ほろ酔い日記

 佐佐木幸綱のブログです

早稲田大学・芸術功労者(補)

2017年03月27日 | 日記
 「顕彰状」という、司会の人が読み上げてくれた文章の写真をアップしたのですが、逆さまになってしまいました。
どのようにして写真の天地を修正するのか分かりませんので、あらためて「顕彰状」だけアップします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早稲田大学・芸術功労者

2017年03月27日 | 日記
 早稲田大学・芸術功労者ということで、3月24日(金)、卒業式の会場/・大隈講堂で表彰を受けてきました。
この賞は、創立100周年を記念して、1984年に創設された賞だそうです。
 第1回受賞者井伏鱒二、第2回受賞者が森繁久弥、という賞だそうです。
 これまでの受賞者を見ると、みな年配者です。ああ、そんな年齢になったのだと、ありがたく賞を頂いてきました。

 当日は、朋子が付きそいで参席するはずだったのですが、風邪で寝込んでしまい、急遽、頼綱夫人薰子さんに来てもらいました。
写真は薰子さんに撮してもらったものがほとんどです。
 当日は10分ほどの挨拶をしてくれとのこと。同時通訳があるので、前もって挨拶の原稿を提出してほしいとのこと、せっかくですから、その挨拶を以下に引用させてもらいます。

 受賞の挨拶
 この度は、栄誉ある早稲田大学芸術功労者としての賞をいただくことになり、光栄に存じます。ありがたく、かつ感謝の気持ちでお受けいたしたく存じます。

 卒業生諸君、ご卒業おめでとうございます。早稲田大学を卒業されて、それぞれの明日に向かって希望と期待で胸をふくらませておられることと思います。

 もう半世紀以上むかしになりますが、私の早稲田大学の学生時代のことをいま思い出しています。男子学生の半分ほどが、まだ制服、制帽で大学に通っている、そんな時代でした。
 ちょうど60年安保闘争のさなかで、日本の未来が問われ、大学という組織そのものが問われている、私はそんな時代の学生でした。

 伝説の早慶6連戦がありました。文京区にあったわが家に、10人ほどが1週間も泊まりこみ、連日、神宮外苑通ったものでした。
 人類初の宇宙飛行士・ロシア空軍のガガーリン大佐が早稲田にやって来ました。満杯の記念会堂に見に行ったのを思い出します。小柄ながら姿勢のいい、青い軍服姿のかっこういい青年でした。
 暗殺された第35代アメリカ大統領ジョン・ケネディの弟・若い司法長官ロバート・ケネディーも早稲田にやってきました。この大隈大講堂で、昂奮した学生たちと世界平和について大激論をかわしたのをおぼえています。 
 こうしたにぎやかな時代の早稲田の学生だったことで、私の人生の大枠が決まったような気がいたします。
 
 私は「短歌」という文字通り短い日本の詩にかかわりつつ長い年月を過ごしてきました。「短歌」という詩は、地味ではありますが、長い時代にわたって、日本語の大切な部分をになってきました。

 有名な話ですが、秋の虫の音を美しいと感じる日本人の心のメカニズムは、短歌をはじめとする日本古典の詩の力によっていると言われています。日本人の感性の、大きな部分を、短歌が形成してきたのです。
 私自身も、微力ながら、日本語を、つまり日本人の心を、より豊かにするために、何ほどかの仕事ができればと考えて、短歌にかかわってきました。

 早稲田大学には、先輩にすぐれた歌人が多くおられます。窪田空穂、若山牧水、北原白秋、土岐善麿といった方々です。
 また、私は、短歌の縁で、早稲田の縁で、同時代のすぐれた才能に出会うことができました。
 早稲田短歌会の2年ほど先輩に寺山修司さんがいて、学生時代から47歳で他界されるまでつきあってもらいました。
 日本文学特論という私の授業で、学生だった俵万智とであい、今日まで同じ短歌雑誌「心の花」の仲間として過ごしてきました。

 早稲田大学から、このように多くの歌人たちが出たことは偶然ではありません。大隈老侯以来、早稲田大学は、言葉、なかんずく日本語を大切にする校風があります。そうした大学の風土が、早稲田文学を生み、早稲田から多くの歌人を排出したのだと思われます。

 卒業生諸君、言葉を大切に考える早稲田大学の伝統を自覚しつつ、それぞれ、自身の未来を築いて行かれんことを願っています。
 卒業生諸君のご幸運を願い、早稲田大学のいっそうの発展を祈念して、ご挨拶の言葉を終えたいと思います。
 2017年3月24日              佐佐木幸綱




