきました。
 石屋さんに行って碑の石の実物を見、建立地である金桜神社境内の建立予定地で、どれぐらいのスペースになるか、などを確認してきました。
 石は高さ約130センチ、幅約200センチ、およそ2トンの花崗岩だそうです。
 建碑予定地は、谷間を越えてはるかに富士山が見える境内一のいい場所をお願いしてきました。

 金桜神社は昇仙峡を登りつめた地に鎮座する金峰山を御神体とした神社です。金運アップの神様として初詣は大混雑。サッカー「ヴァンフォーレ甲府」の氏神さまとして多くのサッカー・ファンが訪れるそうです。
 
 東京から晋樹隆彦君、地元の桐谷文子さん、それにやはり地元の三枝昂之・三枝浩樹兄弟にも来てもらいました。写真は桐谷さんに撮ってもらったので、彼女は写っていません。右から2番目の人は石屋の人です。
 帰りに、晋樹君、桐谷さんと甲府駅構内の店で、歌碑建立の前祝いに乾杯しました。


    
『短歌』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 佐佐木信綱祭短歌大会 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む