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「心の花」新年歌会の写真

2017年03月20日 | 日記
 今年の1月14日(土)に、中野サンプラザで開催された「東京歌会新年会」の写真を、撮影者の鈴木勉氏からもらいました。
 このブログにはまだ載せていなかったので、遅ればせながらアップしておきます。遠く、ニューヨークから、リヨンからの参加者もあり、にぎやかな会でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テオの散歩道2

2017年03月08日 | 日記
 斜度21%とある写真1枚目と2枚目の坂道を登ったところに、仲代達矢さんが主宰する無名塾があります。
朝、周辺の道を掃除する約束らしく、塾生が箒で道を掃いていて、通りかかると挨拶をしてくれます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大学短歌バトル2017

2017年03月07日 | 日記
 3月4日(土)の午後、飯田橋の角川で大学短歌バトル、大学短歌会対抗歌合がおこなわれました。
 今回が第3回。これまで2回はなんとなく手探りの感じでしたが、3回目の今回からは、各校とも相当に準備してきて、論戦もツボをえた白熱したものになってきました。
 今回も、ニコニコ動画が生中継をしていたのですが、今回は視聴者数がなんと2万1千を超えました。第1回のときは、よく憶えていませんが、3千ぐらいだったのではなかったでしょうか。

 この日参加したのは予選を勝ち抜いた8校。大阪大学、九州大学、早稲田大学、神戸大学、東京外国語大学。北海道大学、岡山大学、國學院・二松学舎大学連合。
 各校3人ずつ。互いの作品を論評しあって、作品・論評の優劣を競うのです。

 当日、判者として参加したのは栗木京子、穂村弘、小島なお。
私は優勝校チームと判者チームのエキジビション・マッチの判者をつとめました。

 決勝は岡山大学vs大阪大学。結果、岡山大学チームが優勝しました。
 岡山大学チームが決勝に出した3首をいんようしておきましょう。題はそれぞれ、「日」「流」「陸」。
祖父の死を知るよしもなく庭はあり鳩は何度も日を改める  森永理恵
水面に光はすんと佇んで川は流れを止めないでゐる  川上まなみ
きみの立つ陸地をふやすための逢瀬 シンクに新たな洗剤を置く  山田成海


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戦国武将の歌10 徳川家康 1543年(天文11)~1616年(元和2)74歳

2017年03月06日 | エッセイ
徳川家康に関しては、鉄砲の名手だったとか、剣術が強かったとか、さまざなエピソードが伝えられていますが、和歌についてのエピソードはあまり聞きません。なるほど得意ではなかったようですが、それでも一応、人並みに作歌をたしなんではいたようです。十数首の歌が伝えられています。

 天正十六年(一五八八)四月、豊臣秀吉が絶頂期を迎えようとする時代のこと、聚楽第に後陽成天皇の行幸がありました。
 この行幸は五日間にわたり、四月十六日には約七十人が参加する大がかりな歌会がひらかれています。
 歌会にはもちろん多くの公卿が参加しましたし、武士たちも参加しています。豊臣秀吉は当然のこと、豊臣家ゆかりの人々、そして徳川家康をはじめとするそうそうたる武将たちが歌を出しています。織田信雄、宇喜多秀家、前田利家、堀秀政、細川忠興、井伊直政、京極高次、長宗我部元親……。
 その日、出された歌題は「松に寄せて祝いを詠う」。家康は次の作を出しています。

緑立つ松の葉ごとにこの君のちとせの数を契りてぞみる 徳川家康
 (緑が美しい無数の松の葉一本ずつに、天皇のお命が千年にも及ぶように、そのご繁栄を契るのです)

 「松」はもともとめでたい木であり、しかも祝いの心をうたえ、というのですから、どうしても型どおりになってしまいます。家康の歌も型どおりで、とても秀歌とはいえませんが、公的な場で通用するレベルは十分クリアしていると見ていいでしょう。

 家康が天下を取る前は、秀吉の周辺にいて、付き合いの歌会をこなさなければならない場も多かったにちがいありません。前回、書いたような事情で、秀吉主催の歌会を欠席するわけにはゆかず、出席する場合でもおざなりな歌、あまりに下手な歌を出すわけにはゆきませんでした。

 文禄三年(一五九四)二月の秀吉主催の有名な吉野での花見歌会での歌が記録されています。この歌会の時の家康・秀吉の歌をならべて引用しておきましょう。

咲く花をちらさじと思ふみ吉野は心あるべき春の山風  徳川家康
 (咲いている花を散らすまいと思う思いやりの心があってほしい、吉野の山の山風よ)
年月を心にかけし吉野山花のさかりを今日みつるかな 豊臣秀吉
 (長い年月ずっと期待してきた吉野山の満開の桜、その桜を今日ついに見たのである)

 あえて優劣をつけるとすれば、やはり秀吉の歌の方が上でしょう。今日その日の気分の高まりに焦点を合わせている分だけ、歌の輪郭が明快です。

 こんな歌とエピソードがあります。川田順『戦国時代和歌集』が引用する近藤重蔵『冨士之煙』に出てくるものです。慶長五年(一六〇〇)九月十五日、関ヶ原の戦陣において、高野聖(こうやひじり)の総代・高野山常光院の僧へ家康が与えた歌だというのです。本当でしょうか。日付を見てください。関ヶ原の戦いのその日のことです。陣中見舞いの品を持ってきた高野聖に、家康が書き与えたというのです。
 関ヶ原の戦いは、九月十五日午前八時ごろ本格的な戦闘がはじまり午後四時ごろには終結したとされています。その夜、書き与えたのでしょうか。

旅なれば雲の上なる山こえて袖の下にぞ月をやどせる  徳川家康
(軍旅であるから、雲の上にそびえる山をも越えてきて、今宵は、わが鎧の袖の下に月下の夜景をながめたことである)

 『冨士之煙』の著者・近藤重蔵は、信頼していい人物と思われます。クナシリ・エトロフの探険で知られる幕末の探検家で、著書も多くあります。彼によれば、「大権現様(徳川家康)御真筆の御色紙」が、当時は高野山常光院に現存していて、彼自身がそれを写した、とあります。


▼「心の花」の梅原ひろみさんから「ナンバー10の徳川家康」が落ちている、というご指摘をいただきました。遅くなりましたが「戦国武将歌10・徳川家康」をアップしました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テオの散歩道1

2017年02月28日 | 日記
 右膝を痛めてしまいました。三軒茶屋の整形外科にゆき、電気を当てたり、暖めたり、貼り薬をもらったりして、やっと快方に向かいました。まだ痛みますがなんとか、通常の生活に戻りました。
 医者は、体重が重すぎるとか、年齢のせいだとか言っていましたが、毎朝出かけているテオの散歩の、急な坂道の上り降りが原因ではないかと自己分析しています。
 何種類かあるテオの散歩道、どの道を行っても急坂があり、そのためにちがいありません。
 写真はその坂道の幾つか。1枚目に写真の白いものは富士山です。

       
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ワカケホンセイインコ

2017年02月19日 | 日記
 最近、庭にワカケホンセイインコというインコが番いでやってくるようになった。
 冬の間は、小鳥用のエサを餌台においたり、庭に撒いたりしているのだが、スズメやメジロやシジュウカラ、ムクドリやヒヨやヤマバトにまじって、最近は緑色の大きな鳥がやってくる。
 朋子が名前を知っていてワカケホンセイインコというのだと教えてくれた。首のまわりに輪がついているのがオスで、ないのがメスとか。
 空気が乾いて水がないのだろう、わが家の水飲み場の水に注目していて、ときどき飲みにくるらしい。


     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第28回歌壇賞・佐佐木頼綱 大平千賀

2017年02月13日 | 日記
 2月10日、東京・市ヶ谷アルカディア(私学会館)での歌壇賞の授賞式に出席しました。頼綱と「短歌人」の大平千賀さんが受賞。
 この賞は、たしか第一回から何回目かまでか、山中智恵子さんらと選考委員をした記憶があります。
 授賞式がなぜか毎年2月10日と決まっており、毎年、牧水賞の受賞式とほとんど重なるので、この会へはひさびさの出席になりました。

 頼綱の受賞作はメキシコ旅行の折の作。新人賞の類では、旅行詠は入選作になりにくい。よく入選させてもらえたと、というのが率直な感想です。
 しかし読んでみると、けっこう、いい。観念世界を形象化する加減、抽象的なものを言葉化する気合いを、頼綱は急速に会得したようです。

花束贈呈は、一つは定綱がプレゼンター。男の兄弟が花束の受け渡しをするという珍しい場面。写真を撮っておきました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第21回牧水賞・吉川宏志『鳥の見しもの』

2017年02月11日 | 日記
2月7日、宮崎観光ホテルで牧水賞の授賞式。授賞作は吉川宏志『鳥の見しもの』。
 
吉川君は、牧水と同じく日向市東郷町の生まれで、高校時代まで宮崎市に住んでいた。つまり牧水賞は、第21回目にはじめて地元宮崎出身の受賞者が出たわけで、会場にも、いつもより多くの人が集まってくれました。はじめての宮崎出身の牧水賞歌人の誕生は、ひさびさの日本人横綱の誕生と同様に、多くの人々に大いに喜んでもらったようでした。

 また、馬場あき子さんが、今回を最後に選考委員を退任されるとのことで、これまでとはややちがったった空気の授賞式となりました。牧水賞の選考委員は、一期3年、3年ごとに更新されることになっています。つまり馬場さんは7期21年、選考委員をつとめられたわけです。長い間、ごくろうさまでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加